2010-10 Backpacking Nagano & Noto - 長野と能登へのバックパッカー旅

day 10.1 石川県 舳倉島への定期船

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年10月17日(日) – ぼくらバックパッカー夫婦はこれから舳倉島への定期船に乗り込む。(前回の話しはこちら

舳倉島への定期船からの眺め。輪島の港を出発。

舳倉島への定期船からの眺め。輪島の港を出発。

舳倉島への定期船からの眺め。輪島にある「ホテルルートイン」が見える。

舳倉島への定期船からの眺め。輪島にある「ホテルルートイン」が見える。

定期船には、約50万~100万円する一眼レフのカメラレンズや双眼鏡を持った人たちが乗っている。

ほとんどが、野鳥カメラマン。驚いたことに、舳倉島に行く野鳥カメラマンの多くは、ぼくが持っているキャノンの7Dを使っていたのだ。

やはり7Dは動作が速いものを撮影するのに適しているのか!自分はすごいものを持っていると感じ「このカメラってやっぱりすごいみたいだよ」と、けらけらわらいして結花に自慢する。

能登・舳倉島への定期船に乗っている多くの野鳥カメラマン。カメラに100万円以上かけている。趣味でカメラをしている人たちが多いそうだ。Bird watchers, on a ship to Hegura Island, are carrying SLR and its US$12,000 lens. Most of them take photos for fun, as their hobby.

能登・舳倉島への定期船に乗っている多くの野鳥カメラマン。カメラに100万円以上かけている。趣味でカメラをしている人たちが多いそうだ。Bird watchers, on a ship to Hegura Island, are carrying SLR and its US$12,000 lens. Most of them take photos for fun, as their hobby.

定期船で舳倉島へ行く途中、渡り鳥が飛んでいる。皆、双眼鏡で鳥を見たり、カメラで鳥を撮影している。

ぼくも、写真家のふりをして鳥を撮影する。前日ルートインホテルで知り合ったイギリス人野鳥カメラマン夫婦のDavidとBrendaと船内で会った。その他、イギリス出身のカタツムリ研究家、彼と同行している東北地方の大学教授が船に乗っていた。

どうやら舳倉島は、「カタツムリ研究」でも注目されているそうだ。一般的に、ぼくらがよくみるカタツムリの殻の渦は、右巻きだが、舳倉島のカタツムリは左巻き。舳倉島のカタツムリは、「進化している」とのことだった。

カタツムリの巻きについて…そんなこと考えたこともなかった。ぼくは、科学者でもないので、これに関して、特に追求するつもりはない。というよりも、この巻きは、まだ解明されてないそうだ。追求しようがない。

舳倉島に3週間滞在予定のDavid CooperさんとBrenda Kayさん. Mr. David Cooper and Ms. Brenda Kay plans to stay at Hegurajima Island for 3 weeks this time.

舳倉島に3週間滞在予定のDavid CooperさんとBrenda Kayさん。Mr. David Cooper and Ms. Brenda Kay plans to stay at Hegurajima Island for 3 weeks this time.

10:30、舳倉島に到着すると、長髪でサングラスをかけた外国人が、DavidとBrendaを迎えている。彼は、DavidとBrendaの友人、英字紙Japan Timesで編集をしていたらしい。

そして、3人のアメリカ人女性が散歩していた。海外で、ここまで知られている島だったとは、驚いた。

日本人で、舳倉島を知っている人はほとんどいないだろう。ぼくらももちろん、舳倉島について、全く知らない。

帝国書院の地図を見て、「あ、こんなところに島がある。とりあえず、行ってみるか!」という、軽い気持ちで行き先を決めている。この旅だが、基本、そんな軽い気持ちで行き先を決めているぼくらだった。(続きはこちら

能登・輪島から沖合50キロに浮かぶ舳倉島へ向かう定期船。数人がキャノン EOS 7Dを活用していた。A cameraman with Canon EOS 7D heading towards Hegura Island.

能登・輪島から沖合50キロに浮かぶ舳倉島へ向かう定期船。数人がキャノン EOS 7Dを活用していた。A cameraman with Canon EOS 7D heading towards Hegura Island.

舳倉島に向かう途中、定期船から「七ツ島」を近くから撮影。

舳倉島に向かう途中、定期船から「七ツ島」を近くから撮影。

ようやく舳倉島へ!一体舳倉島にはなにが?!

ようやく舳倉島へ!一体舳倉島にはなにが?!

<前のストーリー 『day 10 石川県輪島から50キロ沖合に浮かぶ舳倉島へ』>

<次のストーリー 『day 10.2 石川県 舳倉島(へぐらじま)に到着』>

能登・舳倉島への定期船。

表紙の写真: 能登・舳倉島への定期船。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 田舎体験1日目:輪島の漁師町『輪島崎町』の輪島大祭キリコ祭りへ
  2. 輪島 龍昌寺 田舎体験 精進料理 村田 Ryushoji Zen Temlple Yoromi Wajima Japan 田舎体験:体にスーッと入る龍昌寺“産”ランチ
  3. day 14.2 奥能登一周中 再び穴水町へ 今度は町役場へ!?…
  4. 輪島塗 漆器 スザーンロス day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な…
  5. day 10.4 <写真で見る>石川県舳倉島の渡り鳥 / Pho…
  6. 『世界ふしぎ発見!』に能登へのバックパッカー旅で出会ったスザーン…
  7. 奥能登で語る: ソニーにいたころの“ちょっとした”広報話し
  8. day 12 奥能登一周旅 職務質問されるバックパッカー ~ 真…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

day 14 能登半島一周中 トビの死骸 hiace cruise control ハイエース クルーズコントロール クルコン 長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも 【バンライフ&車中泊アイテム】夏 クルマ付近に蚊・虫を寄せ付けないランタン?! nuroモバイル ソネット 0SIM 通話向け最安MVNO格安SIM「0 SIM」20年8月末でサービス終了 | 田舎でITレビュー day 13 奥能登一周旅 “アベック”で有名になるぼくらバックパッカー夫婦

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎暮らし 娘 日記 countryside japan journal daughter
  1. バンライフ 仕事 出張 ハイエース 動く家 動くオフィス
  2. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  3. GAZOO 田舎バックパッカーハウス バンライフ ステーション vanlife station livable parking space
  4. 動くオフィス 書斎 ハイエース 自動車 車中泊

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年注文受付・出荷・販売開始!>
【ざっくり特集 - VANLIFE 2】豊かな車上生活『バンライフ』は実現可能
【Carstay車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。