Noto Anamizu Town - 能登 穴水町

【田舎からのつぶやき】石川県穴水町の小学校の統合に関する説明会 7月14日開催 そもそもなぜ統合ありきで話しが進んでいるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
穴水町 小学校 統合, 向洋小学校, 小学校 説明会

石川県穴水町役場は2022年7月14日(木)19:00〜、町内の向洋小学校で、穴水小学校と向洋小学校の統合に関する説明会を開催する。参加対象者に関する情報は記載されていない。

つい先月末、以下お知らせが学校から配布された。同じぐらいのタイミングで開催された授業参観後の学級懇談会時、先生に聞いた話しによると、このお知らせは突然、役場から配布され、先生たちすら、知らされていなかったとのこと。

これまで、穴水町の小学校統合に関する“噂”や“憶測”程度の話しは聞いたことがあったが、このようなお知らせが、小学校に通う親たちに正式に配布されたのは、ぼくが知る限り、今回が初めて。

穴水町 小学校 統合, 穴水小学校, 向洋小学校

初めてにも関わらず、話しは「意見交換」や「相談」を飛び越えて、いきなり「統合に関する説明会の開催」だ。

穴水小学校に通う生徒の親たちにもお知らせが配布されているのかは知らない。向洋小学校で開催することから、対象は向洋小学校に通う親たちのみと思われるが、特に参加対象に関する記載はない。

将来、向洋小学校に子どもを通わせたいと思っている親たちが参加できるかは不明。

穴水町 小学校 統合, 穴水小学校, 向洋小学校

全国的な人口減少にともない、町内の児童数も減少している現実はある。

だが、だからと言い、その傾向にただ単に乗っかり、一つの小学校を廃校にする、一つに統合する、でいいのだろうか。「子どもが少ないから仕方がない」と思いつつも、向洋小学校を残し、その良さを子どもたちに体感させたい親は沢山いるのではないだろうか?

その意見交換、町としての課題に関する説明すら飛び越えて、いきなりの「統合に関する説明会の開催について」だ。唐突すぎるだろう。

小学校の存続は地域の未来、地域の存続に大きく関わってくる。田舎をメインに旅して、「小学校がなくなったら、その地域は終わりだ」「子どもの笑い声が聞こえないから寂しい」「少人数性の学校の子どもの感受性は素晴らしいものがある」など地域の人たちの声をどれだけ聞いてきたことか。

その地域の近辺に学校があるのか・ないのかで、県内外からの移住にも大きくひびいてくることだろう。

そもそも…

この「町立小学校の統合に関する説明会の開催について(通知)」の説明事項に「● 町立小学校の統合について」「● 学校施設について」と書かれているが、穴水町役場は既に統合を決定事項としてお話しを進めているのだろうか?

小学校で子どもたちの成長を支える先生たち、子どもたちの両親、子どもたちにヒヤリングや意見交換を行った上での統合に関する話しなのか?既存児童/生徒やその親たち、これから小学校になる子どもを持つ親たちとの意見交換は行われていたのだろうか?などなど、あらゆる疑問が頭を過ぎる。

町民と特に意見交換などなく、(言い方は悪いが)“こそこそ”と役場内のみで話しが進んでいたのであれば、向洋小学校へと子どもを通わせる親としては、いかがなものかと思ってしまう。

今や、町の未来の全てが学校次第とは言えない時代なのかもしれないが、現実、小学校のある・なしは、地域の将来の存続に大きく関わる重要なこと。

ただ単に「子どもの人数が少ないから、統合しましょう」とシンプルに決めたことなのか、そもそも、なぜ小学校の統合ありきで、話しが進んでいるのか?

疑問や話しはあちこちへと飛んでしまったが、「町立小学校の統合に関する説明会の開催について(通知)」という一方的なお知らせの配布になると、その細かい背景や根本的な理由について、疑問が頭を過ぎるばかりだ。

穴水町 小学校 統合, 向洋小学校, 小学校 説明会

穴水 車中泊, 石川県 バンライフ,北陸 バンライフ, 中川生馬,中川結生

田舎バックパッカーハウス, 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan

穴水町 小学校 統合, 向洋小学校, 小学校 説明会

穴水町 地震 能登半島, 中川杏抽

追記…

2022年7月の穴水町広報誌によると、どうやら各地域で説明会を開催するようだ。対象も記載されている。しかし、なぜ「統合に関する説明会」という、統合ありきのお話しなのだろうか… まずは町民と「相談」すべきではないだろうか。

穴水町 小学校 統合, 向洋小学校, 小学校 説明会

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 能登 穴水町 農家民宿 兜ガーデンファーム ヤギ ヨガ 対応 年内オープン目指す“癒し”ヤギの農家民宿『兜ガーデンファーム』の…
  2. tsubaki zaki anamizu Ishikawa 石川県 穴水町 岩車 椿崎 【つぶやき】スローライフとは?田舎暮らしのなにがスローなのか?
  3. 【海外バンライフ動向】住宅コスト上昇でアメリカで「バンライフ」ブ…
  4. クリスマス & 音楽ライブイベント by なぎさGAR…
  5. 中川生馬 娘 【能登での田舎暮らし】娘たちに癒されて…
  6. 「3人に1人以上が(地方)移住を検討」ってお話し
  7. wood stove anamizu noto ishiakawa 穴水町 中居 吉岡 薪ストーブ 能登での田舎暮らし: 焚付から始まる朝
  8. 穴水 車中泊, 石川県 バンライフ,北陸 バンライフ, 中川生馬 平均週3日ぐらいすること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

穴水町 川尻 鮭 salmon anamizu kawashiri <動画あり>鮭10匹の遡上!能登・穴水町川尻の住める駐車場「バンライフ・ステーション」「田舎バックパッカーハウス」前の川で! water well noto anamizu iwaguruma 穴水町 能登 井戸 田舎暮らし 能登・穴水町岩車での田舎暮らし 里山から“湧く”恵みを活用した“おいしい”井戸水 ~ 水道料金0円の暮らし ~ 中日新聞 石川県 車中泊 バンライフ コロナ キャピングカー 住める駐車場 中川生馬 【メディア掲載】中日新聞「のと 深掘り コロナ禍 需要手応え 穴水の車中泊施設、開業1年」 日本テレビ, 満天青空レストラン 【田舎で仕事 – 広報】日テレ「満天 青空レストラン」に大井川電機製作所<静岡県島田市>のはなびらたけ「ホホホタケ」!料理店や販売店は? 中日新聞 1面 トップ 牡蠣 中川生馬 河端譲 【メディア掲載】中日新聞1面 『穴水の異色コンビ ネット販売開始 能登かきを全国区に』石川県の能登地方 穴水町岩車産の牡蠣<かき>販売開始

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎バックパッカーハウス
  1. 田舎バックパッカーハウス
  2. やっさ祭り, 広島県三原市, yassa camp
  3. ノスケ バンライフ, 沖縄 ちより,田舎バックパッカーハウス,石川県 穴水町, 田舎暮らし,移住,地方移住,穴水町 車中泊,車中泊 石川県,japan,noto,ishikawa,inaka backpacker house,rv in ishikawa,rv station
  4. 田舎バックパッカーハウス,石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記,秋葉博之,秋葉洋子,ぶー散歩,穴水町 車中泊, child in the countryside japan,noto,ishikawa,inaka backpacker house,rv in ishikawa, sakura,
  5. 田舎で仕事, 石川県 移住,穴水町 移住,中川生馬

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
【田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
田舎バックパッカーハウスの初代ユーザー、Netflixオリジナル映画「Locke & Key」に登場!
輪島に移住して20年以上 イギリス人漆芸作家Suzanne Ross(スザーン・ロス)さんとの出会いに関する旅記録1話目
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 2話目
能登・石川県穴水町ならでは!を活かした地方移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。