2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 33.3 愛媛県 八幡浜 大島 民宿を営む木村さんとの出会い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
愛媛県 八幡浜大島 - 地大島と三王島へ

2010年11月19日(金) – 引き続き、愛媛県八幡浜大島の散策を続ける。

大島の「島開発センター」の裏にあった展望台から見たところ、大島と隣の島の三王島(さんのうじま)、地大島(じおおしま)は無人島。

これら3つの島は橋でつながっている。

ぼくは今、大島のあさみさんと、これら島々を散策しているところ。

愛媛県 八幡浜大島 - 地大島と三王島へ

【愛媛県 八幡浜大島 – 地大島と三王島へ】

 

子どもがいない島 大島を散策中

大島の人たちは、無人島の地大島でミカンや野菜などの農作物を育てている。

ミカン農家は、もう5件しかないそうだ。地大島には、廃校になった大島小中学校のプールもある。

地大島や三王島には昔、多くの人たちが、海水浴にきていた。

三王島にあるキャンプ場付近には、かき氷など夏の食べ物を販売する売店、大島から別府行きの船乗り場もあった。

栄螺(サザエ)、アワビも捕っていたそうだ。

あさみさんは昔、三王島の船着き場で、5円をもらって仕事をしていたこともあったそうだ。

今では、子どもがいないし、若者が少なくなっている。今は船着き場や販売店のコンクリート跡しか残っていなかった。

愛媛県 八幡浜大島 - 三王島の船着き場跡

【愛媛県 八幡浜大島 – 三王島の船着き場跡。】

愛媛県 八幡浜大島 - 三王島からみた大島。このあたりに売店や海水浴場があったそうだ。

【愛媛県 八幡浜大島 – 三王島からみた大島。このあたりに売店や海水浴場があったそうだ。】

三王島のキャンプ場付近にある船着き場の跡では、90歳のおばあちゃんが、一人笑顔で鰺(あじ)釣りをしていた。

このおばあちゃんは、夕飯のために、魚を釣っている。「夕飯を釣る」、良い感じの生活スタイルだ。

「一人」と言うと、寂しそうに聞こえるかもしれないが、おばあちゃんは実に魚釣りを楽しそうにしていたことが印象に残っている。

愛媛県 八幡浜大島 - 三王島へ釣りを楽しみ今夜の夕飯を釣る90歳のおばあちゃん。生きるために釣る、本格的な釣りガールだ。

愛媛県 八幡浜大島 – 三王島へ釣りを楽しみ今夜の夕飯を釣る90歳のおばあちゃん。

さて、引き続き、散策を続ける。

あさみさんと、地大島に造られた大島小中学校のプールに行った。

「ちょっと中に入ってみるか?」とフェンスをやじ上って中に入った。「ここのプール、せっかく作ったのに、学校が廃校になったから使われてないんだよ」と話す。

意外にも新しそうだが、プールの周りには雑草が生えていて、しばらく使用されてそうにない。

教員のために建てられた大島の宿舎も無駄になっていて、「このままだと廃屋になって終わってしまう。もったいないよねぇ」と話す。

愛媛県 八幡浜大島 - 地大島にある廃校となった大島小中学校の使われてないプール施設。

【愛媛県 八幡浜大島 – 地大島にある廃校となった大島小中学校の使われてないプール施設。】

愛媛県 八幡浜大島 - 島内の通り。

【愛媛県 八幡浜大島 – 島内の通り。】

愛媛県 八幡浜大島 - ミニバキュームカー。

【愛媛県 八幡浜大島 – かわいらしいミニバキュームカー。なんかいいよね。】

あさみさんは、昔漁師として、全国を回っていた。漁船に乗って旧ソ連の海域に一度だけ、入ってしまったことがあった。

その時、旧ソ連に捕まって、機関銃を突きつけられたことがあったそうだ。そんな話をしながら、ぼくらは、大島へと戻った。

愛媛県 八幡浜大島 木村さん誰かに道案内中。

【愛媛県 八幡浜大島 木村さん誰かに道案内中。】

結花が寝ている定期船待合所のベンチに戻ると、結花は、大島で民宿を営んでいた木村光子さん(八幡浜市大島、089-28-1073)に話しかけられていた。

木村さんは、ぼくら田舎バックパッカーのために、宿に泊ってもよいと薦めてくれた。

木村さんとあさみさんは、大島小中学校の同級生同士。<続きはこちら

<前回のストーリー『day 33.2 愛媛県八幡浜 大島 “シュードタキライト”な大島!?ってなにそれ? ~ 天ぷらと“鱛(えそ)”。あさみさんとの出会い ~』>

<次回のストーリー『day 33.4 愛媛県八幡浜 大島 “獣臭~い”地大島へ』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 兵庫県 坊勢島 漁港 day 24 兵庫県 坊勢島で「怪しいー」と…指されるぼくら ~…
  2. イカスミ お歯黒 島 怒和島 day 31.6 愛媛県 怒和島 (動画と写真)“釣りガール”結…
  3. 大島 愛媛 散策 day 33.1 愛媛県 八幡浜大島 散策 ~ 到着早々ベンチで…
  4. 怒和島小学校 愛媛県 day 32 愛媛県 怒和島 学校訪問第3弾:怒和小学校を訪問 …
  5. 愛媛県 波止場 day 27.2 愛媛県波止浜 バックパッカー見て「旅はいいです…
  6. 坊勢島 漁船 漁師 day 21.2 兵庫県 坊勢島での『両替』 ~ 若者が誇る漁師…
  7. 辛い ラーメン 旅 day 36 愛知県から静岡県沼津へ ~冒険開始2ヶ月目にして、…
  8. 愛媛県 八幡浜 day 32.3 愛媛県 八幡浜 バックパッカーがテント泊/野宿…

コメント

    • Anonymous
    • 2012年 6月 04日

    あさみさんは私のいとこです。<br />懐かしい。

    • もしお会いしましたら、よろしくお伝えください!また大島へ行きたいです。お店など、都会のように賑やかではないかもしれませんが、あのリラックスでき、のんびりできる雰囲気がいいですね。漁師の人たちもすごく良い方ばかりでした。<br /><br />初めて行く人はきっと、「何もない島…」と思うかもしれませんが、その“空間”や“人たち”がすごく好きです。また行きたいです。<br /><br />あさみさんとは島でたまたま出会い、「よし行こうか!」という雰囲気で、島を案内してくれました。

  1. 大島は僕の田舎です。昔はたくさん人が住んでいたのですが、<br />ずいぶんと寂しくなりました。<br />たまにお墓参りで行きますが、とてものどかな所です。<br />またいらしてください。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

穴水町 広報 気になる移住先 穴水町役場の監査結果に関するポイント 珠洲 つばき茶屋 day 13.1 奥能登一周旅 珠洲の『つばき茶屋』へ 【メディア掲載】バックパッカーが読みたくなる今月のビジネス誌「未来のワークスタイル…あなたは知りたくないだろうか?」 スザーンロス day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家スザーン・ロスさんとの出会い バンライフ 住める駐車場 リラックスできる新たな『VANLIFE – バンライフ』スポットをつくる

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎暮らし 娘 日記 countryside japan journal daughter
  1. バンライフ 仕事 出張 ハイエース 動く家 動くオフィス
  2. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  3. GAZOO 田舎バックパッカーハウス バンライフ ステーション vanlife station livable parking space
  4. 動くオフィス 書斎 ハイエース 自動車 車中泊

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年注文受付・出荷・販売開始!>
『田舎バックパッカーハウス』のシェアハウス&オフィスと、長期間 住める駐車場<車中泊スポット>『バンライフ・ステーション』について<まとめ情報>
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。