Noto Anamizu Town - 能登 穴水町

光琳寺保育所でお釈迦様の誕生祝う『花祭り』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
穴水町 光琳寺 花祭り Ishikawa Anamizu Flower Festival temple festival

能登・穴水町波志借(石川県) – 4月8日はお釈迦様の誕生日。約2500年前に、お釈迦様はインドで産まれた。

光琳寺 保育所 花祭り ishikawa anamizu nursery school flower festival

娘が通っている保育所「認定こども園光琳寺(こうりんじ)保育所」はお寺「光琳寺」が運営していることから、光琳寺は先週末、お釈迦様の誕生を祭る「花祭り」を開催。

光琳寺 保育所 花祭り ishikawa anamizu nursery school flower festival

お釈迦様が誕生した場所はインドとネパール国境付近に位置する「カピラ城」と言われている。

光琳寺 保育所 花祭り お釈迦様 ishikawa anamizu nursery school flower festival

お釈迦様は産まれたときに、7歩歩いて、右手で天を、左手で地を指し、「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と唱えたそうだ。

「自分が一番」という意味ではない。「世界に存在する1人1人がみんな尊い命をもった存在」を意味する言葉だ。

光琳寺 保育所 花祭り ishikawa anamizu nursery school flower festival

なぜ7歩なのか?

苦しみばかりの「地獄界」、食べ物・飲み物がない飢えて渇いた「餓鬼界」、弱肉強食の常に怯えている「畜生界」、争いばかりで闘争の「修羅界」、ぼくらが生きている苦楽の「人間界」、6つの中では“まし”と言われているが迷界あり・悲しみ・寿命がある「天上界」の6つの世界があるとされていて、お釈迦様がもう1歩歩いた7歩目が、これら6つの世界を越えた「悟り」を意味するそうだ。

そして、お釈迦様は人々が幸せになるための方法をつたえてきた。



光琳寺 保育所 花祭り 甘露 ishikawa anamizu nursery school flower festival

“おそらく”お釈迦様は「象」にのってパレードをしたと思われることから、祭りには「象」が登場。そして、そのときに、甘露の雨が降ったと言われていることから、象にのったお釈迦様の像に甘茶をかけるそうだ。

その影響からか、お葬式などで見かける、6角形の黄色い飴を食べるようになったんだとか…

光琳寺 保育所 住職 園長 ishikawa anamizu nursery school

などなど、園長先生の長谷川述麻(のぶまろ)さんから波志借(はじかし)の村をまわりながら、お話しを聞かせてもらった。

光琳寺 保育所 花祭り ishikawa anamizu nursery school flower festival

子どもたちが象を引きながら波志借の村を周る。村を歩くこと約1時間。その距離は約2キロ。

都会にいると、電車の乗り換えなどで沢山歩くが、クルマでの移動が圧倒的に多く、田舎にいると歩くことが少なくなるので、このぐらいの運動はいいもの。



光琳寺 保育所 花祭り ishikawa anamizu nursery school flower festival

周りの子どもたちは、バテているが、結生は相変わらずへっちゃら。

「花祭り」後は、都会の人たちに農漁業体験活動の場を提供する「田舎時間」の田植えへ。

田植えでもとにかく走りまわる娘。(続きはこちら

光琳寺 保育所 花祭り ishikawa anamizu nursery school flower festival

光琳寺 保育所 花祭り ishikawa anamizu nursery school flower festival

光琳寺 保育所 花祭り 象 ishikawa anamizu nursery school flower festival

光琳寺 保育所 花祭り ishikawa anamizu nursery school flower festival

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. <動画あり>最近の投稿一覧 – その二『地方の“政治…
  2. ウミネコパーラー かき氷 穴水町 金沢 『ウミネコパーラー』穴水町新崎店 閉店、金沢市石引店に完全移転と…
  3. 穴水町岩車 散策 <写真で振り返る>冬の“楽暖”で“ざっくばらん”な田舎体験 2日…
  4. 32万部突破の書籍「里山資本主義」著者 NHK井上恭介さんと語る…
  5. コナージェサップ 穴水町 フリースタイル Connor Jessup countryside 今日午後のワークスペースは穴水のカフェ『フリースタイル』
  6. ウミネコパーラー 石川県 穴水町 足立秀幸 かき氷 カフェ Anamizu Shaved Ice Kakigori cafe 奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラ…
  7. クリスマス & 音楽ライブイベント by なぎさGAR…
  8. Anamizu backpacker tent spot 穴水町 車中泊スポット 仕事しながら“ちょい”田舎旅: 穴水町『あすなろ広場』 “巨大”…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

東奥日報 2020年7月29日 車中泊 バンライフ 中川生馬 田舎バックパッカーハウス 【メディア掲載】青森県の地方紙「東奥日報」でも「バンライフ 車で寝泊まり、旅しながら仕事 『新しい生活様式に』奥能登に拠点 高まる需要」 穴水町 LTE 4G 5G 携帯電波 【田舎でITレビュー】穴水町岩車の田舎で突然LTEが入り始めた ~ 田舎移住で欠かせないモバイル通信 ~ day 80.2 長崎原爆資料館「核兵器を持っている世界のリーダーたちは資料館にある写真を見に来るべきだ」 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~ 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 【メディア掲載】住める駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
石川テレビ イスラム 松井誠志 中川生馬 バンライフ
  1. 中日新聞 車中泊 田舎バックパッカーハウス バンライフ 安倍大資 池辺政人
  2. ママスタ mamasta 田舎暮らし
  3. 穴水町 岩車, 石川県 移住, 田舎暮らし, 能登半島
  4. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
能登の田舎にある志賀原発 再稼働するのか?大丈夫なのだろうか?
【メディア掲載】中日新聞「わが道を行く 車中泊の魅力 コロナ禍『新たな生き方』探り 全国から 穴水の滞在施設『バックパッカーハウス』」
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
バンライフ盛沢山の石川テレビのドキュメンタリー番組『裸のムラ』、映像祭「地方の時代」に入選
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。