『田舎時間』の田植え体験 – 能登がつなげた約20年振りの“オレゴン人”の再会

能登・穴水町岩車(石川県) – この日は忙しい1日だった。娘がお世話になっているお寺の保育所「認定こども園光琳寺(こうりんじ)保育所」が終わり、岩車で田植えを体験しにきた「田舎時間」の“活動現場”へ。(花祭りの様子はこちら

田舎時間 田植え inaka jikan rice activity

今回は参加者が約10人。午前中、羽田空港から能登空港に到着後、岩車へと走り、早速、田植え作業の体験を開始。

田植えとは言っても、全ての苗を植えるわけではない。田植え機がミスしたスポットに苗を植える作業だ。

今年(2018年4月)、能登町宇出津に移住した「田舎時間」副代表の木村聡さんと、岩車で活動体験の“場”を提供する河端さんファミリーがまとめている活動。

田舎時間 石川県 穴水町

【都会と田舎 13年の交流】 東京のサラリーマン・グループ『田舎時間』、年4回の半農半漁 ボランティア作業で、奥能登の農山漁村と深い交流続けて13年間 – 継続の秘訣とは

今回は“おもしろい”偶然があった。ぼくの母校・オレゴン大学を卒業した照井美紀ちゃんが参加していたのだ。

彼女に出会ったのは約20年前。2000年、2001年頃、早稲田大学で開催したオレゴン大学のオリエンテーション。その後はメール、フェイスブック、ブログなど、ネットを介して、“つながり”続けていた。

美紀ちゃんはぼくが田舎を中心にバックパッカー旅をし、能登に移住したことについて、ブログやフェイスブックなどをとおして、知っていて、「能登=中川生馬がいる」的な感じでイメージしていたそうだ。

美紀ちゃんは東京で「田舎時間」の参加者と出会い、今回の田植え体験に参加することを決め、穴水へとやってきた。能登へ来る前に、フェイスブックを介して、「ずうっと訪れてみたかった能登を今度初めて5月に訪れることになりました」とメッセージを送ってくれたのだ。

そして、偶然にも、そのメッセージをもらった翌日、「田舎時間」の副代表 木村さんと会うことになっていたので、美紀ちゃんが参加することを伝え、約20年振りの再会の偶然に驚いていた。

っと… 能登がつなげた偶然だった。

田舎時間 田植え inaka jikan rice activity

【結生とドロドロな田んぼの中を散歩】

田舎時間 田植え 牡蠣バーベキュー inaka jikan rice activity oyster bbq

【田植え後はみんなでワイワイと牡蠣バーベキュー】

翌日、雨が降る中、みんなは田植えを終わらせて、東京へと帰っていった。

各自、どんな想いがあって“田舎”へ来ているのだろうか?なぜ、そこまで田植えをしたいのだろうか?

暖かくなってきた能登、みんなも能登へ“イナ旅”してみたらどうかな?

田舎時間 田植え inaka jikan rice activity

田舎時間 田植え inaka jikan rice activity

田舎時間 田植え inaka jikan rice activity

田舎時間 田植え inaka jikan rice activity

田舎時間 田植え inaka jikan rice activity

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す