INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

【田舎体験】岩車で牡蠣小屋“薪火”BBQ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu

午前中から15:30過ぎまで龍昌寺で有意義な時間を過ごしたぼくら『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』のみんなは穴水町の田舎バックパッカー宅へ。(前回のお話しはこちら

このお話しは先月の2月24日(土)・25日(日)に行った田舎体験1日半の内容だ。

穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu

穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu

今夜は能登・岩車産の牡蠣をメインにしたバーベキュー。牡蠣漁師も交えて、自宅の納屋で開催した。



まずは穴水町のスーパーと言えばここ!の「どんたく」へ、みんなで食材の買い出しへ。

やっぱり他県、田舎/地方のスーパーは都会と違い、食材の種類、置かれ方、価格などが違い、面白い。やはり、みんなが驚くことは、地元産の魚介類とその価格だ。

田舎体験 バーベキュー 食材 どんたく

穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu

産地の魚や野菜に関しては、都会と比べると価格がかなり違ってくる。魚屋さんは別かと思うが、スーパーに置いてある多くの魚は既にさばいてあるものばかりで、魚そのままが売られているケースは少ないのでは?

どんたくでは、ちょい野菜、肉、刺し身、干物、地酒、ワインなどを、みんなが選んで、食材を購入。

穴水町 田舎体験 バーベキュー 牡蠣

かなりの量の食材を購入した

約1時間、町の「どんたく」での時間を楽しみ、岩車へ。町からぼくの移住先・岩車までの距離は約10キロ、信号がほぼなく、渋滞なんて一切ないので、約15分で着く。ほどよい距離だ。

穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu

穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu

家には、地元・岩車の漁師が水揚げしたばかりの牡蠣、ナマコなどが待っている。

輪島 ビーガン モリクモ食堂 オードブル Vegan in Wajima Ishikawa

そして、「牡蠣はほどほど」って人向けには、事前に注文したビーガン・オードブルもある。ビーガン料理は、輪島・与呂見地区にあるビーガン食堂「モリ+クモ食堂」から注文したもの。

冬季、 与呂見地区は雪深くなるため「モリ+クモ食堂」は閉まっているが、お休みの期間中、オードブルの注文や配送サービスを行っている。5500円で、約3人分のビーガン+デザート、この価格・質・量で健康的なビーガンというのは嬉しい。

家でも、そこそこの量の料理が待っているわけだが、みんなが「どんたく」で購入した食材の量が半端なかった。特に刺し身が…

穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu

さて、キッチンで野菜を切って、外でバーベキューの火をつけて、みんなで準備を一緒にして、牡蠣メインのバーベキューが始まった。

今宵は何時頃まで飲み続けるだろうか… 写真を見て想像してほしい。(翌朝からの体験ストーリーはこちら

穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu

穴水町 牡蠣 天狗舞 Oyster in Anamizu

穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu

●ぼやき

ぼくは、この晩、常に針を持ち歩く“遊牧”スタイルの鍼灸師(しんきゅうし)・按摩(あんま)マッサージ指圧師 小林哲也さんに、長く傷んでいる首や肩周辺を軽くマッサージをして、固まっていた筋肉をほぐしてもらい、この日を終えた。

いやぁ〜、それにしてもコバテツさんのマッサージは、かなりぼくにマッチしていたなぁ。

現在、都内で鍼灸や按摩マッサージ指圧を行っているが、近々 治療室 賃貸の契約が終了するので、田舎移住も視野に入れて、今後を考えているそうだ。能登・岩車へ来てくれるといいなぁ。

輪島 ビーガン モリクモ食堂 オードブル Vegan in Wajima Ishikawa

穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu

結生はみんなに遊んでもらい、バーベキューの途中にぐっすりと寝てしまった

続きはこちら

 

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 最近の投稿一覧 – その一 能登・穴水町岩車に来た“…
  2. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡…
  3. 田舎で『感受性』豊かに…
  4. Noto Wine lunch 能登ワイン ブランチ 食事 田舎体験:ぶどう酵母パンと魚の“豪快唐揚げ”で『能登ワイン』ピク…
  5. 石川県 能登 穴水町 岩車 田舎体験 “牡蠣の穴場”で体験をベースにした旅「ざっくばらんな田舎ライフス…
  6. 子ども 感受性 バックパッカーの娘には感動したなぁ…って“ちょい”親バカなお話し…
  7. 穴水駅 観光列車 のと里山里海号 “私事(しごと)”つながりの鉄道好き記者、遥々能登へ ~ ざっく…
  8. <動画あり>ナマコな娘 今現在 外でお仕事+釣り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

石川県 穴水町 牡蠣 直販 能登・穴水町岩車産の牡蠣<かき>販売サポート中。水揚げ直後の牡蠣があなたの手元に最速翌日届く 牡蠣漁師 直送!最速翌日到着!牡蠣販売サポートページ オープン! 五島列島 小値賀,ブロッコリー農家,ぶうさん,今田光弘, goto ojika, mitsuhiro imada day 88.7 五島列島 小値賀島 自身のライフスタイルをプロデュースするブロッコリーとカボチャ農家のぶうさんと美保さん(最終話) 牡蠣, かき, はなびらたけ, アヒージョ 【メディア掲載】中日新聞 はなびらたけ「ホホホタケ」と牡蠣のセット販売サポート開始 あすなろ広場, 石川県 車中泊, 穴水町 車中泊, 能登半島 車中泊, 石川県 バンライフ, 田舎バックパッカーハウス, vanlife ishikawa, vanlife anamizu, vanlife japan 【能登での田舎暮らし】ぼくらは毎週バンライフ田舎旅をしている 工夫次第で旅はいつでも・どこへも “究極の車中泊スポット”「バンライフ・ステーション」に3ヵ月間住んだ夫婦の日々

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
穴水町 キャンピングカー, 保育園 キャンピングカー, 動けるおうちにノリノリ
  1. フリーランスって
  2. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  3. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  4. 広島県 三原市,佛通寺,紅葉
  5. はなびらたけ ホホホタケ ラーメン
  6. 能登 穴水町 牡蠣食堂 コーストテーブル Ishikawa Oyster restaurant Coast table

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
【25枚の写真が語る】保育園児にバンライフ熱弁!?「動くおうち、バンライフの時代くるからね~!」ってお話し
【メディア掲載】奥能登に移住した ただの一般人のぼくが映画『裸のムラ』に一主演として登場!?10月から全国で順次公開 〜 『普通を問う』ドキュメンタリー 〜 < 動画あり >
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
Carstayと田舎バックパッカー、国内初 中長期滞在“住める”民家の駐車場「バンライフ・ステーション」を能登にオープン
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。