INAKA Backpacker House - 田舎バックパッカーハウス

コロナ禍、住める駐車場「究極の車中泊スポット」バンライフ・ステーションに再び入居者 < 1話目 >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
バンライフ ステーション 田舎バックパッカーハウス 石川県 穴水町 能登半島

2020年4月13日、新型コロナウイルス騒動の中、シェアハウスやワークスペースを備えた「田舎バックパッカーハウス(石川県穴水町川尻)」の日本初の“住める駐車場”「バンライフ・ステーション」には、今年3組目のバンライファー夫婦が“入居”した。ちなみに、シェアハウスの個室部屋には現在、大工さんが寝泊まりし、「田舎バックパッカーハウス(石川県穴水町川尻)」から5分先にある中居地区で家の改築作業を進めている。

今回、「田舎バックパッカーハウス」の「バンライフ・ステーション」に滞在することになったのは神奈川県横浜市出身で、横浜にあった自宅を断捨離/家を売却し、キャンピングカーに引っ越した“ユニーク”な夫婦

キャンピングカーを拠点「モバイルハウス<動く家>」として生活しながら旅をするバンライファー夫婦の秋葉博之さんと洋子さん。

ちなみに、バンライフ/VANLIFEとは、クルマを通じた旅や暮らしにより、“人生を豊かにする”ことを目的として、荷台スペースが広い車“バン”を家やオフィスのように作り変え、車を働く・遊ぶ・暮らしの拠点とする新たな“ライフ”スタイルのこと。

まさに、秋葉さん夫婦には「バンライフ」という言葉がぴったりはまる。

秋葉さん夫婦とは一体“誰”なのか?なぜコロナの時期に「田舎バックパッカーハウス」へ?!

<< 秋葉さん夫婦とは?きっかけは宝くじ?! >>

秋葉さん夫婦は2020年1月30日に横浜の自宅を売却して、新たに購入したいすゞの1.5トントラック「ISUZU Be-cam」がベースとなったキャンピングカー「SAKURA(サクラ)」に引っ越した。

キャンピングカー コロナ デニム 赤 デザイン 柄

「SAKURA」の内装は洋子さんが好きな色「赤」と「デニム」柄でデザインされている。

2018年、秋葉さん夫婦はキャンピングカーに約1,000万円以上の投資をすることを決断。キャンピングカーを注文して、「なにもしないでとにかく旅をしよう!」と決めた。

お金に対する不安ばかりを考えてもなにも始まらない」「とりあえず生きられればいい

秋葉さん夫婦を動かしたのはそんなシンプルで“自分たちを生きる、エンジョイする”という根本的な考えだった。

その大きなきっかけは、2018年春ごろの洋子さんの自分に対する質問「宝くじで億円単位が当たったらなにをしたい?

その回答は「全国へ旅したい!」だった。博之さんは「いいね!やるなら今でしょ!」と同意見で賛同。

秋葉さん夫婦お互いにとって、この「宝くじが当たったらどうする?!」の自問自答が人生の転機となり、「冒険する人生」へと出発することを決断。

人生1度限りの無期限な旅に“わくわく”を感じながら、横浜での残りの都会生活を過ごすことになった。不安は考えたらきりがない。不安を抱えることは誰にでもできるが、「不安」よりも「わくわく感」のほうが何十倍も上回ったわけだ。

バンライフ ステーション 田舎バックパッカーハウス 石川県 穴水町 能登半島 秋葉洋子 秋葉博之

だからこそ、「一歩」踏み出せる。

追加すると、秋葉さん夫婦は横浜在住で仕事の休暇時、癒しを求めて夫婦でキャンプの旅へと出かけることが多かった。

しかし、そこでの旅をもっともっと楽しみたいという悔やみ的な気持ちがあるのにも関わらず、毎回、横浜の自宅へと帰っていた。会社勤務時の「休み期間」はほんの限られた時間しかないので、仕方がない…

そんな悔やみ的な気持ちが積み重なり、この「わくわく感」から成る“旅暮らし”を後押ししていたこともあった。

そして、次に実行したことは、旅に必要と不要なモノ… 人生に不要なモノの滅多斬りだった

<< 自宅「不動産」を人生から斬る >>

そこで、まず、2018年、秋葉さん夫婦は「冒険する人生への旅」のベースとなる“家”を、“ほどよい”サイズの日本特種ボディー社のキャンピングカー「SAKURA」に決めて、購入。

その約1年後の2019年10月にキャンピングカーが納車された。ちなみに日本特種ボディーは、エートゥゼット社の元スタッフが起業したキャンピングカーメーカーだそうだ。

納車に合わせて、2019年10月中旬、秋葉博之さんは14年勤務したユンボなどの建設機械をレンタルする会社を退社。

その後、生命保険の解約、自宅にあったモノの売却・譲渡・処分など、秋葉さん夫婦にとって今後の人生で“不要”と思ったモノの断捨離が始まった。

断捨離の中でも、“普通の人”にとって「これも?!」と思ってしまうのが、やはり… 家だろう。

家まで不要なの?!

いや、いや、なんらか家となるシェルターは必要だ。

秋葉さん夫婦は、キャンピングカー=モバイルハウス=動かすことができる家=可動産 を選択しただけ。

モノは考えよう。

バンライフ ステーション 田舎バックパッカーハウス 石川県 穴水町 能登半島 秋葉洋子 秋葉博之 穴水町

ほんの数文で済ませてしまうが、ただ単に家の“体型”が変わっただけである。

まぁ、確かに、「普通の考え方」「世間一般的な考え方」ではない。

が… ホント、モノは考えようで、

固定された家、いわゆる「不動産」から「可動産」に変形した家 キャンピングカー「SAKURA」に引っ越しただけ。ちなみにキャンピングカーの前は、ぼくの“動く家”と同じように、ハイエースのミッドルーフのワイドワゴンに乗っていたそうだ。

そして、時間はかかったが2020年1月末、家のローンがトントンになるように横浜の自宅を売却し、キャンピングカー「SAKURA」を「モバイルハウス<動く家>」とした新たなライフスタイル「バンライフ」をスタートさせたのだった。

だが…だが… いきなり旅、バンライフは自粛ムードへ。< 続きはこちら

一言

…っともろもろ簡単に言ってしまったが、普通に考えたら、「家を捨てる」なんて考えたこともない人ばかりの世の中。

新型コロナウイルス感染の災害を機に、あらゆるライフスタイルを取り入れるほど社会の“器”が拡がるといいね。

バンライフ ステーション 田舎バックパッカーハウス 石川県 穴水町 能登半島 秋葉洋子 秋葉博之

バンライフ ステーション 田舎バックパッカーハウス 石川県 穴水町 能登半島 車中泊 究極

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、住める駐車場「バンライフ・ステーション」も!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. Connor Jessup and Yui 結生とコナージェサップ 【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモ…
  2. スタートアップビジネスプランコンテスト いしかわ2020 Carstay 宮下晃樹 Carstay代表の宮下晃樹さん、ISICO「スタートアップビジ…
  3. 穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup 田舎バックパッカーハウスの初代ユーザー、Netflixオリジナル…
  4. フ ステーション 田舎バックパッカーハウス 石川県 穴水町 能登半島 秋葉洋子 秋葉博之 穴水町 住める駐車場「バンライフ・ステーション」の入居者・秋葉さん夫婦 …
  5. キャンピングカー 家 秋葉博之 秋葉洋子 “住める駐車場”長期滞在可能な究極車中泊スポット「バンライフ・ス…
  6. Connor Jessup in Noto Anamizu Japan コナージェサップ 石川県 能登 穴水町 珠洲 日本 【田舎で仕事】カナダ出身の映画監督 コナー・ジェサップが写真で語…
  7. work space countryside in Japan コナー・ジェサップ、まだまだ『クリエイター・アーティスト向け“田…
  8. 田舎バックパッカーハウス 秋葉博之 秋葉洋子 車中泊 ぶうすけ 能登を旅立ってしまったバンライファー夫婦… 駐車場に住んで3カ月…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

Carstay カーステイ 経営合宿 management camp 【90枚の写真が語る】Carstayの経営合宿 福岡県 小呂島 day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~ ikuma nakagawa 中川生馬 バックパッカー夫婦の能登への“拠点移動”と…赤ちゃん! day 10.1 石川県 舳倉島への定期船 スザーンロス day 70.5 輪島塗と独自の技法でデザイン“Power of Wood(木の力)”を感じられる作品をつくるスザーン・ロスさん

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラー』
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
【映画】「地方議員って必要?役割って?」問う映画『はりぼて』オンライン上映開始 配信と販売12月20日(日)まで
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
石川県内最大手地方銀行から農家に 能登岩車の33枚の田んぼをカボチャ畑に転換 ~ “ノルマ”は“能登の里山”の赤土で甘~い2万個のカボチャと1千万円 ~
【メディア掲載】 トヨタ自動車の社内報「TESマガジン」2019年10月号に登場 〜 時代 〜
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。