Work in Inaka / Countryside - 田舎/地方で仕事

田舎旅:リアルな田舎「鎌倉」へ 石川県から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
父 娘 旅 father daughter travel

この日からほんの数日間、娘・結生(ゆい)とぼくのリアルな田舎、いわゆる実家「鎌倉」への田舎バックパッカー旅へと出発。

今回も仕事でのバックパッカー旅だが、娘には田舎だけでなく、ときには、大都会含めあらゆる世界の雰囲気も体感して欲しい。

子供 バックパッカー kids backpacker

今回は、久しぶりに、列車での旅だ。

●奥能登へは夜行バスに次ぎ、飛行機が最安?!

飛行機は大人1人だと、能登空港から羽田空港の往復が列車とほぼ同額3万円前後で済み、わずか1時間で羽田空港に到着できるのだが、子どもも乗ることになると、プラス大人の半額分がかかってしまう。

所要時間を考えると、飛行機のほうが圧倒的に有利な旅の選択肢となる。

ちなみに、能登空港から羽田空港へ飛んだ場合、能登地方で自身が住民票を置く地元役場に、必要書類と往復搭乗券を持っていけば、能登空港利用促進の補助金3000円がもらえるので、飛行機のほうが断然安く済む。片道の場合はその半額。

だが、今回は4歳の娘も一緒。列車のほうが費用が安く済み、あと「長旅」体験もできるので、今回は列車での“私事(しごと)”旅にした。

七尾線 車内 混み具合 金沢駅

●穴水駅から出発。駐車場は無料

穴水駅に“動く拠点”ハイエースを駐車し、のと鉄道で終点・七尾駅へ。

ちなみに、穴水駅は「道の駅」にもなっていて、駐車場は無料だ。

子供 4歳 旅人 バックパッカー kids backpacker traveler

七尾駅でJRに乗り換え、金沢駅から北陸新幹線で東京駅へ。

金沢駅まではほぼガラガラ状態で空いていた。地方の列車は満員電車になることはほとんどないなぁ。

そして、東京駅到着早々、山手線へと乗り換え、有楽町駅へ。銀座へ向かった。

子ども 旅人 kids traveler backpacker

子ども 旅人。kids traveler Ginza

子ども バックパッカー 新幹線 旅しながら仕事 work and travel in Japan

子ども 4歳 電車旅

スマホ「Huawei Mate9」の調子が悪いので、銀座ファイブ2階にあるショップへ直接持ち込みだ。

銀座 ファーフェイ サポートセンター

だが…混んでいたし、修復に2時間は必要とのことだったので、結局、帰り際に寄ることにして、お店を後にした。

ショップでは、8.4インチ・タブレット「HUAWEI MediaPad M3」を触ってみたが、持ちやすくて、動作もサクサク。

画面も大きいので、見やすい。

「いいなぁ」とは思ったが、現在、活用している5.9インチの「Mate9」とは違い、ポケットサイズではないし、両手での文字入力で、指が届かない。これ1台でもろもろ済まそうとすると、周辺機器が必要となってくるだろう。

6〜7インチ弱ぐらいがちょうど良いだろうなぁ。

子ども 旅人。kids traveler Ginza



人が多い中、結生は楽しそう。

道の段差をピョンとジャンプしたりと、旅を楽しむ。

「ねぇ、とうちゃん、ビスケット食べてもいい?」や、ケーキを見ると、「とうちゃん、ケーキ食べたるの?」と、気になるものがあると、「ねぇ父ちゃんちょっとおいで」と呼び出される。

東京の牡蠣レストラン前では、「牡蠣ってこれぐらいの価格かぁ」「こんなメニューかぁ」と店前でメニューを見たいがために立ち止まると、「父ちゃん、ここ入るのぉ?」と、ドア前に立つ。

普段、ないものばかり。あらゆるものに関心がある。

どこへ行っても楽しそうに遊んでいる結生だ。

銀座 同和ビル 共同PR

驚くことに1人でも全然大丈夫で強い。

実家に到着し、ぼく2人っきりになり、冗談で「ちょっと外行ってくるね。お出かけしてくるね」と言うと、「行ってらっしゃい」「うん!待ってるね!」と笑顔で平然。

「ちゃんとシャワー、トイレ行って、歯ブラシしてからね」とすんなり行かせてくれる。

ドアから外へ出て、2分ほどで戻ってくると、「父ちゃん、お外行ってきたの!?」と笑顔。

そんな感じで、「旅慣れ」している感じがうかがえるなぁ、と勝手に解釈。

それにしても、東京や鎌倉はまだ暖かいなぁ。

能登では、既に羽毛布団が必要。クルマのタイヤはそろそろ冬用のスタッドレスタイヤに交換する時期。

ぼくらから言えば、東京や鎌倉は「暑い」って言えるほどだなぁ。

さて…東京と鎌倉滞在の短期間、楽しみながら“私事(しごと)”するかぁ。

銀座 同和ビル コリドー街

ソニービル 銀座 現在

父 娘 旅 father daughter travel

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 能登への田舎移住の次は…海外へ?!1万キロのバックパ…
  2. Carstay 看板 【田舎で仕事】能登から新宿拠点のCarstayへ
  3. ダイヤモンドハーバードビジネスレビュー 取材 バックパッカーが取材サポートした内容が経営学誌『ハーバード・ビジ…
  4. アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティでビジネス界著名教授ゲイリー・…
  5. 日経 シンギュラリティ大学 Singularity University Nikkei Rob Nail 田舎で仕事『広報』:日経本紙にシンギュラリティ大学CEOロブ・ネ…
  6. 【メディア掲載】バックパッカーが読みたくなる今月のビジネス誌「未…
  7. 中日新聞 車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信 【メディア掲載】中日新聞1面トップ『車中泊で白山麓の旅を 企業、…
  8. キャンピングカー 家 秋葉博之 秋葉洋子 【田舎で仕事 – 執筆】『SUUMOジャーナル』50…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

朝日放送 田舎セレブ 【メディア掲載】朝日放送 特番『田舎セレブ』にブログが“うっすら”登場 Anamizu camper van travel spot 穴水町 車中泊 娘と「中居湾ふれあいパーク」で車中泊 ~ ちょい田舎旅へ ~ 【田舎で仕事 ‐ 広報】徳島県上勝町の“葉っぱ”ビジネス『いろどり』の広報サポート Lamp no Yado Blue Cave in Ishikawa Noto Japan 石川県 珠洲市 能登 ランプの宿 青の洞窟 『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ countryside lifestyle experience 中日新聞 田舎体験 中川生馬 【メディア掲載】社会面に田舎バックパッカーに関する記事掲載

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
東京の駅だったら批判殺到?!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
day 76.6 福岡県 小呂島 EXILEのミュージックスクール特待生 島田乾生くん家族とバックパッカー夫婦の夕べ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。