day 33.3 愛媛県 八幡浜 大島 民宿を営む木村さんとの出会い

2010年11月19日(金) – 引き続き、愛媛県八幡浜大島の散策を続ける。

大島の「島開発センター」の裏にあった展望台から見たところ、大島と隣の島の三王島(さんのうじま)、地大島(じおおしま)は無人島。

これら3つの島は橋でつながっている。

ぼくは今、大島のあさみさんと、これら島々を散策しているところ。

愛媛県 八幡浜大島 - 地大島と三王島へ

【愛媛県 八幡浜大島 – 地大島と三王島へ】

 

子どもがいない島 大島を散策中

大島の人たちは、無人島の地大島でミカンや野菜などの農作物を育てている。

ミカン農家は、もう5件しかないそうだ。地大島には、廃校になった大島小中学校のプールもある。

地大島や三王島には昔、多くの人たちが、海水浴にきていた。

三王島にあるキャンプ場付近には、かき氷など夏の食べ物を販売する売店、大島から別府行きの船乗り場もあった。

栄螺(サザエ)、アワビも捕っていたそうだ。

あさみさんは昔、三王島の船着き場で、5円をもらって仕事をしていたこともあったそうだ。

今では、子どもがいないし、若者が少なくなっている。今は船着き場や販売店のコンクリート跡しか残っていなかった。

愛媛県 八幡浜大島 - 三王島の船着き場跡

【愛媛県 八幡浜大島 – 三王島の船着き場跡。】

愛媛県 八幡浜大島 - 三王島からみた大島。このあたりに売店や海水浴場があったそうだ。

【愛媛県 八幡浜大島 – 三王島からみた大島。このあたりに売店や海水浴場があったそうだ。】

三王島のキャンプ場付近にある船着き場の跡では、90歳のおばあちゃんが、一人笑顔で鰺(あじ)釣りをしていた。

このおばあちゃんは、夕飯のために、魚を釣っている。「夕飯を釣る」、良い感じの生活スタイルだ。

「一人」と言うと、寂しそうに聞こえるかもしれないが、おばあちゃんは実に魚釣りを楽しそうにしていたことが印象に残っている。

愛媛県 八幡浜大島 - 三王島へ釣りを楽しみ今夜の夕飯を釣る90歳のおばあちゃん。生きるために釣る、本格的な釣りガールだ。

愛媛県 八幡浜大島 – 三王島へ釣りを楽しみ今夜の夕飯を釣る90歳のおばあちゃん。

さて、引き続き、散策を続ける。

あさみさんと、地大島に造られた大島小中学校のプールに行った。

「ちょっと中に入ってみるか?」とフェンスをやじ上って中に入った。「ここのプール、せっかく作ったのに、学校が廃校になったから使われてないんだよ」と話す。

意外にも新しそうだが、プールの周りには雑草が生えていて、しばらく使用されてそうにない。

教員のために建てられた大島の宿舎も無駄になっていて、「このままだと廃屋になって終わってしまう。もったいないよねぇ」と話す。

愛媛県 八幡浜大島 - 地大島にある廃校となった大島小中学校の使われてないプール施設。

【愛媛県 八幡浜大島 – 地大島にある廃校となった大島小中学校の使われてないプール施設。】

愛媛県 八幡浜大島 - 島内の通り。

【愛媛県 八幡浜大島 – 島内の通り。】

愛媛県 八幡浜大島 - ミニバキュームカー。

【愛媛県 八幡浜大島 – かわいらしいミニバキュームカー。なんかいいよね。】

あさみさんは、昔漁師として、全国を回っていた。漁船に乗って旧ソ連の海域に一度だけ、入ってしまったことがあった。

その時、旧ソ連に捕まって、機関銃を突きつけられたことがあったそうだ。そんな話をしながら、ぼくらは、大島へと戻った。

愛媛県 八幡浜大島 木村さん誰かに道案内中。

【愛媛県 八幡浜大島 木村さん誰かに道案内中。】

結花が寝ている定期船待合所のベンチに戻ると、結花は、大島で民宿を営んでいた木村光子さん(八幡浜市大島、089-28-1073)に話しかけられていた。

木村さんは、ぼくら田舎バックパッカーのために、宿に泊ってもよいと薦めてくれた。

木村さんとあさみさんは、大島小中学校の同級生同士。<続きはこちら

<前回のストーリー『day 33.2 愛媛県八幡浜 大島 “シュードタキライト”な大島!?ってなにそれ? ~ 天ぷらと“鱛(えそ)”。あさみさんとの出会い ~』>

<次回のストーリー『day 33.4 愛媛県八幡浜 大島 “獣臭~い”地大島へ』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

4件のフィードバック

  1. Anonymous より:

    あさみさんは私のいとこです。<br />懐かしい。

    • Ikuma Nakagawa より:

      もしお会いしましたら、よろしくお伝えください!また大島へ行きたいです。お店など、都会のように賑やかではないかもしれませんが、あのリラックスでき、のんびりできる雰囲気がいいですね。漁師の人たちもすごく良い方ばかりでした。<br /><br />初めて行く人はきっと、「何もない島…」と思うかもしれませんが、その“空間”や“人たち”がすごく好きです。また行きたいです。<br /><br />あさみさんとは島でたまたま出会い、「よし行こうか!」という雰囲気で、島を案内してくれました。

  2. 中野隆行 より:

    大島は僕の田舎です。昔はたくさん人が住んでいたのですが、<br />ずいぶんと寂しくなりました。<br />たまにお墓参りで行きますが、とてものどかな所です。<br />またいらしてください。

コメントを残す