INAKA Backpacker House - 田舎バックパッカーハウス

石川県穴水町 シェアハウス併設型 住める車中泊スポット「バンライフ・ステーション」にキャンピングカーに住む40代半ば秋葉さん夫婦 ~ 災害時 役立つ駐車場を目指して ~ < 最終話 >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身

【追加・修正中】 コロナ禍、なぜ田舎バックパッカーハウスが秋葉博之さんと洋子さん夫婦をウェルカムしたのか?(前回のお話しはこちら

バンライフ ステーション 田舎バックパッカーハウス 石川県 穴水町 能登半島 秋葉洋子 秋葉博之 穴水町

<< コロナ禍、なぜ田舎バックパッカーハウスにバンライファーを歓迎したのか? >>

正直、コロナで、かなり迷った…

もちろん新型コロナウイルス感染の症状がないことが大前提。

また、住んでいるぼくらもそうだが、しばらくの間、① 近所の人たちとの距離を置く、② マスクをすることなどを前提に「バンライフ・ステーション」にお越しいただいた。

バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身

田舎は特に、じぃちゃん・ばぁちゃんなど高齢者ばかり。

じぃちゃん・ばぁちゃんはいつも動き回り元気で、体は強いが、免疫力は若いころよりも低下しているかと思うので、しばらくは近所の人たちとの触れ合いを避けてもらうよう、秋葉さん夫婦にはお願いさせてもらった。

また、申込時も丁重に、“入居時”前の旅経路などについて説明いただいたり、こちらのことも気にかけていただき、「ちょっと先が見えない状況であり、緊急事態宣言の出た神奈川の横浜ナンバーでウロウロするのも気が引けて… このような私たちでも受け入れが可能なのであれば、利用させて頂きたいと思っております。よろしくお願いいたします」という最初のメッセージだけでなく、電話でのやりとりから、秋葉さん夫婦からは純粋な「配慮」「紳士さ」が感じられた。前回のストーリーも読んでいただきたい。(こちら

バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身 SAKURA

また、これからの人生に覚悟を決めて、仕事を辞めて自宅を売却、キャンピングカーに“人生の楽しみ”を思い切って投資、詰め込むような人に、悪い人はいない!というぼくの勝手な思い込みと直感もあった(その秋葉さんたちの想いは1話目で語っている – こちら

秋葉さん夫婦に、失礼な言い方や上から目線で言っているつもりは全くないのだが、「50歳手前で仕事を辞めて、次の人生のステージを探す」ことは、上の世代であるほど、「会社勤務」「安定」「再就職は難しい」が当たり前の固定概念として執着しているので、そこそこ相当な覚悟があり、「きっとこれまでの人生に対して、素直に生きているだろうなぁ」と強く感じた。

この「直感」もぼくにとって大きな理由だった。

さらに追加すると、秋葉さん夫婦の出身は神奈川県横浜市、ぼくが育った場所はほぼ隣の鎌倉市なので、かなり親近感を持ってしまったというのもある。

あと、秋葉さん奥さんの名前「洋子」が、ぼくの母親の名前と同じだったのもなにかの縁とも感じたね。

バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身

<< そんなこんなで… >>

もろもろ考えていると…

こういった状況になったときに、住める駐車場であり、全国でここだけと言われる住める車中泊スポット「バンライフ・ステーション」ってオープンしていないと意味ないのでは?

そんなときのための旅人施設でなければいけないのでは?旅人を助け合える施設であるべきでは?

以前、以下の記事を書き留めたが、「こんな時、少しでも役立つ施設でないと意味がない…」と思い始めてしまったわけだ。

秋葉洋子, 秋葉博之, ぶう助, キャンピングカー 「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと
NHKスペシャル記事「車中の人々 駐車場の片隅で」から考える

※ちなみに、このNHKスペシャルで語られている「車中の人々」とは異なり、秋葉さん夫婦にとって、車中生活「バンライフ」は“夢”の手段の一部。秋葉さん夫婦を「車中の人々!」と言っているわけではないので、勘違いしないでね…

「バンライフ・ステーション」がある「田舎バックパッカーハウス」は、オートキャンプ場のように、多くの人たちがやってくる施設ではない。少人数で長期滞在可能。

田舎の住居間隔は広くてスペース感もある、都会のように、真隣に近所がいるわけではない。「密」がないのだ。

また、この拠点に「住む」「住民票」を置くことで、帰りやすくなり、今後、「自分はここに住んでいる」と胸を張って言いやすくなることで、いざとなったときの「拠点」としても“活躍”できるのでは?

「本格バンライファー」向けの拠点は現時点で、能登にある「田舎バックパッカーハウス」が唯一。1拠点だけでは、十分とは言えないが、このような状況で少しでも役に立てればいい。

バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身 SAKURA

そんな想いから、確認できる範囲で相手を見極め、困っている旅人を助けたいという気持ちと、一個人ができる支援として、今回、歓迎させていただいた。ぼくができる可能な範囲の支援はこれぐらいしかない。

もちろんのこと、地域のことも考え「受け入れない」という判断も重々考えたが、一バンライファー、一旅人ならではの困っている気持ちがわかったため、「受け入れない」という判断はできなかった。

地域の人たちには申し訳ない気持ちもあったが、とりあえず、最初の2週間は地域との触れ合いを避けていただくことなどを条件に、秋葉さん夫婦にご理解いただき、ぼく個人のそういった勝手で独断の想いがあったことから、「歓迎」を決行させていただいた。

この「バンライフ・ステーション」に入居いただき、いろいろと考えさせてくれた秋葉博之さん・洋子さん夫婦には感謝である。

バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身 SAKURA ハンドル

「田舎バックパッカーハウス」が、クルマ旅人、バンライファー、ノマド、バックパッカーなど、あらゆる現代版の旅人にとって、少しでも休憩できる、安らげるなど、「誰かの拠点」になることができたら嬉しい。

キャンピングカーで過ごす人、モビリティを活用した暮らしは、これからもどんどん増えてくる。

今後、秋葉さん夫婦がどのような人生を送るのか… 気になる人が多いのでは?(秋葉さんのブログはこちら

<< 最後に… >>

新型コロナウイルス感染… 多くの人たちにとって大変な時期ではあったかと思うが、みんな、この影響で各自の将来について考えているかと思う。

それが、可能な限り、各個人にとって、ポジティブかつプラスな方向へとつながることを願いたい。

今後、歩むべく自身の新たなライフスタイルや生き方は変化していくのだろうか。

「一歩踏み出せる人」「アクションをとれる人」たちは、きっと今後の動きを加速することだろう。

人生は本当に一度限り。

人生100年時代とは言うが、この先なにがあるかはわからない。

まぁ同時に医療技術は進化し、その動きも加速、人生100年以上になるのだろうかとは思う。

数年前には「人生100年時代」を提唱したリンダ・グラットンさんをロンドンで取材。

つい最近では、「人生100年時代」に伴い、医療技術はどこまで進化しているのかをテーマに、シンギュラリティ大学の創業メンバーの1人でもあるソニア・アリソンさんに取材依頼もさせていただいた。

だけど、(極端な言い方だが)不老不死はまだまだ先のこと。

「人生は本当に一度限り。人生100年時代」とは言っても、「やりたいことを“すぐに”やってしまえ」と言っているわけではない。

“ほどよい”バランスで物事を考えて、新型コロナウイルス感染症が、これからの“短い人生”について、考えるきっかけとなったら良かったなぁと願う。

ライフスタイルの選択肢は幅広い。実現したい自身のライフスタイルを突き詰めて今後の人生を歩んでいこう。

そんな中、秋葉さん夫婦の「人生の歩み方」は実に参考になるかと思う。

秋葉さん夫婦のストーリー1話目から

秋葉さん夫婦を動かしたのはそんなシンプルで“自分たちを生きる、エンジョイする”という根本的な考えだった。

その大きなきっかけは、2018年春ごろの洋子さんの自分に対する質問「宝くじで億円単位が当たったらなにをしたい?」

その回答は「全国へ旅したい!」だった。博之さんは「いいね!やるなら今でしょ!」と同意見で賛同。

1話目はこちら

 

ではでは、また。次は気になる秋葉さん夫婦の「動く家」となっているキャンピングカーSAKURA内を拝見させていただこう。

バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身 SAKURA

バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身

バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身 ぶう助

最近、「バンライフ・ステーション」に関して執筆した記事はこちら

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、住める駐車場/車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!

+

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. Carstay VANTERTEINMENT バンターテインメント バンライフ イベント 車中泊 西湖 山梨県 【235枚の写真が語る】富士五湖「西湖」で開催したバンライフフェ…
  2. connor jessup コナー・ジェサップ 【田舎で仕事】カナダ出身の映画俳優兼監督コナー・ジェサップ 『ク…
  3. バンライフの背景にはいろんな理由があるね
  4. Carstay 車中泊 スポット 検索 【ざっくり特集 – VANLIFE 3】クルマの移動…
  5. 穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup 田舎バックパッカーハウスの初代ユーザー、Netflixオリジナル…
  6. 中日新聞 石川県 車中泊 バンライフ コロナ キャピングカー 住める駐車場 中川生馬 【メディア掲載】中日新聞「のと 深掘り コロナ禍 需要手応え 穴…
  7. 長期滞在 車中泊スポット 住める駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町 「SUUMOジャーナル」で常に上位!気になる!?石川県・能登のシ…
  8. バンライフ ステーション 田舎バックパッカーハウス 石川県 穴水町 能登半島 コロナ禍、住める駐車場「究極の車中泊スポット」バンライフ・ステー…

コメント

  1. 先行き不安だった私たちを受け入れて下さったイクさん(と呼んでみる笑)は恩人です。
    初めてのお電話で「大丈夫です」とおっしゃって頂き、お世話になることが決まった時は
    感謝と安堵で涙が出そうでしたが夫の手前必死にこらえました(^^;
    もう随分前のことに感じるくらい毎日平和に過ごさせて頂いています(^^)

    バンライフステーションを見つけた自分グッジョブですが、元々イクさんが持っていた思いがあったからこそ
    繋がったご縁だと思います
    そして「洋子」繋がり笑

    田舎が無い私ですが田舎が出来たように感じています

    もうしばらく?お世話になりますが、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

    • アキバさん、こちらこそありがとうございました!感謝です!イクでぜひ!w ここ「田舎バックパッカーハウス」こういうときに役立たないと… 秋葉さんたちのおかげでより深い活用方法について考えさせられました!

      とにかく、結生が「秋葉さん、秋葉さんの奥さん、ぶぅすけは?」と毎日言っています。結生にとっても忘れられない体験となっていて、感謝です。「今日、秋葉さんもテニス来るよ!」と言ったらww、「やったぁ~」と!

      田舎はあちこちといいところだらけですが、お二人の「初田舎」になれたら嬉しいです!これから旅が再開して、離れても気軽にお越しください~!もちろん何年でも長期滞在ウェルカムです!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 【メディア掲載】住める駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に 小呂島 福岡県 EXILE 島田乾生 day 76.6 福岡県 小呂島 EXILEのミュージックスクール特待生 島田乾生くん家族とバックパッカー夫婦の夕べ Anamizu camper van travel spot 穴水町 車中泊 娘と「中居湾ふれあいパーク」で車中泊 ~ ちょい田舎旅へ ~ cbcテレビ チャント バンライフ ミチトライフ 矢井田夫婦 【田舎で仕事 – 広報】東海エリア「CBCテレビ」が「バンライフ」に密着 「生活費は?食事は?仕事は?」<動画あり> ウミネコパーラー かき氷 穴水町 金沢 『ウミネコパーラー』穴水町新崎店 閉店、金沢市石引店に完全移転とお引越し 〜 田舎の移住者受け入れ体制ってどうなの? 〜

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラー』
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
【メディア掲載】 トヨタ自動車の社内報「TESマガジン」2019年10月号に登場 〜 時代 〜
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
石川県内最大手地方銀行から農家に 能登岩車の33枚の田んぼをカボチャ畑に転換 ~ “ノルマ”は“能登の里山”の赤土で甘~い2万個のカボチャと1千万円 ~
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。