Hokkaido - 北海道

【北海道へのバックパッカー旅】日本で最も大きい野生動物マッコウクジラと国後島側にいたシャチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本

北海道は、「日本で唯一」、野生動物が生きられる場所ではないだろうか。

野生動物が生息できるということは、そこには深い大自然が存在するということ。「日本が誇る大自然が北海道にある」「北海道は日本の海外のようだ」と言っても過言ではないとぼくは思う。こんな近くに、ここまで深い大自然があったとは思ってもいなかった。

wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本

北海道では、当たり前だが日本語が通じるし、日本円も使える… 気軽な旅先候補に選ばれるべきところだとぼくは思う。

しかし、多くの人が、「国内旅行は高い」というイメージを持ち、「国内旅行で、これだけ出費するなら、海外旅行にお金をまわした方がお得!」と考え、旅行代理店で海外行きのチケットを購入して、海外へと旅立ってしまう人も多いのではないだろうか。実際ぼくもそう考えていた。しかし、最近、一方的に、海外旅行に目を向けてしまうのは実にもったいない…と思い始めた。

「格好良くてクール」なイメージがある海外へと旅に出る。ぼく自身、海外旅行も好きだし、それに対して全く否定はしない。

brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本

しかし、「海外のみ」に限定して旅先を決めることは、視野が狭いのではないだろうか…とぼくは思う。逆に、日本のみを旅先に限定することも視野が狭いと思う。国内や海外、両方を旅先に入れて、判断すべきだと思う。

ぼくらが住む身近な場所「日本」には、すばらしい場所が沢山ある、ということを実感していったほうが、これから日本に在住する人たちにとって、「暮らす場所」の選択肢が広がるとも思う。

国内だったら、引っ越ししようと思えば、よりスムーズに移住も可能だ。まずは自分が住む国内を見つめ直したほうが、ライフスタイルの選択肢も増えて、自分にとってプラスになるのではないだろうか。

若干、話しがそれてしまったが… 「北海道は海外だ」という考え方に切り替えて、北海道に旅立つと「海外だからお金がかかるのは当たり前」という考えにも切り替わるのでは?そんな感覚で北海道を旅先の候補に入れると北海道へのバックパッカー旅が楽しくなるのかもしれない。



話しは途中だが… このまま続けると、この記録のタイトルの内容へと話しが辿り着かないので…鯱(シャチ)と抹香鯨(マッコウクジラ)の話しをする。 またまた、知床半島から野生動物の写真と動画だ。これはヒグマ、キタキツネを見つけて、カムイワッカの湯の滝へ行った後の出来事。

wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本

ぼくらは、シャチとマッコウクジラを見に行こうと、知床半島にある羅臼(らうす)へと向かった。

wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本

ぼくらはクルーズシップに乗り込み、シャチの群れを見たかったのだが、シャチは国後島(くなしりとう)に入ってしまい、それ以上進むと現状その先はロシア領のため、残念ながら、かなり遠くからの撮影となった。撮影できたシャチの映像(このページ一番下)は、目を凝らさないと見えないぐらい小さい。遠くに鰭(ひれ)が出ているのがわかるだろうか。

wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本

wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本

ぼくらは、マッコウクジラを目の前で見た。マッコウクジラは最大全長約18メートル。動物の中で最も大きな脳を持つと言われている頭が特徴。約45分~1時間程度、呼吸なしで深海に潜り、泳ぎ続ける。

そして、海面に浮上して約7~8分程度、呼吸を整え、噴気を繰り返す。そして、また深く潜ってします。潜水は最大記録3,000メートルで、クジラの中でも最も深く潜水ができるそうだ。

wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本

日本の海の王様がこのマッコウクジラだ。陸の王様は羆(ヒグマ)となる。一日で両方を見ることができた日だった。シャチも至近距離で見たかった。シャチは、静かそうに見えるが、肉食で、アザラシなどをパクリと食べてしまう獰猛な魚なのである。迫力が数段違うという、ぼくのイメージだ。

wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本

wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本

wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本

wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本



 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 今年もロシアから琵琶湖に“アイツ”が飛んできた
  2. Hokkaido fox wild life animal 北海道 キタキツネ 北狐 バックパッカーが旅する北海道 知床半島 かわいいキタキツネとの出…
  3. brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 2話目…
  4. brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

day 13 奥能登一周旅 “アベック”で有名になるぼくらバックパッカー夫婦 マイクロソフト ユニバーサル・モバイル・キーボード 出張 パソコン 不要 スマホで十分 仕事 【田舎でITレビュー】短期間の出張「旅」 モバイル周辺機器で仕事を快適に その1 – キーボードとスマホ マイクロソフト Surface Duo 製品群 【田舎でITレビュー】驚きのSurface新製品発表に新型Surface Bookがない理由 外国人 海外 移住者 穴水町 石川県 foreigner in ishikawa どこにでもあるような東京よりもリアルな“日本”を見たい ヨーロッパやアメリカから穴水町岩車へ Youtuber Tomo san ユーチューバー 勝村知由 ともさん 車中泊 撮影 ユーチューバー“ともさん” 穴水町川尻での車中泊映像 前編と後編アップ

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
バンライフ 暮らし 移動型 定住 移動しながら暮らす vanlife
  1. asahi national daily newspaper vanlife 朝日新聞 バンライフ
  2. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
day 85.4 長崎県 五島列島・宇久島の隣にある人口14人の寺島へ ~14人…どんな島なのだろうか…ポットホールとは一体なんだ?!~
day 81 長崎県大瀬戸町『岡﨑製パン所』を見学 そして 次の旅先へ
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。