Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

去年稲刈りした約90キロの籾が約40キロの玄米に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

能登・穴水町岩車 – またまたバックデートで能登での生活ぶりを載せよう。

アメリカ・ユタ州とオレゴン州への出張から帰国2日後、今日午前中約1時間は、2014年10月30日に稲刈りをし、約1年眠らせていた籾(もみ)を、“半農半漁”ライフスタイルの川端さん宅の籾摺り機(もみすりき)を使わせてもらい、玄米にした。約90キロの籾だったが、籾殻がとれて約40キロの玄米になった。

半農半漁の河端家の後継ぎ河端譲さんに籾摺り機をまわしてもらい、籾を玄米に!

半農半漁の河端家の後継ぎ河端譲さんに籾摺り機をまわしてもらい、籾を玄米に!

稲刈りから白米になるまで

籾(もみ)とは、田んぼで稲を刈り、外皮に包まれたままの米のこと。稲を刈り、「実」いわゆる米の部分を穂から取り離し脱穀、その脱穀直後の「実(米)」が籾の状態となる。

①稲を刈り、②脱穀、③その後、籾摺り機で籾殻(もみがら)を取り玄米にする。④最後必要に応じて、玄米を精米機にかけて、白米にするわけだ。ちなみにこの籾殻は、畑の肥料にする人もいるとのことだ。

能登・穴水町岩車 - 海の側の田んぼで稲刈り作業。稲刈りをしたのは去年(2014年)10月30日前後だった。

能登・穴水町岩車 – 海の側の田んぼで稲刈り作業。稲刈りをしたのは去年(2014年)10月30日前後だった。

籾摺り機なんて…農家でもないぼくらバックパッカーの家にはないので、大変ありがたい!

約1年前の稲を籾のままとっておいたので、コンディションは良く十分食べられる。

能登・穴水町岩車 - 2014年10月下旬、「もう刈りきれないから、自分たちで刈ればあげるよ~」と、カボチャ農家・長崎公雄(ながさき きみお)さんが刈りきれなかった稲を素手で刈った。刈った籾は約100キロ近い。しかし、稲刈りシーズンはとっくに過ぎていて、近所の農家は籾摺り機を片づけてしまったため、籾のまま、次の稲刈りシーズン2015年10月まで保管することに。

能登・穴水町岩車 – 2014年10月下旬、「もう刈りきれないから、自分たちで(生馬が独自で)刈ればあげるよ~」と、カボチャ農家・長崎公雄(ながさき きみお)さんが農機具で刈りきれなかった田んぼの稲を、素手で!刈った。刈った籾は約100キロ近い。しかし、稲刈りシーズンはとっくに過ぎていて、近所の農家は籾摺り機を片づけてしまったため、籾のまま、翌年の稲刈りシーズン2015年10月まで保管することに。

田んぼしたの?!

ぼくが田んぼ作業をしたわけではない。田植えをしたことはしたのだが…お手伝い程度。今回作業して稲刈りしたのは別の田んぼだ。

能登・穴水町岩車の別荘地近くの田んぼで、田植え作業。(2014年5月)

能登・穴水町岩車の別荘地近くの田んぼで、田植え作業。(2014年5月)

県内最大手で唯一の地方銀行・北國銀行(ほっこくぎんこう)を早期退職、銀行マン生活を離れ、生まれ育ったここ岩車にUターンし、農家に“転職”した長崎公雄(ながさき きみお)さんが、刈りきれなかった田んぼの稲を刈ったもの。(長崎さんのストーリーはこちら

能登・穴水町岩車 - 数日間の稲を刈り。

能登・穴水町岩車 – 数日間の稲を刈り。

数日間、雑草ぼうぼうの田んぼで稲を刈り、脱穀した。約90キロの籾をそのまま約1年間眠らせておいた。すぐに食べたかったが、稲刈りのタイミングがかなり遅くなってしまい、農家の籾摺り機は倉庫入りしたので、籾を摺ることができなかったことから、籾摺りは翌年の稲刈り時期になったわけだ。籾の状態であれば、一年間の保存なんて全く問題ない。

バックパッカーファミリーの中川家では移住後、栄養たっぷりの玄米に切り替えたので、籾摺り機で仕上げた玄米を炊飯器にかけて食べる。

約90キロの籾殻付きの米は、約45キロの玄米に。約40キロの玄米、2~3か月はもつかな…

26キロと14キロの玄米二袋になった。

26キロと14キロの玄米二袋になった。

能登・穴水町岩車 - 籾摺り後、美味しそうな玄米になった。

能登・穴水町岩車 – 籾摺り後、美味しそうな玄米になった。

河端さんファミリーと長崎公雄さんに感謝!

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. anamizu iwaguruma 穴水町 岩車 移住者 家 能登・岩車は冷え込み始めた…今朝は19度 夏終わった…
  2. 能登での田舎暮らし:今年1度目の大雪 岩車の積雪は30~40セン…
  3. 田舎暮らし 虫 能登での田舎暮らし: 1週間の絶え間ない“大群”と寝不足って話し…
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡…
  5. 今日の“私事”場: 能登から富山湾と立山連峰から昇る日の出 撮影…
  6. 中川結花子 day 63 北國新聞コラム「うなばら」にぼくら田舎バックパッカ…
  7. 高級珍味 山菜『タラの芽』を植えた ~ 田舎暮らしの半自給自足生…
  8. 銀座コリドー マイモン 牡蠣 Ginza Korido Oyster Restaurant Maimon 田舎旅:リアルな田舎「鎌倉」への途中 「銀座コリドー街」の『牡蠣…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

コロナ バンライフ 車中泊 道の駅 住める車中泊スポット「バンライフ・ステーション」に新たな“入居者” ~ コロナ禍のバンライフの課題 ~ < 3話目 > Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所 【ざっくり特集 – VANLIFE 2】豊かな車上生活『バンライフ』は実現可能 高級珍味 山菜『タラの芽』を植えた ~ 田舎暮らしの半自給自足生活 ~ スタートアップ 災害時 俊敏 スピード 災害時 新興企業<スタートアップ>の俊敏な対応と行動力がポジティブな方向へ 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan 田舎へのバックパッカー旅の背景『ぼくの人生 これでいいのか』の自問自答

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

田舎バックパッカー 娘
  1. 田舎バックパッカーハウス 秋葉博之 秋葉洋子 車中泊 ぶうすけ
  2. 中川結生 田舎バックパッカー
  3. Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road
  4. 大井川電機製作所 広報
  5. カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP