HIACE ITEM - ハイエースの装備

【動くオフィスでITレビュー】車中ワーケーション、ハンドルにハマるSurface GOが最強“車内”タブレットPC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
バンライフ 車中泊 アイテム パソコン 運転席 タブレット Surface Go

Surface GO(サーフェス・ゴー)が、車中のハンドルにぴったり“はまる”車中ワーク向けのタブレットパソコンということが判明した。

バンライフ 車中泊 アイテム パソコン 運転席 タブレット Surface Go

アメリカで予約販売が始まった2画面Android OS搭載のマイクロソフト社製のSurface Duo(サーフェス・デュオ)。Surfaceユーザーのぼくとしては、AndroidではなくWindows OSを望んでいたが、アプリの多さ、モバイルOSとしての操作性、世界のユーザー数など全体を考慮し、Androidを採用することにしたのだろう。

こういった電子機器類ガジェット好きなんで、いずれ使ってみたいと思っている今日この頃。

バンライフ 車中泊 アイテム パソコン 運転席 タブレット Surface Go

さてさて、約1年前、持ち運びが楽で、ほどよいサイズのSurface GOを購入した。携帯性だけでなく、文章や軽い画像を扱う程度であれば、これで十分というスペックのPC。

やっぱりね、10インチ超えるSurface Pro(12.3インチ)やSurface Book(13.5インチ)になるとサイズが大きくなり重くなり、小さなバックには収納できなくなるので、携帯性に優れ、持ち運びが楽で、サクサク動作するタブレットパソコンなほど、あちこちへと重い荷物を持って出歩くバックパッカーや、収納スペースが限られているバンライファーにとっては嬉しいわけだ。

そんなSurface GO、突然だが、“車内”勤務/車中オフィスに最高の車中タブレットパソコンということを知っているだろうか?

Surface GO、運転席のハンドルにぴったりはまるのだ。だがだが、シンプルな裏技が必要となる。

バンライフ 車中泊 アイテム パソコン 運転席 タブレット Surface Go

ぼくのバンライフ仕様でデスクを搭載したハイエース“動く拠点”のような車、その他キャンピングカーでなくても、快適に仕事ができる。デスクをセットする必要はない。

「10インチクラスのタブレットであれば、どのタブレットPCでも最強なんじゃない?」と疑問に感じるかと思う。ぼくがSurface GOを推奨する理由は、Surface GOが10インチクラスのWindowsベースのタブレットPCの中で、おそらく、最高スペックのパソコンかと思っているからである。

バンライフ 車中泊 アイテム パソコン 運転席 タブレット Surface Go

<< 今や車中ワークできる >>

新型コロナウイルス感染症拡大で、自宅での仕事「在宅勤務」や遠隔で仕事をする「リモートワーク」が加速する中、自宅には家族メンバーがいるため集中できないことから、人によっては自家用車、キャンピングカー、キャンパーバン/バンコンを自身の部屋、書斎、寝室として、利活用する人も増えてきたようだ。

車中泊 バンライフ サーフェス Surface Go Vanlife

車も立派な書斎に変身、ワークスペースになることが、ようやくわかってきたかと思う。

車中泊 バンライフ サーフェス Surface Go Vanlife【“動く拠点”<ハイエースがベース車両のファミリーワゴンC>のワークスペースはこのような感じだが、運転席での仕事ってかなり落ち着くんだよね】

自宅では「仕事に集中できない」と不満を募らせる人も多かったかと思う。

ぼくが移住した能登など、田舎の一軒家は広いが、“密”な東京の狭い家ではプライベート空間がなく、確かに仕事が捗らない、集中できない人がいてもおかしくない。

そんな中、一オフィスとして注目されたのが「動くオフィス」こと、マイカーである車。

前段が長くなったが、車中で仕事をして約10年経つぼくが、車中で仕事をする際の最強タブレットパソコンと、その設置方法を紹介したい。「紹介したい」というほど、複雑ではないが、意外と知っている人がいないことだろう。

車中 仕事 快適【“動く拠点”<ハイエースがベース車両のファミリーワゴンC>の内装。後ろから撮影】

バンライフ 車中泊 アイテム パソコン 運転席 タブレット Surface Book 2【“動く拠点”<ハイエースがベース車両のアネックス社製ファミリーワゴンC>には、このとおりワークスペースとリビングスペースがある】

ぼくの本格的な車中デスクは写真のとおり、こちらだが… これはハイエースだからこそ、“動く拠点“化したハイエースだからこそのワークスペース。

だが今回紹介するのは普通の一般的な車でも実現可能。

これにより運転席での仕事も快適になる。

しかも、パソコンはSurface GOなので、安価で消費電力も少なく長時間使えて最高だ。

<< お薦めパソコンはSurface GOサイズのタブレットPC >>

車中のお薦めパソコンと周辺機器は、今話題のタブレットパソコン「Surface GO」、Bluetooth機能搭載のキーボードとマウスだ。

2020年5月13日、マイクロソフトは新型のSurface GO 2を発表。文部科学省の「GIGAスクール構想」の標準仕様をすべて満たし最適とされることを背景に、東京都渋谷区の区立小中学校全26校に12,500台のSurface GOを導入した。

バンライフ 車中泊 アイテム パソコン 運転席 タブレット Surface Go

その優秀な10.5インチのSurface GOだが、このとおり、ハンドルカバーとハンドル本体の隙間にちょうどよくハマるのだ。ハンドルは斜めなので、膝に落ちることはない。

バンライフ 車中泊 アイテム パソコン 運転席 タブレット Surface Go

何度もいうが、Surface GOはサイズとスペック的にもバランスがとれていて“ほどよい”。

CPUにはインテルのPentium Gold、SSDディスク容量は128GB、RAMメモリは8GBで動作も軽快。64GBのディスク容量のSurface GOもあるが、容量が少ないので、128GBのSurface GOをお薦めしたい。

バンライフ 車中泊 アイテム パソコン 運転席 タブレット Surface Go【Surface GOはこのとおりぴったりハンドルとハンドルカバーの隙間に固定することができる】

ワード・エクセル・パワーポイント、メール、ウェブ検索、SNS、ウェブ会議などの仕事作業では十分な機能。重い動画や写真などの編集作業がなければ問題なく使える。

しかも、片手で軽く持ち運びができ、小さなバッグに入れても全く負担にならない。デスクトップ向けのWindows OSなので、いつもオフィスで使っているソフトも普通に使用可能。

ここ最近(2020年8月)では、Surface GO本体、タイプカバーのキーボード、Bluetoothマウス付きの状態ばっちりの中古セットで4万5千円前後ほどでも出回っているので、お財布にも優しい(メルカリはこちら

バンライフ 車中泊 アイテム パソコン 運転席 タブレット Surface Go【Bluetoothキーボードがあれば、タブレットPCにくっつけなくても、ワイヤレスでタイピングが可能。快適な空間、運転席での仕事は捗る】

もちろんのこと、Surface GOはBluetoothやWi-Fi機能を搭載しているので、膝の上にBluetoothキーボードを載せて、肘置きにはBluetoothマウス、もしくは専用ペンで画面を操作すれば快適なワークスペースとなる。

ハンドルにつけるこんなテーブルアイテムも話題。

2013年ごろ、このハンドルテーブル「ワンタっちゃブル」を購入し、ハンドルにつけたことがあったが、ハイエースではハンドルカバーをしているとぴったり収まらないので気をつけたいところ。

「ワンタっちゃブル」のハンドル系のテーブルは、テーブル自体がそもそも小さくて中途半端。テーブルが出っ張り、お腹あたりまでぶつかってしまうと、運転席の作業スペースが狭くなるので要注意。ぼくはそんな背景から、すぐに売却してしまった。まぁ、必要となる作業スペースの広さは人ぞれぞれなので、一度試してみるのもいいかもしれない。

<< 車中 運転席ワークスペース環境をまとめると… >>

そんなこんなで、車内で仕事をするための必要・便利なアイテムはこれらだ。

● Surface GO本体: 一応載せておくが、お薦めはヤフオクやメルカリでの中古Surface GOの購入。アマゾンの中古もそこそこ安価だが、やはりヤフオクやメルカリにはかなわない。
● ハンドルカバー: ぼくが使っているハンドルカバーはこれ。以前は安いカバーを使っていたが、約1年半経つと、表面部分のコーティングが粉のようにボロボロと落ちてきた。革で良質なハンドルカバーがオススメ。

Surface GO 10インチ タブレット 車載 ホルダー

● タブレットホルダー: 10インチのタブレットパソコン「Surface GO」であれば、このタブレットホルダーもお薦め。運転中も落ちることはないが、設置箇所がどうしてもフロントガラスに近くなるため、直射日光が最近気になっている。
● シートレールマウントホルダー: どちらかと言うと、ダッシュボードよりも下のほう、席のレールに設置することができる、このタイプのほうが使い勝手がよさそうだ。
● Bluetoothキーボード: あくまでも参考程度で、好みのBluetoothキーボードを選ぶと良い。

ただ、Surface GOのタイプカバーキーボードにはBluetooth機能がないため、Surface GO本体から外すと使用できない。

● Bluetoothマウス: キーボードと同様に、Bluetoothマウスに関しても、自身が使いやすいマウスを選ぶといいだろう。
ぼくは、相性良さそうなので、Surface GOと同じメーカーのマイクロソフトのBluetoothマウスを使っている。
● ペン: Bluetoothマウスではなく、Surfaceペンという選択肢もある。これであれば、タブレット上にイラスト、絵、メモなどをかくことができる。
● ポータブルバッテリー: 最低でもこれぐらいのポータブルバッテリーは持っておきたい。が、今後、長期間、車内・車中ワークが続きそうな人、ガジェット関連を多く使いそうな人にお薦めなバッテリーはより大容量のもの。
● 大容量のポータブルバッテリー: 車中で多くの電機機器を充電したい人にはお薦め。停電など災害時でも使えるリチウムイオンベースのポータブルバッテリーなので、持っていて損はない。USB Type-C1口、USB10口、100ボルト電源2口など、多くの機器を充電することができる。
● シガーソケット充電: Surface GO含めあらゆるUSB Type-Cの機器を充電することができる。これぐらいの高出力のシガーソケット充電器をオススメしたい。

夏季、さらに追加すると、こんな網戸も持っておくと便利(ハイエース用)

● リアゲート網戸: これを持っていると、暑さがかなり違ってくる。車中泊、これに追加して装備したいものは…
● リアゲート網戸: これだ!網戸をして、リアゲートを半開き程度開けっ放しにしてくれるアイテム。これで風通しが、かなり違ってくる。

 

<< Surface GO 2か、初代Surface GO、どっち? >>

ぼくが使っているSurface GOは初代のもの。

最近、Surface GO 2が発売開始したが、初代Surface GOとの大きな違いは、画面サイズぐらい。

物理的に本体や画面サイズは変わらないが、ベゼル(縁)部分が小さく・細くなり、画面表示エリアが、10.5インチと多少広くなった。

大きな変化は0.2インチの画面サイズぐらいなので、お薦めは現在中古かつ安価で出回っている初代Surface GOかな。

そんなこんなで今回は、ハンドルに組み込めるタブレットパソコンの裏技を紹介させていただいた。

実はこの裏技、ガジェットやモノ系情報メディア「ゲットナビ・ウェブ」にも情報提供しているので、そちらもぜひ参考にしてほしい(こちら

2003年ぐらいからリモートワークや在宅勤務は実現可能だった?

インターネットは十分普及していたので、随分前から在宅勤務は実現可能だった。

2003年ごろ、高速なADSLが普及し、インターネットは当たり前の時代となっていた。Windows 2000やMEなどで賑わっていた時期だ。

その当時、ぼくはPR会社(広報の代理店)に転職したばかり。外資系IT企業のニュースリリースの翻訳を「翌日午前中まで」と任されたときの出来事。

その締め切り当日の朝、「このリリースの締め切りが今日の午前中、電車での通勤時間がもったいないので、翻訳が終わってから会社へ行ってもいいですか?」と会社に電話を入れた。

ぼくはもはや「そうだな!そっちのほうが早いな!終わらせてから出勤しろ」という回答を期待していたことから、電話をした時間は出勤直前の9:15ごろだった。

鎌倉から新橋駅、駅から歩いて10分先の会社まで電車通勤していたので、通勤時間は約1時間20分。もはや、大遅刻だ。

だが… 上司からの回答は期待外れ。

「だめだ!とにかく会社来い!まずは会社へ来るのが当たり前だろ!」と激怒されたことがあった。

会社に到着しても、「絶対、そっちのほうが効率いいと思ったんですよね」と突っぱねるが、もはや笑い話化。

ぼくはその当時からそんな感じだったので、昔から在宅勤務は十分あり得ると思っていた。

その後、大手電機メーカーに転職、億円単位する品川の本社ビルへと通勤していたが、その職場環境に関しても「もったいないなぁ」「その分、自宅での仕事に還元すればいいのになぁ」と思うことも多々。

おそらく、電車通勤に嫌気がしている人であれば、何度も考えたことがあるのでは?

まぁそんな過去の自分、今ではフリー/個人事業主となり、働く環境は自分次第、“自由”に。

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、住める駐車場/車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

関連記事

  1. 動く家 モバイルハウス 軽トラハウス モバイルハウスビレッジ こんな家いかが?走るよこの「ワンベッドルーム軽トラック」
  2. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所 仕事しながら“ちょい”田舎旅:今日の“職場”も『岩車漁港』
  3. hiace cruise control ハイエース クルーズコントロール クルコン 長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!…
  4. lawson coffee ローソン コーヒー 田舎旅:ローソン、カップやタンブラー持参で10円引き
  5. ハイエース クルマ旅 辛口一献 日本酒 積む day 99.7 熊本県天草市牛深で…“スゴイ”クルマ旅人との出…
  6. 田舎クルマ旅グッズ: 夏の車中泊アイテムのお薦めは“大型”扇風機…
  7. バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身 石川県穴水町 シェアハウス併設型 住める車中泊スポット「バンライ…
  8. LIFE with my VAN ~ クルマでのライフスタイルが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

石川テレビ バンライフ ishikawa tv vanlife media 【メディア掲載】今日8月3日 石川テレビのバンライフ特集に登場 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に 穴水町議会 一般質問 移住定住が焦点に、役場側の答弁は?! 中日新聞 大堀悟 Obori Satoshi on Chunichi Newspaper 【メディア掲載】中日新聞「先輩移住者に共鳴、穴水へ」 移住者が新たな移住者を“呼ぶ” 【メディア掲載 – ライブ配信】8月7日(金)YouTube「とうちゃんはテンネンパーマ」に登場

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

ハイエース 動くオフィス 海 オフィス
  1. スタートアップビジネスプランコンテスト いしかわ2020 Carstay 宮下晃樹
  2. 日本海 10月 海 石川県 穴水町 岩車 空いてる ビーチ 田舎暮らし 子育て
  3. 秋葉博之 秋葉洋子 手紙
  4. 田舎暮らし 子育て 娘 小学校 日記

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
長期間 住める駐車場<車中泊スポット>『バンライフ・ステーション』併設型のシェアハウス&オフィス『田舎バックパッカーハウス』<まとめ情報>
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
【メディア掲載】今日8月3日 石川テレビのバンライフ特集に登場
ここ最近は家から135メートル先の絶景スポットで仕事してるよ
田舎でITレビュー: ストレージをHDDからSSDに交換 PCを倍以上に高速化

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。