Noto Anamizu Town - 能登 穴水町

今日午後のワークスペースは穴水のカフェ『フリースタイル』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コナージェサップ 穴水町 フリースタイル Connor Jessup countryside

一つのスペースで集中するのもいいが、ずっと同じ場所での執筆というのは、少し飽きてくるし、捗(はかど)らなくなってくる。

ちょい“違った”場所で仕事をするのもいいもの。

たまには、場所を変えてカフェへ。フリーなワークスタイルの仕事場は自由。

コナージェサップ 穴水町 フリースタイル Connor Jessup countryside

今日、コナー・ジェサップくんと、バックパッカーのぼくが向かった“仕事先”は穴水町中にあるクラシックなカフェ『フリースタイル』。

ここは“クラシック”なスタイルのカフェ。日本の昭和と、そのときに流行った洋風な雰囲気があるって感じかな。

コナージェサップ 穴水町 フリースタイル Connor Jessup countryside

創業43年だが、以前は「ポルポラ」という名称で、異なる場所にカフェがあったそうだ。

現在の場所に移転したのは38年前。

“自由気まま”という意味をもつ「フリースタイル」に名称を変えた。

コナージェサップ 穴水町 フリースタイル Connor Jessup countryside

内装が木でデザインされていたり、外装の赤レンガづくりも、またいい感じ。

東京など都会のカフェとは違い、混雑していないのも嬉しい。

1時間毎に数人のお客さんが入れ替わりで、「フリースタイル」に入ってくる。

「混雑もせず、この数人がローテーションするぐらいのバランスいいなぁ」とコナーくん。

穴水町 カフェ ランチ

穴水町の“昭和感”溢れる昔ながらの喫茶『フリースタイル』へ ~ コーヒーはサイフォン式 ~

フリースタイルのマスターは船の修復なども手がける。昼どきは、そう滅多に見かけることはないそうだ。

ちょい落ち着きすぎて、仕事をしたくなくなる。それに今日は…早朝5:00起きだったのでね。

その後、結生を保育園でピックアップして、ぼくはテニスへ。

 

フリースタイルの概要

営業時間: 9:00〜23:00
定休日: 毎月第2日曜日
場 所〒927-0026 石川県鳳珠郡穴水町大町は24
電 話: 0768-52-2004
席 数: 27席
駐車場: 2台 (「道の駅 あなみず」の駐車をお薦めする)
アクセス: のと鉄道 穴水駅や「道の駅 あなみず」から徒歩1分

コナージェサップ 穴水町 フリースタイル Connor Jessup countryside

コナージェサップ 穴水町 フリースタイル Connor Jessup countryside

穴水町 中居 ポケットパーク Anamizu Nakai Park Quiet Ocean

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. day 7.2 石川県穴水町 次世代の板前寿司屋『幸寿し』
  2. stars ishikawa, anamizu stars, noto stars, 穴水町 星空, 石川県 星空, 能登半島 星空, 移住 星空の町, 星空 綺麗 田舎 【能登での田舎暮らし】星空の村 天の川の時期到来 運営する能登…
  3. 穴水町 川尻 事故 聖頌園 Anamizu Accident 速報:穴水町川尻の橋で老人ホームのクルマ転落事故
  4. 32万部突破の書籍「里山資本主義」著者 NHK井上恭介さんと語る…
  5. day 7.1 田舎へのバックパッカー旅、石川県穴水町 NOTO…
  6. ウミネコパーラー かき氷 穴水町 金沢 『ウミネコパーラー』穴水町新崎店 閉店、金沢市石引店に完全移転と…
  7. 中川結花子 バックパッカー day 59.1 田舎暮らし体験の家に到着 北國新聞の取材を受け…
  8. 洋上パーティー ヨット ボート 上でパーティー <動画>田舎バックパッカーの『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

【メディア掲載】みらいワークス社の「みらいの働き方インタビュー」全2話 「思い込みを捨てる」「ライフスタイルの選択肢」 福岡県 小呂島 day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~ 【メディア掲載】バックパッカーが読みたくなる今月のビジネス誌「未来のワークスタイル…あなたは知りたくないだろうか?」 ハイエースファン 中川生馬 掲載 hiace traveler workandtravel hiace office 【メディア掲載】ハイエース専門誌「ハイエースファン」に“動く拠点”登場 – クルマ旅・バンライフ・車中泊に欠かせないグッズは? 能登 穴水町 味噌作り 高齢 元気 能登の田舎で…一日で12家族分 約360キロの“薪味噌”作り ~ 今年は“青”豆で! ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
石川テレビ イスラム 松井誠志 中川生馬 バンライフ
  1. 中日新聞 車中泊 田舎バックパッカーハウス バンライフ 安倍大資 池辺政人
  2. ママスタ mamasta 田舎暮らし
  3. 穴水町 岩車, 石川県 移住, 田舎暮らし, 能登半島
  4. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
能登の田舎にある志賀原発 再稼働するのか?大丈夫なのだろうか?
【メディア掲載】中日新聞「わが道を行く 車中泊の魅力 コロナ禍『新たな生き方』探り 全国から 穴水の滞在施設『バックパッカーハウス』」
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
バンライフ盛沢山の石川テレビのドキュメンタリー番組『裸のムラ』、映像祭「地方の時代」に入選
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。