2010-10 Backpacking Nagano & Noto - 長野と能登へのバックパッカー旅

day 7.1 石川県穴水町 NOTO Shift鈴木久善さんと役場の干場聖司さんとの出会い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年10月14日(木) – そして、地域活性化プロジェクトの仕事に携わるNOTO Shift(ノトシフト)のオフィスについた。

オフィスは新設されたばかりなのか、中をいろいろと整理していた。

NOTO Shiftの代表は鈴木久善さん。NOTO Shiftの名称は、能登(NOTO)を活性化させて「上にあげる」(Shift)という想いから名付け、役場の仕事をアウトソースされ地域創り協議会の事務局を担う。

事務局には、このプロジェクトをサポートする、穴水町役場 企画情報課の干場聖司さんもいた。

穴水の人口は最近、1万人を切った。20~30代の若者が少ない。

若者は故郷に戻りたい意志があるが、雇用先がないため戻ってこられないと話す。また能登半島の大地震で、多くの商店街が潰れてしまった。仕事を次ぐ、後継者もいないそうだ。最近では、町の別荘地を安く売る人も増えてきたようだ。

町の復興と活性化は現在も続いていて、鈴木さんたちは、この町を元気づけようと頑張っている。

能登・穴水町(石川県) - 穴水の仲間たち。(左から)NOTO Shift鈴木久善さん、役場の干場聖司さん、ぼく(中川生馬)、結花(中川結花子)、倉本さん、岩本さん

能登・穴水町(石川県) – 穴水の仲間たち。(左から)NOTO Shift鈴木久善さん、役場の干場聖司さん、ぼく(中川生馬)、結花(中川結花子)、倉本さん、岩本さん

突然の訪問だったが、彼らと1時間ほど話した。町の取り組みなどいろいろとお話を聞くことができた。穴水町は能登半島地震で被災して影響を受けた町。

繰り返しだが、若者も少なくなってきて、人口1万人をきってしまった。現在、役場では、町全体を元気づけようと、地域づくり協議会を立ち上げ、地域活性化を目指した取り組みを実施している。

穴水町では、『スローライフ・スローフード(ゆとりある暮らしと自然豊かな食)』をライフスタイルテーマに、地元の良さを地域内で再認識し、地域資源を地域内外に発信していくために、様々な取り組みを行っている。

 

ノトリアーナとは

その一つが、「ノトリアーナ(NOTO and Italia From Anamizu)」だ。

能登半島は、地形を逆さにすると、イタリアの地形(ブーツ型)に似ていることから、能登(NOTO)とイタリア(Italia)を架けて、このプロジェクト名にした。

現在、穴水町では、ノトリアーナ・プロジェクトの一環として、能登の食材を主にし、能登の食材を幅広く知ってもらうために、「ノトリアーナ 創作パスタ 料理コンテスト」を実施している。

このイベント/パスタ料理(パスタ、うどん、そば、ラーメンなどの麺類)をとおして、能登の食材の良さを探り、能登や穴水ならではのパスタメニューを開発することが狙い。

これに入選すると、「ノトリアーナ・プロジェクト」の認定レシピとして取り扱われ、入選者のパスタ料理が、新たな一品として、穴水町内の飲食店のメニューに追加される。

このパスタ創作料理イベントの応募期間は、2010年10月20日(水)~11月20日(土)。

12月12日(日)に、穴水町ふれあい文化センターコンテスト会場にて試食審査会が開催され、各賞が決定するそうだ。

ぼくらが訪問する前には、音楽祭「情熱半島ライブ」があり、バブルガムブラザーズが穴水にきて、コンサートが開催されたそうだ。

 

田舎で若者が起業するために…

小さな町で、起業をする人は、あまりいないようだ。簡単ではないが、若者が地方に戻ってきて、起業できるような環境や優遇システムを作り上げたらどうだろうか。

まず、起業専門のコンサルタントを雇い事務局を設立。若者が地元に戻ってきたときに、彼らが立ち上げたい事業のスタートアップまで、一貫した起業支援をアドバイスから実務まで支援するコンサルティング窓口だ。

口だけでなく、“責任”をもって最初から最後まで支援する人が必要だ。

20代の若者は、学校で学んだ知識はあるが、好きな仕事をやりたくても、事業の立ち上げ方を知らないし、不安がある。

そんな若者のために、起業推進委員会のような組織を立ち上げ、事業の立ち上げ方から、ある程度軌道にのるまでの支援をする。若い企業家にとっては、心強いし、立ち上げをスムーズにすることができる。

結果、新たな産業が創出でき、若者や雇用先も増える。また、土地も余るほどあれば、無料もしくは安い額で提供する。初期費用も安く抑えて、ビジネスを立ち上げることができる。

今は、インターネットもあり、その通信速度もかなり向上している。それを活用して、本社を地方に置くこともできるはず。

穴水では、牡蠣祭り、能登ワイン祭り、秋は牛とワイン、夏はジェラートと栗など、食のお祭りが多いそうだ。

ぼくは、特に仕事感覚でアポなどを取っているわけではなかったが、ありがたいことに、皆さんがあらゆる人を紹介してくれた。

次は、鈴木さんからの紹介で、ネットを活用して、不景気から脱出した次世代の板前寿司屋「幸寿し」へと向かった。(続きはこちら

<前のストーリー 『day 7 穴水町で岩本さん、倉本さんとの出会い』>

<次のストーリー 『day 7.2 穴水町の次世代の板前寿司屋』

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 穴水町議会 一般質問 移住定住が焦点に、役場側の答弁は?!
  2. 能登ワイン 穴水町 石川県 noto wine in Anamizu, Ishikawa 田舎体験:朝から能登ワイン飲み放題?!醸造現場 見学
  3. Anamizu backpacker tent spot 穴水町 車中泊スポット 仕事しながら“ちょい”田舎旅: 穴水町『あすなろ広場』 “巨大”…
  4. 能登半島 先端 穴水の牡蠣食堂『コースト・テーブル』や珠洲の海女食堂『つばき茶屋…
  5. day 9 石川県輪島 舳倉島への船、今日も欠航…とりあえず能登…
  6. day 14.3 奥能登一周中 穴水町の『田舎暮らし体験』とは …
  7. 北陸中日新聞に『田舎のほうが都市部よりも選択肢が多い、事例が重要…
  8. コナージェサップ 穴水町 フリースタイル Connor Jessup countryside 今日午後のワークスペースは穴水のカフェ『フリースタイル』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

穴水町 役場 ずさん 無責任 穴水町役場 政策調整課 課長の無責任な『報酬』発言と『証拠』 – バックパッカーが語る地方自治体のあるある?!<その1> 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~ Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所 【ざっくり特集 – VANLIFE 2】豊かな車上生活『バンライフ』は実現可能 田舎 広報 仕事 【田舎で仕事 – 広報】モビリティ医療支援プロジェクト「バンシェルター」起点に拡大 < 見えてくる新たなライフスタイルかつ動く生活基盤の可能性 > のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣 東京の駅だったら批判殺到!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

田舎バックパッカー 娘
  1. 田舎バックパッカーハウス 秋葉博之 秋葉洋子 車中泊 ぶうすけ
  2. 中川結生 田舎バックパッカー
  3. Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road
  4. 大井川電機製作所 広報
  5. カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP