Media / PR - メディア掲載

北陸中日新聞に『田舎のほうが都市部よりも選択肢が多い、事例が重要』とコメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

能登・穴水町岩車(石川県) – 3日前 2015年12月22日の中日新聞に、ぼくのコメントが長々と載っている。

穴水町の町長の石川宣雄さんとの“ざっくばらんな”意見交換会/ランチョン

穴水町の町長の石川宣雄さんとの“ざっくばらんな”意見交換会/ランチョン

北陸中日新聞の記事『この成長に応じ支援を 穴水町長と父母 意見交換』(2015年12月22日)

北陸中日新聞の記事『この成長に応じ支援を 穴水町長と父母 意見交換』(2015年12月22日)

穴水町長 石川宣雄さんとの “ざっくばらんな”意見交換会/ランチョンに招待され参加させてもらい、その内容が記事化された。

今はインターネットで買い物や会議もでき不便な点は少ない。田舎の方が山や海の資源があり、都市部よりできることの選択肢が多い

楽しい暮らしをしているという事例を具体的に示せば移住者はもっと増える

ネットや携帯電話なとの通信だけでなく、飛行機、新幹線、夜行バス、クルマなどの乗り物の技術/テクノロジーも進化している。

これらテクノロジーは田舎にも行き届いていて、それらを活かせば、今の時代、田舎暮らしは成り立つし、十分やっていける

田舎にある“昔ながらのもの”に、“現代の技術/テクノロジー”をどんな風に活かすか、そして、どれだけ、なにごとに対して、“熱意”をもって、“楽しく”、突き進めるか。どれだけ、“私事(しごと)”としてとらえることができるのか。これらがキーとなる。

「田舎/地方には仕事がない」「田舎ではやっていけない」「どうしても仕事が…」は、将来的にもはや…時代遅れの発言になるだろう。

自身がどれだけ頑張れるか…そして便利な技術を“工夫”して活用できるかだ。

能登・穴水町役場 - 穴水町の町長の石川宣雄さんとの“ざっくばらんな”意見交換会/ランチョン。結生も参加した。

能登・穴水町役場 – 穴水町の町長の石川宣雄さんとの“ざっくばらんな”意見交換会/ランチョン。結生も参加した。

子育てに関しては、両親が大きな影響力をもっている。親がこれまでの培った視点や固定概念をどれだけ転換して『田舎で子育てするメリット』を全身で感じ、子どもに体験させるか…

そして、子どもや若い世代からリターンは求めず、子どものために、なにを叶えてくれる田舎/地方になれるか…それも今後の田舎存続のキーとなる。なにごとも長期的な視点で見つめなければいけない。

まぁ、とにかく、なにごとも負けずに、突き進んで頑張っていこう!

能登・穴水町役場 - 穴水町の町長の石川宣雄さんとの“ざっくばらんな”意見交換会/ランチョン。町長の親戚が経営する「いろはストアー」の注文弁当だそうだ。

能登・穴水町役場 – 穴水町の町長の石川宣雄さんとの“ざっくばらんな”意見交換会/ランチョン。町長の親戚が経営する「いろはストアー」の注文弁当だそうだ。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 能登・穴水町中居(石川県) - 中居湾ふれあいパークに出没したイルカ 田舎専門誌「田舎暮らしの本」取材中に出現した大きな“背びれ”
  2. 田舎 薪味噌 anamizu iwaguruma making miso experience <動画>薪を使った田舎ならではの味噌作り ~ “食”を作る楽しみ…
  3. 能登・穴水町岩車(石川県) - バックパッカー中川生馬の娘 ラジオ 文化放送<AM1134>に登場! ~ 田舎でホントやって…
  4. 田舎バックパッカー、9月11日発売の八重洲出版「大人のクルマ旅」…
  5. day 7.2 石川県穴水町 次世代の板前寿司屋『幸寿し』
  6. remote countryside rural workspace share house office satellite office in Ishikawa Noto Japan Purchasing Japanese Traditional …
  7. 北國新聞に登場 「移住男性『穴水おいで』首都圏の友人ら50人招待…
  8. suumoジャーナル 【田舎で仕事 – 執筆】 不動産情報メディア「SUU…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

Hiace solar panel ハイエース ソーラー 田舎旅: 冬の“ソーラー”重視のクルマ旅 どこへ? ~ 一式と一石二鳥的メリットとは ~ 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に 長期滞在 車中泊スポット 駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町 能登半島奥の駆けこめるシェアハウス“搭載”型の車中泊スポット「バンライフ・ステーション」に入居者 ~ コロナ禍 なぜ住める駐車場へ? ~ < 4話目 > モリクモ 閉店 売却中 輪島市三井の“ビーガン”「モリ+クモ食堂」 閉店、家兼店舗の売却先 募集中 nuroモバイル ソネット 0SIM 通話向け最安MVNO格安SIM「0 SIM」20年8月末でサービス終了 | 田舎でITレビュー

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

2020年7月10日付 北國新聞朝刊「横浜の40代夫婦、3カ月滞在 コロナ禍 穴水で車中泊 自然、人情に触れ『来て良かった』」
  1. 田舎バックパッカー 娘
  2. 田舎バックパッカーハウス 秋葉博之 秋葉洋子 車中泊 ぶうすけ
  3. 中川結生 田舎バックパッカー
  4. Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road
  5. 大井川電機製作所 広報
  6. カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP