IT / Gadget for backpacking - バックパッカー旅のITとガジェット

田舎でITレビュー:そろそろケーブルTVや光回線を解約する時期か?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Fuji Wifi モバイルルーター 地方 格安SIM Fuji Wifi 100GB

能登・穴水町岩車(石川県) ‐ 2010年末、田舎を中心にバックパッカー旅を始め、2013年から田舎暮らしを開始、「通信」は欠かせない“道具”となり、それなしには、全般的な生活が成り立ちにくい。

今回、田舎へのバックパッカー旅、クルマ旅、都会への出張、外出先、田舎暮らしかつ場所問わないノマド暮らしで、現時点で最高と呼べそうな“通信”を紹介したい。

まず…

ソフトバンク、ドコモ、AUなどの大手通信会社の通信回線を利用し、携帯電話で通信ができるカード『格安SIM』を提供している通信事業者が、安価で、社会に定着し、“普通”になりつつある。

格安SIMについて、“ざっくり”簡単に言うと…

従来の大手通信会社では、月額合計1万円かかっていた通信費用が、格安SIMのサービスに申し込むことで、半額以下になる。年間ベースで計算すると大きな節約となる。

格安SIM提供事業者の増加で、モバイル通信のデータ容量(従来の言い方で言うと「パケットプラン」)、音声通話に関するプランの選択肢が増えたことが、大きな要因となっている。



そのプランの中でも、速度制限がなく、データ容量が多いサービスに申し込むことで、家のネット固定回線も不要になる。

家でパソコンを介したインターネット活用が…

ちょっとした動画、メール、調べごと程度で、ネット上で大きなデータのやり取りがなければ、格安SIMのデータ通信のみに申し込んだほうが圧倒的に安価に済む。

もはや、これはもはや「極論」ではない。

みんなそうしたほうが、「かな~りお得だから、さっさと乗り換えたほうがいいよ!」とお薦めしたい。

田舎バックパッカーではすでに、旅先・外出先・出張先、自宅・アパートなど場所問わず、ネット回線を一つに統一してきたので、月額の通信費を約1万円ほど削減している。

ちなみに格安SIMを提供している事業者は、「仮想移動体通信事業者/Mobile Virtual Network Operator(MVNO)」と呼ばれている。

MVNOは、主にソフトバンク・AU・ドコモなど大手携帯電話会社の通信網を借りて、消費者に通信サービスを提供している会社

要するに、MVNOが格安SIMを提供しているということ。MVNOは独自の無線通信回線を持たず、大手が整備した通信インフラを活用、プランの選択肢を拡げて、安価でユーザーが好むと思われるサービスを提供している。

 

FUJI Wifiの速度とその制限ソフトバンクの通信網を使うFUJI Wifiってどうよ?

今回、数社の格安SIMを活用し、その他の格安SIMを調べた結果、自宅の固定回線と同等と言えるネット回線を見つけたので、紹介したい。

さて、総務省の調査によると、格安SIMを提供しているMVNOは現在、600社以上あるそうだ。

OCN、Biglobe、AEONなど主要どころは約30社。

30社もあると、その中から選択するのは大変…

ぼくは、全てを試したわけではないが、田舎へのバックパッカー旅を2010年の終わりごろから開始して、E-mobile(現Y!Mobile)のモバイルWi-Fiルーターを使いはじめ、そのときから、携帯電話のデータ通信を最低限に抑えると同時に、自宅の光回線を解約した。

そのとき以来、格安SIMのモバイルWi-Fiルーターか、スマートフォンのテザリング機能を活用して、全てのネット回線を統一している。

何度も言うが、通信費は、家族単位で、約1万円以上も削減している。

しかし、そこにはデメリットもあった。

それは、パソコンやスマートフォンの通信速度が…劇的に遅くなることが頻繁に起きること。

特に昼ごろの時間帯は、ブログの表示、画像のアップロードなど、時間がかかり、「あぁ~もういい!」と諦めモードに入ってしまうことすらあった。

だが、今回、とうとう、速度の安定を解消してくれる格安SIMを見つけてしまったのだ。

現時点で、モバイルデータ通信の『格安SIMはこれで決まり!』『これが現時点でベストだ!』と言えるサービス。

Fuji Wifi フジワイファイ 速度 制限

【画像をクリックすると、FUJI Wifiのホームページに飛びます】

データ通信速度が爆速の「FUJI Wifi(フジ ワイファイ)」だ。

FUJI Wifiは、家の固定回線と同等、もしくはそれを超えるほどの通信速度。

 

FUJI Wifiで決まり田舎/地方移住先などの新天地、旅先のインターネットに最適

田舎移住先の穴水町の多くの人は能越ケーブルの固定回線を介して、自宅でインターネットを活用しているかと思う。

また、穴水だけでなく、その他の田舎地域でも、多くの人が、その地域を独占するインターネットサービスに加入していることだろう。

穴水町で言えば、FUJI Wifiは能越ケーブルの「エキスパート」(6,480円)よりも体感速度が早いし、費用は月額で約3000円、年間で約40,000円も安い。

数万円前後の工事費や、速度、月額費用の費用対効果を考えるとFUJI Wifiのほうが、総合的にベターだろう。

たとえ、引っ越したとしても、旅にでたとしても、家がストリートになったとしても… このFUJI Wifiを“一緒に連れて行く”ことができる。

固定回線に発生する工事費も不要、無駄にならないのは嬉しい。

FUJI Wifi フジワイファイ

【シンプルなプチプチがついたA4封筒にルーターパッケージが入れられ、自宅に届く。「レンタル」なので、ルーターはもちろん、マニュアル、USBケーブルは返却するまで保管しておかなければいけない】

現時点では、FUJI Wifiさえあれば、ネット回線をこれ一つで、統一できると言える。



 

FUJI Wifiのなにがいいのか?

FUJI Wifiのプランには、毎月使用できるデータ容量の制限はあるが、そのデータ容量制限は100GBも!!

これは相当なヘビーユーザーでばければ超えられない数値のデータ容量

Fuji Wifi フジワイファイ 速度 制限

単純計算で1日3GBのデータ容量を使うことができる。

通信速度はLTEクラス、月額費用はルーターのレンタル代、基本料金など込みで、現在約3500円(税込みで、割引込み)!

また、契約期間の縛りもない。

ぼくが知っている限りでは、Fuji WiFi以外で、50GBのデータ容量と速度制限“ゆるい”サービスを提供しているのはイオンモバイルのみ。

しかし、イオンモバイルの価格は1万円以上。

FUJI Wifiのデータ容量はイオンモバイルよりも50GB以上もある。しかも、FUJI Wifiは約7,000円も安い

ぼくにとっては、モバイルデータ通信で1万円超えは高額過ぎで、もはやこれは“格安SIM”とは言えない。

 

いきなり30GB…60GBの容量を使用した

田舎 地方 格安SIM FUJI Wifi

FUJI WifiからモバイルWi-Fiルーター到着日、試験的に、クラウド上に保存してあるあらゆる動画のダウンロード、YouTube動画閲覧などを行い、いきなり1日で、30GBのデータ通信を行った。

FUJI Wifi モバイルルーター 地方 格安SIM Fuji Wifi 100GB

そして、既に60GBものデータ容量を使ってみたが、速度制限はかかることなく、爆速で快適に使えている。

YouTubeのHD画質も全く問題なく見られる。

そもそも、これまで使ってきた、格安SIMを乗り換えた理由はなんなのか?(続きはこちら「主要格安SIMの『データ/ネット使い放題』の現実」

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 田舎でIT 手首 炎症 お薦め マウス 田舎でITレビュー: 長時間の働き方が楽に!?手首の痛みが軽減す…
  2. HDD to SDD PC ディスク 交換 田舎でITレビュー: ストレージをHDDからSSDに交換 PCを…
  3. 能登 穴水町 岩車 夕焼け 海辺の綺麗な村 田んぼ Ishikawa Anamizu Iwaguruma beautiful Village by a port and ocean rice field 旅のIT活用: 海外・国内 旅、便利な旅券情報サイトまとめ &#…
  4. FUJI Wifi 200GB 田舎でITレビュー:『FUJI Wifi』田舎/地方旅と暮らしに…
  5. 旅 バックアップ travel backup usb 田舎でITレビュー: バックパッカー旅のバックアップに!256G…
  6. 意外と重要?!ナンバーポータビリティMNPで格安SIM乗り換えの…
  7. oukitel スマートフォン 【田舎でITレビュー】トリプルレンズカメラ搭載 縦長6インチ格安…
  8. Intel Celeron搭載パソコン「Lenovo B50」購…

コメント

VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

made by all lacquer sap original artwork from Japan 日・英語版『芯漆』ホームページ完成 テレビ金沢 バンライフ TV Kanazawa Vanlife バンライフ ジャパン 【メディア掲載】テレビ金沢特集『注目の“バンライフ” 車がつなぐ出会いとは…』に登場 モバイルハウス 動く家 ハイエース クルマ旅 車中泊 “動く拠点”『ファミリーワゴンC』導入 移動型定住『モバイル・ハウス』暮らし 開始か?! 中日新聞 車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信 【メディア掲載】中日新聞1面トップ『車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信』 van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影 「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと | NHKスペシャル記事「車中の人々 駐車場の片隅で」から考える

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
石川テレビ イスラム 松井誠志 中川生馬 バンライフ
  1. 中日新聞 車中泊 田舎バックパッカーハウス バンライフ 安倍大資 池辺政人
  2. ママスタ mamasta 田舎暮らし
  3. 穴水町 岩車, 石川県 移住, 田舎暮らし, 能登半島
  4. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
能登の田舎にある志賀原発 再稼働するのか?大丈夫なのだろうか?
【メディア掲載】中日新聞「わが道を行く 車中泊の魅力 コロナ禍『新たな生き方』探り 全国から 穴水の滞在施設『バックパッカーハウス』」
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
バンライフ盛沢山の石川テレビのドキュメンタリー番組『裸のムラ』、映像祭「地方の時代」に入選
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。