IT / Gadget for backpacking - バックパッカー旅のITとガジェット

意外と重要?!ナンバーポータビリティMNPで格安SIM乗り換えのベストなタイミング – 2社 請求を防ぐ裏技

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


 

2017年7月から、外出先・出張先など“旅”先と、田舎暮らし先の岩車の自宅でのインターネット/データ通信を『FUJI Wifi(フジ・ワイファイ)』で統一、音声通話は基本料金が最安のソネット nuroモバイルの格安SIM『0SIM』に乗り換えた。(そのストーリーはこちらから)

音声通話は、NTTぷららモバイルLTEの音声通話付きデータし放題『定額無制限』プランから、携帯電話の番号を変えないよう、ナンバーポータビリティ(MNP)番号を活用し、基本料金月額700円の音声通話プラン『0SIM』への乗り換え/転出。

MNPで転出し、他社に乗り換える際、気をつけたいのが、その切り替えのタイミング

月始めに格安SIMを解約したとしても、請求に関しては日割計算されることなく、月の基本料金や使用量を満額で請求される。

“下手な”タイミングで乗り換えようとすると、申し込んだ当月、以下2つの請求が届いてしまう

①乗り換え先/転出先: ぼくの場合、0SIMの基本料金は700円+通話料金

②これまで使用してきた通信会社/転出元: ぷららLTEの音声通話とネット使い放題「定額無制限」プランの月額基本料金3460円+通話料金

これら2社から請求書が届くことになり、無駄な支払いが増える。

MNPで乗り換えるときは、ダブルの請求を避けて、うまいタイミングで、格安SIMの移行/乗り換えを行いたい。

 

2社からの請求を避けるMNP番号の発行と乗り換えのタイミングが重要

では、ダブルの請求を避けるために、どのタイミングで、既存から次の通信会社に乗り換えたら良いのか?

まず、MNPの有効期限日数を無駄にしないよう、事前に、乗り換え先の格安SIMを決めておく。

次に、現在使用している格安SIMの会社からMNP番号を発行してもらうわけだが、格安SIM 転出元と転出先の2社からの請求を避けるために、以下の点を把握しておくべきだろう。

① 現在使っている格安SIM/転出元からMNP番号が発行され、自分の手元に届くまでの日数

② 乗り換え先/転出先の格安SIM会社が必要とするMNP番号の有効期限までの「残日数」

◎ MNP番号には15日間の有効期限がある。新たな格安SIMにMNPで乗り換える際、申し込み先/転出先の格安SIMは、一定期間のMNP番号の有効期限「残日数」を必要とする。詳しくは下のほうの例を参考にしてほしい。

③ 新たなSIMが手元に届くタイミング

◎ MNP先/転出先の格安SIM会社が、携帯電話の番号をSIMに移行、SIMを自宅へ発送し、到着するまでの所要時間。

乗り換え先の格安SIM会社によって、MNP番号の有効期限までの「残日数」の条件が異なる点にも気をつけたい。

例えば、0SIMに申し込む場合、0SIMが必要とするMNP番号の有効期限までの残日数は10日、BIGLOBEの場合は12日以上だ。

ソネット 0SIM

 

0SIMへ乗り換える場合タイミングと“裏技”は?

さて、実例があったほうがわかりやすいうかと思うので、参考までに、0SIMに乗り換えた/申し込んだときのタイミング/スケジュールを書き留めておこう。

① 7月22日:

◎ ぷららモバイルLTEに、MNP番号発行を依頼。ぷららからMNP番号が届く日数は1日~3日ほど。

② 7月23日:

◎ 想定より2日も早く、MNP番号がNTTぷららのメールアドレスに届く。MNP予約有効期限は2017年8月5日。

③ 7月26日夕方頃:

◎ 0SIMが必要とするMNP番号の有効期限までの残日数は10日。MNP番号の有効期限ぎりぎりで0SIMに申し込む。

◎ ぎりぎりに申し込んだ理由は、予想以上に早く、ぷららLTEからMNP番号が届いてしまったから。予定では、28日夕方か29日に、0SIMに申し込もうとしていた。

④ 7月28日午前:

◎ 電話に挿入していたぷららLTEのSIMカードでの通信ができなくなる。0SIMの新たなSIMカードに、電話番号の移行が完了した模様。ということは、0SIMから新たなSIMカードが発送されるのは、最短で今日か明日で、自宅に新しいカードが届くのは、29日か30日となる。

◎ ぷららモバイルLTEのSIMカードで通信が行えなくなったタイミングで、ぷららモバイルLTEとは契約が切れたことになる。予定どおり、7月が最後の請求月に

◎ だが、このタイミングで0SIMの新しいSIMカードに電話番号が移行されたということは、7月29日か30日ごろまでには、そのSIMカードが届くということだ。7月はわずか2日だけなのに、7月分もフルで請求されてしまう。

0SIMが発送したSIMカードを運送業者から受け取った時点で、0SIMの使用開始日が決まるのだ。

そこで行ったのが、今回、nuroモバイルのオペレーターから聞いた、「あっ!その手があったか!」という、ちょっとした…シンプルな“裏技”。

さて、0SIMから7月の請求を避けるために行ったシンプルな“裏技”とは?

⑤ 7月30日午前:

◎ ヤマト運輸からソネットの0SIMが届いた。ちなみに、0SIMは、佐川急便かヤマト運輸を介して、0SIMカードを発送するとのこと。

◎ だが、これをこの時点 7月中に受け取ってしまうと、0SIMの音声通話プランの使用開始月は、7月からとなってしまう。7月の残日数は2日なのに、7月分の請求をフルで受け取ることになってしまう

なので、ここからが、超シンプルでちょっとした“裏技”だ。

◎ 暑い中、ヤマトの運搬担当者には申し訳ないが、新しいSIMカードが入った0SIMからの封筒を営業所に持ち帰ってもらい、8月1日に営業所で受け取ることにした

◎ 8月1日までの2日間、音声通話を使うことができなくなるが、そうすることで、0SIMの音声通話プランの使用開始月は、8月からとなり、7月の請求を避けることができる

0SIMのパッケージを、運送会社から受け取った時点でサービスが開始となる」のだ。

これがソネットのnuroモバイルのオペレーターから聞いた“裏技”だ。

⑤ 8月1日午前: ヤマトの営業所に行き、0SIMのパッケージを受け取り、スマートフォンに入っている古いSIMカードを取り出し、受け取った新しいSIMカードを挿入。0SIMの使用を開始した。

格安SIM会社によって異なるのかもしれないが、0SIMの場合、転出元と転入先からの2つの請求を避けるために重要なのは、新たなSIMカードを受け取るタイミング月末ぎりぎりでMNPをすること。

nuroモバイル ソネット 0SIM

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. マイクロソフト ユニバーサル・モバイル・キーボード 出張 パソコン 不要 スマホで十分 仕事 【田舎でITレビュー】短期間の出張「旅」 モバイル周辺機器で仕事…
  2. Fuji Wifi モバイルルーター 地方 格安SIM Fuji Wifi 100GB 田舎でITレビュー:そろそろケーブルTVや光回線を解約する時期か…
  3. fuji wifi 500gb 田舎でITレビュー:ソフトバンク回線のデータ通信『FUJI Wi…
  4. 【田舎でITレビュー】バックパッカー旅用に…スマホからのブログテ…
  5. Lenovo Ideapad 300 レビュー 田舎でパソコン購入サポート 3万円台で十分な機能の『Lenovo…
  6. oukitel スマートフォン 【田舎でITレビュー】トリプルレンズカメラ搭載 縦長6インチ格安…
  7. everything into smartphone モノ なくなる 時代 スマホ 【田舎でITレビュー】1週間の出張“旅”、仕事道具 スマホだけで…
  8. nuroモバイル ソネット 0SIM 【田舎でITレビュー】格安SIM 音声通話だけなら基本料金最安の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

creative coffee shop countryside in Japan 能登での田舎暮らし: 穴水町岩車にカフェ?! のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣 東京の駅だったら批判殺到?!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から 牡蠣, かき, はなびらたけ, アヒージョ 【メディア掲載】中日新聞 はなびらたけ「ホホホタケ」と牡蠣のセット販売サポート開始 winter snow tire in Hokuriku Ishikawa Noto Japan 北陸 石川県 能登半島 スタッドレス タイヤ 冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~ 能登 穴水町 味噌作り 高齢 元気 能登の田舎で…一日で12家族分 約360キロの“薪味噌”作り ~ 今年は“青”豆で! ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎バックパッカーハウス, 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  1. ハイエース バンライフ, ハイエース 仕事, バン 仕事
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
day 45.1 徳島県小松島 『ル・サロン』『国連本部』にも飾られたと話す『阿波おどり』の画家 銭谷誠さんとの出会い ~ “画家として売れるまで…”の25分間の会話 ~
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!<2021年7月2日追記>
選択肢を“冒険” 1971年発売の二眼レフカメラ写真の質が...スゴイ
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス&オフィス、長期間 車中泊滞在可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。