INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

<写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 輪島の「白米千枚田」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
能登を代表する棚田「白米千枚田」 日本の棚田百選でもある

能登・輪島市(石川県) – 輪島の「朝市」と「のと発酵マルシェ」を後にし、これから奥能登一周へのクルマ旅に出る。(前回の輪島「朝市」での話しはこちら。発酵マルシェの話しはこちら

まずは、日本の棚田百選、能登の棚田、「能登の里山里海」を代表するスポット「白米千枚田」へ。

白米千枚田は道の駅となっている。ここは最高の景色を誇る車中泊スポットでもある。理由なく心落ち着く田園風景、隣には日本海。絶好のコンビネーションだ。

能登を代表する棚田「白米千枚田」 日本の棚田百選でもある

能登を代表する棚田「白米千枚田」 日本の棚田百選でもある

能登を代表する棚田「白米千枚田」 日本の棚田百選でもある。

絶景で車中泊 能登 輪島 道の駅 白米千枚田

 

道の駅の売店には…

道の駅 白米千枚田の売店では、千枚田で収穫したお米のおにぎりも販売している。が、最近、お客さんが多く、炊飯が追い付いていないときが多い。売り切れることはないようだが、「炊飯中」のときもあり、ときには15分~30分待つこともある。ここまで来たら、お米が美味しくて大人気の千枚田のおにぎりを食べたい。

おにぎりを食べ終わったら食べたいのはデザートだ。ぼくのお薦めは、おにぎり売店の向かいで売っている「よもぎ鯛焼き」だ。ここのたい焼きは生地がモチモチしてボリュームがある。よもぎやあんこの味ももちろんのこと美味しい。

道の駅 白米千枚田。千枚田で収穫したお米でつくった手作りおにぎり。これが最高に美味しい。

道の駅 白米千枚田。千枚田で収穫したお米でつくった手作りおにぎり。これが最高に美味しい。

道の駅 白米千枚田の売店で販売している「たいやき」。このよもぎたい焼きが美味しくてお薦め。生地がお餅のようにもちもちしている。

道の駅 白米千枚田の売店で販売している「たいやき」。このよもぎたい焼きが美味しくてお薦め。生地がお餅のようにもちもちしている。

道の駅 白米千枚田の売店。名物のたいやき。ここにいるおばあちゃんは海女さんだ。

道の駅 白米千枚田の売店。名物のたいやき。ここにいるおばあちゃんは海女さんだ。

道の駅 白米千枚田の売店

道の駅 白米千枚田の売店では輪島産の海藻類、海の幸の加工品などを販売している。

道の駅 白米千枚田 売店 輪島産 海藻類 海の幸 加工品 販売

道の駅 白米千枚田の売店

道の駅 白米千枚田の売店で販売している可愛らしいイラストのポストカード。

道の駅 白米千枚田の売店 天然/天日干しの塩

道の駅 白米千枚田で販売している舳倉の塩。輪島の塩は大人気。

道の駅 白米千枚田の売店で販売している可愛らしいイラストのポストカード。

道の駅 白米千枚田の売店で販売している可愛らしいイラストのポストカード。

道の駅 白米千枚田の売店。カワイイイラストのポストカード

道の駅 白米千枚田の売店

道の駅 白米千枚田の売店で販売している漆塗りの爪切りや美容道具。

道の駅 白米千枚田の売店。旬の野菜や山菜も販売している。フキノトウの芽。

道の駅 白米千枚田の売店。旬の野菜や山菜も販売している。フキノトウの芽。

 

白米千枚田の写真

千枚田では秋の収穫時期が終わると、冬期間、ライトアップ/イルミネーション「あぜのきらめき」を開催する。白米千枚田の写真は以下サイトにも掲載している。

千枚田 ライトアップ 写真

白米千枚田『あぜのきらめき』10月10日から オープニングにNHK「まれ」の“高志”がライブパフォーマンス!? ~ “人工的!”と思っていたけど意外と良い感じの棚田 LEDイルミネーション ~

能登を代表する棚田「白米千枚田」 日本の棚田百選でもある

次は輪島唯一の塩田「塩の駅 輪島塩」へと進む。ここももちろんのこと、ぼくは常連である。(続きはこちら

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 能登 移住 田舎体験 小野貴子 冬の“楽暖”な“ざっくばらん”な田舎体験 2日目・前編 ~ “薪…
  2. フィリピン バックパッカー 旅 ブロガー ツアー Ceb-Juanderers Philippines blogger travel tour 【田舎体験】フィリピンへのブロガーツアーでつながった仲間 4回目…
  3. Lacquer art in Wajima Japan 漆 輪島塗 芯漆 木地などの下地未使用 100%日本産漆のみで作った『芯漆』美術品…
  4. day 70.6 輪島塗の展示方法やプレゼントにも工夫を
  5. 水揚げ体験 牡蠣漁の体験 <写真で振り返る>『ヤスヨとヤスコ』、能登空港 到着早々 牡蠣の…
  6. スザーンロス 輪島 イギリス day 70.2 漆芸作家Suzanne(スザーン)さんとCli…
  7. 能登ワイン ぶどう畑 【田舎ライフスタイル体験 in “里山&里海”能登・穴水町】 D…
  8. Shin shitsu lacquer ware Wajima 芯漆 輪島塗 漆のみ 山崖松花堂 やまぎししょうかどう 輪島 最も古い 木地未使用 日本産“漆”100%の美術品とその“神業”

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

今日発売の「田舎暮らしの本」(2015年5月号)の内容は... 【メディア掲載】宝島出版「田舎暮らしの本」にバックパッカーファミリー登場 day 14 能登半島一周中 トビの死骸 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 【メディア掲載】住める駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に about-inaka-backpacker-house 【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について 能登移住検討中のドイツ出身の19歳 ~ やろうと思えばなんでもできる ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
フジテレビ めざまし8 AU,AU電波障害
  1. 穴水町 小学校 統合, 向洋小学校, 小学校 説明会
  2. inaka backpacker japan
  3. 穴水 車中泊, 石川県 バンライフ,北陸 バンライフ, 中川生馬
  4. 穴水町 車中泊,石川県 車中泊,石川県 バンライフ,ふれあいパーク
  5. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【能登での田舎暮らし】石川県穴水町の小学校の統合に関する説明会 7月14日開催 そもそもなぜ統合ありきで話しが進んでいるのか?
day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家スザーン・ロスさんとの出会い
【星空旅スポット】能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~
脚本執筆のために「田舎バックパッカーハウス」シェアハウスに滞在したConnor Jessup(コナー・ジェサップ)の新作ドラマ
石川県穴水町のシェアハウス兼“住める駐車場”車中泊スポット「田舎バックパッカーハウス」< 公式概要と利用料金について>
day 52 高知県 沖の島の『赤い有名人』1 ~ 自己ブランドを構築する荒木健吉さん ~
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
【能登での田舎暮らし】添加物賛成・反対派に関する質問をみて 結局 添加物ありがいいの?なしがいいの?
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。