Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

『田舎時間』の田植え体験 – 能登がつなげた約20年振りの“オレゴン人”の再会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
田舎時間 田植え inaka jikan rice activity

能登・穴水町岩車(石川県) – この日は忙しい1日だった。娘がお世話になっているお寺の保育所「認定こども園光琳寺(こうりんじ)保育所」が終わり、岩車で田植えを体験しにきた「田舎時間」の“活動現場”へ。(花祭りの様子はこちら

田舎時間 田植え inaka jikan rice activity

今回は参加者が約10人。午前中、羽田空港から能登空港に到着後、岩車へと走り、早速、田植え作業の体験を開始。

田植えとは言っても、全ての苗を植えるわけではない。田植え機がミスしたスポットに苗を植える作業だ。

今年(2018年4月)、能登町宇出津に移住した「田舎時間」副代表の木村聡さんと、岩車で活動体験の“場”を提供する河端さんファミリーがまとめている活動。

田舎時間 石川県 穴水町

【都会と田舎 13年の交流】 東京のサラリーマン・グループ『田舎時間』、年4回の半農半漁 ボランティア作業で、奥能登の農山漁村と深い交流続けて13年間 – 継続の秘訣とは

今回は“おもしろい”偶然があった。ぼくの母校・オレゴン大学を卒業した照井美紀ちゃんが参加していたのだ。

彼女に出会ったのは約20年前。2000年、2001年頃、早稲田大学で開催したオレゴン大学のオリエンテーション。その後はメール、フェイスブック、ブログなど、ネットを介して、“つながり”続けていた。

美紀ちゃんはぼくが田舎を中心にバックパッカー旅をし、能登に移住したことについて、ブログやフェイスブックなどをとおして、知っていて、「能登=中川生馬がいる」的な感じでイメージしていたそうだ。

美紀ちゃんは東京で「田舎時間」の参加者と出会い、今回の田植え体験に参加することを決め、穴水へとやってきた。能登へ来る前に、フェイスブックを介して、「ずうっと訪れてみたかった能登を今度初めて5月に訪れることになりました」とメッセージを送ってくれたのだ。

そして、偶然にも、そのメッセージをもらった翌日、「田舎時間」の副代表 木村さんと会うことになっていたので、美紀ちゃんが参加することを伝え、約20年振りの再会の偶然に驚いていた。

っと… 能登がつなげた偶然だった。

田舎時間 田植え inaka jikan rice activity

【結生とドロドロな田んぼの中を散歩】

田舎時間 田植え 牡蠣バーベキュー inaka jikan rice activity oyster bbq

【田植え後はみんなでワイワイと牡蠣バーベキュー】

翌日、雨が降る中、みんなは田植えを終わらせて、東京へと帰っていった。

各自、どんな想いがあって“田舎”へ来ているのだろうか?なぜ、そこまで田植えをしたいのだろうか?

暖かくなってきた能登、みんなも能登へ“イナ旅”してみたらどうかな?

田舎時間 田植え inaka jikan rice activity

田舎時間 田植え inaka jikan rice activity

田舎時間 田植え inaka jikan rice activity

田舎時間 田植え inaka jikan rice activity

田舎時間 田植え inaka jikan rice activity

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 田舎暮らし 虫 能登での田舎暮らし: 1週間の絶え間ない“大群”と寝不足って話し…
  2. 穴水町 岩車 漁港 仕事 車中泊 スポット work travel countryside Japan Iwaguruma Anamizu Noto Ishikawa 田舎の仕事スポット: 能登 穴水町岩車の漁港が過ごしやすい
  3. 『毎日キャンプ』生活ができる田舎暮らし ~ 牡蠣は炭火よりも“枝…
  4. 田舎時間 稲刈り “米”と“牡蠣”作業で田舎と13年の交流 東京の“サラリーマン”…
  5. 田舎体験 能登 穴水町 【田舎ライフスタイル体験 in “里山&里海”能登・穴水町】 D…
  6. 穴水町 岩車 限界集落 今日も遊び場 ブランコ独占状態 – バックパッカーが…
  7. 田舎旅するバックパッカー×広報: 能登の田舎でプレスリリース作成…
  8. 能登 石川県 穴水町 極寒 漁港 漁師 Noto Ishikawa Anamizu Winter Season Fisherman 能登での田舎暮らし:零度近い?!そろそろ「極寒」時期に突入か

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 day 50.4 サントリーニ島の“和風”バージョン 高知県 沖の島 バックパッカーが移住した能登がロケ地のNHK朝ドラ「まれ」開始同日 のと鉄道観光列車「のと里山里海号」大公開 teatro acca italian food gotokuji テアトロアッカ イタリアン 料理 ウニ パスタ 豪徳寺 グルメ旅人お薦め 豪徳寺のイタリアン『テアトロアッカ』 新宿駅からわずか15分 day 8 石川県輪島から舳倉島に行けるのか 能登・穴水町中居(石川県) - 中居湾ふれあいパークに出没したイルカ 田舎専門誌「田舎暮らしの本」取材中に出現した大きな“背びれ”

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
石川テレビ イスラム 松井誠志 中川生馬 バンライフ
  1. 中日新聞 車中泊 田舎バックパッカーハウス バンライフ 安倍大資 池辺政人
  2. ママスタ mamasta 田舎暮らし
  3. 穴水町 岩車, 石川県 移住, 田舎暮らし, 能登半島
  4. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
能登の田舎にある志賀原発 再稼働するのか?大丈夫なのだろうか?
【メディア掲載】中日新聞「わが道を行く 車中泊の魅力 コロナ禍『新たな生き方』探り 全国から 穴水の滞在施設『バックパッカーハウス』」
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』
day 10.2 石川県舳倉島(へぐらじま)に到着
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。