2010-10 Backpacking Nagano & Noto - 長野と能登へのバックパッカー旅

day 14.1 奥能登一周中 道の駅「すずなり」で背後から話しかけてきた黒縁眼鏡の移住者 ~ 気になる能登の田舎の生活費 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年10月21日(木) – 13:00ごろ、石川県珠洲市(すずし)の道の駅「すずなり」に着いた。能登半島の先端エリアにある道の駅だ。

ここで、しばらく穴水行きのバスを待つ。

道の駅内で、バスを待っていると、私服で黒縁眼鏡をかけた人が、ぼくの背中あたりにかな~り接近して、モソッと背後から「旅ですか?」と話しかけてきた

ん?!なにものだ?!

彼は日本を徒歩で一周した東京出身の後藤佑介さん(NPO法人能登すずなり 体験・移住・交流居住担当)。

後藤さんは飛行機で東京から沖縄へ飛び、沖縄から歩き始め、日本一周の歩き旅を始めた。この旅で、石川県狼煙(のろし)が一番印象に残ったそうで、珠洲に移住を決めた。

後藤さんは現在、道の駅「すずなり」内にあるオフィスのNPO法人能登すずなりに勤務し、珠洲市外の人たちを対象に、珠洲市での田舎暮らし生活を体験できるプログラムの企画から実施を担当している。

珠洲の3日間の田舎暮らしの体験ツアー

ここでは「田舎暮らししてみんけ?」をテーマに、奥能登・珠洲での3日間の田舎暮らしの体験ツアーを実施している。

このプロジェクトは、畑のある暮らしや、田舎暮らしに対する想いをもつ団塊世代や若い世代が増加しているとの、世論調査を背景に、このようなプログラムを実施したそうだ。体験期間は3日間。2011年2月末まで実施しているとのこと(現在もまだ実施中かはわかりません)。

この3日間のプログラムには、農業体験や地元の人たちとの意見交流会などが含まれる。希望滞在期間の2週間前までに申し込みが必要。

「広域連携共生・対流等推進交付金事業(農林水産省)」の一部として実施しているため、3日間の住宅滞在費用と参加費は無料。現地までの交通費、食費などの生活費は自己負担。

田舎暮らしを体験するには、少し期間が短いような気がするが、ぼくも含め田舎に定住したいと思っている人たちは、まず初めに「自分が住んでみたい田舎を実体験」しないと、その地域のことがわかない。

このようなプログラムは大変参考になるのでお薦めだ。

●問い合わせ先: 
・Email: infoアットnotosuzu.org
・住所: 〒927-1213 珠洲市野々江町シ部15番地
・TEL: 0768-82-4688
・FAX: 0768-82-6360

 

珠洲の田舎に移住後の気になる生活費は?

移住後、仕事や生活はどうだったんですか?」と尋ねた。彼が狼煙に移住した最初の1~2週間、地域の人たちから、畑作業など、多くの仕事のオファーがあったそうだ。

そして、近所の人たちが、野菜、米、ストーブ用の薪などを、玄関の外に置いてくれたりするそうだ。

生活費は、家賃2万円、ガス代1万5千円、食費1万円などと月約5万円

都内と比べると、驚くほど安い。

都会だと、家賃だけで、7万~10万円以上はかかるだろう。

仕事が大きな背景にあるのはわかるが、なぜ今の世代はそこまでして都会にこだわり、そこに住むのだろうか…と思ってしまう。

バスの時間があったため、残念ながら、後藤さんとは、長時間話せなかった。

道の駅「すずなり」から、高速バスで1時間半かかる穴水へと向かった。

輪島や舳倉島に行く前の10月14日、ぼくらは穴水で、頼もしい人たちと出会い、おもしろい話をいろいろと聞くことができた。到着前に、その時に出会った鈴木さん、岩本さん、倉本さんと再度連絡をすることにした。(続きはこちら

<前のストーリー 『day 14 能登半島一周中 トビの死骸』>

<次のストーリー 『day 14.2 奥能登一周中 穴水町役場へ行くことに?!』>

奥能登一周中 - 道の駅「すずなり」後藤佑介さん(石川県珠洲市)

【表紙の写真】奥能登一周中 – 道の駅「すずなり」で出会った珠洲・移住者の後藤佑介さん(石川県珠洲市)

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

関連記事

  1. 天然岩がき丼 牡蠣 珠洲 昼食 田舎体験1日目:珠洲の“田舎感”満載の民宿 食堂『むろや』
  2. フィリピンバックパッカー旅仲間と奥能登で再開 ~ 冬の奥能登の周…
  3. day 13.4 奥能登一周旅 歩き12時間 ~ 暗闇でボーイス…
  4. day 7.2 石川県穴水町 次世代の板前寿司屋『幸寿し』
  5. day 11 舳倉島のカタツムリが進化しているって?!
  6. 冬 珠洲 禄剛崎 能登半島 日本 列島 中心 冬の「日本列島の中心」 能登半島の最北端 禄剛崎
  7. day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』
  8. バックパッカーブロガー backpacker blogger in Japan day 1 新たな道への一歩 バックパック担いでどこへ̷…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

自家製味噌 美味しい day 65.2 石川県穴水町(味噌作りの途中に)『そうだ!“微生物”を食べ物に入れよう!』または『あ!微生物が入った物を食べてたね!』の発想からの創造 ~ “微生物”を食べることを決めたクレイジーな人たち ~ 動く家 モバイルハウス 軽トラハウス モバイルハウスビレッジ こんな家いかが?走るよこの「ワンベッドルーム軽トラック」 Hiace solar panel ハイエース ソーラー 田舎旅: 冬の“ソーラー”重視のクルマ旅 どこへ? ~ 一式と一石二鳥的メリットとは ~ 【メディア掲載】各地の地方紙「時のひと」「この人」などの人コラムに「田舎バックパッカー」 Connor Jessup in Noto Anamizu Japan コナージェサップ 石川県 能登 穴水町 日本 【田舎で仕事】カナダ出身の映画俳優・監督・脚本家コナー・ジェサップが発信『バックパッカー娘の能登ワールド』 - 4

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

ハイエース 動くオフィス 海 オフィス
  1. スタートアップビジネスプランコンテスト いしかわ2020 Carstay 宮下晃樹
  2. 日本海 10月 海 石川県 穴水町 岩車 空いてる ビーチ 田舎暮らし 子育て
  3. 秋葉博之 秋葉洋子 手紙
  4. 田舎暮らし 子育て 娘 小学校 日記

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

ここ最近は家から135メートル先の絶景スポットで仕事してるよ
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
【メディア掲載】今日8月3日 石川テレビのバンライフ特集に登場
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
長期間 住める駐車場<車中泊スポット>『バンライフ・ステーション』併設型のシェアハウス&オフィス『田舎バックパッカーハウス』<まとめ情報>
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。