Media / PR - メディア掲載

メディア掲載:カナダ出身の映画俳優/監督コナー・ジェサップ執筆雑誌「BOYS BY GIRLS」に結生登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Connor Jessup Yui Boys by Girls

2017年7月中旬ごろから、約1カ月間、能登・岩車の“田舎”職場『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』を利活用してくれたカナダ出身の映画監督・脚本家・俳優のコナー・ジェサップ(Connor Jessup)が、田舎バックパッカーの結生が載った雑誌「BOYS BY GIRLS」を郵送してくれた。

Connor Jessup Yui Boys by Girls

「BOYS BY GIRLS」年に2回発行されるイギリスのファッション・アート・ドキュメント系の雑誌。

ファッション系雑誌とは言っても、写真をメインに、自然の中で暮らす結生を取り上げている。

合計192ページ、約1センチの厚さの雑誌で、コナーが書いた結生に関する“特集”記事はトータルで10ページ。いきなり海外デビューした結生だ。

Connor Jessup Yui Boys by Girls

コナーが載せた写真は全てフィルム型の2眼や1眼レフカメラで撮影したもの。ほぼ全てがバックパッカーの娘・結生ばかり。

Connor Jessup Yui Boys by Girls

そして、ここ岩車で、コナーが感じたこと、主に結生とコナーの違い…いかに子供と大人が同じか…という点を日記のように綴っている。

Connor Jessup Yui Boys by Girls

Connor Jessup Yui Boys by Girls

 
つい先週、コナーは、カンヌ国際映画祭でグランプリの受賞経験があるタイの映画監督Apichatpong Weerasethakul(アピチャートポン・ウィーラセータクン)さんに関するドキュメンタリー映画をFilm Struckで公開した。残念ながら、この映画は北米を中心に公開されているので、日本では観ることができない。

次にコナーが手掛ける映画は、ここ岩車の「クリエイティブ“田舎”ワークスペース」で書いていた脚本の長編映画だ。

Connor Jessup Yui Boys by Girls

田舎バックパッカーが運営する「クリエイティブ“田舎”ワークスペース」とは、プログラマー、作家、アーティストなど向けに職場として貸し出している自宅の空き部屋のこと。

別途、現代的な言葉で言うと「コワーキング・スペース」や「シェアオフィス」みたいなもの。

Connor Jessup Yui Boys by Girls

Connor Jessup Yui Boys by Girls

Connor Jessup Yui Boys by Girls

コナー・ジェサップが登場している作品 ※他にもメジャー作品があるのだが、日本ではDVDやBD化されていない

『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』について

「クリエイティブ“田舎”ワークスペース」とは、田舎バックパッカーが移住先・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)の自宅で運営するレンタルオフィススペース。

都会では体感できない“穏やか”で落ち着いた「能登の里山里海」の自然環境のようなスポットを“仕事場”として求め、日本の田舎/地方へやってくるコナーのような映画監督・脚本家などのライター、プログラマーなどが活用できるスペースとなっている。

ざっくり言うと、都会にある「シェアオフィス」や「コワーキングスペース」の田舎バージョンみたいなものだが、ワークスペースが囲まれている環境は。もちろんのこと、ダイニング、キッチン、トイレ、シャワールームなどは共有スペースとして使用することができる。

里山と里海に囲まれている農産漁村の岩車は、仕事スペースとして落ち着く環境。気分転換に、湖のように穏やかな海沿いを散歩、ジョギング、サイクリングしたり、コーヒー片手に、ただ単にそこらに座って、のんびり落ち着くのもお薦め。

岩車は、人口約100人前後の小さな農産漁村で、穴水町の1地域。60歳・70歳・80歳になっても、漁や畑をしているおばあちゃん・おじいちゃんがいる元気な村。牡蠣やナマコ漁も盛ん。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. vanlife japan バンライフ バックパッカー メディア掲載: 「Wantedly」薪ストーブ囲って「カーステイ…
  2. バックパッカーが読みたくなる今月のビジネス誌 前編 ~ 未来のワ…
  3. 田舎体験 countryside experience 田舎バックパッカーのメディア掲載:能登・岩車『田舎体験』で盛り上…
  4. 能登・穴水町中居(石川県) - 中居湾ふれあいパークに出没したイルカ 田舎専門誌「田舎暮らしの本」取材中に出現した大きな“背びれ”
  5. zdnet japan headline newsletter 大手IT系メディア『ZDNet』編集後記に田舎バックパッカーが載…
  6. 中日新聞 田舎体験 穴水の豊かな里海親しむ 県外在住の5人、釣りなど体験 米国や東京で暮らす会社員ら五人が今月下旬、穴水町を拠点に能登かきの水揚げや釣りを満喫し、能登の豊かな里海と親しんだ。 【メディア掲載】中日新聞『穴水の豊かな里海親しむ 県外在住の5人…
  7. NHK 所さん 大変ですよ 爲 能登 石川県 【メディア掲載】今日(11月28日)のNHK総合『所さん!大変で…
  8. VANLIFE JAPAN INAKA Backpacker メディア掲載: 今日オープンのバンライフ専門メディア「VANLI…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

仕事しながら“ちょい”田舎旅: 岩車の“海”に椅子をセットして anamizu noto ishikawa Is living in Japan expensive? vanlife wedding バンライフ ウェディング クルマ 結婚式 <写真で語る>「カートラジャパン2019」裏で開催 サプライズ『バンライフ・ウェディング』 石川県 移住特使 石川県の移住促進プロジェクト「いしかわ移住応援特使」に任命 ジャパファンカップ サッカー 福島 国際親善試合 リトグリ 福島でU-18東北選抜 対 東南アジア選抜の国際親善試合「JapaFunCup<ジャパファンカップ>」開催

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
バンライフ・ステーション 能登 穴水町
  1. 田舎暮らし 子育て 日記 娘 穴水 石川県
  2. 能登 石川県 穴水町 大雪
  3. 石川県 能登 穴水 能登 大雪
  4. Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 能登 かき 石川県 販売
  5. 石川県 能登 穴水 能登 大雪

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売! ~ 2021年出荷・販売開始! ~
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家スザーン・ロスさんとの出会い
【ざっくり特集 - VANLIFE 2】豊かな車上生活『バンライフ』は実現可能
田舎バックパッカーハウス < 公式概要と利用料金について>
輪島に移住して20年以上 イギリス人漆芸作家Suzanne Ross(スザーン・ロス)さんとの出会いに関する旅記録1話目
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
【田舎でITレビュー】中国・中華製スマホ、テザリングでWi-Fi電波・SSIDが見つからない?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。