INAKA Backpacker House - 田舎バックパッカーハウス

メディア掲載: 北陸エリアのテレビで特集「バンライフに物語あり!?」 その内容はいかに!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県

昨晩(2020年1月30日)、MRO(北陸放送)のニュース番組「レオスタ」が放送した「バンライフ」特集の内容が実に素晴らしかった。

ざっくり言うと、「バンライフ・ステーションに様々な物語あり」を感じられる特集だった。

これまで、テレビの放送では主に「バンライフとは?」のさわり的な放送が多かったが、今回MROが特集した内容は、バンライフの世界に“ちょい”踏み込んでいたと感じた。

テレビのプロフェッショナルたちの“腕”のお陰だ。

石川県 住める 長期滞在 車中泊 スポット ミチトライフ

しかも、通常、ニュース番組の特集では数分の内容がほとんどだが、今回のバンライフ特集は約10分という異例の長さとなった。

テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県

そもそも、「バンライフ」とは、車中泊仕様のクルマ 主に箱型のクルマ<バン(VAN)>で、仕事や旅をしながら、人生や生活<LIFE(ライフ)>を送ること。

ぼくらがいる豊かな時代、よくよく考えてると、あらゆるライフスタイルが実現可能だ。

車中泊仕様で、寝られるタイプのマイカーであれば、仕事・旅をしながら余裕で暮らせる。ただ、遅れているのは、社会インフラのみ。

インフラが必要であれば個人ベース、気の合う企業と共に、そんなインフラをつくってしまうのも一つ選択肢だろう。何事も試してみなければわからない。

石川県 住める 長期滞在 車中泊 スポット

ということで、そんな中、2019年12月、ぼくは、能登半島先端“奥能登”の入口に位置する石川県穴水町(あなみずまち)の川尻(かわしり)地区にシェアハウスやコワーキングなど、多目的・多用途の家「田舎バックパッカーハウス」を開設。

同時にバンライフのリーディングカンパニー Carstay(カーステイ)社と共にその敷地内に長期滞在かつ“住める”駐車場「バンライフ・ステーション」を国内で初めてオープンした。

その翌月、2020年1月1日から早速一組、菅原拓也さんと恵利さんの「えりたく夫婦」、その数日後に、もう一組のバンライファー夫婦 矢井田裕左さんと千秋さんの「ミチトライフ」、2組合計4人が「田舎バックパッカーハウス」にやってきた。

二組の滞在期間は約1ヶ月で、2月1日前後には能登を旅立つ。

今回のMROの「バンライフ」特集は、県外から能登の田舎に移住したぼく自身、「田舎バックパッカーハウス」、「バンライフ・ステーション」に滞在した二組のバンライフ夫婦を描いたストーリーになっていた。

MRO テレビ 取材 田舎バックパッカーハウス ミチトライフ 矢井田裕左 千秋 菅原拓也 恵利

MROの特集内容は大変素晴らしく…

「レオスタ」終了後、「テレビ観ました。素晴らしいと思いました。ヤー中川さんのコメントに感動しました」などのコメントをいただいた他、ぼくが「田舎バックパッカーハウス」を譲り受けて様々な活動を展開していることから、「MROテレビで拝見しました。輪島市XXXXに祖母が住んでいた家があります。もう10年以上誰も住んでいないので、直ぐに住める様な状態では無いです。家の土台は丈夫ですのでリフォームすれば使えると思うのですが要りませんか?」という嬉しい問い合わせまでいただいた。

MRO テレビ 取材 バンライフ 田舎バックパッカーハウス ミチトライフ 矢井田裕左 千秋 菅原拓也 恵利

 
そして… この「バンライフ」特集後、その裏では…

特集の取材撮影を終えた後の数日間、「えりたく夫婦」の拓ちゃんと恵利ちゃんが、夫婦お互いでつぶやいているとおり、「田舎バックパッカーハウス」では、リアルに様々な夫婦のストーリーの展開があった。


「バンライフ」という、小さな空間での暮らしだからこそ、一軒家に住もうと、バンに住もうと、どこでも起こりうる夫婦喧嘩とみがちだが、そうシンプルな喧嘩ではない。

「えりたく夫婦」のストーリーは、少し特殊なケースでもある。

恵利ちゃんは自身のブログで綴っているとおり、精神的な症状「ADHD(注意欠陥多動性障害)」を抱えている。

周囲がその症状について深く理解して接しなければ、ときには大変な事態となる。「病は気から」とは言うが、ぼく自身の経験上、その姿勢で精神的な症状を持った人に接しても事態は悪化することは多々。

えりたく夫婦

恵利ちゃんは「ADHD」を抱えて大変かと思うが、夫として常に隣にいる拓ちゃんも大変だ。

しばらくは、お互いの接し方で、悩むかと思うが、ADHDなどの精神的な症状をもつ人たちは、これからもその症状に悩まされながら今後の人生を歩むため、最終的には、あらゆる面で“タフ”な拓ちゃんの接し方次第になるのかもしれないとも考えられる。

なにがあったかのか… 深い詳細は別途書きたいと思っているが、北陸放送MROの取材撮影後、「田舎バックパッカーハウス」では様々なストーリーがあったわけだ。

ぼくにとっては、当時から今にかけての自分たち夫婦の実写版を見ているようで仕方がなかった。

そんなこんなで… 放送終了後…

このMROの「バンライフ」特集に、ここ数日間のリアルな映像シーンを入れていたら、ニュース上の特集でなく、感動短編ドラマが完成していた気がしてならなかった。

MRO テレビ 取材 田舎バックパッカーハウス ミチトライフ 矢井田裕左 千秋 菅原拓也 恵利

 
まぁ、それはともかく… 最終的に「えりたく夫婦」は数日間の別居後、すぐに“復活”し、二人一緒になって、1月末に「田舎バックパッカーハウス」を旅立っていった。

「ミチトライフ」夫婦は2月2日に「田舎バックパッカーハウス」を出発し、長野県塩尻市へと向かう。

今後も、「田舎バックパッカーハウス」が、旅人にとって帰る拠点となったり、あらゆる人との交流から新たな取り組みがうまれたり、一時的な仕事場・休憩場所・田舎暮らしの体験拠点などになればいいなぁと思っている。



そして、最後に、みんなをつなげてくれた東京のスタートアップで「バンライフ」のリーディングカンパニーCarstay、代表の宮下晃樹さんにも感謝である。

能登 穴水 シェアハウス 田舎バックパッカーハウス <まとめ>

ちなみに、現在、「田舎バックパッカーハウス」では、4部屋のシェアハウスまたはサテライトオフィスのユーザーを募集しています。

ご興味ある方々はぜひ、上の「田舎バックパッカーハウス<まとめ>」をお読みの上、お問い合わせください。

MRO テレビ 取材 田舎バックパッカーハウス ミチトライフ 矢井田裕左 千秋 菅原拓也 恵利

石川県 バンライフ 長期滞在可能 住める駐車場

MRO テレビ 取材 田舎バックパッカーハウス ミチトライフ 矢井田裕左 千秋 菅原拓也 恵利

 

関連記事

  1. 北國新聞に登場 「移住男性『穴水おいで』首都圏の友人ら50人招待…
  2. ハイエースファン 中川生馬 掲載 hiace traveler workandtravel hiace office クルマ旅雑誌「ハイエースファン」に“動く拠点” アネックスのファ…
  3. リクルートグループ住宅情報系大手メディア「Suumoジャーナル」…
  4. 田舎/地方「移住希望者必見!」記事にぼくらバックパッカーがまたも…
  5. 中日新聞 田舎体験 穴水の豊かな里海親しむ 県外在住の5人、釣りなど体験 米国や東京で暮らす会社員ら五人が今月下旬、穴水町を拠点に能登かきの水揚げや釣りを満喫し、能登の豊かな里海と親しんだ。 メディア掲載: 中日新聞『穴水の豊かな里海親しむ 県外在住の5人…
  6. 2015年最終日の北國新聞に中川結花子登場!
  7. Vanlife Japan 中日新聞 バンライフ 中川生馬 メディア掲載: 中日新聞 社会面に「バンライフ」
  8. 今日の北國新聞に登場 「移住男性『穴水おいで』首都圏の友人ら50…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣 東京の駅だったら批判殺到!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から Iwagruma Anamizu Ishikawa 能登半島 石川県 穴水町 岩車 農山漁村の『岩車』に移住した理由 ~ 東京で“埋もれる”よりも田舎へ ~ 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に ウミネコパーラー 石川県 穴水町 足立秀幸 かき氷 カフェ Anamizu Shaved Ice Kakigori cafe 奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラー』 mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち “ざっくり”特集: クルマで“移動暮らし”できる時代 始まる『移動型定住』『動くX』 < VANLIFE 1 >

今季の牡蠣出荷・販売開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

能登・石川県穴水町のシェアハウス・バンライフステーション『田舎バックパッカーハウス』

石川県 知事 谷本正憲
  1. 動く家 モバイルハウス 軽トラハウス モバイルハウスビレッジ
  2. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント
  3. バックパッカー 石川県 日本
  4. 能登 石川県 穴水町 川尻 シェアハウス 田舎バックパッカーハウス
  5. オレゴンコースト 歩く
  6. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP