2010-10 Backpacking Nagano & Noto - 長野と能登へのバックパッカー旅

day 16 – 19 金沢で焼き肉。気になる飛驒。夜行バスで鎌倉へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年10月23日(土) – ぼくらは10月27日に、地元鎌倉で用事があるため、今日から数日間、新たな場所へは行かず、徒歩や鈍行列車で、金沢周辺を散策することにした。

今日は遅くまで寝過ぎたぼくらだった。

石川県金沢駅前に建造中の橋のようなオブジェ。このどでかいオブジェはなんだ?!

石川県金沢駅前に建造中の橋のようなオブジェ。このどでかいオブジェはなんだ?!

この日、ぼくらは、金沢から歩きながら、南へ向かおうとして兼六園付近をとおりすぎ先へと歩いた。特に興味がなく、ここに来るまで、兼六園の存在を知らなかったので、兼六園内には入らなかった。

今回の旅、結花の体力が限界で、辛そうだったので、金沢駅へとバスで戻ることになった。

この日、結局、ぼくらは金沢から出られなかった。

が…!ぼくらが大好きな、焼き肉を食べる。穴水で食べた、自然食も美味しかったが、久々の焼き肉…これはこれで…「美味しい!」としか表現のしようがない。

焼肉屋「京城園」でご飯を食べ、金沢駅近くのワシントンホテル系列のR&Bホテルに泊まった。

今回の旅始まって以来、この日2夜連続の有料施設での宿泊だ。

 

岐阜県飛騨は気になる地域

2010年10月24日(日) – さて、今日こそ、石川県を出て、富山県から南下する。

富山本線で、高山から岐阜へと向かう途中には、気になる村、「ここで降りていろいろと探ってみたい」場所が沢山ある。


大した動画ではないが、バックパッカー旅の電車シーン。

自然な山と川の中に、飛騨の村々が融合している。

渚(なぎさ)駅から飛驒小坂(ひだおさか)の間にある村、飛驒宮田の町など、自然で古風な雰囲気が良い。

飛驒萩原(ひだはぎわら)には、登山口がある。禅昌寺(ぜんしょうじ)も小さな村で気になる。下呂駅をとおり過ぎたが、ここには下呂温泉以外に何があるのだろうか…そんなことも気になる。

富山本線内からの景色

富山本線内からの景色

上麻生に到着。ここは霧に覆われた村。大きな家が沢山あるが、静かそうな村。お店などが見当たらず、「ここの人は何をしているんだろう」と、ぼくは気になってしまう。隣や近くの大きな町で働いていると思うが、暮らし方が気になる。

飛騨国府駅から歩き、回転寿司での食事。

飛騨国府駅から歩き、回転寿司での食事。

飛驒国府(ひだこくふ)駅で電車を降り、しばらく歩いた。

途中にあった、回転寿司「海王」で食事を済ませる。ぼくの地元にもあるごく普通の回転寿司。

雨の中、しばらく歩き、再度電車に乗って、高山駅にあるスーパーホテル飛騨・高山に一泊。またまた、ホテル泊まりになってしまった。

その日中に進めるところまで電車で行くと、終点は都会となってしまい、テント泊がしにくい。まだストリートの“テント泊”スタイルになれていないぼくらバックパッカーだった。

どうせなら、飛驒のどこかで、テントを張って、一泊すればよかった。

 

夜行バスで、岐阜から横浜へ

2010年10月25日(月) – 今日、夜行バスで、横浜へ向かう。あの忙しい都会へ戻る。どうも気が進まない。

岐阜駅前にある黄金の織田信長像。

岐阜駅前にある黄金の織田信長像。

出発まで、スーパーホテルで一時を過ごし、高速バス出発地の岐阜駅まで電車で向かった。岐阜駅のカフェで時間をつぶす。岐阜も忙しい町だ。

夜、高速バスに乗り込み、岐阜から横浜へと向かい、バスの中で一泊。

岐阜のスーパーホテルで少し仕事。

岐阜のスーパーホテルで少し仕事。

山々に囲まれた飛騨エリア。(岐阜県)

山々に囲まれた飛騨エリア。(岐阜県)

 

鎌倉に到着

2010年10月26日(火) – 朝8:30ごろ、横浜駅に到着。大船行きの東海道線を待つ。

横浜駅 校内

横浜駅 校内

「あぁーこの忙しい都会の生活場所に戻ってきてしまった」という考えで頭がいっぱいだった…

今回の旅、石川県と長野県が中心となった毎日だった。

来月のバックパッカー旅では、さらに南下したい。

広島方面には一度も行ったことがないので、そっち方面にも行きたい。

そんなことを考えていると、ふと、大学の仲間とぼくが終戦記念日のタイミングで、オレゴン大学時代に開催した「長崎・広島平和式典」のイベントを思い出した。イベントは開催したが、まだ広島や長崎には行ったことがない…

ぼくらは、まだ来月や再来月旅するエリアを決めてないが、いずれ原爆ドームへも行ってみたいと思う。

<前のストーリー 『day 15 奥能登一周中 穴水町を半日散策後、金沢へ』>

<次のストーリー 『day 20 四国の島々へ ~その前に役所である手続きを…~』>

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 長野県 白駒池 女 バックパッカー day 4 長野県茅野 バックパッカーと消防士・矢島さんとの出会…
  2. morning at Kanazawa Station 金沢駅 早朝 外国人先生が金沢の運転免許センターで免許切り替えができない理由と…
  3. day 10.1 石川県 舳倉島への定期船
  4. 長野県 みどり湖 振り向くカモシカ day 3 長野県 みどり湖と白駒の池 カモシカと遭遇 ~ 今…
  5. day 7.1 田舎へのバックパッカー旅、石川県穴水町 NOTO…
  6. day 13.3 奥能登一周旅 『ランプの宿』駐車場でのテント泊…
  7. 奥飛騨 紅葉 hida autumn 田舎旅: 奥飛騨の紅葉 そろそろ
  8. バックパッカーブロガー backpacker blogger in Japan day 1 新たな道への一歩 バックパック担いでどこへ̷…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

Carstay CMO 田端信太朗 資金調達 【速報】CarstayのCMOに田端信太朗氏が就任 「バンライフ」ワールド市場浸透に加速 「バンライフこそ未来のライフスタイル」 day 79 長崎駅前で1日リラックス そして桜町公園でのテント泊 仕事しながら“ちょい”田舎旅: 岩車の“海”に椅子をセットして 動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」中川生馬さん(右)と会話を弾ませて交流を深める赤井成彰さん=穴水町川尻で 写真 金沢の赤井さん、穴水で魅力伝える 宿泊型移動車「モバイルハウス」で一風変わった旅をしている赤井成彰さん(30)=金沢市=が二十九、三十の両日、穴水町川尻に宿泊し、なじみの薄いモバイルハウスの面白さを町民らに伝えた。(田井勇輝)赤井さんは昨年春、営業社員だった大手玩具メーカーを退社。ハワイでの暮らしを夢見て、貯金するため家賃を節約しようとさまざまな生活の仕方を模索。家を持たないで車内や荷台で寝泊まりしながら生活するモバイルハウスと出合った。中古の一トントラックを購入し、昨年十月から荷台で部屋作りを開始。長さ二・五メートル、幅一・六メートル、高さ一・九メートルの木製による落ち着きある空間を手掛けた。壁を開閉して楽しめる縁側や、天窓、折り畳み式机といった工夫を凝らした家具を設置。外壁はオレンジ色と茶色の細長い板千枚以上を組み合わせ、魚のうろこを表した。製作は今年一月に終了。車の購入と製作の総額約九十万円の大部分は資金を募るクラウドファンディングで集めた。モバイルハウスの可能性だけでなく、全国の魅力ある人や場所を探そうと、今月二十七日に金沢市を出発。車中泊可能な場所を検索できるサイト「カーステイ」で、中川生馬さん(40)=同町岩車=が運営する場所を見つけ訪れた。赤井さんは中川さんや通り掛かった住民に「まさに動く個室。行った場所がどこでも庭になる」と熱く語った。バックパッカーとして国内を旅した経験がある中川さんとはうまが合い、縁側でいつまでも会話を弾ませていた。赤井さんは十一月末まで全国を巡る予定。三十日は珠洲市、三十一日は七尾市能登島で泊まり、その後県外に出る。 【メディア掲載】中日新聞『動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」』 ぐい吞み 菊 彫刻 漆器 輪島 芯漆 漆器界最強の『芯漆』

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
asahi national daily newspaper vanlife 朝日新聞 バンライフ
  1. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登
  2. 日経 AR 記事

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 85.4 長崎県 五島列島・宇久島の隣にある人口14人の寺島へ ~14人…どんな島なのだろうか…ポットホールとは一体なんだ?!~
day 81 長崎県大瀬戸町『岡﨑製パン所』を見学 そして 次の旅先へ
【能登での田舎暮らし】添加物賛成・反対派に関する質問をみて 結局 添加物ありがいいの?なしがいいの?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。