INAKA Life - 田舎での日々

【能登での田舎暮らし】田舎ではカメムシとの共存が求められる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カメムシなどの虫が嫌いな人、気になりすぎてしまう人は、田舎では絶対に暮らせないだろうなぁ… ホントに嫌いな人は生理的に受け付けられないだろうからな。

田舎はさ、ポカポカ日和になると、カメムシがひょっこり出現する。やってくるところは、網戸が多いかなぁ。

昔は相手にして、外に逃がしていたけどさ、カメムシたちは次々と中へと入り込んでくる。ハエたたきでカメムシをすくいあげ、何度も外へと出しても、網戸やサッシの隙間から侵入してくるカメムシ。

stinky bug countryside, 田舎暮らし 虫 嫌い

数日後、「かまっていると、もはや時間の無駄」と諦めて、カメムシを気にせず、無視… 「一体全体どこから入ってくるんだ?!」と隙間を探す。「ここか?!」と思い、隙間と思われる穴をテープやら段ボールなどの小道具でふさぐが、無駄な抵抗。カメムシはあらゆるところから侵入してくる。

田舎の家には、暖かくなってくる春や秋の、ほどよい気温の季節、カメムシが必ずやってくる。

カメムシ以外に、どんな虫がやってくるのか?まぁ、みんなが想像できる虫は田舎の家の状態、地域によって異なるのかもしれないが、日本であれば、どこの田舎へ行っても、カメムシは必ずいることだろう。

田舎暮らしでは、虫はもちろんのこと、カメムシとの共存が求められる。

カメムシたちを「気にしない精神力」が求められる。そこをクリアできるのか?田舎暮らしをする上で、かなり大切なポイントだ。

ポカポカ日和の春や秋、カメムシたちは網戸に突然現れ、真夏日和にどこかへ行ってしまい、寒~い冬季、カメムシたちは、瓦やサッシの隙間、山積みの薪木と薪木の間、板の隙間など隙間に隠れて冬眠する。

stinky bug countryside, 田舎暮らし 虫 嫌い

冒頭で「カメムシなどの虫が嫌いな人、気になりすぎてしまう人は田舎で絶対にやっていけないだろうなぁ」とは書いたが、虫が好きな人はかなり少ないかと思う。

だが、そんな「虫が嫌い」な中でも、「変われるタイプの人」「チャレンジ精神のある人」たちで、「まぁ、なんとかなるっしょ」タイプは例外だ。そういったタイプの人たちは、基本、どこで暮らそうとやっていけるだろう。

田舎とは?

ちなみに、「田舎」暮らし、どんな地域を「田舎」と呼ぶのか、人によってイメージや定義が異なるだろうが、ぼくがこのブログで言う「田舎」の大半は、海や山、木々、じぃちゃん・ばぁちゃんたちに囲まれた「村」という感じのエリアかな。

昔ながらのじぃちゃん・ばぁちゃんなど、“古い考え方”で頭が固定された人たちが多い地域を「田舎」とイメージする人も多いかと思うけど、そんなタイプの人たちはどこにでもいる。どちらかと言うと、人口が多くて、田舎出身の人たちが多い都会のほうが、そのタイプが多いのでは?!と思うことも多々ある。

stinky bug countryside, 田舎暮らし 虫 嫌い

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. Milky way stars in Japan 能登半島 穴水町 星空 天の川 【星空旅スポット】能登半島の農山漁村「岩車」 無数の星に囲まれて…
  2. 天然 真珠 石川県 日本海 阿古屋貝 真珠貝 宝ありすぎる能登の里海!阿古屋貝に天然真珠が!
  3. 子ども 感受性 バックパッカーの娘には感動したなぁ…って“ちょい”親バカなお話し…
  4. 能登での田舎暮らし: 庭で薪火ディナー
  5. 能登 石川県 北陸 スタッドレスタイヤ 今年もそろそろスタッドレスタイヤに履き替え時期…
  6. 仕事しながら“ちょい”田舎旅: 今日の職場 『穴水町岩車 漁港』…
  7. 中川結花子 バックパッカー day 72・73 石川県穴水町 田舎暮らし“ちょい住み”最終日…
  8. 石川県 能登 穴水町 岩車 田舎体験 “牡蠣の穴場”で体験をベースにした旅「ざっくばらんな田舎ライフス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

石川県 純米吟醸 手取川 吉田酒造 石川県産の“驚き”の地酒が飲める虎ノ門の『花たろう』で『はじまりはヒップホップ』?! Hokkaido fox wild life animal 北海道 キタキツネ 北狐 バックパッカーが旅する北海道 知床半島 かわいいキタキツネとの出会い Connor Jessup in Noto Anamizu Japan コナージェサップ 石川県 能登 穴水町 珠洲 日本 【田舎で仕事】カナダ出身の映画監督 コナー・ジェサップが写真で語る能登『仕事の合間』 能登 穴水町 田舎体験 洋上パーティー 【メディア掲載】中日新聞『能登でつくる夏の思い出 神奈川の4人家族、田舎体験』 北陸中日新聞 カナダ人映画監督 穴水で脚本 能登暮らし 創造力刺激 コナージェサップ 【メディア掲載】中日新聞『カナダ人映画監督 穴水で脚本』コナー・ジェサップ

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎バックパッカーハウス, 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  1. ハイエース バンライフ, ハイエース 仕事, バン 仕事
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!<2021年7月2日追記>
5歳の娘、今夜も“家の前”で車中泊?!将来は大物バンライファ―?!
映画「人生、いろどり」上映をきっかけに『石本商店』再オープン ~ シェフ・谷本徹さんの噂のカレー ~
田舎体験:体にスーッと入る龍昌寺“産”ランチ
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。