Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

能登での田舎暮らし:フリーランスの至ってシンプルで忙しい一日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【編集・追加中】この日はいい夕方、夕焼けだった。何度でも見られる夕焼け。

さて、「フリーランスってどんな1日の始まりなの?!」今日は至ってシンプルな一日について、移住先・岩車の景色の写真を載せながら、ちょいプライベートなトークを綴ろうじゃないか。

anamizu iwaguruma 穴水町 岩車

日々、ぼくは大体5:30前には起きている。2010年、旅が始まって以来、毎日が楽しい+忙しいからだろう。寝なければいけないのだが、「できるだけ起きて、いろんなことに取り組んでいたい。寝たくない」という日々が続いている。起床は早い。まぁ、とは言っても、やっぱり眠くなるけどね。

夜は大体2:00頃には寝るが、その日によって異なる。



遅いときは3:00、4:00ごろまで仕事で起きていることが多い。ここ1週間は早く、夜中までには寝ていることが多い。

朝は洗濯、食器洗い、家の片付けなどから始まり、それらを一気に終わらせる。7:30ごろ、家の前まで来てくれる光琳寺保育所のバスまで結生を送り、奥さんは近所の農家でバイトへ。最近は、ワラビ&カボチャ女になりつつある。

anamizu iwaguruma 穴水町 岩車 能登

ぼくは物事をサクッと綺麗に、可能なかぎり完璧に近い形で、終わらせるタイプ。掃除や家の片付けに関しては手際よく素早く終わらせる。

当然のことかもしれないが、結生にはお皿の上で食べること、お皿をさげること、お片付け、“やりっぱなし”にしないこと、一つずつ物事を終わらせることなどを、教えている。例えば、食後、お皿をさげることを忘れて、玄関で靴を履き始め、外へ出ていこうとすると、「お皿さげてね~!1つずつ終えてからね」と注意する。

anamizu iwaguruma 穴水町 岩車

娘に、真剣に話したり、もちろんときに怒ることもあるが、基本、「はい」と言うことをしっかりと聞いて、最終的には、きちんと、やらなえればいけないことを行うので、親ばかな表現にはなってしまうが、本当に“良い子”に育っていると思う。

そう細かいことではなく、当然なことだとは思うが、小さなうちから、「当然なこと」「基本的なこと」の対応に慣れると、それらが体に染み込み自立したときが楽である。



その後は、あとはいかに自分をもつかである。

一方… 奥さんの汚しっぱなし・こぼしっぱなしなど、いわゆる“やりっぱなし”は、めちゃくちゃ多く、それを言っても、なかなか聞いてくれず、「またか…」「根本をなおしてくれれば、言う必要ないんだけどなぁ」と思いつつも、可能な限り優しく注意するわけだが、ストレスがたまると、大変なことになるので、最近は“言うこと”を控えている。ドアの開け閉め、お皿の裏が洗えなかったり、コーヒーのこぼしっぱなし、あらゆる瓶の蓋が閉められなかったり、歯ブラシ後、なぜか歯ブラシを洗えないのか歯磨き粉を落とせなかったりなどなど…「え?!なんでこれ最後まで終わらせられなかったの?!(-_-;)」という…“中途半端”な事態が多い。

anamizu iwaguruma 穴水町 岩車

正直なところ、ぼくは性格上、“ざっくり”タイプで、そんな細かいことを言っているつもりはない。それで、ぼくが「またやりっぱなしだよ~」と普通に言うと、理解不能な逆切れから、“深刻な状態に陥る”ことが多々ある(苦笑)

なので… ここ数年以上?!はぼくのほうで、中途半端な“やりっぱなし”の片付けをすることが多いため、日々やることが増えて、大変ではある。もちろのこと、“家事”というやつだけでなく、仕事の“稼ぎ頭役”も演じなければいけないので… 時間が足りない。

やはり、「根本/基本な原因がどこになるのか?」を見つめることは重要だが、長年の“習慣”が体に染みついていると、それを軌道修正することは難しい。ぼくのほうで“修正”、最初から最後まで「やってしまったほうが早い」という結論になってくる。



田舎や都会問わず、ちょい現実的な話しではあるが…

anamizu iwaguruma 穴水町 岩車

そんなこんなで…

自宅勤務のフリーランス/個人事業というのは、仕事だけでなく、なにもかも期待されるわけだ。

それらを済ませ、仕事が始まり、17:30ごろ、結生が帰ってくると、ブランコや岩車の海や畑エリアを「探検、探検、探検しましょ」「冒険、冒険、冒険しましょ」と歌いながら散策。最近、結生がはまっているのが、ペダルなしの自転車だ。

anamizu iwaguruma noto 穴水町 岩車 夕日 綺麗な田舎

最近は、週2日のテニスに、連れていき、テニスコート側の“外”で夕飯、歯ブラシを済ませて、テニスの練習。21:00前には、そのまま“動く拠点”ハイエースの快適なベット+寝袋で結生を寝かせる。

寝袋は最近の結生の大好きな寝床である。

anamizu iwaguruma 穴水町 岩車

そして、結花が作ってくれた美味しい夕飯を食べて、食器を洗い、キッチンの汚れを落とし、その後もなにかと片付けを始める。

シャワーを浴び、2日に1度ほど、風呂場の床などをたわしでゴシゴシと洗い、洗濯物をつけ置きして翌朝に備える。

その後、結生の歯をしっかり歯ブラシし、「結生ちゃん、布団敷いてきて!敷いたら、そのまま布団に入って、先に寝ててね」と、自分で布団を敷かせ、21:00までには寝かせるようにしている。

寝る前に時間があれば、英語版のディズニーやジブリ映画を鑑賞して2人もしくは結生1人で寝る。

anamizu iwaguruma 穴水町 岩車 サンセット 夕焼け

もしくは添い寝していると、「父ちゃん、お仕事でしょ。お仕事頑張ってね」と言ってくれ、結生1人で寝ることも多い。

ぼくも寝てしまうこともあるが、夜中再び起きて、仕事に入る。

能登での田舎暮らし… 「ふつ~な日」というのは、至ってシンプルである。もちろんのこと、これらだけではない。経理、掃除、草刈りなど、フリーランス/個人事業主は、“行わなければいけないこと”は盛沢山である。

iwaguruma anamizu 穴水町 岩車 能登

anamizu iwaguruma 穴水町 岩車 サンセット 夕焼け

anamizu iwaguruma 穴水町 岩車

anamizu iwaguruma noto 穴水町 岩車 夕日 綺麗な田舎

anamizu iwaguruma noto 穴水町 岩車 夕日 綺麗な田舎

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 石川県内最大手地方銀行から農家に 能登岩車の33枚の田んぼをカボ…
  2. water-purifier-tank 高槻 浄化槽 ポンプ 能登での田舎暮らし:合併浄化槽のポンプ ブロワー自身で修復
  3. キリコ祭り 体験 “キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』1話目: 世界農業遺産…
  4. 奥能登で語る: ソニーにいたころの“ちょっとした”広報話し
  5. 田舎へのバックパッカー旅の合間に…有楽町の外国人記者…
  6. 田舎暮らし 道を切り開く 重要 能登・穴水町岩車の田舎/地方へ移住してあと少しで2年……
  7. 外付けキーボード スマホ 仕事 work with smartphone 能登から東京へ 広報などの仕事で ~ シンギュラリティ大学CEO…
  8. 石川県 能登 穴水町 岩車 大雪 Ishikawa Noto Anamizu Iwaguruma Heavy Snow 能登での田舎暮らし:大雪 北陸一部地域では記録的積雪だが…岩車で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

渡り鳥とカタツムリ, 車中泊 漫画 【メディア掲載】車中泊旅漫画「渡り鳥とカタツムリ」に能登・穴水町川尻の住める駐車場「田舎バックパッカーハウス」がリアルに登場中 ジャパファンカップ サッカー 福島 国際親善試合 リトグリ 福島でU-18東北選抜 対 東南アジア選抜の国際親善試合「JapaFunCup<ジャパファンカップ>」開催 静岡第一テレビ はなびらたけ ホホホタケ 電球 大井川電機 【田舎で仕事】静岡第一テレビ「まるごと」“阿佐ヶ谷姉妹”コーナー枠に“幻のキノコ”「ホホホタケ」登場 ~ 食べチョクで販売開始 ~ 米国人一家 水揚げ体験 穴水 能登かきに舌鼓 能登地方を家族旅行で訪れた米国人三人が三日、穴水町岩車で、旬を迎えている特産「能登かき」の水揚げ作業を体験し、日本の漁業や食文化について理解を深めた。参加したのは金沢市内の高校で外国語指導助手(ALT)を務めるパトリック・ケイレブ・フレンドさん(26)と、米国・テキサス州から初めて来日した父親のパトリック・フレンドさん(51)、母親のエイミー・フレンドさん(51)。能登半島で体験型の旅を企画している中川生馬さん(40)=岩車=が協力した。三人は二日、同町に到着し、殻が付いた能登かきのバーベキューや、地元産のワインや日本酒を味わった。翌三日、漁師の河端譲さん(45)=同=が養殖しているかき棚でいかだにつるされたかきを引き上げた。漁師の仕事に強い関心を寄せ、複数に固まったかきを一つずつばらす作業も熱心に行った。パトリック・ケイレブさんは「日本の昔ながらの文化を楽しく体験できた」と喜び、父親のパトリックさんは「漁師の仕事の大切さや大変さを知ることができた。素晴らしい時間だった」と顔をほころばせた。エイミーさんは「かきの殻に残った汁に日本酒を入れて飲んだのがおいしかった」と通な飲み方を気に入った様子だった。三人は四日、帰路についた。(田井勇輝) 【メディア掲載】アメリカ・テキサス州出身の一家 能登・穴水町で田舎体験 アネックス リコルソ キャンピングカー 国内旅行はバックパッカー+クルマで楽しくなる、オフィスや寝床がある動く秘密基地が欲しいと思ったら

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。