2010-10 Backpacking Nagano & Noto - 長野と能登へのバックパッカー旅

day 11 舳倉島でどんな発見が ~ カタツムリが進化している?! ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年10月18日(月) – ぼくら田舎バックパッカー夫婦は、朝から舳倉島(へぐらじま)を散策した。

DavidとBrendaによると、渡り鳥は、17:00ぐらいに中国を出発して、舳倉島に翌朝に到着するらしい。

速いのかはわからないが…「途中休まず飛べるのだろうか…飛行機と違って、体力を使わないといけないしなぁ。途中、食べ物はどうするんだろうか…魚でも食べるのか?!」と考えてしまう。

石川県 舳倉島(へぐらじま)で、Brenda Kayさん、David Cooperさんと連絡先を交換し記念撮影。(from left to right) Ms. Brenda Kay, Mr. David Cooper, Yuka, and Iku at Hegura Jima island.

石川県 舳倉島(へぐらじま)で、Brenda Kayさん、David Cooperさんと連絡先を交換し記念撮影。(from left to right) Ms. Brenda Kay, Mr. David Cooper, Yuka, and Iku at Hegura Jima island.

Davidは若いころから鳥に興味があったそうだ。

21歳のときに、「世界には自分が行ったところがない場所が沢山ある」と思い、大学を辞めて、ネパールやパプアニューギニアを放浪。

大学を辞めて、放浪するとは、勇気ある行動。自分の場合、大学を卒業しないと仕事をみつけることができない、としか考えてなかっただろう。

それに、そのときは、勉強に夢中だった。就職では基本、大卒が求められる中、高卒でキャリアを積んできた人たちはすごい。

船の出発時間15:00まで、島を散策する。

海岸沿いの岩場に到着すると、誰が何のために立てたかわからない、旗が立っている。

魚釣りで舳倉島に来ている人たちもいた。あたりには、多くの野鳥カメラマンが、うろうろと渡り鳥を探している。

クルマ一台買えるほど高額なレンズを肩に担いで、渡り鳥の撮影に来ている兄弟カメラマンと出会った。彼らのレンズは、約100万円する。

実際どこまで遠い距離を撮影することができるのか、カメラを覗かせてもらった。その先は、100メートルを軽く超えていただろう。でも…「趣味で100万円レンズか…すごいなぁ」と、どうしても考えてしまう。趣味の価値観の違いだろう。

ぼくもそのうち高額な望遠レンズの購入を考えるかもしれないしなぁ…

石川県舳倉島(へぐらじま) で出会ったカメラマン兄弟。その望遠レンズの額は100万円以上!すごいなぁ!1 million yen lens camera man brothers at Hegura Jima island.

石川県舳倉島(へぐらじま) で出会ったカメラマン兄弟。その望遠レンズの額は100万円以上!すごいなぁ!静かに遠くの渡り鳥を撮影するのであれば、それぐらいの望遠レンズが必要なのだろう。1 million yen lens camera man brothers at Hegura Jima island.

島の散策を続けると、「舳倉島・七ツ島(ななつじま)からの手紙」の著者の二人と出会った。ぼくらの旅の背景などについて話す。

彼らは、舳倉島や七ツ島の自然や動物などについて書いているそうだ。一人は舳倉島の動物に関する部分を担当。彼らもカタツムリや龍神池の水が枯れないことなどについて語る。

やはり…、舳倉島と七ツ島のカタツムリの殻は、左巻きとのことだった。ぼくらは、このライターの人たちに、イギリス人のカタツムリ研究者が来ていることを伝えた。

それにしても、この「逆巻きカタツムリ」…確かに「進化している…」のかもしれないが、それが「すごい」ことなのかが今一わからなかった。

しかし!「なんでこの島だけ左向きなんだ?!」という疑問は残る。

100万円以上するレンズを持つカメラマン兄弟が舳倉島を歩く

100万円以上するレンズを持つカメラマン兄弟が舳倉島を歩く

出発前、自分の両足をチェックした。ぼくはハーフパンツを着ていて、既に足を10箇所ぐらい刺されている。

舳倉島の蚊の吸いつきは、すごく強い。足を動かして、蚊を追っ払おうとしても、吸い付いたままで、離れない。そして厄介なのは、かなり小さい虻なので、跳ねた泥が足についているようにしか見えないため、気づかない。

「舳倉島・七ツ島(ななつじま)からの手紙」の著者二人と出会った。We met with two authors of “Letters from Hegura Jima island and Nanatsu Jima islands.”

「舳倉島・七ツ島(ななつじま)からの手紙」の著者二人と出会った。We met with two authors of “Letters from Hegura Jima island and Nanatsu Jima islands.”

舳倉島散策後、港に戻ると、イギリス人夫婦カメラマンのDavidとBrendaとまたまた港で会った。小さな「島の世界」だ。彼らと記念撮影し、連絡先を交換する。

イギリス人のカタツムリ研究家は、「舳倉島・七ツ島からの手紙」の著者の二人とカタツムリについて、深い内容を語りかける。

カタツムリ研究家によると、「動物関連を担当した書籍ライターは、あくまでも動物全般が専門だから、カタツムリの専門分野についてはそこまで知らないね」と、誇らしげにぼくに伝えてくる。「Hmm… OK…」と、あまり返答する言葉が浮かばない。

ぼくにはこの“左巻き”のカタツムリの“すごさ”があま~り理解できなかったが、「なぜ舳倉島のカタツムリは違うのか…」について、少しだけ…知りたくなってきた。(続きはこちら

石川県舳倉島(へぐらじま) なぜここまでして石を積むのか...

石川県舳倉島(へぐらじま) なぜここまでして石を積むのか…

舳倉島で昆布を干すおばさん。Drying seaweed on a street on Hegura Jima island.

舳倉島で昆布を干すおばさん / Drying seaweed on a street on Hegura Jima island.

舳倉島 この旗はなんのためにあるのか...。A flag on Hegura Jima island.

舳倉島 この旗はなんのためにあるのか… / A flag on Hegura Jima island.

舳倉島で釣りをする人も沢山いた。There were lots of fishermen on Hegura Jima osland.

舳倉島で釣りをする人も沢山いた / There were lots of fishermen on Hegura Jima osland.

舳倉島の港 / Port of Hegura Jima Island.

舳倉島の港 / Port of Hegura Jima Island.

舳倉島でフグ発見

舳倉島でフグ発見 / A blowfish at Hegura Jima island.

離島の舳倉島にも郵便物は届く

離島の舳倉島にも郵便物は届く

舳倉島の港を出発し、輪島へと戻る。

舳倉島の港を出発し、輪島へと戻る。

舳倉島の海岸にたつ旗。何の旗だかわからない状態になっていた。

舳倉島の海岸にたつ旗。何の旗だかわからない状態になっていた。

<前のストーリー 『day 10.4 <写真で見る>石川県舳倉島の渡り鳥 / Photos of migratory bird on Hegurajima Island』>

<次のストーリー 『day 11.1 輪島に戻り「とりあえず能登半島先端を歩くか…」と結花の一言』>

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 中津川 day 2 静岡県浜松市 一眼レフカメラの事故… 白駒の池へ
  2. 輪島 金蔵 万燈会 写真 輪島“金蔵万燈会”とお寺音楽 ライブへ ~ 田舎の村がロウソクの…
  3. asura shinshitsu 阿修羅 芯漆 漆器 輪島 100% 漆だけで『阿修羅』なんてつくれるの?!構想から13年の…
  4. day 13.3 奥能登一周旅 『ランプの宿』駐車場でのテント泊…
  5. モリクモ 閉店 売却中 輪島市三井の“ビーガン”「モリ+クモ食堂」 閉店、家兼店舗の売却…
  6. 輪島 金蔵万燈会 ライブ 2016年の『金蔵万燈会(まんとうえ)』と音楽ライブ / Kan…
  7. Lacquer art in Wajima Japan 漆 輪島塗 芯漆 木地などの下地未使用 100%日本産漆のみで作った『芯漆』美術品…
  8. day 7.2 石川県穴水町 次世代の板前寿司屋『幸寿し』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

穴水町 星空 天の川 Milky Way in countryside Japan 星空旅スポット: 能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~ suumoジャーナル 【田舎で仕事 – 執筆】 不動産情報メディア「SUUMOジャーナル」に「可動産」 上勝町 紅葉 究極な田舎フリーランスを目指して ~ 今日の北國新聞にバックパッカーがデカデカと?! ~ su singularity university 社会問題 ビジネスチャンス シンギュラリティ大学 「社会問題は優秀な人材が集まれば一気に解決できる」 シンギュラリティ大学のミッションをローカルレベルに 田舎旅 クルマ旅 カーステイ Carstay ハイエース ファミリーワゴンC 動く家 車中泊 田舎旅: 冬のクルマ旅 能登から長野経由で鎌倉へ 途中…マイナス8℃

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登

田舎 広報 仕事
  1. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式
  2. SNS 中傷 コメント
  3. 長期滞在 車中泊スポット 住める駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町
  4. バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身
  5. 長期滞在 車中泊スポット 駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町
  6. 読売新聞 朝刊 Carstay カーステイ トヨタ Mellow メロウ

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP