Media / PR - メディア掲載

【メディア掲載】バックパッカーが読みたくなる今月のビジネス誌「未来のワークスタイル…あなたは知りたくないだろうか?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【表紙の写真: 能登・岩車(石川県)の漁港で…ついつい目をぎらぎらさせて読んでしまう今月発売のビジネス雑誌「Phronesis(フロネシス)」】

能登・穴水町岩車(石川県) – バックパッカーなのに、ビジネス誌での登場が多い今日この頃。

っと…そんなことを偉そうに言える立場では決してない。

こんな立派なお“私事(しごと)”は大変嬉しいこと。いつもお世話になっているダイヤモンド社の出版編集部 副編集長 音なぎ省一郎(おとなぎ しょういちろう)さんに感謝。

9月末、バックパッカー“私事”旅で、7年振りにアメリカの地に足を踏み入れ、ユタ州ソルトレイクシティでゲイリー・ハメルさんを取材。その話しがダイヤモンド社の経営学誌「Phronesis(フロネシス)」に掲載された。

ゲイリー・ハメルさんはロンドン・ビジネススクールの教員教授。

アメリカ最大の経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」より「世界で最も影響力のあるビジネス思想家」に選出、同じくアメリカ・ビジネス誌「フォーチュン」誌では「事業戦略における世界有数の専門家」と称されている人…

記事内のハメルさんのプロフィールを読むと「なんだかすごい人を取材していたんだなぁ~」と改めて思ってしまう。

雑誌全体のタイトルは、
働きかたの未来 ~ シンギュラリティとマネジメント2.0によって組織と個人の関係はこう変わる ~
という魅力的なタイトル。

 
“完全”自給自足をしない限り、収入を得るうえで、仕事は人生で欠かすことができない。そして人生における仕事時間は人生の大半を占める。「仕事はプライベート=私事(しごと)」だ

人生の中心となる今後の“私事”環境や、それに伴うライフスタイル/生き方が、どのように変化していくのか…自身の将来を深く考えさせられる内容となっている。

<今話題のAI、シンギュラリティ含め...“未来のはたらたき方”がどうなっていくのか...そんな“思想”が満載。 内容をそのまま鵜呑みするのか...ひねって“自分の道”の参考にするのか...自分自身で考えられる豊かな社会にもなりつつある。

アメリカ・ユタ州での取材話しはこちら

マネジメント・イノベーション2.0 ゲイリー・ハメル アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティで、ビジネス界著名教授ゲイリー・ハメルさんを取材 ~ スーツ姿のバックパッカーが“マネジメント・イノベーション”を取材?! ~

「フロネシス」の編集顧問は元・東京大学総長で、現在 三菱総合研究所の理事長の小宮山宏さん、ハーバード大学 経営大学院 ハーバード・ビジネス・スクールの経営学誌「ハーバード・ビジネス・レビュー」日本版で長年編集長を務めた岩崎卓也さんが編集長だ。

内容が堅そうだなぁ~」と捉えがちだが、そうでもないと思う。すらすら~っと入ってくる内容となっている。そのあたりの読みやすさはきっと音なぎさんが“やわらかく”調整しているのだろう。

ぼくはハメルさんへの取材依頼、現場での取材、通訳、原稿起こしなど含めたコーディネート全般を行った。その他、シンギュラリティやAI関連の組織の広報関係者にコンタクトして、写真の手配もサポートさせていただいた。

原稿起こしと言っても、ラフすぎて内容の大半は音なぎさんによるものと言っても過言ではない。そのような背景なのに、執筆協力者として自身「中川生馬」の名前が連なっていることは嬉しいし、やはりなにかを成し遂げた気分になる。

ダイヤモンド社の「Phronesis(フロネシス)」 - 執筆協力として、自身の名前が載っている。【ダイヤモンド社の「Phronesis(フロネシス)」 – 執筆協力として、自身の名前が載っている】

便利な世の中、やろうと思えば、どんなワークスタイルでも確立できる…

みんなはどんなライフスタイル、ワークスタイルで人生を過ごしていきたいのだろうか?

続きはこちら。(近日公開予定)

 

 

Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!ぜひぜひ、ご注文くださいね!^^
シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 【お知らせ】『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. ドキュメント ユーチューブ 能登 石川県 穴水町 中川生馬 取材 【YouTube】「DOCUMENT」の「暮らし方ファイル」に登…
  2. Connor Jessup Yui Boys by Girls 【メディア掲載】カナダ出身の映画俳優/監督コナー・ジェサップ執筆…
  3. 日経 シンギュラリティ大学 Singularity University Nikkei Rob Nail 田舎で仕事『広報』:日経本紙にシンギュラリティ大学CEOロブ・ネ…
  4. 読売新聞 朝刊 Carstay カーステイ トヨタ Mellow メロウ 【田舎で仕事 – 広報】読売新聞にカーステイと医療機関支援の「バ…
  5. 徳島のラジオ局「エフエムびざん(FM79.1)」にぼくらバックパ…
  6. 北陸中日新聞に『田舎のほうが都市部よりも選択肢が多い、事例が重要…
  7. 中日新聞 車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信 【メディア掲載】中日新聞1面トップ『車中泊で白山麓の旅を 企業、…
  8. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 【メディア掲載】住める駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

バックパッカーが移住した能登がロケ地のNHK朝ドラ「まれ」開始同日 のと鉄道観光列車「のと里山里海号」大公開 Connor Jessup in Noto Anamizu Japan コナージェサップ 石川県 能登 穴水町 珠洲 日本 【田舎で仕事】カナダ出身の映画監督 コナー・ジェサップが写真で語る能登『仕事の合間』 Anamizu camper van travel spot 穴水町 車中泊 娘と「中居湾ふれあいパーク」で車中泊 ~ ちょい田舎旅へ ~ 長期滞在 車中泊スポット 駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町 能登半島奥の駆けこめるシェアハウス“搭載”型の車中泊スポット「バンライフ・ステーション」に入居者 ~ コロナ禍 なぜ住める駐車場へ? ~ < 4話目 > day 98.1 熊本県天草 牛深「うしぶか海彩館」へ ~ 「牛深ハイヤ大橋」の下で…ミズイカ(アオリイカ)釣りする中学生 ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
石川テレビ イスラム 松井誠志 中川生馬 バンライフ
  1. 中日新聞 車中泊 田舎バックパッカーハウス バンライフ 安倍大資 池辺政人
  2. ママスタ mamasta 田舎暮らし
  3. 穴水町 岩車, 石川県 移住, 田舎暮らし, 能登半島
  4. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
能登の田舎にある志賀原発 再稼働するのか?大丈夫なのだろうか?
【メディア掲載】中日新聞「わが道を行く 車中泊の魅力 コロナ禍『新たな生き方』探り 全国から 穴水の滞在施設『バックパッカーハウス』」
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
バンライフ盛沢山の石川テレビのドキュメンタリー番組『裸のムラ』、映像祭「地方の時代」に入選
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。