INAKA Backpacker House - 田舎バックパッカーハウス

住める車中泊スポット「バンライフ・ステーション」に新たな“入居者” ~ コロナ禍のバンライフの課題 ~ < 3話目 >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コロナ バンライフ 車中泊 道の駅

全国各地のメジャースポットを旅するバンライファーが、日常で利活用する施設は「3密」になりうるスポットが多い。(前回のお話しはこちら

「生活」で必要な“インフラ”的な施設が閉まるということは、快適なバンライフ生活をすることが難しくなってしまう。特に入浴施設が閉まってしまうことは痛い。

道の駅 氷見 車中泊

まぁ、全ての施設が閉鎖するわけではなく、クルマを走らせれば、バンライフ生活に必要な施設を見つけることはできるだろうが、「3密」により多くの“人気ある”施設は自主的に閉鎖、営業時間が短縮するなどから、いつものような“快適なバンライフ”生活が送りづらくなるわけだ。施設を探すのに半日費やす日々が続く可能性もある。

また、「コロナが蔓延している神奈川の「横浜」という背景から、あちこちへと移動/旅することで、周囲の人に不快感を与える行動をとることは避けたかった」と、秋葉さんと同じように考える県外ナンバーのバンライファーは多いことだろう。

「バンライフ」では、快適なクルマで旅や仕事をしながら生活できたり、好きな場所で寝起きできるなど、旅好きやあちこちで暮らしてみたい人たちにとっては、理想的な新たなライフスタイルではある。

しかし、このような災害にも対応できる「本格バンライファー」向けのインフラ施設はほぼないと言っても過言ではない。

道の駅 富士山 キャンピングカー 車中泊

<< バンライファーにとっても大変な時期 >>

自身の自宅はないが実家や親戚など気軽に帰れる家を持つクルマ旅人「長期限定のバンライファー」、週末だけのクルマ旅を楽しむ「週末バンライファー」などは、親戚や自宅など固定された家へと戻れば、コロナのような緊急災害時の課題はなにかと解決する。

だが、キャンピングカーや車中泊仕様の車など「モバイルハウス<動く家>」のみが唯一の帰る家とする「本格バンライファー」にとっては、“万が一”の災害時、動きづらくなってしまうわけだ。

現在、バンライフで使われている車中泊スポットは、オートキャンプ場、RVパーク、道の駅、サービスエリアなど。

ざっくりポイントのみで用途を説明しよう。道の駅やサービスエリアは基本、運転中、疲れたときに休憩するための“仮眠”向けの車中泊スポット、オートキャンプ場は主に自然を楽しむためのアウトドア、RVパークは主に電源が使えることが主な用途となっている。

どこも目的に合わせた用途となっているので、設備の快適性が異なる。

そして、これらとは別に、車中泊が正式に認定されていて、民家・スーパー・温泉旅館などの駐車場や空きスペースを利活用した車中泊スポットのシェアサービス「Carstay(カーステイ)」もある。

だが、新型コロナウイルス禍、これら車中泊のベースとなっているスポット、公衆浴場、お店など、生活で必要となるインフラ施設が休業し減少、閉鎖、自粛状態になると、移動型ライフスタイルのバンライファーの生活にとっては死活問題となる。

実際のところ、報道によると、山口県下関市の道の駅「きくがわ」「蛍街道西ノ市」「北浦街道豊北」の駐車場がゴールデンウィーク期間中含め約15日間、静岡県の道の駅「伊東マリンタウン」は4月24日から5月18日まで駐車場や温泉施設含め閉鎖するなど、各地の観光目的の利用が多い道の駅は閉鎖していた。

ぼくが移住した能登の温泉「いやしの湯」も4月21日から「当面の間」休館(5月15日現在)、「キャッスル真名井」の風呂「湯ったり館」も4月16日から5月末まで休館を予定している(5月15日現在)。

日本の施設は、基本どこも綺麗で“超快適”ではある。しかし、新型コロナウイルス感染の拡大を考慮し、快適に利活用できるような施設ではなくなってしまうわけだ。

秋葉夫婦 ぶう助 犬 キャンピングカー

キャンピングカーってトイレやシャワーがついているから問題ないのでは?

「キャンピングカーってトイレやシャワーがついているから、独自で暮らせるのでは?!」と思われがちで、確かに多くの大型キャンピングカーには、シンク・トイレ・シャワーが搭載されている。

だが、キャンピングカー内部のタンクにたまった汚水を捨てられる場所は、一部オートキャンプ場ぐらいで、処理施設を見つけることが困難。たとえ、シンク・トイレ・シャワーなどの“水”まわり設備が、車中泊仕様の車に搭載されていても、フルで利活用している人を見たことがない。

ぼくがこれまで出会った多くのキャンピングカーオーナーは、「現実問題、こじんまりしたキャンピングカーの空間を汚したくない、臭いをつけたくない。旅先での処理場所に困る」などとコメントした人がほとんどだった。

車中 仕事 快適

そんなこんなで、新型コロナウイルスのような災害が起きると、バンライフの課題は浮き彫りとなる。

なにかあったときに、中長期間、自分の自宅のように“駆けこめる”車中泊スポット、より快適なバンライフを送るための「究極の車中泊」ができる施設の必要性が求められる。

 
それら様々な背景から、秋葉さん夫婦はオートキャンプ場など含め、快適に長期滞在できる車中泊スポットを探していたのだ。

秋葉さん夫婦が自身のブログでレビュー的に綴ってくれているとおり、現時点では、おそらく、能登にあるシェアハウス「田舎バックパッカーハウス(石川県穴水町)」の住める駐車場「バンライフ・ステーション」が唯一の“究極の車中泊スポット”だろう。

秋葉洋子, 秋葉博之, ぶう助, キャンピングカー 究極の車中泊スポット・・
キャンピングカー放浪記『ぶー散歩』 ~ 40代半ばでリセットを決意。キャンピングカーで妻と愛犬ぶーすけと日本全国放浪の旅にでる! ~

でも… なぜ… この災害時、(上から目線で言うつもりはないが)ぼくが秋葉さん夫婦を田舎バックパッカーハウスに受け入れさせてもらったのか?< 続きはこちら

田舎バックパッカーハウス Carsatay バンライフ ステーション 車中泊 穴水町 石川県 究極

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、住める駐車場/車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県 【メディア掲載】北陸エリアのテレビで特集「バンライフに物語あり!…
  2. Carstay VANTERTEINMENT バンターテインメント バンライフ イベント 車中泊 西湖 山梨県 【235枚の写真が語る】富士五湖「西湖」で開催したバンライフフェ…
  3. from noto to tokyo 能登から東京へ ハイエース 【田舎旅】再び能登の田舎から東京へ
  4. FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 家と書斎機能ある“動く拠点”、8年使用した冬欠かせない装備『FF…
  5. LIFE with my VAN ~ クルマでのライフスタイルが…
  6. ハイエース, 動くオフィス, 海 ここ最近は家から135メートル先の絶景スポットで仕事してるよ
  7. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影 「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと | NHKスペシ…
  8. バンライフ ステーション 田舎バックパッカーハウス 石川県 穴水町 能登半島 コロナ禍、住める駐車場「究極の車中泊スポット」バンライフ・ステー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~ 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅 ビジネス・経済誌最大の日経ビジネスのコラム「時事深層」でバン泊新市場 Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 day 50.3 高知県 沖の島で入浴交渉中?!ぼくらの救世主『市原商店』 Connor Jessup Yui Boys by Girls 【メディア掲載】カナダ出身の映画俳優/監督コナー・ジェサップ執筆雑誌「BOYS BY GIRLS」に結生登場 Coast Table コースト・テーブル 店主 齋藤祥江 漁師 齋藤義己 能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。