2010-10 Backpacking Nagano & Noto - 長野と能登へのバックパッカー旅

day 7.1 田舎へのバックパッカー旅、石川県穴水町 NOTO Shift鈴木久善さんと役場の干場聖司さんとの出会い ~ 田舎で若者が起業するために考えた ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年10月14日(木) – そして、地域活性化プロジェクトの仕事に携わるNOTO Shift(ノトシフト)のオフィスについた。

オフィスは新設されたばかりなのか、中をいろいろと整理していた。

NOTO Shiftの代表は鈴木久善さん。NOTO Shiftの名称は、能登<NOTO>を活性化させて、“上”へとあげる<Shift>という想いから名付け、役場の仕事をアウトソースされ地域創り協議会の事務局を担うそうだ。

事務局には、このプロジェクトをサポートする穴水町役場 企画情報課の干場聖司さんもいた。

穴水の人口は最近、1万人を切った。20~30代の若者が少ない。

若者は故郷に戻りたい意思はあるが、雇用先がないため戻ってこられないと話す。また能登半島の大地震で、多くの商店街が潰れてしまった。

仕事を継ぐ、後継者もいないそうだ。最近では、バブル時代ににぎわった町の別荘地を安く売る人も増えてきたとのこと。

町の復興と活性化は現在も続いていて、鈴木さんたちは、この町を元気づけようと頑張っている。

突然の訪問だったが、彼らと1時間ほど話した。町の取り組みなど、いろいろとお話を聞くことができた。穴水町は能登半島地震で被災して影響を受けた町。

繰り返しだが、若者も少なくなってきて、人口1万人をきってしまった。

現在、役場では、町全体を元気づけようと、地域づくり協議会を立ち上げ、地域活性化を目指した取り組みを実施している。

穴水町では、『スローライフ・スローフード(ゆとりある暮らしと自然豊かな食)』をライフスタイルテーマに、地元の良さを地域内で再認識し、地域資源を地域内外に発信していくために、様々な取り組みを行っている。

<< ノトリアーナとは >>

その一つが、「ノトリアーナ(NOTO and Italia From Anamizu)」だ。

能登半島は、地形を逆さにすると、イタリアの地形(ブーツ型)に似ていることから、能登(NOTO)とイタリア(Italia)を架けて、このプロジェクト名にした。

現在、穴水町では、ノトリアーナ・プロジェクトの一環として、能登の食材を主にし、能登の食材を幅広く知ってもらうために、「ノトリアーナ 創作パスタ 料理コンテスト」を実施している。

このイベント/パスタ料理(パスタ、うどん、そば、ラーメンなどの麺類)をとおして、能登の食材の良さを探り、能登や穴水ならではのパスタメニューを開発することが狙い。

これに入選すると、「ノトリアーナ・プロジェクト」の認定レシピとして取り扱われ、入選者のパスタ料理が、新たな一品として、穴水町内の飲食店のメニューに追加される。

このパスタ創作料理イベントの応募期間は、2010年10月20日(水)~11月20日(土)。

12月12日(日)に、穴水町ふれあい文化センターコンテスト会場にて試食審査会が開催され、各賞が決定する。

ちなみに、ぼくらが訪問する前には、音楽祭「情熱半島ライブ」があり、バブルガムブラザーズが穴水でコンサートを開催したそうだ。

<< 田舎で若者が起業するために >>

小さな町で、起業をする人は、あまりいないようだ。簡単ではないが、若者が地方に戻ってきて、起業できるような環境や優遇システムをつくってはいかがだろうか。

まず、起業専門のコンサルタントを雇い事務局を設立。若者が地元に戻ってきたときに、彼らが立ち上げたい事業のスタートアップまで、一貫した起業支援をアドバイスから実務まで支援するコンサルティング窓口だ。

口だけでなく、責任をもって最初から最後まで支援する人が必要。そこが大きなポイントだ。

20代の若者は、学校で学んだ知識はあるが、好きな仕事をやりたくても、事業の立ち上げ方を知らないし、不安がある。

そんな若者のために、起業推進委員会のような組織を立ち上げ、事業の立ち上げ方から、ある程度軌道にのるまでの支援をする。若い企業家にとっては、心強いし、立ち上げをスムーズにすることができる。

結果、新たな産業が創出でき、若者や雇用先も増える。

また、土地も余るほどあれば、無料もしくは安い額で提供。初期費用を安く抑えて、事業を立ち上げることができる。

今は、インターネットもあり、通信速度も劇的に向上している。それを活用して、地方に本社を置くこともできるはずだ。

穴水では、牡蠣祭り、能登ワイン祭り、秋は牛とワイン、夏はジェラートと栗など、食のお祭りが多いそうだ。

ぼくは、特に仕事感覚でアポなどを取っているわけではなかったが、ありがたいことに、皆さんがあらゆる人を紹介してくれた。

次は、鈴木さんからの紹介で、ネットを活用して、不景気から脱出した次世代の板前寿司屋「幸寿し」へと向かった。(続きはこちら

能登・穴水町(石川県) - 穴水の仲間たち。(左から)NOTO Shift鈴木久善さん、役場の干場聖司さん、ぼく(中川生馬)、結花(中川結花子)、倉本さん、岩本さん

能登・穴水町(石川県) – 穴水の仲間たち。(左から)NOTO Shift鈴木久善さん、役場の干場聖司さん、ぼく(中川生馬)、結花(中川結花子)、倉本さん、岩本さん

<前のストーリー 『day 7 穴水町で岩本さん、倉本さんとの出会い』>

<次のストーリー 『day 7.2 穴水町の次世代の板前寿司屋』

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. living trial in Anamizu Ishikawa 穴水町 移住体験 体験住居 day 15 奥能登一周中 穴水町を半日散策後、金沢へ
  2. どんたく のどぐろ 穴水町 Supermarket Dontaku Anamizu 【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー…
  3. 穴水駅 跨線橋 牡蠣 かき Oyster at Noto Ishikawa Anamizu Station Bridge 2021年 かき祭りに続き、穴水駅『あつあつ亭』も中止!列車駅ホ…
  4. 32万部突破の書籍「里山資本主義」著者 NHK井上恭介さんと語る…
  5. day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』
  6. day 10.4 <写真で見る>石川県舳倉島の渡り鳥 / Pho…
  7. Coast Table コースト・テーブル 店主 齋藤祥江 漁師 齋藤義己 能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast t…
  8. 穴水町 川尻 事故 聖頌園 Anamizu Accident 速報:穴水町川尻の橋で老人ホームのクルマ転落事故

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

スタートアップ 災害時 俊敏 スピード 災害時 新興企業<スタートアップ>の俊敏な対応と行動力がポジティブな方向へ 秋葉博之 秋葉洋子 バンライフ 住める駐車場 穴水町 輪島 珠洲 能登町 石川県 車中泊 石川県の住める駐車場「田舎バックパッカーハウス」に帰ってきた本格バンライファー夫婦 Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所 【ざっくり特集 – VANLIFE 2】豊かな車上生活『バンライフ』は実現可能 campervan rv spots in Nagano Kinasa Japan 長野県鬼無里 おやき いろは堂 車中泊 RV スポット 【Carstay車中泊スポットレビュー】発掘感掻き立てる長野市鬼無里にある「いろは堂 長野本店」 Connor Jessup in Anamizu Japan コナージェサップ 日本 石川県 能登 穴水町 【田舎で仕事】コナー・ジェサップが発信する『結生 X 能登』の世界 - 7

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
asahi national daily newspaper vanlife 朝日新聞 バンライフ
  1. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登
  2. 日経 AR 記事

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎クルマ旅グッズ】買ってはいけない夏の“返金OK・返品不要”車中泊アイテム
day 54 愛媛県 日振島へ  なにがあるかわからないけど、とにかく行ってみっか
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
『田舎バックパッカーハウス』のシェアハウス&オフィスと、長期間 住める駐車場<車中泊スポット>『バンライフ・ステーション』について<まとめ情報>
『そばきり 仁』 築約400年 能登の“ちょい”世界遺産的な屋敷『中谷家』で再オープン
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。