Noto Anamizu Town - 能登 穴水町

夜な夜な一人旅: 「穴水町 星空のまち」は本当なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
能登 星空の町

能登・穴水町(石川県) – 「星空のまち」「まいもん(うまいもの)の里」「健康長寿の町」などと穴水町は主張しつつも、「ボラ待やぐら」を町のシンボルに位置づけるなど、町はあらゆる“ブランド”を表に出そうとしている。

テクノロジーが発展し、あらゆる手法で、ブランドとそれに関するメッセージを打ち出せる時代、従来の市町村や会社組織が行っているように、どれか1つに絞り、それに集中してブランド化すべきなのか、なにが正しいのかは微妙なところだが…小さい町にしては、いろいろなブランドが散乱しすぎているような気もする。

まぁ、それはともかくとして…今回の記事の内容は『星』だ。本当に、穴水町は「星空のまち」なのかを、実際体感し、カメラに収めてきた。

穴水町 星空 手ですくう 綺麗な田舎

 

夜な夜な一人旅する田舎バックパッカー…

昨晩、夜な夜な、一人“ひょっこり”家を飛び出し、旅立った…

穴水町は果たして本当に「星空のまち」なのかを、一人“検証”しにカメラと三脚を担ぎ、出かけた。

先日の記事では、穴水町岩車漁港で撮影した「天の川」の写真を載せた。

記事にも書いたとおり、すぐに曇り始めてしまったので、撮影できた時間はほんの5〜10分程度。(岩車漁港での星空撮影記事はこちら

また、村の街灯や民家の灯りが意外にも明るいので、納得がいく写真をカメラに収めることが出来なかったように思う。

穴水町 能登ワイン 駐車場 星空 撮影 穴水町 星空のまち

しかしながら、短時間で、ある程度の星空が撮れたことは、ある意味、「星空のまち」という位置づけは間違ってはいないと思った。

町内どこでも、多くの星を眺めることが可能なのだろう。「まぁ田舎であれば、どこでも星空は綺麗じゃない!?」という議論はともかく…

ぼくらが移住した岩車の漁港以外でも「天の川」や星空を撮影することは可能なのだろうか?と思いつつ、町内の“暗闇”スポットへ向かった。

今回、向かった先は「能登ワイン」の駐車場。ここにはぼく以外にも、カメラマンが一人いたことには正直驚いた。

昨晩撮影した「天の川」含めた星空写真を数枚公開したいと思う。

なにはともあれ…穴水町は「星空のまち」に間違いはない。

引き続き、町のその他のスポットでも撮影を進めていきたいと思う。

 

今回、活用したカメラは?

田舎バックパッカーの旅の最重要道具の一つは一眼レフカメラ。写真や動画の力は、記事を魅力的にし、文章内容を更にわかりやすくしてくれる。

最近、メインカメラとして活用し始めているのはソニーのミラーレス一眼「α(アルファ)6000」。

ミラーレスはとにかく軽く、従来の一眼レフと変わらない画質とシャッタースピードだ。変わらないというよりも..画素数とシャッタースピードは7Dを上回っている。

ソニーのカメラが高画質なことはもちろん、スマホとの連携機能が豊富で操作性にも優れている。

穴水町 能登ワイン 駐車場 星空 撮影

ワイヤレスでαをコントロールして撮影ができる他、撮影した写真をすぐにスマホに転送できる。ブログ、フェイスブック、インスタグラムなどのソーシャルメディアで、綺麗な写真を瞬時に共有することができる。その点に関して、旅人にとっては嬉しい機能。また、ほとんどのスマートフォン・メーカーはスマホのカメラのコア部分にソニーのCMOSセンサーを採用しているほど、画質に信頼性があるわけだ。

オレゴンへのバックパッカー旅でも、キャノンよりも、ソニーのαユーザーになったカメラマンを多く見かけた。

現在、いつも使用しているキャノン7Dは修理・メンテナンス中。ミラー部分がかなり摩耗していて、オートフォーカスが微妙な状態になっている。もう7年も使用しているカメラだ。無理もない。

7Dでのバックパッカー旅は正直“重い”… これからは、ミラーレスでの旅がメインになってくることだろう。

穴水町 能登ワイン 駐車場 星空 撮影 穴水町 星空のまち

バックパッカー旅の軽量・高品質“撮影”アイテム


INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 能登 穴水町 農家民宿 兜ガーデンファーム ヤギ ヨガ 対応 年内オープン目指す“癒し”ヤギの農家民宿『兜ガーデンファーム』の…
  2. Anamizu backpacker tent spot 穴水町 車中泊スポット 仕事しながら“ちょい”田舎旅: 穴水町『あすなろ広場』 “巨大”…
  3. 能登ワイン ぶどう畑 【田舎ライフスタイル体験 in “里山&里海”能登・穴水町】 D…
  4. <写真で振り返る>田舎体験1日目 『穴水駅ホームあつあつ亭』へ
  5. day 7.1 石川県穴水町 NOTO Shift鈴木久善さんと…
  6. remote countryside rural workspace share house office satellite office in Ishikawa Noto Japan Purchasing Japanese Traditional …
  7. 穴水町 喫茶 カフェ フリースタイル のと鉄道 東井豊記 穴水町の“昭和感”溢れる昔ながらの喫茶『フリースタイル』へ ~…
  8. これからのバックパッカー旅のために…スマホからのテスト投稿をして…

Pickup Post

田舎 広報 仕事 【田舎で仕事 – 広報】モビリティ医療支援プロジェクト「バンシェルター」起点に拡大 < 見えてくる新たなライフスタイルかつ動く生活基盤の可能性 > winter snow tire in Hokuriku Ishikawa Noto Japan 北陸 石川県 能登半島 スタッドレス タイヤ 冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~ 能登 穴水町 味噌作り 高齢 元気 能登の田舎で…一日で12家族分 約360キロの“薪味噌”作り ~ 今年は“青”豆で! ~ のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣 東京の駅だったら批判殺到!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から 仕事しながら“ちょい”田舎旅: 岩車の“海”に椅子をセットして

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登

田舎 広報 仕事
  1. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式
  2. SNS 中傷 コメント
  3. 長期滞在 車中泊スポット 住める駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町
  4. バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身
  5. 長期滞在 車中泊スポット 駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町
  6. 読売新聞 朝刊 Carstay カーステイ トヨタ Mellow メロウ

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP