INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

田舎体験 2日目 奥能登一周 海女さん絶景食堂『つばき茶屋』の“でまかせ”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
つばき茶屋 椿展望台 能登半島の絶景 noto countryside rural experience good lunch spot

能登・珠洲市(石川県) – 『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』2日目、ぼくらは現在、奥能登一周中。せっかくの能登旅、奥能登がどんなところなのかも、ざっくりみてみたい。

輪島の「朝市」、「塩の駅 輪島塩」、「垂水の滝」を後にしたぼくらが向かったのは、能登半島の先端「椿展望台」と「つばき茶屋」だ。

つばき茶屋 椿展望台 能登半島の絶景 noto countryside rural experience good lunch spot

こんな感じの能登半島先端のダイナミックなエリアに位置する「つばき茶屋」。茶屋といっても、喫茶のように、コーヒーやジュースが飲めるだけではない。

「つばき茶屋」のメインは、漁師夫婦の番匠さん料理の魚介類。

ダイナミックな景観を見ながら食事することができる海女さん食堂。

ザ・能登!」ってスポットがここだ。ここにくると「あ~能登へ来たなぁ~」という感じになることだろう。

いつの時期来ても良い眺めだ。この展望台から道路を渡ると「つばき茶屋」がある。今回の田舎体験のタイミングとマッチし、今季・今月(3月)、数日前からオープンしたばかりだった。

ちなみに、今回のメンバーは前日の記事で紹介したとおり(こちら)。みんな、ホントユニーク…独特の個性をもったメンバーだった。

つばき茶屋 入口  noto ishikawa suzu countryside rural experience good lunch spot

さて、「つばき茶屋」の中へ入ってみよう。

石川県 能登半島 珠洲 つばき茶屋 食堂内 ランチ ishikawa noto suzu tsubaki chaya coffee spot japan beautiful lunch spot

石川県 能登半島 珠洲 つばき茶屋 食堂内 ランチ ishikawa noto suzu tsubaki chaya coffee spot japan beautiful lunch spot

「つばき茶屋」の中はこんな感じで、能登半島の絶景を見ながらランチを楽しむことができる。壁には広い“窓”があり能登半島の絶景を横目に、ランチを楽しむことができる。

ちなみに、ぶら下がっているランプの笠には、椿の絵が描かれている。番匠さんのお手製だ。

石川県 能登半島 珠洲 つばき茶屋 食堂内 ランチ メニュー 石 ishikawa noto suzu tsubaki chaya coffee spot japan beautiful lunch spot menu is unique

「つばき茶屋」のメニューは自然資源を活かした“石”。実にユニーク。石の表にはメニュー名、裏には値段が書いてある。ここの食堂の名刺も石なのだ。

昨晩のバーベキューから始まり、「つばき茶屋」前に行った「垂水の滝」から、“石”に関するネタは尽きない。どうやら、今回の体験は、“石”に縁があるようだ。

石川県 能登半島 珠洲 つばき茶屋 二三味コーヒー ishikawa noto suzu tsubaki chaya coffee spot japan beautiful lunch spot nizami coffee

永作博美さんと佐々木希さんが登場した映画「さいはてにて」の舞台となったここ奥能登の珠洲。

その映画のモデルとなった二三味(にざみ)コーヒーをここで味わうことができる。

ちなみに、映画「さいはてにて」のコーヒー屋「ヨダカ珈琲」は、リアル店舗の「ヨダか珈琲」として、渋谷区神宮前にオープンした。カタカナ「カ」とひらがな「か」の一文字ちがい。映画「さいはてにて」の「ヨダカ珈琲」は、永作博美さんが演じた吉田岬が営み、神宮前の「ヨダか珈琲」は、永作博美さんがプロデュースしたもの。

映画撮影で永作さんや佐々木さんとお友だちになった番匠さんファミリーは神宮前の「ヨダか珈琲」オープン後、飛行機で東京へと飛び、オープンを祝ったそうだ。

石川県 能登半島 珠洲 つばき茶屋 食堂内 ランチ ishikawa noto suzu tsubaki chaya coffee spot japan beautiful lunch spot

番匠さん夫婦の漁船「栄光丸」の模型も飾られている。

石川県 能登半島 珠洲 食堂 昼食 ランチスポット ishikawa noto suzu lunch tsubaki chaya great sea food

能登半島と言えば、やはり魚介類だろう。珠洲の海女・番匠さつきさんと、漁師の旦那さんが、その日に採ってきた魚介類を出してくれる「でまかせ定食」に舌鼓。

「“渡辺謙”さん、味はどうだった?」

珠洲 つばき茶屋 noto suzu tsubaki chaya

「いいね」と落ち着いたクールな感じの返答。

つばき茶屋 ランチスポット さいはてにて ロケ地 でまかせ定食 suzu tsubaki chaya demakase lunch

週末の昼はお客さんが多く忙しい時間帯。昼の時間帯を外せば、いつも元気な看板“海女おばちゃん”番匠さつきさんと、看板“娘”のさとみちゃんとの楽しい会話を楽しむことができるかもしれない。

能登で、2人の看板娘がいる食堂は珍しく…ここだけではないだろうか。

 

「つばき茶屋」の概要

●営業時間: 10:00~16:00
●定休日: 不定休(冬季休業)
●住所: 珠洲市折戸町1-3-1
●電話: 0768-86-2059
●オープン期間: 毎年3月下旬頃から12月中旬

※事前に電話での予約をお薦めする。

つばき茶屋 ランチスポット さいはてにて ロケ地 でまかせ定食 suzu tsubaki chaya demakase lunch

ここは能登半島の“さいはて”先端にある海女さんが店主 の「つばき茶屋」。なんでも美味しいのだが、お薦めは盛り沢山の「でまかせ定食」(1000円)。岩海苔うどんも美味しい。

つばき茶屋 ランチスポット さいはてにて ロケ地 でまかせ定食 suzu tsubaki chaya demakase lunch

そして、今回は特別に…久しぶりに来店する予定だった娘・結生のために、さとみちゃんが昨晩作ってくれたケーキ。残念ながら…結生を連れて行くことができなかったので、体験のみんなでいただきました。ありがとう、さとみちゃん。

絶景食堂 つばき茶屋 suzu lunch spot great view

次は…能登にある「日本列島の中心」へと向かう。(続きはこちら

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 珠洲 つばき茶屋 でまかせ定食にびっくり。 『ヤスヨとヤスコ』の田舎体験、半島先端 珠洲の『つばき茶屋』、記…
  2. 渚水産 渚ガーデン バーベキュー 冬の田舎体験 – 渚水産でのバーベキュー 穏やかな能…
  3. 信濃大町 室堂 バス停 “キリコ祭り”の『田舎体験』3話目: 信濃大町経由 千里浜なぎさ…
  4. mori kumo vegan in Wajima Noto Ishikawa モリクモ 輪島 能登 石川県 田舎体験:穴水町のかき氷と輪島のビーガンでリラックス
  5. 写真で振り返る 能登のキリコ祭り✖『“ざっくばらん…
  6. 奥能登芸術祭2017 art festival suzu 奥能登国際芸術祭 開催!だが…何トンもの『陶器の破片…
  7. 能登の農家民宿 ゆうか庵 輪島塗 夕飯 昼食 ishikawa noto town hostel experience wajima nuri lunch dinner <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登町の豪華“料…
  8. cultural experience in Anamizu Ishikawa 石川県 穴水町 文化 田舎体験 アメリカ人一家、能登で田舎/文化体験 薪ストーブ囲って牡蠣メイン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

朝霧高原 富士山 バックパッカー 車中泊 車旅 バンライフ 一泊で旅する富士山麓・朝霧高原周辺4つ目のスポット「富士芝桜まつり」 day 7 石川県穴水町で岩本さん、倉本さんとの出会い hiace campervan annex family wagon c アネックス ファミリーワゴン ハイエース 【メディア掲載】 トヨタ自動車の社内報「TESマガジン」2019年10月号に登場 〜 時代 〜 brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 【メディア掲載】「Lancers マガジン」に『広報の経験豊富なランサー』として登場

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  2. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan
  4. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
速報:穴水町川尻の橋で老人ホームのクルマ転落事故
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。