INAKA Backpacker House - 田舎バックパッカーハウス

Carstayの全国車中泊スポットランキング、石川県穴水町の「田舎バックパッカーハウス」が2位に!関東エリアが上位を占める中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今日(2022年4月29日)のテレビ東京の番組「ワールドビジネスサテライト(WBS)」の「白熱ランキング」コーナーでCarstayが発表した3年間の車中泊スポットランキングが特集される。

トップ10にランクインした元日本郵政が運営していたかんぽの宿の寄居(埼玉県)、京急電鉄が運営する「RVステーション京急油壺観潮荘」(神奈川県の三浦半島)の車中泊スポットや、バンライファー夫婦のINUTABIさん、女子大生バンライファーの宮本芽依さん、個人DIYバンビルダーのバンライファー松尾颯(まつお はやと)さん、Carstay代表の宮下晃樹さんなどが登場する。

ぼくが運営する短期から長期間車中泊滞在ができ“住める未来の駐車場”として知られる「田舎バックパッカーハウス」は、Carstayの車中泊スポットのトップ10ランキングの2位にランクインしたことから、写真のみ、ほんのちょっとだけ登場する予定だ。

rv campervan spot 石川県 能登半島 穴水町 車中泊 スポット

予約ランキングの集計期間はCarstayの車中泊スポットのシェアサービスを開始した2019年1月末から2022年1月末まで。現在、Carstayの車中泊スポットは全国に330箇所ある。

1位は葉山のスポット、3位以降は京急電鉄の三浦半島スポット、かんぽの宿など、関東圏の車中泊スポットが上位を占めている。そんな中、唯一、遠方の能登半島の奥地にある超田舎で人口わずか数十人ほど?!の限界集落にある石川県穴水町川尻地区にある「田舎バックパッカーハウス」が2位にランクインした。

「田舎バックパッカーハウス」は初代Carstayの車中泊スポットでもある。短期間の車中泊もでき、駐車場に住むこともできる。

長期滞在の場合はキャンピングカーなど車中泊仕様の車を自身の“部屋”として駐車場に“持ち込み”、古民家シェアハウス内のトイレ、キッチン、ダイニング、ワークスペースなどの共有スペースを利活用することができる。ただし、就寝時や、プライベート空間が必要なときは自身のお部屋=車へ行ってね、というスポット。そんな背景から“住める駐車場”として知られるわけだ。

豊かなインフラを誇る日本、工夫をすれば実現できるキャンピングカーなど車中泊仕様の車を拠点に仕事・旅・生活をするライフスタイル「バンライフ(VANLIFE)」、そこには若干の不便さもある。

長時間駐車できるスペース、トイレ、シャワー、キッチン、汚水やゴミ処理、長時間まわりを気にせず使えるワークスペースなどは快適な家または“不動産”スペースが快適。だが、キャンピングカーなど“動く家”または“可動産”で各地を転々としたいバンライファー。

「田舎バックパッカーハウス」はそんな“可動産”を家とするバンライファーの悩みを解消する“不動産”と“可動産”の融合拠点だ。

ここ「田舎バックパッカーハウス」には最長3ヶ月間車中泊滞在した、“家捨て型”の本格バンライファー夫婦(こちら)や、1ヶ月間車中泊滞在したバンライファー夫婦の「えりキャン」「えりたく夫婦」や元「ミチトライフ」(こちら)、ハイエースを“動くオフィス”として2週間 車中泊滞在したサラリーマン・バンライファーでサイボウズ勤務の野水さん、4人家族で冬や夏に場所を変えて生活する「とうちゃんはテンネンパーマ」の池辺さんなど、長期間連泊したバンライファーが多いことから、トップ10にランクインしている。

また、オーナーである自分が、長年のバックパッカーやバンライファーという背景を持っていることも、遠方から遥々能登へと訪問してくれる大きな理由となっている。

Carstay代表の宮下晃樹さんからは「田舎バックパッカーハウスは、中長期滞在できるだけの施設の充実度は勿論のこと、ホストの中川生馬さん自身がバンライファーであり、その溢れんばかりのホスピタリティ精神から、能登ならではの田舎体験を満喫できる、満足度が非常に高いステーションです。リピート利用者が多く、またその魅力が口コミでバンライファーで話題となり、“能登半島へ行ったときは田舎バックパッカーハウスへ立ち寄ろう“と高い評判になっています」とのコメントを頂いた。

なお、大々的に発表していないが、Carstayによると、2019年と2020年の車中泊スポットランキングの1位は「田舎バックパッカーハウス」だった。

中日新聞 車中泊 ランキング 石川県 Carstayの車中泊スポットランキング情報
中日新聞 車中泊 ランキング 石川県 穴水の車中泊人気 全国区 バックパッカーハウス ネット予約2位
中日新聞 車中泊 ランキング 石川県 なぜいま車上生活のように聞こえるバンライフができる時代なのか?

ハイエース クルマ 暮らし 家族

ではでは、いつか、石川県穴水町の「田舎バックパッカーハウス」で会いましょう。

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. Connor Jessup in Anamizu Japan コナージェサップ 日本 石川県 能登 穴水町 【田舎で仕事】コナー・ジェサップが発信する『結生 X 能登』の世…
  2. 石川テレビ イスラム 松井誠志 中川生馬 バンライフ 【動画あり】ドキュメンタリーテレビ番組『裸のムラ』に一主役として…
  3. 【メディア掲載】日経本紙「日経プラスワン」に登場 「くらし探検隊…
  4. 軽トラハウス, 二見宏明, 田舎バックパッカーハウス, バンライフ, 穴水町 車中泊 【田舎バックパッカーハウスで車中泊】軽トラハウスの二見宏明さん
  5. 米国人一家 水揚げ体験 穴水 能登かきに舌鼓 能登地方を家族旅行で訪れた米国人三人が三日、穴水町岩車で、旬を迎えている特産「能登かき」の水揚げ作業を体験し、日本の漁業や食文化について理解を深めた。参加したのは金沢市内の高校で外国語指導助手(ALT)を務めるパトリック・ケイレブ・フレンドさん(26)と、米国・テキサス州から初めて来日した父親のパトリック・フレンドさん(51)、母親のエイミー・フレンドさん(51)。能登半島で体験型の旅を企画している中川生馬さん(40)=岩車=が協力した。三人は二日、同町に到着し、殻が付いた能登かきのバーベキューや、地元産のワインや日本酒を味わった。翌三日、漁師の河端譲さん(45)=同=が養殖しているかき棚でいかだにつるされたかきを引き上げた。漁師の仕事に強い関心を寄せ、複数に固まったかきを一つずつばらす作業も熱心に行った。パトリック・ケイレブさんは「日本の昔ながらの文化を楽しく体験できた」と喜び、父親のパトリックさんは「漁師の仕事の大切さや大変さを知ることができた。素晴らしい時間だった」と顔をほころばせた。エイミーさんは「かきの殻に残った汁に日本酒を入れて飲んだのがおいしかった」と通な飲み方を気に入った様子だった。三人は四日、帰路についた。(田井勇輝) 【メディア掲載】アメリカ・テキサス州出身の一家 能登・穴水町で田…
  6. 田舎バックパッカーハウス 料金 概要 料金 石川県穴水町のシェアハウス兼“住める駐車場”車中泊スポット「田舎…
  7. 日経ビジネスオンラインにも登場 『野宿』『テント泊』をすることに…
  8. 能登 田舎暮らし, 木 植える 【能登での田舎暮らし】田舎バックパッカーハウス庭に桃の木 3本 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

徳島県 上勝町 もくもくもく アート 葉っぱ tokushima kamikatsu leaf 【田舎旅】“人生の見直し”を考えさせられる映画「人生、いろどり」ロケ地 上勝町を巡る 五島列島 小値賀,ブロッコリー農家,ぶうさん,今田光弘, goto ojika, mitsuhiro imada day 88.7 五島列島 小値賀島 自身のライフスタイルをプロデュースするブロッコリーとカボチャ農家のぶうさんと美保さん(最終話) ともさん 車中泊 キャンピングカー 【メディア掲載】バンシェア!車中泊ユーチューバー“ともさん”チャンネルに田舎バックパッカーハウスと“動く拠点” ~ アネックスのファミリーワゴンCを動画で見る ~ 読売新聞 バンライフ 職も住も バンで快適 長期滞在駐車場 穴水に 【メディア掲載】 読売新聞にCarstayとの取り組み「職も住も バンで快適 長期滞在駐車場 穴水に 気軽に田舎暮らし 人気」 朝霧高原 富士山 バックパッカー 車中泊 車旅 バンライフ 一泊で旅する富士山麓・朝霧高原周辺4つ目のスポット「富士芝桜まつり」

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
フジテレビ めざまし8 AU,AU電波障害
  1. 穴水町 小学校 統合, 向洋小学校, 小学校 説明会
  2. inaka backpacker japan
  3. 穴水 車中泊, 石川県 バンライフ,北陸 バンライフ, 中川生馬
  4. 穴水町 車中泊,石川県 車中泊,石川県 バンライフ,ふれあいパーク
  5. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【能登での田舎暮らし】石川県穴水町の小学校の統合に関する説明会 7月14日開催 そもそもなぜ統合ありきで話しが進んでいるのか?
day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家スザーン・ロスさんとの出会い
【星空旅スポット】能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~
脚本執筆のために「田舎バックパッカーハウス」シェアハウスに滞在したConnor Jessup(コナー・ジェサップ)の新作ドラマ
石川県穴水町のシェアハウス兼“住める駐車場”車中泊スポット「田舎バックパッカーハウス」< 公式概要と利用料金について>
day 52 高知県 沖の島の『赤い有名人』1 ~ 自己ブランドを構築する荒木健吉さん ~
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
【能登での田舎暮らし】添加物賛成・反対派に関する質問をみて 結局 添加物ありがいいの?なしがいいの?
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。