Whisper - つぶやき

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

タイトルのような質問が投げられてきたので、参考までに回答したいと思う。

ぼくは約6年前、能登の田舎 限界集落の穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)という農山漁村に移住した。移住先の岩車では、自身のスキルをフル活用しながら生計を立てて、毎日を生きている。

つい先日、お笑いタレント「爆笑問題」が出演した田舎暮らしに関する年末の特番に約30分登場。現場での取材の所要時間は約3日間でほぼ密着だった。

テレビ朝日 移住した女たち

で、その3日間の密着取材に支払いはあったのか?

実費はお支払いしてくれるが、取材費などは基本0円。

経験上、場合によっては、まれに「謝礼」が出ることもあるが、5000円、10000円、15000円ほど。ほとんどが、著名人の場合だ。ぼくのような一般人にはもちろんのこと支払いは発生しない。

3日間の密着は中々なものだが、基本、「取材いただくこと=テレビで幅広く自身のことが紹介される」ことに“感謝”して取材を受ける/テレビに出演するというスタンスで、取材を拒まず受けることをお薦めしたい。

例えば、ぼくはこの「田舎バックパッカー」ブログを運営しているわけだが、テレビに出演した当日、一時的にサーバーがダウンし、アクセスできない状態になった。

それほどテレビ出演というのはインパクトがあるので、放送と同時に、ホームページやブログ上で、自身の「仕事」を宣伝するなどして、仕掛けを考えるのも取材を受けるモチベーションになるかと思う。

また、2018年末の特番だけでなく、石川県内のNHKの生番組にも出演した。そのときは、現金ではなかったが、なんらか謝礼的な“ギフト”をいただいた記憶がある。

「テレビ出演大変そうだし、出演料も入らないから、取材お断りしよう」と、ネガティブに考えるのではなく、「どのようにしたら、出演を“きっかけ”に、自身の宣伝につなげられるだろうか?」を考えて動いたほうが良いだろう。

countryside lifestyle experience 中日新聞 田舎体験 中川生馬

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 動くオフィス 書斎 ハイエース 自動車 車中泊 今さらだけどキャンピングカー・車中泊仕様の車ってなんなんだ?!
  2. バックパッカー 旅人 子供 娘 4つのタイヤがあって、長くて大勢乗れるクルマってな~んだ?車旅人…
  3. SNS メディア 信頼性 新型コロナでわかってくる「メディア」の特性 – 舞台…
  4. 再び緊急事態宣言、ゴールデンウィーク、旅できない?!夏の“大祭”…
  5. tsubaki zaki anamizu Ishikawa 石川県 穴水町 岩車 椿崎 【つぶやき】スローライフとは?田舎暮らしのなにがスローなのか?
  6. 「Go To トラベル」キャンペーンで地方の限界集落は消滅するの…
  7. キャンピングカー 家 秋葉博之 秋葉洋子 “住める駐車場”長期滞在可能な究極車中泊スポット「バンライフ・ス…
  8. 能登空港 サンタ プレゼント 能登空港でサンタさんからプレゼント?!ドライブスルースタイルで子…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

day 13.2 奥能登一周旅 半島最北端のパワースポット「ランプの宿」へ ~ 朝から歩いて9時間 ~ 【メディア掲載】日経本紙「日経プラスワン」に登場 「くらし探検隊 災害時の避難にも車中泊試した―安全な場所確保 準備十分に」 【田舎で仕事】 ITベンチャー『広報』で初の日経産業新聞1面 クルマ旅雑誌「カーネル」(2015年夏号)表紙の人 Amazon.co.jp「キャンプ」本ランキングで1位 ~ 表紙の影響か!?「カーネル」ブログにも登場 ~ スザーンロス なにごとにも進化は必要なのか?

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
能登空港
  1. stars ishikawa, anamizu stars, noto stars, 穴水町 星空, 石川県 星空, 能登半島 星空, 移住 星空の町, 星空 綺麗 田舎
  2. 田舎暮らし 日々 石川県 能登 穴水町 岩車 中川生馬 移住者
  3. 田舎暮らし 平凡 毎日 能登 石川県穴水町 岩車
  4. 転覆 ボート 処理
  5. 地方移住 意識高い
  6. 車中泊 漫画 穴水町 川尻

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年販売開始!>
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【動画あり】ドキュメンタリーテレビ番組『裸のムラ』に一主役として登場 ~ バンライフとは?!田舎暮らしとは?!石川県とは?! ~
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎クルマ旅グッズ】買ってはいけない夏の“返金OK・返品不要”車中泊アイテム
【バンライフ&車中泊アイテム】夏 クルマ付近に蚊・虫を寄せ付けないランタン?!
【能登での田舎暮らし】添加物賛成・反対派に関する質問をみて 結局 添加物ありがいいの?なしがいいの?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。