INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

<写真で振り返る>『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』2日目 奥能登一周 元気になった輪島の「朝市」へ ~ 漆器店「一よし」へ行ってみた ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
能登・輪島市(石川県) - 「朝市」の漆器店「一よし」

能登・輪島市(石川県) – 今日は、『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』二日目。

昨晩、みんなを輪島の「ホテルルートイン輪島」へ送った後、ぼくは「道の駅 輪島ふらっと訪夢」で車中泊をした。(一日目の話しはこちらから。)

「道の駅 輪島ふらっと訪夢」には早朝から、部活動をしている学生たちが多い。おそらく、周辺の高校生や中学生たちは遠征試合のために、この道の駅で待ち合せをしているのだろう。

穴水から輪島まではクルマで約40分前後。遅くなったときはこのハイエースがベース車輌の“動く拠点”での車中泊が便利だ。

ルーフキャリアにはソーラーパネルを積み、車内のリビングスペースのソファー下には2つの大容量サブバッテリーを積んでいることから、電気を自由に使うことができる。スマートフォンやパソコンの充電は余裕だ。

また、少量のガソリンとバッテリーで動く「FFヒーター」で“暖”を取ることもできる。エンジンをかけなくても、冬の時期も暖かい朝晩を過ごすことができる。

もちろんのこと、歯ブラシ、歯磨き粉、衣類、タオルなど、基本的な道具なども積んでいる。「備えよ常に」精神はボーイスカウトのころから変わっていない。

“動く拠点”と名付けていることから、“家”として、いつでも活用できる状態だ。

まぁ、そんなこんなで、ぼくは一人道の駅で一晩を過ごし、早朝、みんなが宿泊した「ホテルルートイン輪島」へ直行することにした。

 

奥能登一周︰まずは元気になった輪島の「朝市」へ

さて、2日目の『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』の始まりは、輪島の「朝市(あさいち)」からだ。

能登・輪島市(石川県) - 7:45ごろ、「ホテルルートイン輪島」でみんなと待ち合せて、まずは朝市へ向かった。

能登・輪島市(石川県) – 7:45ごろ、「ホテルルートイン輪島」でみんなと待ち合せて、まずは朝市へ向かった。

「ホテルルートイン輪島」のロビーで、みんなと待ち合わせ、ロビーでコーヒーを一杯いただき、「朝市」へと向かった。

田舎旅するバックパッカーのぼくが輪島の「朝市」へ初めて行ったのは2010年10月。(その時の話しはこちら

その当時、噂で聞いていた「朝市」とはかけ離れているほど、元気のない「朝市」という印象だったが、最近は本当に元気になったっと感じる。前の活気とは全然違う。

NHK連続テレビ小説「まれ」の影響が大きかったのか、観光客の増加も「朝市」で目の当たりにすることができる。元気を取り戻している輪島の「朝市」だ。

能登・輪島市(石川県) - 輪島の「朝市」では露店で魚介類や野菜などを販売している。中には、能登産ではなく、ロシア産のものも多かった。店には輪島塗なども。

能登・輪島市(石川県) – 輪島の「朝市」では露店で魚介類や野菜などを販売している。中には、能登産ではなく、ロシア産のものも多かった。店には輪島塗なども。

輪島の朝市 安い漆器

能登・輪島市(石川県) – 「輪島塗」の漆器は高額のため、工程の途中段階で完成品として仕上げ、安い価格で店に並べて販売している。「輪島塗」とは呼べないようだが、途中段階の漆器も良い感じだ。今では、塗装で使う「漆」はほとんど中国産。時代とともに、産地を変えていかなければ、売ることが難しい時代になっている。

能登・輪島市(石川県) - 市内に入ると、電信柱の広告で頻繁にみかける「若返りの箸 願いが叶う箸」のなつめの店だ。

能登・輪島市(石川県) – 市内に入ると、電信柱の広告で頻繁にみかける「若返りの箸 願いが叶う箸」のなつめの店だ。

輪島の朝市

能登・輪島市(石川県) – 「朝市」の露店。輪島産の蛸(たこ)。

ぼくらが比較的長い時間いたお店は輪島塗/漆器のお店「一よし」、ここはこじんまりしていて入りやすいお店だった。輪島の「朝市」の入り口から少し離れた場所に位置している。

ホテルルートイン輪島からは以下のルートだ。

能登・輪島市(石川県) - 「朝市」の漆器店「一よし」。高級な輪島塗、工程の途中で完成品とした漆器、能登ひばの箸などを販売している。

能登・輪島市(石川県) – 「朝市」の漆器店「一よし」。高級な輪島塗、工程の途中で完成品とした漆器、能登ひばの箸などを販売している。

輪島 漆器店 箸 ひば あすなろ

能登・輪島市(石川県) – 「朝市」の漆器店「一よし」で販売している能登ひば箸。一膳200円。

輪島 漆器店 箸 ひば あすなろ 一よし

能登・輪島市(石川県) – 「朝市」の漆器店「一よし」。入りやすいお店だった。

輪島 一よし 合鹿椀

能登・輪島市(石川県) – 「朝市」の漆器店「一よし」で販売している合鹿椀(ごうろくわん)。

能登・輪島市(石川県) - 「朝市」の漆器店「一よし」

能登・輪島市(石川県) - 「朝市」の漆器店「一よし」。「腕は一流 店は二流 惜しい事には値段は三流 集まるお客は超一流」。「ただ今 楽しく春夏冬中」。

能登・輪島市(石川県) – 「朝市」の漆器店「一よし」。「腕は一流 店は二流 惜しい事には値段は三流 集まるお客は超一流」。「ただ今 楽しく春夏冬中」。

能登・輪島市(石川県) - 「朝市」の漆器店「一よし」

能登・輪島市(石川県) - 「朝市」の漆器店「一よし」

能登・輪島市(石川県) - 「朝市」の漆器店「一よし」

能登・輪島市(石川県) - 「朝市」の漆器店「一よし」

能登・輪島市(石川県) - 「朝市」の漆器店「一よし」。「腕は一流 店は二流 惜しい事には値段は三流 集まるお客は超一流」。「ただ今 楽しく春夏冬中」。

能登・輪島市(石川県) – 「朝市」の漆器店「一よし」。「腕は一流 店は二流 惜しい事には値段は三流 集まるお客は超一流」。「ただ今 楽しく春夏冬中」。

能登・輪島市(石川県) - 「朝市」の漆器店「一よし」

能登・輪島市(石川県) - 「朝市」の漆器店「一よし」。気さくなお店の方だった。

能登・輪島市(石川県) – 「朝市」の漆器店「一よし」。気さくなお店の方だった。

輪島の朝市の雰囲気

 
そして、ぼくらは輪島「朝市」入り口方面へと戻り、またまた輪島塗のお店へと入った。ここ「大徹」には綺麗な漆器が多く並び、その中でも面白かったのが、漆塗りのバイオリンだった。

能登・輪島市(石川県) - 「朝市」の「大徹」に展示/販売されていた漆塗りのバイオリン。

能登・輪島市(石川県) – 「朝市」の「大徹」に展示/販売されていた漆塗りのバイオリン。

能登・輪島市(石川県) - 「朝市」の入り口に相応しい綺麗な輪島塗の漆器が並んでいる。何十年も活用できる漆器だが、やはり高級すぎて、手が出ない。でも...やっぱりほしくなる。

能登・輪島市(石川県) – 「朝市」の入り口に相応しい綺麗な輪島塗の漆器が並んでいる。何十年も活用できる漆器だが、やはり高級すぎて、手が出ない。でも…やっぱりほしくなる。

能登・輪島市(石川県)の「朝市」の入り口にある輪島塗のお店「大徹」

能登・輪島市(石川県)の「朝市」の入り口にある輪島塗のお店「大徹」

能登・輪島市(石川県)の「朝市」の入り口にある輪島塗のお店「大徹」

輪島の「朝市」を後にし、ぼくらはクルマを駐車している「ホテルルートイン輪島」へと向かったのだが、この日、偶然開催していた「のと発酵マルシェ」に足止めされてしまった。(続きはこちら

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 田舎バックパッカープロデュースの奥能登での田舎体験の内容 続編
  2. 穴水町 キリコ祭り Kiriko festival in Noto Anamizu Town 穴水町岩車の『キリコ祭り』9月26日開催!NHK朝ドラ「まれ」主…
  3. <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登半島の先端に…
  4. 田舎体験1日目:輪島の漁師町『輪島崎町』の輪島大祭キリコ祭りへ
  5. 田舎体験3日目:奥能登ドローン“イナ旅”へ ~ 能登半島を空撮 …
  6. 奥能登一周中 輪島 - 昨晩、新田信明さんの“石トーク”の影響か?!みんな、垂水の滝周辺の石に興味津々になっている。 田舎体験 2日目 奥能登一周 滝の“上”と“丸石”が気になる 『…
  7. 雪降る能登…石川県穴水町のバス停で…ドイツ&フランス人 ハーフの…
  8. suzu mitsukejima island 石川県 能登 珠洲 見附島 サギ カラス 住む島 田舎体験 2日目 奥能登一周 海岸に浮かぶ…巨大な珪…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち 【ざっくり特集 – VANLIFE 1】車で“移動暮らし”『バンライフ』できる時代到来 『移動型定住』『動くX』とは? suumoジャーナル 【田舎で仕事 – 執筆】 不動産情報メディア「SUUMOジャーナル」に「可動産」 “歯が抜けてまで”制作した『上勝くるくるまっぷ』の中身とスゴさ soba noodle in Notocho Wajima Ishikawa 中谷家 能登町 輪島 穴水 蕎麦 そばきり 仁 中谷家 『そばきり 仁』 築約400年 能登の“ちょい”世界遺産的な屋敷『中谷家』で再オープン 動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」中川生馬さん(右)と会話を弾ませて交流を深める赤井成彰さん=穴水町川尻で 写真 金沢の赤井さん、穴水で魅力伝える 宿泊型移動車「モバイルハウス」で一風変わった旅をしている赤井成彰さん(30)=金沢市=が二十九、三十の両日、穴水町川尻に宿泊し、なじみの薄いモバイルハウスの面白さを町民らに伝えた。(田井勇輝)赤井さんは昨年春、営業社員だった大手玩具メーカーを退社。ハワイでの暮らしを夢見て、貯金するため家賃を節約しようとさまざまな生活の仕方を模索。家を持たないで車内や荷台で寝泊まりしながら生活するモバイルハウスと出合った。中古の一トントラックを購入し、昨年十月から荷台で部屋作りを開始。長さ二・五メートル、幅一・六メートル、高さ一・九メートルの木製による落ち着きある空間を手掛けた。壁を開閉して楽しめる縁側や、天窓、折り畳み式机といった工夫を凝らした家具を設置。外壁はオレンジ色と茶色の細長い板千枚以上を組み合わせ、魚のうろこを表した。製作は今年一月に終了。車の購入と製作の総額約九十万円の大部分は資金を募るクラウドファンディングで集めた。モバイルハウスの可能性だけでなく、全国の魅力ある人や場所を探そうと、今月二十七日に金沢市を出発。車中泊可能な場所を検索できるサイト「カーステイ」で、中川生馬さん(40)=同町岩車=が運営する場所を見つけ訪れた。赤井さんは中川さんや通り掛かった住民に「まさに動く個室。行った場所がどこでも庭になる」と熱く語った。バックパッカーとして国内を旅した経験がある中川さんとはうまが合い、縁側でいつまでも会話を弾ませていた。赤井さんは十一月末まで全国を巡る予定。三十日は珠洲市、三十一日は七尾市能登島で泊まり、その後県外に出る。 メディア掲載: 中日新聞『動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」』

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登

田舎 広報 仕事
  1. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式
  2. SNS 中傷 コメント
  3. 長期滞在 車中泊スポット 住める駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町
  4. バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身
  5. 長期滞在 車中泊スポット 駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町
  6. 読売新聞 朝刊 Carstay カーステイ トヨタ Mellow メロウ

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP