Media / PR - メディア掲載

【メディア掲載】日経本紙と日経電子版『奥能登に「車中生活」拠点、旅しながらリモートワーク 「ライフスタイル幅広げる」』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日 共同通信社が取材し、配信した記事が、静岡新聞、京都新聞などに続き、2020年6月15日付の日本経済新聞本紙 夕刊にも掲載された。

社会面の『奥能登に「車中生活」拠点、旅しながらリモートワーク、「ライフスタイル幅広げる」』と題された記事。

日経 夕刊 奥能登に「車中生活」拠点 新しいライフスタイル体験 車で寝泊まりし、旅をしながら仕事をする「バンライフ」の拠点が奥能登・石川県穴水町にある。中川生馬さん(41)が開いた「田舎バックパッカーハウス」は、共同オフィスや生活設備を備え、中長期の滞在が可能。田舎暮らしの体験もできる。中川さんは「『移動型定住』は新しいライフスタイルになり得る。奥能登の魅力と一緒に広めていきたい」と意気込む。民家を改装した田舎バックパッカーハウスでは、寝床を備えたキャンピングカーやワゴン車を駐車場に止め、そこで寝起きしながら台所やトイレ、電源やインターネットを利用できる。低料金で長期間、奥能登を堪能できるのが売りで、畑を借りることも可能だ。これまで車中泊する人は、道の駅やオートキャンプ場で過ごすケースが多かった。中川さんによると、長期滞在型のバンライフ向け施設は日本ではまだ珍しく、需要が高まっているという。中川さんは東京で生まれ、神奈川県鎌倉市で育った。「中学を出たら、一人一人の意見を尊重する米国に行くべきだ」との父親の方針で、高校、大学時代を米国で過ごした。その経験から「人と違う道を行くのもよいかもしれない」と思い始めた。東京に戻り、複数の企業で約10年間、広報マンとして働いたものの「都会以外の暮らしを見てみたい」と2010年に「田舎バックパッカー」として全国を巡る旅に出た。北海道洞爺湖、徳島県神山町、長崎県五島列島……。旅先で出合ったのがバンライフだ。中川さんもワゴン車を「動く拠点」として導入。定住にこだわらないライフスタイルが可能になると気付いた。穴水町も旅先の一つだった。海が穏やかで、山が近く、食が豊かな点に魅了された。「世間にあまり知られていない奥能登の魅力を発信したい」。中川さんは13年に移住を決めた。田舎バックパッカーハウスは、バンライフと奥能登の暮らし、両方を体験できる場を目指す。中川さんは「豊かな実体験を通じて、人々のライフスタイルの幅を広げていけたらよい」と話した。〔共同〕【日経電子版の記事はこちら。日経電子版記事タイトル: 奥能登に「車中生活」拠点 新しいライフスタイル体験】

ぼくはとにかくライフスタイルには幅広い選択肢があることを世の中に提案していきたいと思っている。記事内にある「移動型定住」スタイルがすべてではないし、都会や田舎暮らしもすべてではない。

だが、「移動型定住」「バンライフ」のライフスタイルの選択肢というのは、“夢”があり、“愉しそう”な暮らし方だと思っているし、かつ極端なので「え?!こんな風に生活ってできるの?!」と、人を考えさせてくれる。

「普通の暮らし」とはなんなのか?

ネットで人がつながり、情報が拡散され、豊かな時代、人生、ライフスタイルに疑問を持っている人たちが、なにか考えるきかっけとなってくれればいいなぁと思っている。

一歩踏み出して、外に出てみると、自身が今後送りたいライフスタイルがだんだんわかってくる。

「移動型定住」「バンライフ」が世に大々的に取り上げられたことは大きな一歩。新型コロナウイルス感染で外出自粛など今後の新たなライフスタイル/新生活様式について考える人が多くなってきていると思う。

短期では難しい… 長期の旅に出て、新たなライフスタイル/新生活様式ってやつを探し出してほしいね。

「田舎バックパッカーハウス」や「バンライフ・ステーション」に関しては以下ご参照。

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、住める駐車場/車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!

今日はどこで興味ある方々、お問い合わせをお待ちしています!



 

Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

関連記事

  1. outdoor backpacker magazine Bepal バックパッカー 特集 日本最大のアウトドア雑誌『BE-PAL』のバックパッカー特集に『…
  2. 【メディア掲載】各地の地方紙「時のひと」「この人」などの人コラム…
  3. 車中泊の達人 カーネル 車旅 【メディア掲載】「クルマ」の固定概念をぶち壊す車中泊雑誌にバック…
  4. ドキュメント ユーチューブ 能登 石川県 穴水町 中川生馬 取材 【メディア掲載】ユーチューブ「DOCUMENT」の「暮らし方ファ…
  5. 【メディア掲載】今日(11月28日)のNHK総合『所さん!大変で…
  6. 穴水町 岩車 キリコ祭り メディア掲載:北國新聞と中日新聞にキリコ祭りの田舎体験の記事
  7. 米国人一家 水揚げ体験 穴水 能登かきに舌鼓 能登地方を家族旅行で訪れた米国人三人が三日、穴水町岩車で、旬を迎えている特産「能登かき」の水揚げ作業を体験し、日本の漁業や食文化について理解を深めた。参加したのは金沢市内の高校で外国語指導助手(ALT)を務めるパトリック・ケイレブ・フレンドさん(26)と、米国・テキサス州から初めて来日した父親のパトリック・フレンドさん(51)、母親のエイミー・フレンドさん(51)。能登半島で体験型の旅を企画している中川生馬さん(40)=岩車=が協力した。三人は二日、同町に到着し、殻が付いた能登かきのバーベキューや、地元産のワインや日本酒を味わった。翌三日、漁師の河端譲さん(45)=同=が養殖しているかき棚でいかだにつるされたかきを引き上げた。漁師の仕事に強い関心を寄せ、複数に固まったかきを一つずつばらす作業も熱心に行った。パトリック・ケイレブさんは「日本の昔ながらの文化を楽しく体験できた」と喜び、父親のパトリックさんは「漁師の仕事の大切さや大変さを知ることができた。素晴らしい時間だった」と顔をほころばせた。エイミーさんは「かきの殻に残った汁に日本酒を入れて飲んだのがおいしかった」と通な飲み方を気に入った様子だった。三人は四日、帰路についた。(田井勇輝) 【メディア掲載】アメリカ・テキサス州出身の一家 能登・穴水町で田…
  8. 【メディア掲載】日経本紙「日経プラスワン」に登場 「くらし探検隊…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

day 10.4 <写真で見る>石川県舳倉島の渡り鳥 / Photos of migratory bird on Hegurajima Island ガイアの夜明け カーステイ メロウ キャンピングカー 医療機関 支援 【田舎・地方で仕事 – 広報】来週6月16日放送の『ガイアの夜明け』に登場 ~ 医療現場でキャンピングカーが活躍 ~ ロス イギリス 輪島 day 70.8 “神”の領域にある”Pure Beauty”(純粋な美しさ)をつくりたいSuzanne Ross(スザーン・ロス)さん day 7.2 石川県穴水町 次世代の板前寿司屋『幸寿し』 brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 2話目

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
能登 星空の町
  1. 新潟 大雪 2021年1月 大寒 車旅
  2. バンライフ・ステーション 能登 穴水町
  3. 田舎暮らし 子育て 日記 娘 穴水 石川県
  4. 能登 石川県 穴水町 大雪
  5. 石川県 能登 穴水 能登 大雪

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「車旅」「バンライフ」で走って動きまわるのもいいけどさ...
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売! ~ 2021年出荷・販売開始! ~
【ざっくり特集 - VANLIFE 2】豊かな車上生活『バンライフ』は実現可能
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
『田舎バックパッカーハウス』のシェアハウス&オフィスと、長期間 住める駐車場<車中泊スポット>『バンライフ・ステーション』について<まとめ情報>
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【メディア掲載】バンシェア!車中泊ユーチューバー“ともさん”チャンネルに田舎バックパッカーハウスと“動く拠点”
Carstayと田舎バックパッカー、国内初 中長期滞在“住める”民家の駐車場「バンライフ・ステーション」を能登にオープン
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。