IT / Gadget for backpacking - バックパッカー旅のITとガジェット

【田舎でITレビュー】5日間の東京出張“旅” もはやパソコンは不要?!スマホだけでなんとかなる?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スマホ 出張 PC 不要

暑い夏の出張“旅”、今回、「荷物、重くなるよなぁ~。どうしようかなぁ~」「今回パソコン必要かなぁ~」と、迷った末、手のひらポケットサイズの高スペックのスマートフォン(スマホ)をパソコン替わりに持っていくことにした。(前回のストーリーはこちら



とにかく、「今回の出張“旅”を軽量化させたい」と同時に「ある程度、快適な作業環境も確立させたい」「軽量で携帯性あるタブレットパソコンのSurfaceですら持っていくことを控えたい」という気持ちから、ガジェット系の持ち物アイテムをかな~りしぼった。

メインの機器をスマホに絞れたのは、毎日、出張/旅先で、複雑なプレゼン資料などの作成は不要、ワードやパワーポイントで、形式を整えたスライドショー的な報告資料をつくる必要がないことが大きい。

基本、毎日 必要な作業は、ワード、メールでのメモ、電話、メッセージのやり取りぐらい。

複雑なテクニックを要する資料作成は後日、必要に応じて、自宅「田舎バックパッカー」オフィスで行えば良い。

一週間程度の出張、ブログに関しては、ミラーレス一眼で写真撮影を行い、スマホでメモしておけば十分。

報告書は、メール、メッセンジャー、ライン、チャットなど、テキストのベタ打ちで済む時代。

営業先でのプレゼンや、超複雑なプレゼン資料作成の必要がななければ、パソコンは不要だろう。

 
さてさて、1週間の出張“旅”、パソコンが不要であれば、なにを持っていったらいいの?

今回の仕事出張“旅”では、「なにが求められるのか?」という点を整理/クリアにすると、単純に「なにをバックパックに積めたらいいのか」が見えてくるはず。

今回の出張旅では、以下の仕事を“快適”にこなせればいい

● 取材内容のメモや録音
● メールなど、メッセージのやり取り
● 電話
● 記録写真撮影

出張 パソコン 不要 スマホで仕事

 

パソコンの代わりになるスマホ手中で全てのコトが済む時代

スマホに関しては別途記事で語るつもりだが、最近のスマホであれば、上に書いた仕事内容を楽にこなすことができるはず。

ぼくが使っているスマホは「Huawei Mate 9」。※最近では試しに“ちょい”大型画面サイズのASUS製のスマホも利活用することもある。

言うまでもないが、スマホは、その名「多機能携帯電話」のとおり、「多機能」以上のものへと進化している。

スマホは、パソコンのように大画面の液晶ではなく、ヘビーな作業を一括処理できるわけではないが、最近のスマホはそこそこパソコンと同じような機能をもつほど高いスペックを誇る。

違いは、画面のサイズと、物理的なキーボードがあるか・ないかぐらいじゃない?!」と思う人もいることではないだろうか。

everything into smartphone モノ なくなる 時代 スマホ【これまで(左)は全てを持ち出さなければいけなかったが、今では(左)これら物理的な“モノ”全てはポケットサイズに。『非物質化』は今後もさらに進む。シリコンバレーのNASA Parkに拠地を置くシンギュラリティ大学取材時の創業者ピーター・ディアマンディスさんのプレゼンより】

従来、簡易パソコン機能、音楽プレーヤー/ラジカセ/CDプレーヤー/コンポ、カメラ(動画と静止画)、スキャナー、モノの販売や購入、リモコン、懐中電灯、映画鑑賞、本/読書、辞書、ナビ、財布、時計/タイマー/目覚まし時計、ICレコーダー、地図帳、ゲーム機、テレビ、方位磁石、メモ帳/予定表、ルーターなどなど…こんなに沢山のモノが必要だったのに、ポケットサイズのスマホに全てのものが凝縮され、あらゆるコトが“手中”で済むようになった

ほんの10年前ぐらいだったら、こんなに沢山のモノを持ち運んでいたのに、非物質化が進み、今やスマホをポケットに入れるだけで、もろもろことが済む。

2013年前後ぐらいだろうか。仕様が高いスマホが登場、便利なアプリの種類も増え、「ノートパソコンがなくても十分じゃない?!」と思い始めた人たち、若い世代が増え始めたことだろう。

出張先での報告書なども、メール文章に写真添付で済む企業も多いだろうし、専用アプリやワードに文章を打ち込み、写真を貼り付けての報告も可能だ。

最近では、簡易な報告用途として、「LINE」や「Chatwork」などのチャット系メッセージの専用サービスを利活用する企業も増えてきていることだろう。

処理能力に関して言うと…

スマホは、パソコンのように大画面ではないので、多くの作業を同時に行うことが難しいと思いがち。

しかし、スマホでは多くの作業内容を画面に映せないので、1つの作業に集中しやすいとポジティブにとらえることもできる。

パソコンでは、複数の処理を高速かつ同時に行うマルチタスク機能がある。だが、そもそも、そんな高機能/処理能力を利活用できていない「使いこなせていない人たち」も多いのではないだろうか。

パソコンだと、大画面で、複数のサイトを立ち上げることが可能なので、ソーシャルメディア上の投稿、オンラインショッピングなどに気を取られ、本来の仕事に集中することができない人たちも多いのでは?

さてさて、あれこれと前段が長くなってしまったが、1週間の出張“旅”、スマホの他、どんなガジェット類/周辺アイテムを持っていくと、仕事が捗るのだろうか?

上に書いた「仕事内容」を“快適”にこなすには、なにを持っていけばいいのか。

最近のスマホは進化しすぎていて、どれを持っても、そう変わらないので、まずは、周辺機器から語りたいと思う。(続きはこちら

work with smartphone huawei mate 9 スマホで仕事する人

 

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. oukitel スマートフォン 【田舎でITレビュー】トリプルレンズカメラ搭載 縦長6インチ格安…
  2. 田舎旅の準備: 意外と簡単!?自宅でパスポート写真撮影から印刷ま…
  3. everything into smartphone モノ なくなる 時代 スマホ 【田舎でITレビュー】1週間の出張“旅”、仕事道具 スマホだけで…
  4. fuji wifi speed 速い 遅い 田舎バックパッカーのITレビュー:『FUJI Wifi』に乗り換…
  5. FUJI Wifi 200GB 田舎でITレビュー:『FUJI Wifi』田舎/地方旅と暮らしに…
  6. Intel Celeron搭載パソコン「Lenovo B50」購…
  7. nuroモバイル ソネット 0SIM 【田舎でITレビュー】格安SIM 音声通話だけなら基本料金最安の…
  8. 穴水町 LTE 4G 5G 携帯電波 【田舎でITレビュー】穴水町岩車の田舎で突然LTEが入り始めた …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち 【メディア掲載】プロモ映像に登場!世界5大の自動車祭典「東京モーターショー2019」の歴史に残る!? 穴水町 星空 天の川 Milky Way in countryside Japan 【星空旅スポット】能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~ 能登・穴水町中居(石川県) - 中居湾ふれあいパークに出没したイルカ 田舎専門誌「田舎暮らしの本」取材中に出現した大きな“背びれ” Connor Jessup in Noto Anamizu Japan コナージェサップ 石川県 能登 穴水町 日本 【田舎で仕事】カナダ出身の映画俳優・監督・脚本家コナー・ジェサップが発信『バックパッカー娘の能登ワールド』 - 4 【能登での田舎暮らし】明日9月23日は穴水町岩車の『キリコ祭り』 – 地域の祭り参加は絶対

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
穴水町 車中泊,石川県 車中泊,石川県 バンライフ,ふれあいパーク
  1. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  2. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  3. Carstay Koki Miyashita カーステイ 宮下晃樹
  4. 都市構造再編を活用へ/穴水中央地区立地適正化計画/町、採択要望/総事業費61億4000万円
  5. 石川県 新移住者, バンライフ 地方移住, 岩本舜夫
  6. 穴水町 岩車 キリコ祭り 2020年

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【メディア掲載】NHK BSプレミアムに登場!「旅する★手作りキャンピングカー」 8月18日放送!
day 45.1 徳島県小松島 『ル・サロン』『国連本部』にも飾られたと話す『阿波おどり』の画家 銭谷誠さんとの出会い ~ “画家として売れるまで…”の25分間の会話 ~
自動車用電球メーカーが“幻のきのこ”はなびらたけをつくってるって?!なぜ?
【メディア掲載】note上のCarstay公式マガジンに登場
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。