Media / PR - メディア掲載

【メディア掲載】社会面に田舎バックパッカーに関する記事掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
countryside lifestyle experience 中日新聞 田舎体験 中川生馬

北陸中日新聞が、田舎バックパッカープロデュースの「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験(以下、田舎体験)」に関する記事を大きく掲載してくれた。

通常、穴水、輪島などの奥能登で起きていることは「能登」面だが、本記事を書いてくれた田井記者の上司であるデスクの方が、よりインパクトあるテレビ欄の裏にある社会面での掲載を薦めてくれたそうだ。

countryside lifestyle experience 中日新聞 田舎体験 中川生馬

1面の小さなコラムでは、社会面にある「田舎体験」の記事をちょっこり紹介している。

大変ありがたいお話し。感謝・感謝である。



田舎への旅や、そこでの暮らしに関する情報発信は、極端に言えば、その名のとおり“ただの情報”に過ぎない。発信だけでは“体感”することができない…ということ。

発信だけでなく、現地での物理的な“体験”が必要と思い、その当時、開始したこの「田舎体験」だった。

行うことはシンプル。能登の季節の出来事、素晴らしい“ありもの”を活用した内容がほとんど。

移住前の2012年から、田舎バックパッカーの一小規模事業としてスタートした「田舎体験」。参加者は主に都会に住む元同僚、元大学時代の友達や、そこからの“つながり”/紹介から。

countryside lifestyle experience 中日新聞 田舎体験 中川生馬

費用に関しては、「田舎体験」の企画・プランニングなど全体のコーディネート/プロデュースと実費で請求させてもらっている。

自身が行いたい事業の目的というのは、“宿泊施設ではない”、こういった体験をとおした田舎暮らしの“ぷち”体験。

前回の「田舎体験」ストーリーでも書いたが、能登で暮らすと、どんな楽しみがあり、どんな暮らし方ができそうか、そんな“ヒント”を、実際こっちで暮らす自分とこの「田舎体験」で体感してもらいたいと思っている。

そのような背景から、宿泊は各個人に任せている。田舎バックパッカー宅に泊まることも可能。宿泊部分に関してはあくまでも“ボランティア”ということだ。

次の田舎体験も近々!

Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!ぜひぜひ、ご注文くださいね!^^
シェアハウス, バンライフ, 住める駐車場, 能登, 石川県穴水町, 車中泊 【お知らせ】『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 上勝町 紅葉 究極な田舎フリーランスを目指して ~ 今日の北國新聞にバックパッ…
  2. 北陸中日新聞に『田舎のほうが都市部よりも選択肢が多い、事例が重要…
  3. 徳島のラジオ局「エフエムびざん(FM79.1)」にぼくらバックパ…
  4. 田舎旅するバックパッカー、フィリピン最大手航空会社の機内誌「Sm…
  5. 能登・穴水町岩車(石川県) - バックパッカー中川生馬の娘 【メディア掲載】ラジオ 文化放送<AM1134>に登場!田舎でホ…
  6. シンギュラリティ大学 ピーター・ディアマンディス Singularity University Peter Diamandis 【田舎で仕事】シリコンバレーとロンドンへのバックパッカー“私事”…
  7. 石川県 県知事選 谷本 小倉 tanimoto kokura governor election in Ishikawa 【メディア掲載】311 石川県知事選 志賀原発と約25年の知事職…
  8. 車中泊 漫画 穴水町 川尻 【メディア掲載】車中泊旅漫画「渡り鳥とカタツムリ」に登場!能登・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

中川結生 田舎バックパッカー 【娘の田舎暮らしと田舎旅日記】またね!あきばさん、おくさん、ぶうすけ 立山連峰 穴水町 寄り道パーキング鹿波 【最高の仕事場】能登・穴水町「寄り道パーキング鹿波」と立山連峰の絶景 カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar キャンピングカーのカーシェア本格稼働 車中泊仕様の車を激安利用?!車中泊仕様の車で副収入も?! ドキュメント ユーチューブ 能登 石川県 穴水町 中川生馬 取材 【YouTube】「DOCUMENT」の「暮らし方ファイル」に登場 – 大型モバイルハウス改装中の長總さん夫婦 群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター 「星空のまち 穴水町」天の川の写真 九州・吹奏楽団「群青」コンサートのポスター画像に

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  2. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan
  4. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
速報:穴水町川尻の橋で老人ホームのクルマ転落事故
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。