INAKA Life - 田舎での日々

【能登での田舎暮らし】草刈機で足の指を切ったってお話し(痛々しい写真あり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
草刈り機 指切る, 草刈り キックバック 跳ね返り

田舎暮らし開始して約10年が経つ、田舎で古民家借りたら、大体、大きな庭や畑がついてくるため、そこの草刈りは絶対。草がぼうぼうとなれば、やぶ蚊も増える、農作物の収穫も大変だ。

「田舎暮らし=草刈り」は当たり前の方程式なのだ。

田舎 草刈り,草刈り機 指切る, 草刈り キックバック 跳ね返り

草刈ったあとのすっきり・さっぱり感があって、ぼくは草刈りは好きなほう。草が長くなり、ぼうぼうになった草刈りは大変なので、草は短いうちに刈りたいところ。だが、ついつい、「明日草刈るか・刈るか」と、草も時間ものびのびとなり、草の密度が大変なことになり、刈るのに一苦労。

春~秋にかけて、草は1週間ぐらいで、「えっ!?この前刈ったばかりなのに、もうこんなに長くなったの?!」と草の成長には驚かされる。

そんなこんなで、草刈り歴は、石川県穴水町に移住後からなんで約10年。アメリカ・オレゴン州にいた時は、押す・プッシュタイプの草刈り機を使って、ほんの少しだけ、草刈りを手伝っていたが、田舎移住後は肩からかけるタイプの草刈り機を使っている。

田舎 草刈り,草刈り機 指切る, 草刈り キックバック 跳ね返り

草刈り歴約10年だが、この日、草刈りをしているときに、初めて足の指を切ってしまった。

畑と畑の間にある傾斜の草を刈っているときに、草刈り機の跳ね返り“キックバック”があり、長靴と靴下を貫通、そのまま刃は指の肉をスライス。痛かったが、冷静に冷静に… なんとか家へと戻り、すぐに水で洗って消毒、なんとかなった範囲。

草刈り機 指切る, 草刈り キックバック 跳ね返り

最高に美味い蕎麦屋「そばきり 仁」の店主・小林仁さんの軽トラックに乗せてもらい、穴水総合病院の夜間診療へ。

病院の先生によると、深さ2センチほど。

草刈り機で切ったにもかかわらず、血はほとんど出なかったが、穴水総合病院によると「少しは血が流れたほうが、草刈り機の刃についた土や歯、ばい菌が流れて良かった」そうだ。

縫わなくてもOKで、ほんの5分程度の応急処置的な治療で終了。

自分の体なので、なんとなくわかったのか「足指は痛いけど治るだろうなぁ」とそこそこ楽観的な自分。

初めての時間外の夜間診療なので、足よりも「一体、治療費はどのぐらいかかるのだろうか…」のほうがちょっと心配だったが、看護婦さんによると、「5,000円程度でお釣りがくると思いますよ」とのことだったので、その程度であれば少し安心。

まぁ相変わらずポジティブに対応したこの日だった。

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 穴水町 岩車, 石川県 移住, 田舎暮らし, 能登半島 【能登での田舎暮らし】毎週日曜日は漁港で会いましょう
  2. 田舎暮らし 平凡 毎日 能登 石川県穴水町 岩車 【動画が語る】能登の限界集落での“とある1日” ~ “動くオフィ…
  3. 穴水 車中泊, 石川県 バンライフ,北陸 バンライフ, 中川生馬 平均週3日ぐらいすること
  4. 【能登での田舎暮らし】ワイルドな7歳の娘、海の次は川に落ちる
  5. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登 【能登での田舎暮らし】移住先のキロ級の超どでかい“プール”へ(動…
  6. 【奥能登で語る】ソニーにいたころの“ちょっとした”広報話し
  7. 穴水町 凍結 車 一回転 横転 【能登での田舎暮らし】クルマ1回転大事故… 2度目?…
  8. 田舎 食材 安価 費用 【能登での田舎暮らし】鮮度抜群で安価 1人230円の「ブリ丼」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

su singularity university 社会問題 ビジネスチャンス シンギュラリティ大学 「社会問題は優秀な人材が集まれば一気に解決できる」 シンギュラリティ大学のミッションをローカルレベルに スタートアップビジネスプランコンテスト いしかわ2020 Carstay 宮下晃樹 Carstay代表の宮下晃樹さん、ISICO「スタートアップビジネスプランコンテスト いしかわ2020」へ 田舎 広報 仕事 【田舎で仕事 – 広報】モビリティ医療支援プロジェクト「バンシェルター」起点に拡大 < 見えてくる新たなライフスタイルかつ動く生活基盤の可能性 > 牡蠣 石川県 穴水町, はなびらたけ, ホホホタケ, 大井川電機 【メディア掲載】石川県の能登牡蠣<のとかき>最高セット! はなびらたけ「ホホホタケ」と販売 ウミネコパーラー かき氷 穴水町 金沢 『ウミネコパーラー』穴水町新崎店 閉店、金沢市石引店に完全移転とお引越し 〜 田舎の移住者受け入れ体制ってどうなの? 〜

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎バックパッカーハウス
  1. 田舎バックパッカーハウス
  2. やっさ祭り, 広島県三原市, yassa camp
  3. ノスケ バンライフ, 沖縄 ちより,田舎バックパッカーハウス,石川県 穴水町, 田舎暮らし,移住,地方移住,穴水町 車中泊,車中泊 石川県,japan,noto,ishikawa,inaka backpacker house,rv in ishikawa,rv station
  4. 田舎バックパッカーハウス,石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記,秋葉博之,秋葉洋子,ぶー散歩,穴水町 車中泊, child in the countryside japan,noto,ishikawa,inaka backpacker house,rv in ishikawa, sakura,
  5. 田舎で仕事, 石川県 移住,穴水町 移住,中川生馬

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
【田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
田舎バックパッカーハウスの初代ユーザー、Netflixオリジナル映画「Locke & Key」に登場!
輪島に移住して20年以上 イギリス人漆芸作家Suzanne Ross(スザーン・ロス)さんとの出会いに関する旅記録1話目
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 2話目
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
都会の居心地良い空間食堂『料理とお酒 晴ル』が能登・穴水町岩車産の牡蠣を採用
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。