2010-10 Backpacking Nagano & Noto - 長野と能登へのバックパッカー旅

day 14.1 奥能登一周中 道の駅「すずなり」で背後から話しかけてきた黒縁眼鏡の移住者 ~ 気になる能登の田舎の生活費 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年10月21日(木) – 13:00ごろ、石川県珠洲市(すずし)の道の駅「すずなり」に着いた。能登半島の先端エリアにある道の駅だ。

ここで、しばらく穴水行きのバスを待つ。

道の駅内で、バスを待っていると、私服で黒縁眼鏡をかけた人が、ぼくの背中あたりにかな~り接近して、モソッと背後から「旅ですか?」と話しかけてきた

ん?!なにものだ?!

彼は日本を徒歩で一周した東京出身の後藤佑介さん(NPO法人能登すずなり 体験・移住・交流居住担当)。

後藤さんは飛行機で東京から沖縄へ飛び、沖縄から歩き始め、日本一周の歩き旅を始めた。この旅で、石川県狼煙(のろし)が一番印象に残ったそうで、珠洲に移住を決めた。

後藤さんは現在、道の駅「すずなり」内にあるオフィスのNPO法人能登すずなりに勤務し、珠洲市外の人たちを対象に、珠洲市での田舎暮らし生活を体験できるプログラムの企画から実施を担当している。

珠洲の3日間の田舎暮らしの体験ツアー

ここでは「田舎暮らししてみんけ?」をテーマに、奥能登・珠洲での3日間の田舎暮らしの体験ツアーを実施している。

このプロジェクトは、畑のある暮らしや、田舎暮らしに対する想いをもつ団塊世代や若い世代が増加しているとの、世論調査を背景に、このようなプログラムを実施したそうだ。体験期間は3日間。2011年2月末まで実施しているとのこと(現在もまだ実施中かはわかりません)。

この3日間のプログラムには、農業体験や地元の人たちとの意見交流会などが含まれる。希望滞在期間の2週間前までに申し込みが必要。

「広域連携共生・対流等推進交付金事業(農林水産省)」の一部として実施しているため、3日間の住宅滞在費用と参加費は無料。現地までの交通費、食費などの生活費は自己負担。

田舎暮らしを体験するには、少し期間が短いような気がするが、ぼくも含め田舎に定住したいと思っている人たちは、まず初めに「自分が住んでみたい田舎を実体験」しないと、その地域のことがわかない。

このようなプログラムは大変参考になるのでお薦めだ。

●問い合わせ先: 
・Email: infoアットnotosuzu.org
・住所: 〒927-1213 珠洲市野々江町シ部15番地
・TEL: 0768-82-4688
・FAX: 0768-82-6360

 

珠洲の田舎に移住後の気になる生活費は?

移住後、仕事や生活はどうだったんですか?」と尋ねた。彼が狼煙に移住した最初の1~2週間、地域の人たちから、畑作業など、多くの仕事のオファーがあったそうだ。

そして、近所の人たちが、野菜、米、ストーブ用の薪などを、玄関の外に置いてくれたりするそうだ。

生活費は、家賃2万円、ガス代1万5千円、食費1万円などと月約5万円

都内と比べると、驚くほど安い。

都会だと、家賃だけで、7万~10万円以上はかかるだろう。

仕事が大きな背景にあるのはわかるが、なぜ今の世代はそこまでして都会にこだわり、そこに住むのだろうか…と思ってしまう。

バスの時間があったため、残念ながら、後藤さんとは、長時間話せなかった。

道の駅「すずなり」から、高速バスで1時間半かかる穴水へと向かった。

輪島や舳倉島に行く前の10月14日、ぼくらは穴水で、頼もしい人たちと出会い、おもしろい話をいろいろと聞くことができた。到着前に、その時に出会った鈴木さん、岩本さん、倉本さんと再度連絡をすることにした。(続きはこちら

<前のストーリー 『day 14 能登半島一周中 トビの死骸』>

<次のストーリー 『day 14.2 奥能登一周中 穴水町役場へ行くことに?!』>

奥能登一周中 - 道の駅「すずなり」後藤佑介さん(石川県珠洲市)

【表紙の写真】奥能登一周中 – 道の駅「すずなり」で出会った珠洲・移住者の後藤佑介さん(石川県珠洲市)

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. suzu mitsukejima island 石川県 能登 珠洲 見附島 サギ カラス 住む島 田舎体験 2日目 奥能登一周 海岸に浮かぶ…巨大な珪…
  2. 奥能登の「能登キリシマツツジ」。巨大だ。東京のツツジとは全然違う! 奥能登の田舎/地方に咲くとんでもなく“普通じゃない”巨大ツツジ …
  3. day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』
  4. 珠洲 つばき茶屋 day 13.1 奥能登一周旅 珠洲の『つばき茶屋』へ
  5. day 7 石川県穴水町で岩本さん、倉本さんとの出会い
  6. day 16 – 19 金沢で焼き肉。気になる飛驒。…
  7. <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登半島の先端に…
  8. 天然岩がき丼 牡蠣 珠洲 昼食 【田舎体験1日目】珠洲の“田舎感”満載の民宿 食堂『むろや』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

Quora QAサイト CEO 取材 アダム・ディアンジェロ Adam D’Angelo Facebook CTO interview 【田舎で仕事 – ライター】機械学習活用した新たなQAサイト『Quora』 朝日放送 田舎セレブ 【メディア掲載】朝日放送 特番『田舎セレブ』にブログが“うっすら”登場 キャンピングカー 家 秋葉博之 秋葉洋子 【田舎で仕事 – 執筆】『SUUMOジャーナル』50歳手前で人生方向転換 キャンピングカーにお引越しした夫婦 【能登での田舎暮らし】フリーランスの至ってシンプルで忙しい一日 米国人一家 水揚げ体験 穴水 能登かきに舌鼓 能登地方を家族旅行で訪れた米国人三人が三日、穴水町岩車で、旬を迎えている特産「能登かき」の水揚げ作業を体験し、日本の漁業や食文化について理解を深めた。参加したのは金沢市内の高校で外国語指導助手(ALT)を務めるパトリック・ケイレブ・フレンドさん(26)と、米国・テキサス州から初めて来日した父親のパトリック・フレンドさん(51)、母親のエイミー・フレンドさん(51)。能登半島で体験型の旅を企画している中川生馬さん(40)=岩車=が協力した。三人は二日、同町に到着し、殻が付いた能登かきのバーベキューや、地元産のワインや日本酒を味わった。翌三日、漁師の河端譲さん(45)=同=が養殖しているかき棚でいかだにつるされたかきを引き上げた。漁師の仕事に強い関心を寄せ、複数に固まったかきを一つずつばらす作業も熱心に行った。パトリック・ケイレブさんは「日本の昔ながらの文化を楽しく体験できた」と喜び、父親のパトリックさんは「漁師の仕事の大切さや大変さを知ることができた。素晴らしい時間だった」と顔をほころばせた。エイミーさんは「かきの殻に残った汁に日本酒を入れて飲んだのがおいしかった」と通な飲み方を気に入った様子だった。三人は四日、帰路についた。(田井勇輝) 【メディア掲載】アメリカ・テキサス州出身の一家 能登・穴水町で田舎体験

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
北海道新聞 キャンピングカー, 石川県, カーステイ, 中川生馬
  1. 石川県 穴水町 罹災証明書
  2. 北海道新聞 キャンピングカー, 北海道新聞 カーステイ
  3. 石川県穴水町, 能登半島地震,田舎バックパッカーハウス
  4. NHK 中川生馬, NHK Carstay, NHK キャンピングカー, 能登半島地震 キャンピングカー, 能登半島地震 カーステイ
  5. のと鉄道 和倉駅, 能登半島地震 電車, 能登半島地震 穴水駅

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
day 70.2 漆芸作家Suzanne(スザーン)さんとClive Ross(クライブ・ロス)さんとの出会い ~ 別れるか、日本へ行くかの選択 ~
day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家スザーン・ロスさんとの出会い
day 70.3 予想外の日本滞在約20年 「ペンキ塗りは得意、3ヶ月で輪島塗をマスターできると思った」と漆芸作家スザーン・ロスさん
漁師直送!水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣 注文・販売!ペイペイにも対応!
【令和6年能登半島地震】石川県穴水町岩車の牡蠣 先行予約販売 開始!
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
【令和6年能登半島地震】石川県穴水町 岩車から椿崎、鹿波へと抜ける道が復旧
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 2話目
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
PAGE TOP