2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 21 兵庫県 坊勢島(ぼうぜじま)に向けて出発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
四国 坊勢島 バックパッカー旅 旅行

2010年11月7日(日) – 昨日、ぼくら田舎バックパッカーは、穂積駅周辺にあった公園で、テントを張った。

民家に囲まれた公園なので、朝7:00に起き、ご飯を食べず、四国へ向かうことにした。公園でテントを張ったときは、大体5:00には起きて、ささっと撤収するのだが…今日は寝すぎてしまった。

兵庫県をとおり、岡山県から四国に入る予定だが、岡山県から四国に入る前に、気になる島々が地図に載っている。気になると、可能な範囲で追求したくなる。

この旅では、「島があるから、とりあえず、行ってみよう」と目的地を決めることが多い。

岡山県に入る前には兵庫県があり、ぼくが気にしている島は、兵庫に浮かぶ島々。兵庫と四国(徳島と香川)の間にある播磨灘(はりまなだ)には、家島諸島がある。家島諸島に浮かぶ島々は、家島、男鹿島、西島。この諸島、一度も聞いたことがない。

ぼくらが知らないだけなのかはわからないが、「これら島々はあまり知られていないだろう、面白そうだ」と勝手に思い、この島へ行くことを決めた。地図で見ると、兵庫県姫路から、家島諸島に行ける。ちなみに、ここから小豆島(しょうどじま)への船も出ているようだ。



そして、携帯で詳細情報を調べると、姫路駅まで行き、そこから姫路港まで行かなければいけないようだ。

姫路駅で降りて、約4~5キロ先の姫路港へと歩く。JR姫路駅の南・3番乗り場からバスで港へ行けたそうだが、そんなことは知らず、歩きたかったので歩くぼくら。ちなみに駅から港まではバスで約20分。

以前、ぼくが姫路に来たときは夜中だった。その時は、姫路城がある方向へと歩き、泊まるところを探していた。その頃、景気が悪く、多くの人々がマンガ喫茶を自宅のように使用していたので、マンガ喫茶は全て満室だった。

姫路城近辺のロイヤルホストで、3:00ぐらいまで過ごし、愛媛駅の外のベンチで座りながら寝て、始発を待った。その後、高知の四万十川へと向かったのだった。と…いづれ、この冒険記にも書こうと思うが、そんなことをふっと思い出した。

穂積駅 テント泊 兵庫県 テント泊【今朝起きた公園。あたりは民家ばかり。テントを張らせてもらった。もちろんペグなし、遅い時間のテント張り、早朝撤収。夜になると、公園を探すのは一苦労だった】

港へ行く途中、お腹が空いたので、お店を探した。それに、電子機器の充電もなくなってきた。姫路市役所などを通りすぎ焼肉屋に入り、お得でボリュームある「力弁当」を食べながら、携帯やパソコンなどの充電をする。

ぼくらの旅では、常に充電にこまる… おそらく、シャワーやお風呂の次に困ることが、充電だろう。ソーラー充電機器を購入しことがあったが、そこまで効果がない。中々、充電が満タンにならないのだ。天気問わず、高速ソーラー充電があると大変助かる。

ぼくらが港に着いたとき、最初に港を出発する船は、家島諸島の坊勢島(ぼうぜじま)行きと小豆島行きの二つ。ぼくらは、早い時間帯に出発し、あまり知られてないと勝手に思っている、坊勢島へと向かうことにした。

ちなみにぼくらが持っている帝国書院の地図には、坊勢島が載っていない。姫路港から坊勢島までは、約30分。ぼくらは18:20ごろ姫路港発の船 坊勢汽船・ラピード桂(0793-25-1970)で島へと向かった。

坊勢島の隣には西島が位置している。姫路市内の南西約18キロ沖合に浮かぶ坊勢島の人口は約3,000人。漁船の登録数は、約1,000隻で、全国でも上位。2006年(平成18年)3月27日に合併で姫路市になった。姫路市内から約18頃沖合に浮かぶ島。瀬戸内海国立公園にも指定されている。

坊勢島は、883年、比叡山(ひえいざん)の高層・覚円が坊勢島に流された時、師を慕う数十人の弟子がこの島に移り住んだことから「坊勢」という名前がついたと言われているそうだ。家島本島の次に人口が多い島。でも、なぜ帝国書院の地図には、載ってないのだろうか… <続きはこちら

岐阜県 穂積駅 案内図

岐阜県 穂積駅前

<前日のストーリー 『day 20.2 四国へのバックパッカー旅、初日からまたも外国人…』>

<翌日のストーリー 『day 21.1 兵庫県 坊勢島のスクーター3人乗り?!』>

四国 坊勢島 バックパッカー旅 旅行【表紙の写真: 坊勢島方面へ向けて電車で出発したぼくら】

 

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 荻野さん 興居島 みかん day 30 愛媛県 興居島の萩野さんからもらった最高に美味しく…
  2. 坊勢島 漁船 漁師 day 21.2 兵庫県 坊勢島での『両替』 ~ 若者が誇る漁師…
  3. バックパッカー 四国 伊吹島 day 26.4 香川県 伊吹小中学校 校門前で“島のお母さん”…
  4. 四国 香川 旅 島旅 day 27 香川県 伊吹島で「お元気で。ガンバッテー。マタキテ…
  5. 愛媛県 八幡浜大島 地大島 猪 罠 day 33.4 愛媛県八幡浜大島の隣にある『獣臭~い』地大島へ…
  6. 日振島 漁師 day 55 愛媛県 日振島 笠岡彰さんの養殖現場を見学 …
  7. バックパッカー 天草 若宮海水浴場 テント 野宿 キャンプ day 103.1 熊本県天草市五和町 若宮海水浴場での綺麗な海…
  8. 大島 港 愛媛 day 34.4 愛媛県八幡浜 大島 暗闇の中で『猪探検隊』再結…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

輪島塗 漆器 スザーンロス day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~ teatro acca italian food gotokuji テアトロアッカ イタリアン 料理 ウニ パスタ 豪徳寺 グルメ旅人お薦め 豪徳寺のイタリアン『テアトロアッカ』 新宿駅からわずか15分 【田舎で仕事】 ITベンチャー『広報』で初の日経産業新聞1面 ガイアの夜明け カーステイ メロウ キャンピングカー 医療機関 支援 【田舎・地方で仕事 – 広報】来週6月16日放送の『ガイアの夜明け』に登場 ~ 医療現場でキャンピングカーが活躍 ~ day 51 高知県沖の島を散策 ~ 市原知佳さん勤務の「あったかふれあいセンター」 ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎バックパッカーハウス
  1. 田舎バックパッカーハウス
  2. やっさ祭り, 広島県三原市, yassa camp
  3. ノスケ バンライフ, 沖縄 ちより,田舎バックパッカーハウス,石川県 穴水町, 田舎暮らし,移住,地方移住,穴水町 車中泊,車中泊 石川県,japan,noto,ishikawa,inaka backpacker house,rv in ishikawa,rv station
  4. 田舎バックパッカーハウス,石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記,秋葉博之,秋葉洋子,ぶー散歩,穴水町 車中泊, child in the countryside japan,noto,ishikawa,inaka backpacker house,rv in ishikawa, sakura,
  5. 田舎で仕事, 石川県 移住,穴水町 移住,中川生馬

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
【田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
田舎バックパッカーハウスの初代ユーザー、Netflixオリジナル映画「Locke & Key」に登場!
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
【Carstay車中泊スポットレビュー】発掘感掻き立てる長野市鬼無里にある「いろは堂 長野本店」
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
day 70.2 漆芸作家Suzanne(スザーン)さんとClive Ross(クライブ・ロス)さんとの出会い ~ 別れるか、日本へ行くかの選択 ~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。