2010-10 Backpacking Nagano & Noto - 長野と能登へのバックパッカー旅

day 12 奥能登一周旅 職務質問されるバックパッカー ~ 真浦海岸から大谷へ ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年10月19日(火) – ぼくら田舎バックパッカー夫婦は8:00までに、テントをたたみ、出発の準備をした。

もちろん、今日も、ぼくらが起きる前に、背がひょろっと高く、天然くるくるパーマの人がデッキにいた。

今日、彼はサングラスをかけていて、ぼくらがテントをセットした六銘館のデッキにあるベンチで散歩中のおじさんと話していた。

昼前に輪島から真浦まで行くことに。

昨晩、「能登半島を歩く」ことを決めたぼくらは、2日前、舳倉島への定期船が欠航したときに、危険な崖道を経て、向かった真浦まで戻り、そこから能登半島を歩く続きを始めることにした。

もちろん、具体的な距離や地域について調べることはしてない。

なにが見つかるかわからないが、単純な冒険心と好奇心から、とりあえず歩いてみる。

ぼくらは朝から何も食べてないので、近くの売店で栗おこわを買って、9:00ごろ発のバスの中で食べる。少し味が足らないので、醤油と塩をかけてみる。

石川県輪島市 - 道の駅輪島ふらっと訪夢(のと鉄道 旧輪島駅)。よってくる可愛い犬。

石川県輪島市 – 道の駅輪島ふらっと訪夢(のと鉄道 旧輪島駅)。よってくる可愛い犬。

朝から「ゴーゴーカレー」を食べたかったが、お店がやってなかったのだ。

バスの中では、おしゃべり好きな奈良県出身のおばさん二人と出会う。

二人が向かっている「ランプの宿」や今後行ってみたい旅先など、適当な内容で話しが弾む。

真浦でバスを降りて、ぼくらは、海岸沿いを歩き始める。

途中、道を掃除していた優しそうなおばあさんに、「こんにちは」と話しかけると…

奥能登一周中。この木は一体どこから流れ着いたのだろうか...どうも気になった。

奥能登一周中。この木は一体どこから流れ着いたのだろうか…どうも気になった。

「私の家は、息子が建て直してくれたのよ」と、何度もすごく嬉しそうに話す。

話していた場所は、山から川の水が、海へと流れてくる境目。そこには一本の大きな流木が、テトラポットの堤防にのっている。

海のどこからか流れ着いたのか、この小さな幅の川から流れ着いたのか…どうも気になった。

奥能登一周中のぼくらバックパッカー夫婦。歩いている最中に出会ったお話し好きなおばあちゃん。

奥能登一周中のぼくらバックパッカー夫婦。歩いている最中に出会ったお話し好きなおばあちゃん。

おばあちゃんに「おばあちゃん、この流木って、いつからここにあるんですか?どこから流れ着いたのか知ってますか?」と何度も聞くと、「この私の家はねー、私の息子が建ててくれたの…」と、にこにこして嬉しそうだが、話が全く違う方向にいってしまった。

この流木について質問をしていたが、中々、その質問の回答を得るできず… 人と話すことが好きそうなおばあちゃん。おばあちゃんの自慢の息子さんだから、それを皆に話すことが嬉しいのだろう。

そもそも、ぼくは、なぜこの流木に興味があったのかわからない。が、一体、どこから流れ着いたのか。

得られた情報は… この流木は、5~6年前、ここに流れ着いたということだけだった。

石川県能登半島 - 奥能登一周中。旅歩いていると親切なお母さんがイモや茄子をくれた!嬉しい!

石川県能登半島 – 奥能登一周中。旅歩いていると親切なお母さんがイモや茄子をくれた!嬉しい!

奥能登一周中 - 揚浜塩で有名な道の駅「すず塩田村」を通りすぎるぼくら田舎バックパッカー夫婦。

奥能登一周中 – 揚浜塩で有名な道の駅「すず塩田村」を通りすぎるぼくら田舎バックパッカー夫婦。

揚浜塩で有名な道の駅「すず塩田村」をとおりすぎると、農家のおばさんやおじさんと出会った。一人のおばさんは「おいで、おいで、野菜をあげるから」と、ぼくらに大きな茄子と薩摩芋をくれた。

ぼくらは、合計約40キロの荷物を担いでいた。

「あー、嬉しいけど、荷物が重くなるなぁ」とも思ったが、こんな好意はものすごく嬉しい。

能登半島の外浦。綺麗な海。オブジェのように岩が転がっている。

能登半島の外浦。綺麗な海。オブジェのように岩が転がっている。

能登半島の外浦。「日本海=荒れている」ようなイメージがあったが、そんなことはないようだ。

能登半島の外浦。「日本海=荒れている」ようなイメージがあったが、そんなことはないようだ。

時刻は17:00。日本海は海が澄んでいて綺麗。なんども言うが、波は、優しく綺麗にブレークして白波となる。リーフの状態がわからないが、サーフィンにも適してそうなところばかりだった。また、透明度もすごく高そう。ダイビングのスポットにもなりそうだ。

石川県珠洲市 - 綺麗な花でデコレーションしている道。気分が明るくなるね。

石川県珠洲市 – 綺麗な花でデコレーションしている道。気分が明るくなるね。

その先で、ある程度大きな町「大谷」に着いた。しばらく行くと、大谷駐在所に着いた。ここに出向している巡査部長の出口さんに、念のため道が合っているかを確認。

ぼくらの行き先を話し、交番を出ようとすると、「もうそろそろ辺りが暗くなるよ。テントをそこらで張って、誰から連絡があったときに、対応しやすいから、一応連絡先を教えといて下さい」と逆にぼくらの個人情報について尋ねられる。

「これ職務質問なのか… 生年月日も必要なのか… 警察だからと言ってなんか気持ち悪い」と思いつつも、ぼくらの連絡先を伝える。

駐在所にテントを張っても良いと言われたが、まだ若干外が明るかったので、次の町へと向かうことにした。

大谷川に着くと、商店があったので、そこで食材を購入。大谷川では、おじさんと娘さんらしき人たちがランニングをしている。

商店で食材を買ったが、結花が自炊に飽き、少し休みたそうだったので、17:30で閉店しそうだった大谷の食堂でご飯を食べながら休む。そして、電灯がない暗闇の道を歩き始めた。

能登・珠洲市(石川県) - 奥能登一周中。周りに民家もあったが「泊」のバス停の横でテントを張って寝た。

能登・珠洲市(石川県) – 奥能登一周中。周りに民家もあったが「泊」のバス停の横でテントを張って寝た。

次の町で、ぼくらの噂は広がっていた。なぜだ…(続きはこちら

<前のストーリー 『day 11 舳倉島でどんな発見が ~ カタツムリが進化している?! ~』>

<次のストーリー 『day 13 奥能登一周旅 “アベック”で有名になるぼくらバックパッカー夫婦』>

石川県輪島市 六銘館のデッキで。お世話になった輪島を後にする...

表紙の写真: 石川県輪島市 六銘館のデッキで。お世話になった輪島を後にした

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 能登・穴水町 - のと鉄道のNHK朝ドラ「まれ」ラッピング列車 一話目: 能登がロケ地 NHK朝ドラ「まれ」開始同日に̷…
  2. 珠洲 つばき茶屋 day 13.1 奥能登一周旅 珠洲の『つばき茶屋』へ
  3. 能登 巌門 旅人 バックパッカー “キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』5話目: 能登の“崖っ…
  4. バックパッカーブロガー backpacker blogger in Japan day 1 新たな道への一歩 バックパック担いでどこへ̷…
  5. day 11.1 輪島に戻り「とりあえず能登半島先端を歩くか…」…
  6. day 7.1 田舎へのバックパッカー旅、石川県穴水町 NOTO…
  7. day 14.3 奥能登一周中 穴水町の『田舎暮らし体験』とは?…
  8. 倒さスギ 珠洲 能登 石川県 cedar tree suzu ishikawa noto peninsula 田舎体験 2日目 奥能登一周 “ウエスト”7メートルの“腕力”あ…

VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

【メディア掲載】日経本紙「日経プラスワン」に登場 「くらし探検隊 災害時の避難にも車中泊試した―安全な場所確保 準備十分に」 day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』 田舎体験 石川県 穴水町 能登半島 田舎暮らし体験 【田舎体験】 あの『ヤスヨとヤスコ』が能登で田舎体験! 仕事しながら“ちょい”田舎旅: 岩車の“海”に椅子をセットして connor jessup コナー・ジェサップ 【田舎で仕事】カナダ出身の映画俳優兼監督コナー・ジェサップ 『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
能登空港 レンタカー 軽ワゴン
  1. 大井川電機 はなびらたけ ホホホタケ 牡蠣 かき
  2. 牡蠣 はなびらたけ アヒージョ
  3. 牡蠣, かき, はなびらたけ, アヒージョ
  4. 能登 イカの駅 つくモール
  5. 中川生馬 娘

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

5月が旬!漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年販売開始!>
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
自動車用電球メーカーが“幻のきのこ”はなびらたけをつくってるって?!なぜ?
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎で仕事 - 広報】自動車電球製造の大井川電機の幻のきのこ「はなびらたけ」がテレビで特集
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。