Media / PR - メディア掲載

【メディア掲載】クルマ旅と車中泊雑誌「カーネル」表紙に登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
モバイルハウス 動く家 ハイエース クルマ旅 車中泊 クルマ暮らし

能登・穴水町岩車(石川県) – さてさて、田舎旅するパックパッカーのぼくとファミリーメンバーがクルマ旅 雑誌「カーネル vol.25 2015年夏号」の表紙に“ゆる~く”登場した。

カーネル 表紙 家族 車中泊 バンライフ vol.25 2015夏

バックパッカーの“動く拠点”を活用して、「どんな風にクルマ旅や車中泊を楽しむか」がコンテンツになっている雑誌。
ぜひぜひ、こちらから購入を!

● クルマで遊牧民的なライフスタイルもいいんじゃない?

“移動型定住”ってのも悪くないなぁ。これぞ本当の“移住”!?

ハイエースが“家”仕様になっているってどういうこと?

クルマ旅生活...興味はあるなぁ~

● クルマ旅どこでどうやって寝るの?快適?

● 楽しいクルマ旅で旅費を抑えたいなぁ。

● クルマ旅を快適にするアイテムは?夏暑いし冬寒くない?

● ハイエースがキャンピングカー化?クルマ旅?

“密かに”思っているみんな、これを機に一冊どうかな?

参考になるテクニックや旅先が載っているよ。

van life japan countryside バンライフ 田舎 車中泊

「カーネル」表紙の撮影場所

表紙の撮影場所は、ここ能登・穴水町岩車の漁港。

撮影のために、カーネル/TRAMPIN’編集長の大橋保之さんと、カメラマンの岡野朋之さんが忙しいところ、約5時間かけて、北陸新幹線とのと鉄道に乗り、遙々 東京から能登・岩車まで駆けつけてくれたのだ!

“動く拠点”ハイエース、旅に欠かせないバックパック、海を背景に、地元・漁師の川端勝男さんの真牡蠣と一緒にパチリと撮影。

能登・穴水町岩車(石川県)での「カーネル」表紙 撮影 Front page photo shoot in Iwaguruma Noto 能登・穴水町岩車(石川県)での「カーネル」表紙 撮影

そして「旅を楽しみ、美味いビールで一日を締めくくりたい」という背景からテーブルには“ゆる~く”クラフトビール!

クラフトビール王国 長野から「オラホ」のペールエールとキャプテンクロウ。とにかく味わいある極上のクラフトビール。まだ載せていないが、能登から遥々、本拠地がある長野県東御市のオラホヘ行き、ホップ狩り体験に参加するほど...とにかくうまい!

旅雑誌「カーネル」は旅仕様のクルマを活用すると

●「どうやって旅を楽しめるか!」

●「どんな旅先があるか!」

●「どんな場所に泊まれるか!」

●「クルマをどんな装備にしたらクルマ旅を楽しめるか!」

などが主なコンテンツとなっている雑誌。

van life japan countryside バンライフ 田舎 車中泊

「今夜、“カーネル?”」「カーネル」ってどんな意味なの?

ちなみに「カーネル」は、「カー=Car」と「ネル=寝る」の造語で、釣り人たちが使っている“専門”用語。

釣り人たちは夕方ごろから、釣りをして、その後眠くなったら、クルマで寝ることが多い。そんなとき、仲間同士で「今日、“カーネル?”(クルマで寝る?)」とコミュニケーションをとるそうだ。

「カーネル」の出版社は地球丸。多くの人に知られている雑誌は「天然生活」。

最近は軽自動車のキャンピングカー“軽キャンパー”スタイルが人気だったりと、キャンピングカーが需要は増えている。ハイエースがベース車両のキャンピングカーはちょっぴり高額なので、将来の“夢”クルマと位置づける人が多いようだ。

vanlife japan ハイエース 内装 バンライフ アネックス リコルソ

クルマ購入・・・どうせなら楽しいクルマがいいよね。

特にこのカーネル!先頭特集を担当しているのは大友人の稲垣朝則さんが担当。稲垣さんは“クルマ旅”専門家として、地道に長い道のりをこつこつと一人覚悟して歩んできたんだよね。

今回の表紙登場の件、彼には内緒にしていて、「今月、手元にサプライズプレゼントが届きますから!」と伝えているから、今ごろ、驚いているんだろうなぁ。(笑)

ちなみに夏号のカーネルの特集スポットは“日本の海外”「北海道」。北海道と言えば“札幌”などをイメージしてしまうが...北海道は計り知れないコンテンツ/魅力があるんだよね。

余談...バックパッカーのメディア登場の“ぼやき”

田舎へのバックパッカー旅を始めて、最初に登場したのは実は「日本経済新聞」。

今回の表紙登場を機に、これまでのメディア露出を振り返ったわけだけど、それにしても...初めてのメディアが日経とは、広報という職業柄、いきなり“ありえない”と我ながら...驚き。

っが...“中川生馬”として“広報力”を積み重ねてきた成果だろうか!?

その後、ちょこちょことメディアに登場させていただき、“動く拠点”がハイエースということから、トヨタ自動車ホームページのハイエースコーナーにまで紹介された。

そのとき(2012年9月)に…すでに「移動型定住スタイル」について語っているとは…

● 日経の記事はこちら 人生、後悔したくない 震災半年、変わる若者

● トヨタ自動車ホームページの紹介記事はこちら

バンライフ クルマ暮らし 移動

一組織や会社としてならわかるが、フリーランス/バックパッカー/個人として登場しているわけだ。しかも...ぼく個人の“私事(しごと)”は、積極的にメディアに働きかけるなど、これまで広報をしたことがない。

生き方が“面白がられている”証拠だろうか!?

ぼくの仕事/私事(しごと)は、そんな特別なことではない...都会には“ごまんと”ある。正直なところ、遠隔ではやりにくい職種だが、「こうすればなんとかなるのでは?!」っと、なんとか工夫をしてこなしている。

今月から新たに

今月から、セキュリティコンサルティングのLRM株式会社の広報サポートが始まり、ちょこちょこと東京への一人旅が増える予定!

LRM代表・幸松さんとは気が合いそうなので、一緒に仕事できるのは楽しみだなぁ。

今年もワークスペースとリビングが搭載された“動く拠点”ハイエースが活躍しそうだよ。

カーネル 表紙 撮影

 

Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!
シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 【お知らせ】『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 東奥日報 2020年7月29日 車中泊 バンライフ 中川生馬 田舎バックパッカーハウス 【メディア掲載】青森県の地方紙「東奥日報」でも「バンライフ 車で…
  2. MROラジオ タニカワ旅行社 【メディア掲載】MROラジオ「有限会社タニカワ旅行社」に3月15…
  3. GAZOO 田舎バックパッカーハウス バンライフ ステーション vanlife station livable parking space 【メディア掲載】トヨタ運営「GAZOO」に奥能登の「バンライフ・…
  4. MRO 絶好調W 【メディア掲載】MROテレビ 2時間スペシャルのバラエティ番組『…
  5. 【メディア掲載】クルマ旅雑誌にハイエースを拠点にしたバックパッカ…
  6. 2016年 6月 BonNo 登場 バックパッカー 穴水町 能登 Ishikawa noto anamizu iwaguruma 北陸三県の地域情報誌『BonNo』のファッションスナップコーナー…
  7. outdoor backpacker magazine Bepal バックパッカー 特集 日本最大のアウトドア雑誌『BE-PAL』のバックパッカー特集に『…
  8. 【メディア掲載】バックパッカーが読みたくなる今月のビジネス誌「未…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

VANLIFE JAPAN INAKA Backpacker 【メディア掲載】今日オープンのバンライフ専門メディア「VANLIFE JAPAN」に登場! スタートアップビジネスプランコンテスト いしかわ2020 Carstay 宮下晃樹 Carstay代表の宮下晃樹さん、ISICO「スタートアップビジネスプランコンテスト いしかわ2020」へ 輪島塗 漆器 スザーンロス day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~ 珠洲 つばき茶屋 day 13.1 奥能登一周旅 珠洲の『つばき茶屋』へ カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar キャンピングカーのカーシェア本格稼働 車中泊仕様の車を激安利用?!車中泊仕様の車で副収入も?!

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎バックパッカーハウス
  1. 田舎バックパッカーハウス
  2. やっさ祭り, 広島県三原市, yassa camp
  3. ノスケ バンライフ, 沖縄 ちより,田舎バックパッカーハウス,石川県 穴水町, 田舎暮らし,移住,地方移住,穴水町 車中泊,車中泊 石川県,japan,noto,ishikawa,inaka backpacker house,rv in ishikawa,rv station
  4. 田舎バックパッカーハウス,石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記,秋葉博之,秋葉洋子,ぶー散歩,穴水町 車中泊, child in the countryside japan,noto,ishikawa,inaka backpacker house,rv in ishikawa, sakura,
  5. 田舎で仕事, 石川県 移住,穴水町 移住,中川生馬

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
田舎バックパッカーハウスの初代ユーザー、Netflixオリジナル映画「Locke & Key」に登場!
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【Carstay車中泊スポットレビュー】発掘感掻き立てる長野市鬼無里にある「いろは堂 長野本店」
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
day 70.3 予想外の日本滞在約20年 「ペンキ塗りは得意、3ヶ月で輪島塗をマスターできると思った」と漆芸作家スザーン・ロスさん
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。