Media / PR - メディア掲載

リクルートグループ住宅情報系大手メディア「Suumoジャーナル」に田舎バックパッカーの能登での田舎暮らし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

能登・穴水町岩車 – さてさて、ぼくらの能登での田舎生活が、リクルート社の住宅情報系のニュースメディア「Suumoジャーナル」に“大”公開された。

自身が言うのもなんだが、ぜひ、見てほしい!

以下タイトルや画像をクリックすれば記事にアクセスできる。

タイトルは、田舎をバックパッカー旅してたどり着いた、家賃5000円の能登暮らし

能登・穴水町岩車(石川県) – 各部屋、畳をひっくり返して、裏から表まで全てを清掃した。囲炉裏もある家なのだ

能登・穴水町岩車(石川県) – 各部屋、畳をひっくり返して、裏から表まで全てを清掃した。囲炉裏もある家なのだ

● 以下は掲載記事の主なサブタイトル

・築50~60年の空き家を自分たちの手で補修して、居心地のいい住まいに

・畑でつくった野菜や地元の魚・山菜など、地域と自然とに寄り添った暮らしを子どもにも伝えたい

・移住のキッカケは会社員時代 常に思った「自分の人生はこれでいいのか?」

・東京で得たスキルとネットはフル活用して仕事をする

能登・穴水町岩車(石川県) – 屋根の修復が終わると、天井の解体作業を始め、新しい天井に張り替えた

能登・穴水町岩車(石川県) – 屋根の修復が終わると、天井の解体作業を始め、新しい天井に張り替えた

記事には載っていないが、屋根の修復、床の雑巾がけ、全部屋の畳掃除などなど、移住後、嬉しいことに、広報や地域活性に関する仕事依頼が、3~4件入ったこともあり、合計約2月弱かけて、家の修復と清掃作業を行った。いやぁ…中々大変だったね。

バックパッカー旅で初めて穴水町を訪れた。ぼくらにとって穴水は“通りがかった町”でしかなかったのだが…その後、当時、穴水町 役場勤務だった新田信明さんが企画した「体験住居」に約2週間滞在、「体験住居」者としてはぼくらが初めての穴水への移住者だ。

能登・穴水町岩車(石川県) – 屋根と天井の修復作業…近所の新田信明さんの大サポートにもよる大作業となった。屋根をまず修復しなければ、雨漏れが続き、家はズタズタの状態になる

能登・穴水町岩車(石川県) – 屋根と天井の修復作業…近所の新田信明さんの大サポートにもよる大作業となった。屋根をまず修復しなければ、雨漏れが続き、家はズタズタの状態になる

そして、田舎での仕事について言えば…「田舎の仕事=昔ながらの農業や漁業などの第一産業」というイメージがあるかと思う。

しかし、現実、現代の技術/テクノロジーを活かした仕事でないと、田舎で生活すること…いや…どこで暮らすのも難しいっとぼくは思っている。

ぼくがここで言っている「現代の技術/テクノロジー」というのは…特に“ものすごい先進的な技術”を意味しているわけではない。

漁業や農業ではやっていけない…と言っているわけでも全くない。今の時代にある、普段、身の回りで見かける“ほんのちょっとした現代の工夫”を少しだけでも駆使すれば…田舎でもやっていける時代なのだ。(かな~り丸めて…言ってしまっているが…笑)

この詳細や“仕事”については…また別途語りたいと思う。

Suumoジャーナルの記事はこちら

能登・穴水町岩車(石川県) – 廊下だけではないが…“全ての部屋”がこのような状態!雑巾がけだけでなく…全部屋畳なので、全ての畳をひっくり返しての作業は…なかなか“大変”なのだ

能登・穴水町岩車(石川県) – 廊下だけではないが…“全ての部屋”がこのような状態!雑巾がけだけでなく…全部屋畳なので、全ての畳をひっくり返しての作業は…なかなか“大変”なのだ

能登・穴水町岩車(石川県) – 最近、里山の“薪”資源を活用した薪生活も開始!コロッケまで作っているよ。今は屋根がないから…晴れているときだけだけどね

能登・穴水町岩車(石川県) – 最近、里山の“薪”資源を活用した薪生活も開始!コロッケまで作っているよ。今は屋根がないから…晴れているときだけだけどね

 



IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 能登・穴水町中居(石川県) - 中居湾ふれあいパークに出没したイルカ 田舎専門誌「田舎暮らしの本」取材中に出現した大きな“背びれ”
  2. 北國新聞に登場 「移住男性『穴水おいで』首都圏の友人ら50人招待…
  3. 【メディア掲載】 北國新聞に登場 「移住男性『穴水おいで』首都圏…
  4. ハイエースファン 中川生馬 掲載 hiace traveler workandtravel hiace office 【メディア掲載】ハイエース専門誌「ハイエースファン」に“動く拠点…
  5. 車中泊 漫画 穴水町 川尻 【メディア掲載】車中泊旅漫画「渡り鳥とカタツムリ」に登場!能登・…
  6. 【メディア掲載】“超変化球”で静岡や室蘭などの地方紙に奥能登の「…
  7. 【メディア掲載】クルマ旅雑誌にハイエースを拠点にしたバックパッカ…
  8. 田舎/地方「移住希望者必見!」記事にぼくらバックパッカーがまたも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 家と書斎機能ある“動く拠点”、8年使用した冬欠かせない装備『FFヒーター』の清掃・修理・部品交換!症状は? 石川県 能登 輪島市 まるごと里山ホテル 茅葺庵 三井の里 山本亮 晶子 【田舎旅】輪島市三井町に『茅葺庵 三井の里』リニューアルオープン 『里山まるごとホテル』構想展開開始 vanlife station rv house 全国賃貸新聞 カーステイ 田舎バックパッカー 中川生馬 【メディア掲載】 全国賃貸住宅新聞に“住める駐車場” ~ キーワードは『移動型定住』 ~ Lunch spot Georgian restaurant in Anamizu Ryu Cru リゥ・クリゥ ジョージア 穴水町 【田舎体験 最終日】ジョージア“風”料理「リゥ・クリゥ」へ ワインかノンアル・サングリア付で950円! はなびらだけ 大井川電機 【田舎で仕事 – 広報】自動車電球製造の大井川電機の幻のきのこ「はなびらたけ」がテレビで特集

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 能登 田舎暮らし, 木 植える
  2. boar anamizu, 石川県穴水町 イノシシ
  3. 樹ガーデン,鎌倉カフェ

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 2話目
能登・石川県穴水町ならでは!を活かした地方移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
バックパッカーが旅する北海道 知床半島 かわいいキタキツネとの出会い
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
『そばきり 仁』 築約400年 能登の“ちょい”世界遺産的な屋敷『中谷家』で再オープン
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
day 76.2 福岡県 山道を歩き小呂島に眠る“要塞”と島の“楽しい”教育について ~地域密着型の教育と生活スタイル~
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。