2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 33.2 愛媛県八幡浜『シュードタキライト』で有名だが子供がいない大島 ~ 天ぷらと『えそ』? ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
シュードタキライト 大島 愛媛

2010年11月19日(金) – 公民館には、国指定天然記念物の「シュードタキライト」が展示されていた。

「ん?なんだこれ?シュードタキライト?」って何?

シュードタキライト 大島 愛媛

【八幡浜 大島のシュードタキライト。「そんな展示するほどのものなのか、これは…。一体どんな岩なんだか…?」まずこの名前から、何も想像がつかないね…】

次に、大島小中学校に行った。「これはもう廃校だ」と見た目でわかる。実際散策していても、子どもを一人も見かけなかった。

学校周辺にいたおばさんに聞くと、大島小中学校は、2009年3月に廃校となった。

子どもは最後、2人だけだったそうだ。

大島には子どもがもう全くいないのだ。

一番若い人で、30歳だそうだ。子どもが全くいない島は、大島が初めてだった。

廃校 日本の学校 少子高齢化 大島 愛媛

【八幡浜 大島の大島小中学校】

大島小中学校から、結花が寝ているベンチ方面へ戻り歩き始める。

結花が寝ている定期船乗り場と小中学校の中間地点あたりで、あさみさんというおじさんと出会った。

大島に関する話をいろいろと聞く。

あさみさんは話していると突然、「よし!天然記念物のシュードタキライトを見に行くか!」と言い、ぼくは「では、行きましょう!」と返答。

あさみさんの自転車に乗り、「シュードタキライト」の現物を一緒に見に行くことになった。

シュードタキライト 愛媛 大島

【あさみさんにシュードタキライトがある場所へ連れていってもらう】



 

あさみさんと「シュードタキライト」がある場所へ

八幡浜 大島のあさみさんと地震の化石「シュードタキライト」を見に行く。

「いや~、おれもこのタキライトの良さが全くわからないんだよねぇ~」と、あさみさん。

シュードタキライトを見に行く前に、大島に1隻の漁船が戻ってきた。

漁船には、天ぷらの原料となる鱛(えそ)が大量に積まれている。

毎日200~300kgぐらい捕れ、1kgで200~300円で売れるそうだ。天ぷらの原料となるものが、海から採れるとは知らなかった…

天ぷら 原料 エソ

【八幡浜 大島 天ぷらの原料となる鱛(えそ)】

 

シュードタキライトとは一体…

さて、この「シュードタキライト」だが…。一応書いておこう。

シュードタキライとは、地震が起きると、地震を起こした断層部に摩擦の熱で溶けた岩石が急に冷えてできる石のことを言うそうだ。

なので、「地震の化石」と呼ばれている。

シュードタキライトの場所に行く前に、ベンチに寝ている結花を起こし、一緒に連れて行こうとする。

「結花!結花!」と起こそうとしたが、爆睡状態で全く反応がない。

息はしている…。昨日、ぼくらは、八幡浜駅周辺で遅くまでテントを張る場所を探した。

結局、テントを張った場所が駐車場だったため、あまりよく寝られなかったのだ。疲れてそうだし、寝かしておこう。

海鳥 愛媛

【八幡浜 大島 海鳥】

犬ににらまれる 愛媛

【大島を散策中 犬ににらまれる生馬カメラマン】

さて、この「シュードタキライト」…「どこにでもありそうな岩じゃないか!」と、素人のぼくが見るとただの岸壁にしかみえない。

若干、「歴史ある岩っぽいかな」とも思うが…「なんでこれを天然記念物にしてしまったのだ…」と考えてしまう。

あさみさんも「何度見ても、何かよくわからないだろ?」と問う。

ぼくや島民にとっては、何らかの岩にしか見えないだろう。

最近では、「シュードタキライト」見学者が多いそうだ。が、ぼくには、この凄さが全く理解できず、岩の欠片一部にしか見えなかった。

おそらく、地質学者が見ないと、何がすごいのか全くわからないのだろう。

愛媛 大島 地震 化石 シュードタキライト

【八幡浜 大島 ん~・・・。「やっぱり、どこが、どうシュードタキライトなんだ…?」】

シュードタキライト 愛媛 大島

【八幡浜 大島 国指定天然記念物「シュードタキライト」】

シュードタキライト 国指定天然記念物

【八幡浜 大島 国指定天然記念物「シュードタキライト」】

大島への定期船でもらった大島に関するパンフレットには、この天然記念物が全面的に紹介されている。

まず表紙が、この「シュードタキライト」の写真一面。

このパンフレットには申し訳ないが、率直に言えば、「ただの岩」のことしか書いてない。

全面的に「岩」のみをアピールしても、これでは一般から大島の興味を引くことは難しい。

「シュードタキライト」以外に大島を訪問する人たちは、猪やキジの猟師がいるそうだ。<続きはこちら

<前回のストーリー 『day 33.1 愛媛県 八幡浜 大島を散策 ~到着早々ベンチで寝始める結花…~』>

<次回のストーリー 『day 33.3 愛媛県八幡浜 大島 民宿を営む木村さんとの出会い』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 愛媛県 波止場 day 27.2 愛媛県波止浜 バックパッカー見て「旅はいいです…
  2. 大船 ルミネ 旅人 day 37 鎌倉へ一度戻る田舎バックパッカー ~さて12月はど…
  3. バックパッカー 中川 day 28 愛媛県 瀬戸内海に浮かぶ怱那諸島へのバックパッカー…
  4. day 24.1 兵庫県 坊勢島 最終日 ~「技術力の高い」漁師…
  5. 愛媛県 八幡浜 船 day 33 愛媛県 八幡浜 大島へ向けて出発
  6. バックパッカー 四国 day 29.1 愛媛県 興居島ミカン ~農家の工夫。農家の後継…
  7. 大島 愛媛 散策 day 33.1 愛媛県 八幡浜大島 散策 ~ 到着早々ベンチで…
  8. 日振島 笠岡彰 day 56 田舎バックパッカー、愛媛県日振島から宇和島へ ~縞…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県 メディア掲載: 北陸エリアのテレビで特集「バンライフに物語あり!?」 その内容はいかに!? brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」中川生馬さん(右)と会話を弾ませて交流を深める赤井成彰さん=穴水町川尻で 写真 金沢の赤井さん、穴水で魅力伝える 宿泊型移動車「モバイルハウス」で一風変わった旅をしている赤井成彰さん(30)=金沢市=が二十九、三十の両日、穴水町川尻に宿泊し、なじみの薄いモバイルハウスの面白さを町民らに伝えた。(田井勇輝)赤井さんは昨年春、営業社員だった大手玩具メーカーを退社。ハワイでの暮らしを夢見て、貯金するため家賃を節約しようとさまざまな生活の仕方を模索。家を持たないで車内や荷台で寝泊まりしながら生活するモバイルハウスと出合った。中古の一トントラックを購入し、昨年十月から荷台で部屋作りを開始。長さ二・五メートル、幅一・六メートル、高さ一・九メートルの木製による落ち着きある空間を手掛けた。壁を開閉して楽しめる縁側や、天窓、折り畳み式机といった工夫を凝らした家具を設置。外壁はオレンジ色と茶色の細長い板千枚以上を組み合わせ、魚のうろこを表した。製作は今年一月に終了。車の購入と製作の総額約九十万円の大部分は資金を募るクラウドファンディングで集めた。モバイルハウスの可能性だけでなく、全国の魅力ある人や場所を探そうと、今月二十七日に金沢市を出発。車中泊可能な場所を検索できるサイト「カーステイ」で、中川生馬さん(40)=同町岩車=が運営する場所を見つけ訪れた。赤井さんは中川さんや通り掛かった住民に「まさに動く個室。行った場所がどこでも庭になる」と熱く語った。バックパッカーとして国内を旅した経験がある中川さんとはうまが合い、縁側でいつまでも会話を弾ませていた。赤井さんは十一月末まで全国を巡る予定。三十日は珠洲市、三十一日は七尾市能登島で泊まり、その後県外に出る。 メディア掲載: 中日新聞『動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」』 soba noodle in Notocho Wajima Ishikawa 中谷家 能登町 輪島 穴水 蕎麦 そばきり 仁 中谷家 『そばきり 仁』 築約400年 能登の“ちょい”世界遺産的な屋敷『中谷家』で再オープン creative coffee shop countryside in Japan 能登での田舎暮らし: 穴水町岩車にカフェ?!

今季の牡蠣出荷・販売開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

能登・石川県穴水町のシェアハウス・バンライフステーション『田舎バックパッカーハウス』

suumoジャーナル
  1. 石川県 知事 谷本正憲
  2. 動く家 モバイルハウス 軽トラハウス モバイルハウスビレッジ
  3. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント
  4. バックパッカー 石川県 日本
  5. 能登 石川県 穴水町 川尻 シェアハウス 田舎バックパッカーハウス
  6. オレゴンコースト 歩く

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP