2010-10 Backpacking Nagano & Noto - 長野と能登へのバックパッカー旅

day 13.4 奥能登一周旅 歩き12時間 ~ 暗闇でボーイスカウト“肝試し”の話し…ガソリンスタンドでのテント泊 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年10月20日(水) – ランプの宿の温泉(葭ヶ浦温泉)に入り、宿の駐車場にテントを張って休みたいところだったが、テント泊交渉“決裂”となり、クルマで乗せてもらった道を歩いて引き返す。(前回の話しはこちら

19:30を過ぎで、引き返す道は暗闇だった。懐中電灯がないと、先の道が見えない。風呂の次に、テントを張れそうな場所を探す。

Tabi_01_Nagano_Noto_1218

 

ボーイスカウトのときの“肝試し”の話し

暗闇の中、ぼくは、ボーイスカウト時代の肝試しを思い出し、完全に疲れ切っている結花に話す。

ぼくは、小学生ときにカブスカウト、小学5年生ぐらいから中学生まで、ボーイスカウトだった。

夏になるとキャンプがあり、肝試しがある。昔、戦があったような山や暗闇の道を一人で歩かされるのだ。

持っていけるものは、手に提灯(ちょうちん)のみ。肝試しが始まる前に、必ず、隊長がぼくらに怖い話をするのだ。この話で肝試しを、さらに怖くさせようと、隊長たちは必至。

この山では昔、戦があり…多くの武士が死んだ。今でも彼らの魂は、この山に眠り続けている…自分も提灯を持って戦があった場所に行ったことが何度もあるが、本当は提灯を持っていかない方が良いんだよ。提灯を持っていくと、提灯の光で、歩く先に人影が見えることがある。見たくもないものが見えることがあるんだ」などと、肝試し前に、いらん怖い話を必ずするのだ。

これを聞いたスカウトの皆は、「行きたくない」と本気で泣き出す。

カブスカウトは、うさぎ、鹿、熊のランクに分かれている。

うさぎは、まだ低学年で幼いため、肝試しの山へ、二人で行くことができる。

鹿と熊のランクのカブスカウトは、一人で行かなければいけない。

しかし、“ずるい”鹿スカウトは、山道の途中で止まり、後から来る鹿のスカウトを待って、二人で進もうとするのだ。

ずる賢いが、その行動が隊長にばれると、「おまえら皆一人で行け」と指示がでて、後から山に行くうさぎのスカウトに迷惑がかかり、みんなが泣きだす。

ぼくは怖くなかったのか、泣くことがなかった。

いつも「とりえず行くしかない」と思い、一人「よし、行くか」とぶつぶつ言いながら暗い道を進むスカウトだった。

文句を言わず、物事をやることが評価され、「優秀スカウト賞」を受賞したこともあった。まぁ、昔から「タフさ」だけはあるのだ。

 

珠洲…奥能登先端でのテント泊

そんなことを話しながら、国指定天然記念物の須須神社方面へと向かい、テントが張れそうな場所を探す。

結花は、もうかなり疲れていて、「砂浜で草が生えているところにテントを張ろうよ」と、繰り返しぼくに言う。しかし、砂浜は、海目の前で、波に近すぎるので、万が一津波がおきたり、満潮になると最悪なので、別でテントを張れそうな場所を探し続ける。

結花は「これ以上歩くと能登半島が嫌いになる。石川県を嫌いになる」と繰り返し言う。

奥能登一周中 - 珠洲でテント泊...はここ。この夜、もうここしかなかった...

奥能登一周中 – 珠洲でテント泊…はここ。この夜、もうここしかなかった…

須須神社を通り過ぎ…地面が乾燥し廃墟になってしばらく経っていそうなガソリンスタンドでテントを張ることにした。

須須神社には、行かなかったが、ここには重要文化財の「木造男神像」、義経が奉納したと言われている「蝉折の笛」や「弁慶の守刀」があるそうだ。(続きはこちら

<前のストーリー 『day 13.3 奥能登一周旅 「ランプの宿」駐車場でのテント泊交渉はいかに?!』>

<次のストーリー 『day 14 能登半島一周中 トビの死骸』>

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 

関連記事

  1. バックパッカー夫婦 写真 day 6 石川県 津幡の焼肉屋「カルビ大将」で約4時間30分、…
  2. suzu mitsukejima island 石川県 能登 珠洲 見附島 サギ カラス 住む島 田舎体験 2日目 奥能登一周 海岸に浮かぶ…巨大な珪…
  3. 田舎体験3日目:奥能登ドローン“イナ旅”へ ~ 能登半島を空撮 …
  4. day 8 石川県輪島から舳倉島に行けるのか
  5. 奥能登一周中 輪島 - 昨晩、新田信明さんの“石トーク”の影響か?!みんな、垂水の滝周辺の石に興味津々になっている。 田舎体験 2日目 奥能登一周 滝の“上”と“丸石”が気になる 『…
  6. <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登半島の先端に…
  7. フィリピンバックパッカー旅仲間と奥能登で再開 ~ 冬の奥能登の周…
  8. day 10.1 石川県 舳倉島への定期船

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち 【ざっくり特集 – VANLIFE 1】車で“移動暮らし”『バンライフ』できる時代到来 『移動型定住』『動くX』とは? Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 待合室 day 52 高知県 沖の島の『赤い有名人』1 ~ 自己ブランドを構築する荒木健吉さん ~ 外国人 海外 移住者 穴水町 石川県 foreigner in ishikawa どこにでもあるような東京よりもリアルな“日本”を見たい ヨーロッパやアメリカから穴水町岩車へ 福岡県 小呂島 day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~ 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

田舎バックパッカー 娘
  1. 田舎バックパッカーハウス 秋葉博之 秋葉洋子 車中泊 ぶうすけ
  2. 中川結生 田舎バックパッカー
  3. Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road
  4. 大井川電機製作所 広報
  5. カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP