Van Life - バンライフ

「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと | NHKスペシャル記事「車中の人々 駐車場の片隅で」から考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影

車上生活、車中生活、車中泊、いまや格好よく言えば、「バンライフ」と呼ばれる新たな世界がある。

「サラリーマンライフ」「田舎暮らし」など、様々な大カテゴリーのライフスタイルの中にも様々なジャンルの暮らし方があるように、「バンライフ」の中にも幅広い考え方の元、この暮らし方を実践する人たちが存在する。

昨晩、NHKスペシャルで、以下の放送があった。

道の駅で夜を明かす――彼らはなぜ「車中生活者」になったのか

ぼくはこの番組を観られなかったが、この記事を読むかぎり、主に「車中生活」「バンライフ」の“影”“闇”を探った番組内容となっていたことだろう。

田舎に生活拠点を置きつつも、バンライフ、車中泊、車旅をする一人として、単純かつ純粋に思ったことは… 今回の番組のように、「バンライフ」というライフスタイルを送る人の背景には、ポジティブ&ネガティブ面、様々な理由と事情があるということ。

van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影

動く家、クルマ、バンライフ生活をする人たち含め、あらゆる事情・背景で、現在のライフスタイルに辿り着いた人々がいる。

今回のNHKスペシャルに映された人々は、そんな中でも、言い方は悪いが「車中生活に“なってしまった”」「車中生活しか選択肢がなくなってしまった」「仕方なく車中生活になった」人々。

例えば、借金を抱え、シェルターとなる家が車しかなくなった、精神的な病を抱えているため自身が住んでいたコミュニティに住むことが耐えられなくなった、などなど。

そういった人たちを映し出した「車中泊」特集となった。

このような特集ばかり観てしまうと、「やっぱり、『バンライフ』『車中生活』って、どん底までいってしまった人たちが送るライフスタイルなんだ」と脳裏に焼きついてしまう。

ただ、一方では、今や「バンライフ」「車中生活」をポジティブにとらえ、「車を仕事や生活の拠点にして、毎日、違う景色に寝起きしたい!」「旅しながら、仕事や生活したいからバンライフ実践したい!」など、ポジティブな背景から、車に住むことを選択し、積極的に自ら「バンライフ」「車中泊」を始める人々もいるわけだ。

車中泊生活ブームが日本到来か、欧米発「バンライフ」の魅力と現実

富士山 車中泊 バンライフ

そんな傍ら、この世界には、なんらかの事情で家や財産を失い、「家を手放し、“無料”駐車場とトイレがある『道の駅』のような施設に車を停めて、そこに住むしかないか…」と、車上生活などになってしまった人もいることも現実。テレビに映し出された車を生活拠点にして暮らす人々がいるように、ネガティブな事情から「車中生活」が始まった人々がいることも現実だ。

だが…

番組に関する記事をみて、一つ目に感じたことは、前にも書いたが、今の時代 車中生活を積極的に実践したい人もいるので、「車中生活を送る人は、貧乏人や生活が厳しい人オンリー」という方程式だけを根付かせるべきではないと感じてしまった。

どのような暮らし、固定された家に住むという従来型のライフスタイルのカテゴリーだろうと「貧困層」は存在し、言うまでもないが「富裕層」「中間層」など様々だ。

視野の広い人ならば、わかるかと思うが、まだまだ「バンライフ」は発展途上の段階で、知る人ぞ知るライフスタイル。車中生活、バンライフに入りこむ人たちの全てがネガティブ思考から入りこむわけではない。

vanlife michitolife ミチトライフ バンライフ

その理由に関しては、ざっくりではあるが、以下記事でも書いている。

“ざっくり”特集: クルマで“移動暮らし”できる時代 始まる『移動型定住』『動くX』

今回のNHKスペシャルの特集記事をみて、「車中生活ってこれだから…だめだよなぁ」「バンライフもこんなもんだろう」と思ってしまう人たちがいるかと思うが… 従来型の「サラリーマン・ウーマンライフ」にも、たたみ一畳生活、1DK生活、路上生活、ホームレス、段ボールの家に住む人など、従来の固定された家で暮らす人々のカテゴリー内にも様々な事情が存在する。

なので、「バンライフ」を選択した人たちの全てが「行く場を失った人たち」と連想させる「絵」ばかりを映し出すことはいかがなものかと思ってしまった。

貧困層を支える拠点もバンライフ・プラットフォーム内に必要?

最後に、今回の番組内容に関する記事を見て、ぼくが感じたことは…

重要なことは、あらゆる生活事情、多様性に耐えられる社会基盤と、社会の視野の広さが重要では?という点。

繰り返しだが、どのような暮らし方のカテゴリーにいようと、そのカテゴリー内には厳しい生活を送っている人たちが必ずいる。

そして、公園などで路上生活者を支えるボランティア団体の人たちがいるように、仕方なく、バンライファー/車中生活者になった人たちもいるので、そのような人たちを支える組織、器の大きいコミュニティ、個人の必要性と重要性を感じてしまった。

ぼくらが住む世界には、競争、資本主義社会が構築されてしまったが、その社会に住みたくない、順応できない、矛盾を感じている人たちなど沢山いることだろう。

無理やりこの資本主義社会に入れられてしまったと感じている人たちもいるはずだ。だが、従来の資本主義社会からなるライフスタイル一択しかない… とストレスを感じながら、仕方なくこの社会で暮らす人たちも多いはず。

ライフスタイルの選択肢の少なさから、そう感じる人もいて、耐えられなくなり、車を拠点としたライススタイルを選択した人たちもいることだろう。

みんながみんな従来の生き方で暮らしたい、満足したいわけではない。

固定された家に住む従来のライフスタイルの中にも、“仕方なく”路上生活、公園でのテント生活をする人たちがいるように、車をベース拠点にした「バンライフ」の現実にも、仕方なく車に住む人たちもいる。

van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影

ぼくは、車中泊スポット、駐車場に長期滞在可能で住める駐車場とシェアハウスを運営するオーナー。

今は「車中泊」「バンライフ」という旅やライフスタイルを好んで実践している人たち向けに、レジャー要素がほとんどの「バンライフ」スポットを運営している。

しかし、公園で炊き出しを行い、路上生活をサポートするボランティア団体があるように、今後、「バンライフ」の世界にも、「仕方なく車に住む人たち」をサポートする「バンライフ」のシステム基盤も必要になってくるのでは?とも感じた。

…と感じつつも、今は、あらゆる意味で、ぼくにそれだけの器はなく、そのようなボランティア的な場をつくる余裕はない。

また、そのようなスポットをつくったとしても、地域や家族が受け入れてくれるのか… という課題もある。

こういった現実を知り、社会があらゆるライフスタイルを尊重し、受け入れ、課題含め対応することも重要ではないだろうか?

様々な理由や事情を把握して、あらゆるタイプの人たちを受け入れられる器の大きさ・人柄と、体制の確立、人間性の豊かさ持ち合わせる人間になっていきたいと思っている。

バンライフをしたい学生たち

アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの大学に通う生徒の中には、学費を節約し、卒業後、すぐに成功の軌道に乗せたいという背景から、旧輸送車、救急車、従来のバンなどを改造して「バンライフ」を選択する人たちもいる。

そして、「大学構内の空き駐車場をバンライフ生徒のためにオープンしては?」とそのような暮らしを応援する大学のスタッフもいる。

● Students Build Tiny Homes in Vans and Trucks While SF Rent Soars
https://www.nbcbayarea.com/news/local/making-it-in-the-bay/students-build-tiny-homes-in-vans-and-trucks-while-sf-rent-soars/2231378/

社会には様々なライフスタイルがあって良しと考える。一つのライフスタイルだけではない。

「選択肢が存在」していることが重要だ。みんながみんな、従来の暮らし方で人生を過ごしたいわけではない。

「こんな暮らし方ありえん」と、否定的で頑固な考え方ばかりするのではなく、様々な暮らし方に対する考え方をお互い尊重し合える社会の確立が重要だと思っている。

van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影

コナージェサップ, 日本, シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, 能登, 穴水町 お知らせ:シェアハウス、コワーキングスペース、バンライフステーションなど多目的・多用途の家「田舎バックパッカーハウス」をオープンしました!

 

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
  2. 田舎で仕事: 日経産業新聞1面に再びカーステイ
  3. つぶやき ツイート ブログ 自分の稼ぎ・収入について 奥さんに言えない理由とは?
  4. 穴水町 岩車 能登 夕暮れ ホームページのトップページ 更新か削除か… どうする…
  5. about-inaka-backpacker-house 田舎バックパッカーハウス <まとめ>
  6. つぶやき ソーシャルメディア用の“ざっくり”略歴作ってみたが……
  7. LIFE with my VAN ~ クルマでのライフスタイルが…
  8. ハイエース ソーラーパネル Car Solar Panel 田舎旅:サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

福岡県 小呂島 day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~ 北陸中日新聞 カナダ人映画監督 穴水で脚本 能登暮らし 創造力刺激 コナージェサップ メディア掲載:中日新聞『カナダ人映画監督 穴水で脚本』コナー・ジェサップ “歯が抜けてまで”制作した『上勝くるくるまっぷ』の中身とスゴさ work space countryside in Japan コナー・ジェサップ、まだまだ『クリエイター・アーティスト向け“田舎”ワークスペース』で執筆中 wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本 北海道へのバックパッカー旅: 日本で最も大きい野生動物マッコウクジラと国後島側にいたシャチ

今季の牡蠣出荷・販売開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

能登・石川県穴水町のシェアハウス・バンライフステーション『田舎バックパッカーハウス』

動く家 モバイルハウス 軽トラハウス モバイルハウスビレッジ
  1. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント
  2. バックパッカー 石川県 日本
  3. 能登 石川県 穴水町 川尻 シェアハウス 田舎バックパッカーハウス
  4. オレゴンコースト 歩く
  5. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  6. 薪ラーメン 薪暮らし 田舎暮らし

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP