2010-10 Backpacking Nagano & Noto - 長野と能登へのバックパッカー旅

day 10.2 石川県舳倉島(へぐらじま)に到着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年10月17日(日) – ぼくら田舎バックパッカー夫婦はようやく舳倉島(へぐらじま)に到着した。(前回のストーリーはこちら

10:30ごろ、舳倉島に到着すると、長髪でサングラスをかけた外国人が、DavidとBrendaを迎えに来ていた。

彼はDavidとBrendaの友人、英字紙Japan Timesで編集をしていたらしい。そして、3人のアメリカ人女性が散歩していた。海外で、ここまで知られている島だったとは驚いた。

ぼくらはもちろん、舳倉島について、全く知らない。

帝国書院の地図帳を見て、「あっ!こんなところに島がある。とりあえず、行ってみるか!?」という、軽い気持ちで行き先を決めている。

人口は100人以上のようだが、実質そんな多くの人々が住んでいるように見えない。

舳倉島には、商店がない

レストランもないので、島に来る旅人は民宿でご飯を食べるそうだ。

トイレは島の中心に一つ、港に一つ。

神社は島内に7つ

島の人たちによると、小学校は7~8年前に休校となった。

石川県舳倉島(へぐらじま) 舳倉小学校

石川県舳倉島(へぐらじま) 舳倉小学校

石川県舳倉島(へぐらじま) 「休校」となった学校内に、草が入りこんでいる。誰も管理をしていない様子だ。

石川県舳倉島(へぐらじま) 「休校」となった学校内に、草が入りこんでいる。誰も管理をしていない様子だ。School in Hegura Jima island is temporarily closed (for almost 8 years). No one seems to maintain the school that grasses are growing into a school building.

島の皆は休校と言うが、建物を見ると廃校状態。学校をメンテナンスしている人はいないのだろう。

建物の中に、草が入りこんでる。休校中で、現在、子どもは住んでない。島のおばあちゃんたちは海女さんとして、頑張っている。人口が少ないせいか、島の活気は感じられなかった。

石川県舳倉島の港付近から撮影。Hegura Jima island

石川県舳倉島の港付近から撮影。Hegura Jima island

野鳥カメラマンがいなければ、誰もこない島になりそうな雰囲気だ。島を歩いても、ほとんど野鳥カメラマンしかいない感じだ。「舳倉島はいずれ、無人島になりそうだなぁ」と感じてしまう。

そんなことを感じるぼくだが、そんな雰囲気を感じると逆に「これはおもしろそうだなぁ~」と散策がおもしろくなり、いろいろと探りたくなる…

石川県舳倉島(へぐらじま)で多く見かける渡り鳥。This kind of migratory bird can been seen many times on Hegura Jima island

石川県舳倉島(へぐらじま)で多く見かける渡り鳥。This kind of migratory bird can been seen many times on Hegura Jima island.

渡り鳥はシベリア、韓国、中国から、暖かい日本に飛んでくるそうだ。渡り鳥は、中間地点/寄留地として、舳倉島で休憩する。

舳倉島は全鳥保護区で渡り鳥の休息地・エネルギー補給地点。舳倉島は、輪島港の北方約50キロに位置し、標高約12メートルの平坦な島。七ツ島や能登半島と同じく火成岩でできているそうだ。

石川県舳倉島(へぐらじま)の龍神池

石川県舳倉島(へぐらじま)の龍神池

石川県舳倉島(へぐらじま)の龍神池

石川県舳倉島(へぐらじま)の龍神池

この島の龍神池には、「龍の母子」がいたという、日本によくある龍に関する伝説がある。藩政末期に僧が島に来て、毎晩、島民に説経をしていた。毎晩、説経を聞いていた若い女性は、難破船の錨(いかり)の毒にあたって亡くなったが、成仏できなかったので、僧に助けを求めた。

翌日、島民が、池の底から、樽四杯分になる、二体の骨を見つけた。頭骨は輪島の法蔵寺に、残りの骨は島の分院に納められているという。龍神池は、竜宮に通じていて、決して水が枯れることが無いと言われている。

実際、不思議なことに、この池の水は枯れないそうだ。この龍神池を中心に、二度の火山噴火によって生成された島と言われている。

石川県舳倉島(へぐらじま)の駐在所

石川県舳倉島(へぐらじま)の駐在所。There is a police station but no police man on Hegura Jima island in October.

舳倉島では自動車を見かけなかった。島の人々は自転車を使って移動している。島には、「つかさ」(0768-22-8713)と「つき」(0768-22-8745)の民宿が二つある。

この島では、季節的に行われることがある。

休校になった小学校の近くに住んでいたおばさんによると、舳倉島では、3月にわかめを、5~6月に心太(ところてん)のもととなる天草(てんぐさ)を、7~9月にアワビやサザエを採りにいくそうだ。

そして、10~3月は休み期間。

島民の多くは輪島にもう一つ家を持ち、お休み期間中は輪島の家でゆっくり休む。

舳倉島の多くの家の屋根には、図太いロープが置いてある。聞くところによると、屋根が風で飛ばされないように、このロープをのせているとのことだった。

そして、自給自足のために、家にある小さなスペースの家庭農園で、茄子、大根、玉葱などを育てている。

ぼくらが舳倉島にいた10月、警察の駐在員は不在だったが、夏には人がいるので警察駐在員がいるそうだ。(続きはこちら

石川県舳倉島(へぐらじま)学校のグラウンドにあった郵便ポスト。今使われているのだろうか... There was a mail box on school ground.

石川県舳倉島(へぐらじま) 校内にある郵便ポスト。今使われているのだろうか… There was a mail box on school ground.

石川県舳倉島(へぐらじま)散策地図。A map of Hegura Jima island.

石川県舳倉島(へぐらじま)散策地図。A map of Hegura Jima island.

<前のストーリー 『day 10.1 石川県 舳倉島への定期船』>

<次のストーリー 『day 10.3 石川県 舳倉島の「へぐら愛らんどタワー」』>

ようやく石川県舳倉島(へぐらじま)に到着した。At Hegura Jima island

ようやく石川県舳倉島(へぐらじま)に到着した。At Hegura Jima island

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. バックパッカー夫婦 写真 day 6 石川県 津幡の焼肉屋「カルビ大将」で約4時間30分、…
  2. 輪島 金蔵 万燈会 写真 輪島“金蔵万燈会”とお寺音楽 ライブへ ~ 田舎の村がロウソクの…
  3. 茅野小学校 バックパッカー 講演 day 5 長野県 茅野市立金沢小学校での田舎バックパッカーの講…
  4. day 16 – 19 金沢で焼き肉。気になる飛驒。…
  5. day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』
  6. バックパッカーブロガー backpacker blogger in Japan day 1 新たな道への一歩 バックパック担いでどこへ̷…
  7. 長野県 白駒池 女 バックパッカー day 4 長野県茅野 バックパッカーと消防士・矢島さんとの出会…
  8. day 10 石川県輪島から50キロ沖合に浮かぶ舳倉島へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

water well noto anamizu iwaguruma 穴水町 能登 井戸 田舎暮らし 能登・穴水町岩車での田舎暮らし 里山から“湧く”恵みを活用した“おいしい”井戸水 ~ 水道料金0円の暮らし ~ 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に 朝霧高原 富士山 バックパッカー 車中泊 車旅 バンライフ 一泊で旅する富士山麓・朝霧高原周辺4つ目のスポット「富士芝桜まつり」 【メディア掲載】各地の地方紙「時のひと」「この人」などの人コラムに「田舎バックパッカー」 外国人 海外 移住者 穴水町 石川県 foreigner in ishikawa どこにでもあるような東京よりもリアルな“日本”を見たい ヨーロッパやアメリカから穴水町岩車へ

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登
  2. 日経 AR 記事

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

田舎バックパッカーハウス <応募条件とご利用の申し込みについて>
田舎バックパッカーハウス < 公式概要と利用料金について>
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
Carstayと田舎バックパッカー、国内初 中長期滞在“住める”民家の駐車場「バンライフ・ステーション」を能登にオープン
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
『田舎バックパッカーハウス』のシェアハウス&オフィスと、長期間 住める駐車場<車中泊スポット>『バンライフ・ステーション』について<まとめ情報>
【田舎クルマ旅グッズ】買ってはいけない夏の“返金OK・返品不要”車中泊アイテム
田舎へのバックパッカー旅の背景『ぼくの人生 これでいいのか』の自問自答
星空旅スポット: 能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。