2010-10 Backpacking Nagano & Noto - 長野と能登へのバックパッカー旅

day 11 舳倉島のカタツムリが進化しているって?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年10月18日(月) – ぼくら田舎バックパッカー夫婦は、朝から舳倉島(へぐらじま)を散策した。

DavidとBrendaによると、渡り鳥は、17:00ぐらいに中国を出発して、舳倉島に翌朝に到着するらしい。

速いのかはわからないが、「途中休まず飛べるのだろうか、飛行機と違って、体力を使わないといけないしなぁ。途中、食べ物はどうするんだろうか、魚でも食べるのか?!」と考えてしまう。

Davidは若いころから鳥に興味があったそうだ。

21歳のときに、「世界には自分が行ったところがない場所が沢山ある」と思い、大学を辞めて、ネパールやパプアニューギニアを放浪。

大学を辞めて、放浪するとは、勇気ある行動。自分の場合、大学を卒業しないと仕事をみつけることができない、としか考えてなかっただろう。

それに、そのときは、勉強に夢中だった。就職では基本、大卒が求められる中、高卒でキャリアを積んできた人たちはすごい。

船の出発時間15:00まで、島を散策する。

海岸沿いの岩場に到着すると、誰が何のために立てたかわからない、旗が立っている。

魚釣りで舳倉島に来ている人たちもいた。あたりには、多くの野鳥カメラマンが、うろうろと渡り鳥を探している。

クルマ一台買えるほど高額なレンズを肩に担いで、渡り鳥の撮影に来ている兄弟カメラマンと出会った。彼らのレンズは、約100万円する。

実際どこまで遠い距離を撮影することができるのか、カメラを覗かせてもらった。その先は、100メートルを軽く超えていただろう。でも…「趣味で100万円レンズか…すごいなぁ」と、どうしても考えてしまう。趣味の価値観の違いだろう。

ぼくもそのうち高額な望遠レンズの購入を考えるかもしれないしなぁ。

石川県舳倉島(へぐらじま) で出会ったカメラマン兄弟。その望遠レンズの額は100万円以上!すごいなぁ!1 million yen lens camera man brothers at Hegura Jima island.

石川県舳倉島(へぐらじま) で出会ったカメラマン兄弟。その望遠レンズの額は100万円以上!すごいなぁ!静かに遠くの渡り鳥を撮影するのであれば、それぐらいの望遠レンズが必要なのだろう。1 million yen lens camera man brothers at Hegura Jima island.

島の散策を続けると、「舳倉島・七ツ島(ななつじま)からの手紙」の著者の二人と出会った。ぼくらの旅の背景などについて話す。

彼らは、舳倉島や七ツ島の自然や動物などについて書いているそうだ。一人は舳倉島の動物に関する部分を担当。彼らもカタツムリや龍神池の水が枯れないことなどについて語る。

やはり…、舳倉島と七ツ島のカタツムリの殻は、左巻きとのことだった。ぼくらは、このライターの人たちに、イギリス人のカタツムリ研究者が来ていることを伝えた。

それにしても、この「逆巻きカタツムリ」確かに「進化している」のかもしれないが、それが「すごい」ことなのかが今一わからなかった。

しかし!「なんでこの島だけ左向きなんだ?!」という疑問は残る。

100万円以上するレンズを持つカメラマン兄弟が舳倉島を歩く

100万円以上するレンズを持つカメラマン兄弟が舳倉島を歩く

出発前、自分の両足をチェックした。ぼくはハーフパンツを着ていて、既に足を10箇所ぐらい刺されている。

舳倉島の蚊の吸いつきは、すごく強い。足を動かして、蚊を追っ払おうとしても、吸い付いたままで、離れない。そして厄介なのは、かなり小さい虻なので、跳ねた泥が足についているようにしか見えないため、気づかない。

「舳倉島・七ツ島(ななつじま)からの手紙」の著者二人と出会った。We met with two authors of “Letters from Hegura Jima island and Nanatsu Jima islands.”

「舳倉島・七ツ島(ななつじま)からの手紙」の著者二人と出会った。We met with two authors of “Letters from Hegura Jima island and Nanatsu Jima islands.”

舳倉島散策後、港に戻ると、イギリス人夫婦カメラマンのDavidとBrendaとまたまた港で会った。小さな「島の世界」だ。彼らと記念撮影し、連絡先を交換する。

イギリス人のカタツムリ研究家は、「舳倉島・七ツ島からの手紙」の著者の二人とカタツムリについて、深い内容を語りかける。

カタツムリ研究家によると、「動物関連を担当した書籍ライターは、あくまでも動物全般が専門だから、カタツムリの専門分野についてはそこまで知らないね」と、誇らしげにぼくに伝えてくる。「Hmm… OK…」と、あまり返答する言葉が浮かばない。

ぼくにはこの“左巻き”のカタツムリの“すごさ”があま~り理解できなかったが、「なぜ舳倉島のカタツムリは違うのか…」について、少しだけ…知りたくなってきた。(続きはこちら

石川県舳倉島(へぐらじま) なぜここまでして石を積むのか...

石川県舳倉島(へぐらじま) なぜここまでして石を積むのか…

舳倉島で昆布を干すおばさん。Drying seaweed on a street on Hegura Jima island.

舳倉島で昆布を干すおばさん / Drying seaweed on a street on Hegura Jima island.

舳倉島 この旗はなんのためにあるのか...。A flag on Hegura Jima island.

舳倉島 この旗はなんのためにあるのか… / A flag on Hegura Jima island.

舳倉島で釣りをする人も沢山いた。There were lots of fishermen on Hegura Jima osland.

舳倉島で釣りをする人も沢山いた / There were lots of fishermen on Hegura Jima osland.

舳倉島の港 / Port of Hegura Jima Island.

舳倉島の港 / Port of Hegura Jima Island.

舳倉島でフグ発見

舳倉島でフグ発見 / A blowfish at Hegura Jima island.

離島の舳倉島にも郵便物は届く

離島の舳倉島にも郵便物は届く

舳倉島の港を出発し、輪島へと戻る。

舳倉島の港を出発し、輪島へと戻る。

舳倉島の海岸にたつ旗。何の旗だかわからない状態になっていた。

舳倉島の海岸にたつ旗。何の旗だかわからない状態になっていた。

<前のストーリー 『day 10.4 <写真で見る>石川県舳倉島の渡り鳥 / Photos of migratory bird on Hegurajima Island』>

<次のストーリー 『day 11.1 輪島に戻り「とりあえず能登半島先端を歩くか…」の結花の一言』>

石川県 舳倉島(へぐらじま)で、Brenda Kayさん、David Cooperさんと連絡先を交換し記念撮影。(from left to right) Ms. Brenda Kay, Mr. David Cooper, Yuka, and Iku at Hegura Jima island.

石川県 舳倉島(へぐらじま)で、Brenda Kayさん、David Cooperさんと連絡先を交換し記念撮影。(from left to right) Ms. Brenda Kay, Mr. David Cooper, Yuka, and Iku at Hegura Jima island.

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 能登空港 のと里山空港 仕事 車中泊 駐車場 noto airport camper van roadside station in Wajima Ishikawa 仕事しながら“ちょい”田舎旅:今日の職場 『能登空港』から
  2. 輪島 フランス料理 ラトリエ・ドゥ・ノト 池端隼也 土門 ロブション french wajima latelier de noto “イナ旅”初のフランス料理 能登・輪島の『ラトリエ・ドゥ・ノト』…
  3. ishikawa wajima ryushoji temple self-sufficiency 輪島 龍昌寺 半自給自足 暮らし 村田和樹さん <写真で見る>田舎体験 3日目 最終日 輪島・与呂見 半自給自足…
  4. モリクモ 閉店 売却中 輪島市三井の“ビーガン”「モリ+クモ食堂」 閉店、家兼店舗の売却…
  5. day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』
  6. day 7.1 田舎へのバックパッカー旅、石川県穴水町 NOTO…
  7. 茅野小学校 バックパッカー 講演 day 5 長野県 茅野市立金沢小学校での田舎バックパッカーの講…
  8. 能登・輪島市(石川県) - 「朝市」の漆器店「一よし」 <写真で振り返る>『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

石川県 純米吟醸 手取川 吉田酒造 石川県産の“驚き”の地酒が飲める虎ノ門の『花たろう』で『はじまりはヒップホップ』?! スザーンロス day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家スザーン・ロスさんとの出会い 穴水町 役場 ずさん 無責任 穴水町役場 政策調整課 課長の無責任な『報酬』発言と『証拠』 – バックパッカーが語る地方自治体のあるある?!<その1> MROラジオ タニカワ旅行社 【メディア掲載】MROラジオ「有限会社タニカワ旅行社」に3月15日と22日に登場! 中日新聞 車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信 【メディア掲載】中日新聞1面トップ『車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信』

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
asahi national daily newspaper vanlife 朝日新聞 バンライフ
  1. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登
  2. 日経 AR 記事

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 81 長崎県大瀬戸町『岡﨑製パン所』を見学 そして 次の旅先へ
day 85.4 長崎県 五島列島・宇久島の隣にある人口14人の寺島へ ~14人…どんな島なのだろうか…ポットホールとは一体なんだ?!~
【能登での田舎暮らし】添加物賛成・反対派に関する質問をみて 結局 添加物ありがいいの?なしがいいの?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。