2010-10 Backpacking Nagano & Noto - 長野と能登へのバックパッカー旅

day 13.2 奥能登一周旅 半島最北端のパワースポット「ランプの宿」へ ~ 朝から歩いて9時間 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年10月20日(水) – さてさて、冒頭にも書いたが、ぼくら田舎バックパッカー夫婦は輪島出発後、お風呂に入ってない。

夕方前から、いつものお風呂探しモードに切り替わる。お風呂かシャワーを浴びられそうな場所を探し始めた。

能登半島一周中 - お風呂に入りたいよぉ~。

能登半島一周中 – お風呂に入りたいよぉ~。

3~4日間、シャワーを浴びてないと、とにかく、頭が痒くて仕方がないのだ。

道の駅「狼煙(のろし)」に到着。地図によると、禄剛崎(ろっこうざき)温泉がある宿が周辺にある。

数件の宿に、お風呂に入れないか聞いたが、宿泊客以外の人たちは、迎えていないようだ。

結花は「客が入ってなさそうだし…いいじゃんねー」と、頭が痒いがため、いらいらと怒っているモードに切り替わっている。

自分も「静かで、客も入っていないのに」と思ったが、結花のいらいらモードを抑えようと「お風呂探しのため」に先へと進んだ。

その後、葭ヶ浦(よしがうら)温泉「ランプの宿」へと向かった。

地図上、「ランプの宿」へは、大した距離ではなさそうだった。途中、休憩はしているが、朝から歩きっぱなしなので、結構疲れている。

奥能登一周中 - ランプの宿まで乗せてくれた親切なおじさん。He gave us a ride to “Lamp no Yado” in Ishikawa Pref on Noto Peninsula.

奥能登一周中 – 「ランプの宿」まで乗せてくれた親切なおじさん。He gave us a ride to “Lamp no Yado” in Ishikawa Pref on Noto Peninsula.

途中、畑を耕していたおじいさんから、「ランプの宿」まで、乗せてくれると親切なオファーをいただいた。

しかし、ぼくは「ここまで来たんだから自力で頑張ろうよ」と結花に伝える。

結花は、会う人たちに、「能登半島を一周歩くんですよ」と胸を張って偉そうに話していたが、もう体力の限界。

ぼくは、「これだけ会う人みんなに結花ちゃんは『一周歩く』って話してたでしょ」と言う。すると「もうギブアップだ」と素直に諦めてしまった。早いギブだが…そりゃ重い荷物を持っていたら歩くのは大変だ。

おじいさんは、わざわざ100メートル先にあるトラックをとりに行ってくれた。

ぼくらはトラックの後ろの荷台にバックパックをのせ、荷台に乗り込み、「ランプの宿」へ向かった。

県道28号を左に曲がり、上り下り道を走り、ようやく「ランプの宿」に到着。ここも宿泊施設だ…日帰り温泉として、温泉に入ることはできるのだろうか。(続きはこちら

奥能登一周中のバックパッカー。「ランプの宿」の空中展望台から。風情ある「ランプの宿」の中は一体どうなっているのだろうか...

奥能登一周中のバックパッカー。「ランプの宿」の空中展望台から。風情ある「ランプの宿」の中は一体どうなっているのだろうか…

<前のストーリー 『day 13.1 奥能登一周旅 珠洲の「つばき茶屋」へ』>

<次のストーリー 『day 13.3 奥能登一周旅 「ランプの宿」駐車場でのテント泊交渉はいかに?!』>

奥能登一周中 - 能登半島の先端にある「ランプの宿」。日本三大パワースポット「聖域の岬」としても知られている(上から撮影)。A classy style hotel “Lamp no Yado” in Ishikawa Pref. on Noto Peninsula.

表紙の写真: 奥能登一周中 – 能登半島の先端にある「ランプの宿」。日本三大パワースポット「聖域の岬」としても知られている(上から撮影)。A classy style hotel “Lamp no Yado” in Ishikawa Pref. on Noto Peninsula.

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. day 14.1 奥能登一周中 道の駅「すずなり」で背後から話し…
  2. day 10 石川県輪島から50キロ沖合に浮かぶ舳倉島へ
  3. day 11 舳倉島のカタツムリが進化しているって?!
  4. バックパッカーブロガー backpacker blogger in Japan day 1 新たな道への一歩 バックパック担いでどこへ̷…
  5. day 10.1 石川県 舳倉島への定期船
  6. つばき茶屋 椿展望台 能登半島の絶景 noto countryside rural experience good lunch spot 田舎体験 2日目 奥能登一周 海女さん絶景食堂『つばき茶屋』の“…
  7. 珠洲 ノーザンペニンシュラ グランピング 田舎体験1日目:珠洲の高波海岸とグランピングサイト 周辺散策とド…
  8. 里海ある田舎の良さ:奥能登一周“旅”で大漁!珠洲「つばき茶屋」漁…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

Connor Jessup and Yui 結生とコナージェサップ 【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編 田舎旅 クルマ旅 カーステイ Carstay ハイエース ファミリーワゴンC 動く家 車中泊 【田舎旅】冬のクルマ旅 能登から長野経由で鎌倉へ 途中…マイナス8℃ Youtuber Tomo san ユーチューバー 勝村知由 ともさん 車中泊 撮影 ユーチューバー“ともさん” 穴水町川尻での車中泊映像 前編と後編アップ day 9 石川県輪島 舳倉島への船、今日も欠航…とりあえず能登半島を歩く 輪島塗 漆器 スザーンロス day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
バンライフ 仕事 出張 ハイエース 動く家 動くオフィス
  1. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  2. GAZOO 田舎バックパッカーハウス バンライフ ステーション vanlife station livable parking space
  3. 動くオフィス 書斎 ハイエース 自動車 車中泊
  4. 冬 車中 仕事 モバイルオフィス 動くオフィス 動く拠点

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年注文受付・出荷・販売開始!>
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
『田舎バックパッカーハウス』のシェアハウス&オフィスと、長期間 住める駐車場<車中泊スポット>『バンライフ・ステーション』について<まとめ情報>
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【Carstay車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。