Media / PR - メディア掲載

【メディア掲載】 読売新聞にCarstayとの取り組み「職も住も バンで快適 長期滞在駐車場 穴水に 気軽に田舎暮らし 人気」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
読売新聞 バンライフ 職も住も バンで快適 長期滞在駐車場 穴水に

最近、出張“旅”が続いていたことからお知らせが遅れてしまったが…

2019年12月5日付の読売新聞が、先日 Carstay(カーステイ)と田舎バックパッカーが共同発表した「田舎バックパッカーハウス」の「バンライフ・ステーション」の取り組みについて、「職も住も バンで快適 長期滞在駐車場 穴水に 気軽に田舎暮らし 人気」と題して、記事化してくれた。読売新聞と言えば、国内最大…そして、おそらく世界でも最大もしくは最大級の発行部数を誇る新聞である。

vanlife in Japan 職も住も バンで快適 長期滞在駐車場 穴水に 気軽に田舎暮らし 人気 バンライフ

「バンライフ・ステーション」は従来の車中泊スポットとして利用されている「道の駅」「サービスエリア」「オートキャンプ場」などとは大幅に異なる。

VANLIFER Station in Japan 田舎バックパッカーハウス Carsatay バンライフ ステーション

「バンライフ・ステーション」では、自身の車中泊仕様のクルマを“部屋として”、シェアハウス・オフィス、コワーキングスペースなど多用途・多目的の家「田舎バックパッカーハウス」にドッキングさせることができる。

生活に必要となるシャワー、トイレ、リビング、キッチンなど、家屋の共有スペースを利活用しながら暮らし、再び旅へと出たくなったら、自身の“部屋”クルマを家から“分離”させて、旅に出られるという新たな“住”車場だ。

van life station in anamizu ishikawa japan 能登 穴水町 風景 田舎バックパッカーハウス Carsatay バンライフ ステーション VALIFE Station in Japan

長期間のクルマ旅やバックパッカー旅では、頭も体も常に動きっぱなしで、落ち着けない。“旅”である。さすがに多少疲れてしまうので、ときには、家の快適な空間に中長期間 滞在して、心身共に落ち着きたくなる。

「田舎バックパッカーハウス」はそんな「バンライファー」向けの拠点である。

VANLIFER Station in Japan 田舎バックパッカーハウス Carsatay バンライフ ステーション

クルマをベースとした「バンライフ」ではなく、家に暮らしたければ、シェアハウスのスペースもあるので、そちらに切り替えることも可能。その後、移住や定住を検討したいようであれば、「田舎バックパッカーハウス」に暮らすこともできるし、ここを拠点に、空き家探しもできる。

職も住も バンで快適 長期滞在駐車場 穴水に 気軽に田舎暮らし 人気 バンタイプの車を拠点に生活や仕事を続ける「バンライフ」と呼ばれるライフスタイルが注目を集めている。働き方の多様化を背景に若者たちの間で広がっていて、今年3月には、茨城県つくば市でバンライフを送る人たちが集うイベントが初めて開催された。穴水町では今月、民家を活用したシェアオフィスを備えた長期滞在用の駐車場がオープン。交流人口の拡大や、地域活性化にもつながると期待されている。(禰宜雄一)バンライフは、欧米を中心に広がり、日本でもソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などを通じて若者らの人気を集めるようになった。つくば市で3月に開催されたイベント「つくばVAN泊(ばんぱく)」には、内装にこだわった車など約40台が集結し、バンライフの長所や課題を語り合うトークショーなどが行われた。バンライフの広がりの背景には、インターネットやシェアオフィスの普及により、職場以外で自由に働ける環境が整ってきたことがある。一方で、長期間車を止めながら生活できる場所の確保が課題となっていた。そこで気軽にバンライフを楽しんでもらえるようにと、穴水町川尻に今月3日、専用駐車場「バンライフ・ステーション」が誕生。車中泊施設の仲介サイトを運営する「Carstay(カーステイ)」(東京)と、田舎体験事業などを手掛ける同町の中川生馬さん(40)が開設した.。手電機メーカーなどに勤めていた中川さんは、会社中心の生活に疑問を抱き、ブログを執筆しながらバンで全国各地を訪れた経験を持ち、2013年に穴水町に移住した。中川さんは「最近は精神的な豊かさを求める若者が増えている。地方を回りながら、地域の人と触れ合うことに魅力を感じている人たちも多い」と話す。駐車場は3区画で、シェアオフィスなどとして利用できる「田舎バックパッカーハウス」を併設。車の中で寝泊まりをしながら、施設の電気やキッチンなどを使用できる。利用希望者はネットで面接などを受け、カーステイのサイトで予約や決済を行う。料金は一部光熱費込みで、7日間が7000円、8日以上~15日未満が1万2000円、15日以上~30日未満が2万2000円(いずれも税込み)。来年1月には既に2組の利用が決まっているという。中川さんは「地方への移住は敷居が高いが、バンライフなら気軽に田舎の暮らしを体験できる。交流人口の拡大にもつながる取り組みで、いずれは全国展開をしたい」と話している。バンライフ・ステーションの詳細などは、田舎バックパッカーのブログ。写真=「バンライフ・ステーション」を開設した中川さん。車内で仕事をすることも多いという。写真=駐車場には民家を活用したシェアオフィスを併設している

詳細はぜひ、読売新聞 石川面の記事を見ていただきたい。

おかげさまで、ちょこちょこと問い合わせをいただいている。本当に深く感謝感謝だなぁ。

Carstay Yomiuri Newspaper 読売新聞 カーステイ

引き続き、ユニークなことに取り組み、田舎への旅やそこでの暮らし、バンライフ、石川県、能登エリアを盛り上げていけたらいいなぁと思っている。

さてさて、次へと進もう。

シェアハウス, バンライフ, 住める駐車場, 能登, 石川県穴水町, 車中泊 【お知らせ】『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!

vanlife in Japan 職も住も バンで快適 長期滞在駐車場 穴水に 気軽に田舎暮らし 人気 バンライフ

vanlife in Japan 職も住も バンで快適 長期滞在駐車場 穴水に 気軽に田舎暮らし 人気 バンライフ

読売新聞 バンライフ 職も住も バンで快適 長期滞在駐車場 穴水に

VANLIFER Station in Japan 田舎バックパッカーハウス Carstay バンライフ ステーション

 

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. えりキャン, えりたく夫婦 【YouTube】“えりキャン△” 「田舎バックパッカーハウス」…
  2. suumoジャーナル 【田舎で仕事 – 執筆】 不動産情報メディア「SUU…
  3. NHK 所さん 大変ですよ 爲 能登 石川県 【メディア掲載】今日(11月28日)のNHK総合『所さん!大変で…
  4. 【メディア掲載】みらいワークス社の「みらいの働き方インタビュー」…
  5. 田舎バックパッカー、日本経済新聞に登場
  6. 読売テレビ バンライフ 車中泊 カーステイ Carstay 【メディア掲載】大阪の読売テレビ「かんさい情報ネットten.」に…
  7. 中日新聞 田舎体験 穴水の豊かな里海親しむ 県外在住の5人、釣りなど体験 米国や東京で暮らす会社員ら五人が今月下旬、穴水町を拠点に能登かきの水揚げや釣りを満喫し、能登の豊かな里海と親しんだ。 【メディア掲載】中日新聞『穴水の豊かな里海親しむ 県外在住の5人…
  8. 田舎体験 countryside experience 【メディア掲載】能登・穴水町岩車『田舎体験』で盛り上がる『洋上パ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

asahi national daily newspaper vanlife 朝日新聞 バンライフ 【メディア掲載】朝日新聞に登場!「車で寝泊まり、バンライフ 極端な生き方?豊かな生活?」 VANLIFE JAPAN INAKA Backpacker 【メディア掲載】今日オープンのバンライフ専門メディア「VANLIFE JAPAN」に登場! Connor Jessup in Noto Anamizu Japan コナージェサップ 石川県 能登 穴水町 珠洲 日本 【田舎バックパッカーハウス】コナー・ジェサップがインスタで発信『結生の能登暮らし』 - 3 ヤフーニュース バンライフ 【メディア掲載】オンラインメディアに「田舎バックパッカーハウス」「バンライフ・ステーション」 philippines boracay island フィリピンへのバックパッカーブロガーツアーへ行って早2年かぁ…

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎バックパッカーハウス
  1. 田舎バックパッカーハウス
  2. やっさ祭り, 広島県三原市, yassa camp
  3. ノスケ バンライフ, 沖縄 ちより,田舎バックパッカーハウス,石川県 穴水町, 田舎暮らし,移住,地方移住,穴水町 車中泊,車中泊 石川県,japan,noto,ishikawa,inaka backpacker house,rv in ishikawa,rv station
  4. 田舎バックパッカーハウス,石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記,秋葉博之,秋葉洋子,ぶー散歩,穴水町 車中泊, child in the countryside japan,noto,ishikawa,inaka backpacker house,rv in ishikawa, sakura,
  5. 田舎で仕事, 石川県 移住,穴水町 移住,中川生馬

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
【田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
田舎バックパッカーハウスの初代ユーザー、Netflixオリジナル映画「Locke & Key」に登場!
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
輪島に移住して20年以上 イギリス人漆芸作家Suzanne Ross(スザーン・ロス)さんとの出会いに関する旅記録1話目
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 2話目
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。