Noto Anamizu Kawashiri - 能登 穴水町 川尻

【令和6年能登半島地震】石川県穴水町の「田舎バックパッカーハウス」罹災証明書を入手 結果は?解体・撤去までの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
田舎バックパッカーハウス 罹災証明書,穴水町 罹災証明書, 罹災証明 参考,石川県 罹災証明書

2024年1月1日の能登半島地震からここ数ヶ月、仕事/“私事(しごと)”でずっとバタバタな日々が続いていたが、今日(3月11日)、ようやく役場にいき、罹災証明(罹災証明)を申請し、その場で証明書を受け取った。

自身、罹災証明書(こちら)に関する情報を載せていたものの、毎週のように「来週役場に申請しに行く!」と思っていたら、ありがたいことに、個人的な相談、仕事の依頼、来客があったりなど、そして、「田舎バックパッカーハウス」を片付け始めてしまったりと、中々、役場で罹災証明書を申請することができていなかった。

罹災証明書を申請したのは、ぼくが所有する車中泊スポットとシェアハウス兼事務所として利活用している「田舎バックパッカーハウス Station 1」(穴水町川尻)と、同じく車中スポットで、スペースレンタル兼自宅の「田舎バックパッカーハウス Station 2」(穴水町岩車)の2軒。

結果、「田舎バックパッカーハウス Station 1」は「大規模半壊」に指定され、自宅兼の「田舎バックパッカーハウス Station 2」は「準半壊に至らない」(一部損壊)で罹災証明書を受け取った。

Station 1の外観は大丈夫そうに見えるのだが、母屋内は、柱が斜めっていたり、全体的に傾いている。

床が斜めているので、ボールを置くと転がり始める。基礎がずれていたり、傾があるので危険な状態だ。

すぐに崩れるような状態ではないが、再び“大きな”地震があったら、「全壊」、崩壊してもおかしくない母屋となってしまった。周囲の家にも大きな迷惑となる。

田舎バックパッカーハウス 罹災証明書,穴水町 罹災証明書, 罹災証明 参考,石川県 罹災証明書【正式に「大規模半壊」とされた「田舎バックパッカーハウス Station 1」】

<< 大規模半壊とは? >>

危ないとは思っていたものの、正式に「大規模半壊」と認定されると、やはり悲しいもの。床の改修、薪ストーブの設置など、まだ2ヶ月〜2年しか経っていなかった。

「やっぱり危ないか…」とは思っていたもののね。

既に1月の時点で、「次へと進むしかない」とポジティブな方向へと考え方は切り替えていたけどさ…

…という、もやもや感。

いずれ、将来的には「田舎バックパッカーハウス Station 1」の田んぼエリアと、畑の一部のエリアに砂利を入れて、本格的なバンライフ・スポットを作ろうとはしていたが、まさか母屋を解体することになるとは思ってもいなかった。

娘たちには将来 穴水に残るのであれば、「ここに住んでもいいからね」と言っていたぐらい。

残念で仕方がない。

が、「大規模半壊」となってしまったのは、もう仕方がない。これからは「田舎バックパッカーハウス」の未来を考えて母屋を解体し、次の構想へと移る。

大規模半壊とは、「居住する住宅が半壊し、構造耐力上主要な部分の補修を含む大規模な補修を行わなければ当該住宅に居住することが困難なもの。具体的には、損壊部分がその住家の延床面積の50%以上、70%未満のもの、または住家の主要な構成要素の経済的被害を住家全体に占める損害割合で表し、その住家の損害割合が 40%以上 50%未満のもの」となっている住宅のこと。

被害の程度で最悪な状態が「全壊」、次がほぼ全壊に近い状態の「大規模半壊」、その次が「中期模半壊」、そして「半壊」と続く。

石川県穴水町, 能登半島地震,田舎バックパッカーハウス

「田舎バックパッカーハウス Station 1」は2番目に程度が悪い「大規模半壊」にランク付けされてしまったわけだ。

大規模半壊,田舎バックパッカーハウス,石川県穴水町

大規模半壊,田舎バックパッカーハウス,石川県穴水町

このような背景もあり、「田舎バックパッカーハウス」は解体する決断したわけだが、

とにかく、いまは建物を新たに建設、補修することに疑問を抱いている。

ここ数年で地震が多く続いている能登半島、半島付近を震源にするもので、2022年~2023年の間で400回以上の地震が起きていることから、固定された建物は必要最低限にとどめたいという考えだ。

また、自身、”動く家”、モバイルハウスへの時代が到来していることは前から綴っているとおり。

最終的にたどり着いた自分なりの答えは、建物は必要最低限にして、バンライフ、キャンピングカー、モバイルハウスの本格的な拠点づくりをすることだ。

<< 今後の手続きは? >>

「田舎バックパッカーハウス」母屋の解体を進めるために、これから解体の予約手続きを取る予定だ。

能登半島地震 解体 撤去, 穴水町 解体 撤去, 穴水町 公費解体,穴水町 半壊

<< 「田舎バックパッカーハウス Station 1」の今後は? >>

“住める駐車場”のコンセプトを残しつつ、宿泊、観光、災害を視野に、現在の「田舎バックパッカーハウス」の構想は以下のような場づくりを想定している。

田舎バックパッカーハウス 新構想【現時点のラフなアイディアで、今後詳細について発表予定。“住める駐車場”という概念は残しつつ、キャンピングカー/バンライフをベースに、①観光、②車中泊/宿泊、③災害用シェルターを軸に、田舎バックパッカーハウスをたてなおす】

だが、心配はある。バンライフ/キャンピングカーの本格的な拠点を目指したいわけだが、能登の過疎・人口減少が加速、能登全体が活気づかなければ、観光や宿泊の点に関する自身の構想も追いついていけるのか、そこが心配な点だ。

でも、次へ次へと進んでいく。

能登半島地震 解体 撤去, 穴水町 解体 撤去, 穴水町 公費解体,穴水町 半壊,必要な書類,公費解体 必要書類

能登半島地震 解体 撤去, 穴水町 解体 撤去, 穴水町 公費解体,穴水町 半壊

大規模半壊,田舎バックパッカーハウス,石川県穴水町【田舎バックパッカーハウスのずれてしまった一基礎】

大規模半壊,田舎バックパッカーハウス,石川県穴水町

大規模半壊,田舎バックパッカーハウス,石川県穴水町【田舎バックパッカーハウス、全体的に歪んている】

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 車中泊 穴水町 石川県 rv station in anamizu ishikawa japan 【YouTube】「やまちゃんねる キャンピングカー」に車中泊ス…
  2. 石川県 穴水町 薪ストーブ ワークスペース コワーキング 『田舎バックパッカーハウス』に薪ワークスペース!
  3. vanlife tame noto anamizu バンライフ ためさん 爲さん 能登 古民家 穴水 物語つくる「VANLIFE STORY」 能登へ
  4. 能登・穴水町川尻で「ポジティブ飲み会」発足
  5. 田舎バックパッカー Carstay カーステイ 報道資料 Carstayと田舎バックパッカー、国内初 中長期滞在“住める”…
  6. 秋葉博之 秋葉洋子 バンライフ 住める駐車場 穴水町 輪島 珠洲 能登町 石川県 車中泊 石川県の住める駐車場「田舎バックパッカーハウス」に帰ってきた本格…
  7. 中日新聞 石川県 車中泊 バンライフ コロナ キャピングカー 住める駐車場 中川生馬 【メディア掲載】中日新聞「のと 深掘り コロナ禍 需要手応え 穴…
  8. Youtuber Tomo san ユーチューバー 勝村知由 ともさん 車中泊 撮影 ユーチューバー“ともさん” 穴水町川尻での車中泊映像 前編と後編…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

Connor Jessup Yui Boys by Girls 【メディア掲載】カナダ出身の映画俳優/監督コナー・ジェサップ執筆雑誌「BOYS BY GIRLS」に結生登場 石川県 穴水町 岩車 田舎バックパッカーハウス 【令和6年能登半島地震】石川県穴水町岩車 一部で電気復旧! 牡蠣漁師体験 『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』1日目 能登空港到着 早々 牡蠣の水揚げ! クルマ旅 神奈川県 能登 山中湖 穴場 撮影 【田舎旅】能登から鎌倉への途中 富士山経由のクルマ旅は最高 mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち 【メディア掲載】プロモ映像に登場!世界5大の自動車祭典「東京モーターショー2019」の歴史に残る!?

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 能登デモクラシー,石川テレビ,五百旗頭幸雄,裸のムラ,はりぼて,穴水町,石川県,穴水町 町長,穴水町役場
  2. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  3. 東京新聞,Carstay,カーステイ,能登半島地震,キャンピングカー,RV,Ishikawa,Suzu,Anamizu
  4. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

石川テレビ、穴水町の実態が露呈!?長編ドキュメンタリー番組「能登デモクラシー」 5月26日(日)13:00〜放送
【令和6年能登半島地震】石川県穴水町でオープン中のお店一覧と営業時間情報など(5月9日現在 一部更新)
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
day 80.1 “戦争の悲劇”を長崎原爆資料館で ~ 原爆投下候補地は17ヵ所だった?! ~
能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な“住める駐車場”『田舎バックパッカーハウス Station 1』について
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラー』
【田舎旅】今夜は『道の駅 やたて峠』車中泊 “茶色”の温泉350円
【バンライフ&車中泊アイテム】夏 クルマ付近に蚊・虫を寄せ付けないランタン?!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
PAGE TOP