INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

【田舎体験】ルーシーとの3時間 ~ 牡蠣の新調理方法とマルティニーク島の“豚血”ソーセージとは ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Oyster BBQ in Anamizu 牡蠣 BBQ 穴水町 石川県 能登

今日のメインであり、フィナーレの牡蠣バーベキューだ!

急ぎ足ではあったが、なにかとそのモーメント毎の楽しみ方を知っているルーシー。(前回のお話しやルーシーについてはこちら

Oyster BBQ in Anamizu 牡蠣 BBQ 穴水町 石川県 能登

田舎バックパッカー宅の畑へと行き、焼き牡蠣20個、干物、地酒を楽しんだ。残念ながら、ぼくは運転手でもあるので、飲めないが、ゲストが楽しんでもらえればそれは嬉しいこと。

Oyster BBQ in Anamizu 牡蠣 BBQ 穴水町 石川県 能登

その間、様々な会話を交わしたのだが、能登・穴水町は「牡蠣の町」という背景から、まずは、印象に残ったルーシーの牡蠣の好きな食べ方を書き留めておこう。

Oyster BBQ in Anamizu 牡蠣 BBQ 穴水町 石川県 能登

1つ目は…

小さなポテト、バター、牡蠣、少量のクリーム、ホールミルク(全乳)をフライパンで調理する。

それを耐熱皿に入れ、パン粉を載せて、オーブン用で焼く。オイスターチャウダーっぽいが、オーブンで焼くと、「オーマイガッシュ!」と叫びたくなるように、かな~り美味しく出来上がるそうだ。

Oyster BBQ in Anamizu 牡蠣 BBQ 穴水町 石川県 能登

Oyster BBQ in Anamizu 牡蠣 BBQ 穴水町 石川県 能登

2つ目は、「オイスター・ロックフェラー」だ。

生の牡蠣貝を開けて、小刻みにしたホウレンソウやチーズ、クリーム(きっとホワイトソース的なクリームだろう)を入れ、その上にパン粉を載せてバーベキューする/焼くのだ。それがまた「うまい!」「ソー・デリシャス!」だそうだ。

「日本での滞在期間、ここでの出来事が最高だった!特に食べ物!」と笑顔で言っていたルーシー。

ルーシーは岩車での出来事に関して以下のように、自身のインスタに綴っている。



Oyster BBQ in Anamizu 牡蠣 BBQ 穴水町 石川県 能登

I learned how to catch sea cucumbers with an incredible long pole. It has flat-bladed pincers on the end to snatch them right off the ocean floor.

Sea Cucumber in Anamizu ナマコ 穴水町 石川県 能登

Give them a big cucumber kiss before slicing them up with seaweed and fresh yuzu off the neighbor’s tree!

What a wonderful blurring of animal and vegetable.

Oyster BBQ in Anamizu 牡蠣 BBQ 穴水町 石川県 能登

Then fat Noto oysters barbecued in their own effusive brine. Pick the oyster out with cedar chopsticks and pour some sake into the shell to mix with the leftover juices. Shoot this ambrosia, toss the shell onto the ground and wonder how, how, how you’ve never done this before.

For dessert, there’s fish soaked in a sweet soy sauce and roasted until it caramelizes. I ate it with my fingers because I’m not THAT gifted with the sticks and I had to have it all as quickly as possible.

If that isn’t a metaphor for this trip I don’t know what is.

牡蠣の身を食べた後に、殻に残った汁と能登の地酒をミックスして飲む。そんな飲み方もグルメ/食通なルーシーに伝授。

Oyster BBQ in Anamizu 牡蠣 BBQ 穴水町 石川県 能登

“豚血”ソーセージとは…?!

ルーシーはとにかく好きーな食べ物が多いようで、難しい質問に聞こえたようだが、聞いてみたのは、「一番好きな食べ物は?」という質問。

ルーシーのファミリー出身のカリブ海のマルティニーク(Martinique)島では、豚血をソーセージのように固めた食べ物があるそうだ。

Oyster BBQ in Anamizu 牡蠣 BBQ 穴水町 石川県 能登

タロイモに似た「キャッサバ」の粉末、豚の血、“ものすごく”辛い唐辛子を混ぜて、ソーセージのようなチューブに入れて、茹でる。

それをハサミで切って、その中身(ソーセージ)をフランスパン/バゲットにのせて食べるそうだ。それを「ブッダァ」と呼ぶそうだ。

「オーマイガッド!ザッツ・ソー・グッド」と叫び、お薦めしてくれた。

そんなこんなで、他愛もない会話を交わしたバーベキューを終え、最後に岩車を散策。

漁港では近所の牛上さんがナマコを獲ってくれ、ナマコをがぶり!写真を!ナマコを触るのは初めて。

そして、のと鉄道の穴水駅へ。いやぁ~よく半日でこなしたなぁ~。

「半日で、急ぎ足の体験のようだったけど、そうは感じず、楽しかった!」とのことだった。

ルーシーの服や体には、バーベキューの香りがべったり!電車で金沢駅を経由して、関西国際空港へ。翌日、そのバーベキューの香りを体につけたまま、アメリカへと飛んだのであった。

遥々、能登・岩車の田舎へと来てくれてありがとぅ!

Oyster BBQ in Anamizu 牡蠣 BBQ 穴水町 石川県 能登

Oyster Sake BBQ in Anamizu 牡蠣 地酒 BBQ 穴水町 石川県 能登

Sea Cucumber in Anamizu ナマコ 穴水町 石川県 能登

Sea Cucumber in Anamizu ナマコ 穴水町 石川県 能登

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、住める駐車場/車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 世界一長いベンチ longest bench in Ishikawa Noto “キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』4話目: 能登の“穴場…
  2. 薪味噌 豆茹でる anamizu iwaguruma making miso experience 今年で3年連続 薪を使った味噌造り! – 田舎には“…
  3. suzu mitsukejima island 石川県 能登 珠洲 見附島 サギ カラス 住む島 田舎体験 2日目 奥能登一周 海岸に浮かぶ…巨大な珪…
  4. 石川県 能登 穴水町 岩車 田舎体験 “牡蠣の穴場”で体験をベースにした旅「ざっくばらんな田舎ライフス…
  5. 倒さスギ 珠洲 能登 石川県 cedar tree suzu ishikawa noto peninsula 田舎体験 2日目 奥能登一周 “ウエスト”7メートルの“腕力”あ…
  6. 2016年最大の強風 塩の駅 輪島塩 間垣 崩壊 4月過去最大の暴風の中、田舎体験で奥能登一周 ~ 『塩の駅 輪島…
  7. 輪島 龍昌寺 田舎体験 精進料理 村田 Ryushoji Zen Temlple Yoromi Wajima Japan 田舎体験:体にスーッと入る龍昌寺“産”ランチ
  8. お笑いコンビ『ヤスヨとヤスコ』の奥能登全域での田舎体験 前編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

winter snow tire in Hokuriku Ishikawa Noto Japan 北陸 石川県 能登半島 スタッドレス タイヤ 冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~ 動く家 モバイルハウス 軽トラハウス モバイルハウスビレッジ こんな家いかが?走るよこの「ワンベッドルーム軽トラック」 day 8 石川県輪島から舳倉島に行けるのか 能登・穴水町中居(石川県) - 中居湾ふれあいパークに出没したイルカ 田舎専門誌「田舎暮らしの本」取材中に出現した大きな“背びれ” 蔵カフェ 菜々 家族の“楽暖”感じる能登・穴水町の『蔵カフェ 菜々』、テレ朝「人生の楽園」に登場

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
穴水町 岩車 漁港 能登 田舎暮らし バンライフ
  1. 穴水町 役場
  2. トヨタ, ハイエース, 動く家
  3. MRO 絶好調W
  4. tsubaki zaki anamizu Ishikawa 石川県 穴水町 岩車 椿崎
  5. テレビ金沢 石川県 バンライフ

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年注文受付・出荷・販売開始!>
【田舎でITレビュー】中国・中華製スマホ、テザリングでWi-Fi電波・SSIDが見つからない?
【田舎旅】能登鹿島駅「さくら駅」満開終わり葉桜に ~ 新駐車場 まもなく完成 ~
【メディア掲載】スズキ軽ハスラーで車中泊しながら日本一周 夫婦ユーチューバー『えりたくチャンネル』
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。