Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

能登へ田舎旅…ジャパンテント三日目 朝食に「Mohinga」…そして輪島のキリコ会館と朝市へ with 田舎バックパッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

能登・穴水町岩車 – ぼくのバックパッカー宅では、ジャパンテント留学生 中国出身のシンシンとミャンマー出身ののワーワーをホストファミリーとして受け入れている。

「受け入れている」と言うよりも、ぼくにとっては、新しい“旅”友だちが、能登へ田舎体験しに来ているという感じだ。

●一日目の“懇親会”ストーリーはこちら

●二日目の“料理体験”や“夕飯”ストーリーはこちら
両ストーリーで「ジャパンテントってなんぞや?」についても載せている。

“ホストする/受け入れる”というより、みんなで交流して、みんなで楽しむという感覚のほうが楽しい。新たな友だちが能登の田舎へやってくると考えたほうが、「ジャパンテントやってみようかなぁ~?」と考えている人は、受け入れやすいだろう。

さてさて、今日はジャパンテント三日目。明日朝には能登を旅立ってしまうので、今日が最終日のようなものだった。

昨晩から飛び入り参加したは穴水に住んでいる友だちで、穴水高校や門前の高校で英語のアシスタント先生のBetsy(ベッツィー)も一緒に行動する!

ミャンマーのワーワー、まずは毎朝お決まりの「Thanaka(タナカ)」メイク

ミャンマーのワーワー、まずは毎朝お決まりの「Thanaka(タナカ)」メイク

朝から…ミャンマー料理「Mohinga(モヒンガー)」

ミャンマーのワーワーが昨日、「明日の朝、私がご飯をつくります!」と素麺を購入。卵や持ってきてくれた素で作ったスープを素麺にかけ、それにナッツ、揚げニンニク、唐辛子をかけて食べるのだが、これがうまいのだ!!

ミャンマーでは、この「Mohinga(モヒンガー)」 を朝食として食べるそうだ。

自身の国をこんな風に、料理をつくってアピールするというのもいいよね。

朝食に、ミャンマーのスープ「Mohinga(モヒンガー)」 を食べた。これがうまい!!

朝食に、ミャンマーのスープ「Mohinga(モヒンガー)」 を食べた。これがうまい!!

朝食で食べたミャンマーのスープ「Mohinga(モヒンガー)」 。スープには素麺が入っていて、その上にフライドガーリックや唐辛子をスパイスとしてふりかける

朝食で食べたミャンマーのスープ「Mohinga(モヒンガー)」 。スープには素麺が入っていて、その上にフライドガーリックや唐辛子をスパイスとしてふりかける

奥能登一周へ

今日は、町のほうで、韓国のジュアとロシアのナタリアのジャパンテント留学生を受け入れている伊豆田昭さん・節子さんと、みんなで何かをしよう!ということで、奥能登一周か、一日中「能登の里海」で過ごす「洋上パーティー」を考えていたが、今日は強風のため、「洋上パーティー」は断念!

ぼくのバックパッカー“動く拠点”であるハイエース“ファミリーワゴンC”と、昭さんのハイエースを活用して、奥能登へ行くことにした。

奥能登一周は、写真でのストーリーが伝わるので、写真のみで解説していこう。

穴水町中居の「中居湾ふれあいパーク」にて。穴水町のシンボル「ぼら待ちやぐら」、中居の村、穏やかな里海 中居湾を背景に

まずは、伊豆田昭さん・節子さん宅へ行く前に、穴水町中居の「中居湾ふれあいパーク」へ。穴水町のシンボル「ぼら待ちやぐら」、中居の村、穏やかな里海 中居湾を背景に

能登を代表する祭りの灯籠「キリコ」が展示されている輪島のキリコ会館へ。まだリニューアルオープンしたばかり。2015年3月、「灯り舞う半島 能登-熱狂のキリコ祭り」として文化庁の「日本遺産」にも認定され、もはや能登だけを代表するお祭りではなく、“日本を代表する祭り”になった。

能登・輪島市 – 能登を代表する祭りの灯籠「キリコ」が展示されている輪島のキリコ会館へ。まだリニューアルオープンしたばかり。2015年3月、「灯り舞う半島 能登-熱狂のキリコ祭り」として文化庁の「日本遺産」にも認定され、もはや能登だけを代表するお祭りではなく、“日本を代表する祭り”になった。

能登・輪島市 - キリコ会館にて。2015年3月、「灯り舞う半島 能登-熱狂のキリコ祭り」として文化庁の「日本遺産」にも認定され、もはや能登だけを代表するお祭りではなく、“日本を代表する祭り”になった。

能登・輪島市 – キリコ会館にて。2015年3月、「灯り舞う半島 能登-熱狂のキリコ祭り」として文化庁の「日本遺産」にも認定され、もはや能登だけを代表するお祭りではなく、“日本を代表する祭り”になった。

能登・輪島市 - キリコ会館にて。大きなキリコ燈籠を沢山展示している。3フロアもある会館。2015年3月、「灯り舞う半島 能登-熱狂のキリコ祭り」として文化庁の「日本遺産」にも認定され、もはや能登だけを代表するお祭りではなく、“日本を代表する祭り”になった。

能登・輪島市 – キリコ会館にて。大きなキリコ燈籠を沢山展示している。3フロアもある会館。2015年3月、「灯り舞う半島 能登-熱狂のキリコ祭り」として文化庁の「日本遺産」にも認定され、もはや能登だけを代表するお祭りではなく、“日本を代表する祭り”になった。

能登・輪島市 - キリコ会館にて。バックパッカーの僕の家に泊まったジャパンテントのみんな。アメリカ人のベッツィーは特別参加~。2015年3月、「灯り舞う半島 能登-熱狂のキリコ祭り」として文化庁の「日本遺産」にも認定され、もはや能登だけを代表するお祭りではなく、“日本を代表する祭り”になった。

能登・輪島市 – キリコ会館にて。バックパッカーの僕の家に泊まったジャパンテントのみんな。アメリカ人のベッツィーは特別参加~。2015年3月、「灯り舞う半島 能登-熱狂のキリコ祭り」として文化庁の「日本遺産」にも認定され、もはや能登だけを代表するお祭りではなく、“日本を代表する祭り”になった。

能登・輪島市 - キリコ会館にクルマを駐車して、その後、朝市へ。多くの観光客で賑わっていた。おばあちゃん、台車で一生懸命、ドリンクなどを押して販売していたよ。

能登・輪島市 – キリコ会館にクルマを駐車して、その後、朝市へ。多くの観光客で賑わっていた。おばあちゃん、台車で一生懸命、ドリンクなどを押して販売していたよ。

能登・輪島市 - 朝市で。伊豆田さん宅にホームステイしている韓国のジュアがイカの干し物をライターで炙って試食。

能登・輪島市 – 朝市で。伊豆田さん宅にホームステイしている韓国のジュアがイカの干し物をライターで炙って試食。

能登・輪島市 - 朝市で。“日本らしい”朝市の道に突然現れる“洋風”の建物。これは一体?!

能登・輪島市 – 朝市で。“日本らしい”朝市の道に突然現れる“洋風”の建物。これは一体?!

能登・輪島市 - 朝市で。ジャパンテントに参加した留学生のみんな。朝市やキリコ会館で、多くのジャパンテントの留学生たちを見かけた。

能登・輪島市 – 朝市で。ジャパンテントに参加した留学生のみんな。朝市やキリコ会館で、多くのジャパンテントの留学生たちを見かけた。

能登・輪島市 - 朝市で。ホストファミリーのバックパッカーIKU(今日はバックパックもていないけど...)、伊豆田昭さん

能登・輪島市 – 朝市で。ホストファミリーのバックパッカーIKU(今日はバックパックもていないけど…)、伊豆田昭さん

輪島のキリコ会館、朝市などへ行った後、ぼくらはさらに能登の“奥”へと走った。まずは大谷の塩田へ。

続きはこちら

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 田舎旅で耳にする「子供は宝」
  2. 銀座コリドー マイモン 牡蠣 Ginza Korido Oyster Restaurant Maimon 田舎旅:リアルな田舎「鎌倉」への途中 「銀座コリドー街」の『牡蠣…
  3. 薪ラーメン 薪暮らし 田舎暮らし <動画あり>“薪”醤油ラーメンが美味 | 能登の田舎村で薪暮らし…
  4. 【写真】奥能登一周 最果てでヨガ!?マクロビとヨガインストラクタ…
  5. countryside experience noto ishikawa japan 田舎体験 穴水町 岩車 田舎体験 2日目 洋上パーティー&釣り バーベキュー!
  6. 転覆 ボート 処理 【つぶやき】田舎/地方の川や海、漁港にある放置状態のボート、船の…
  7. 仕事しながら“ちょい”田舎旅: 今日の職場 『穴水町岩車 漁港』…
  8. キリコ祭り 体験 “キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』1話目: 世界農業遺産…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

Connor Jessup in Anamizu Japan コナージェサップ 日本 石川県 能登 穴水町 【田舎で仕事】コナー・ジェサップが発信する『結生 X 能登』の世界 - 7 テレビ金沢 バンライフ TV Kanazawa Vanlife バンライフ ジャパン 【メディア掲載】テレビ金沢特集『注目の“バンライフ” 車がつなぐ出会いとは…』に登場 day 11 舳倉島のカタツムリが進化しているって?! 穴水町 川尻 鮭 salmon anamizu kawashiri <動画あり>鮭10匹の遡上!能登・穴水町川尻の住める駐車場「バンライフ・ステーション」「田舎バックパッカーハウス」前の川で! 福島 サッカー リトグリ テーマソング 福島県でのサッカー国際親善試合でリトグリが生ライブ

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
石川テレビ イスラム 松井誠志 中川生馬 バンライフ
  1. 中日新聞 車中泊 田舎バックパッカーハウス バンライフ 安倍大資 池辺政人
  2. ママスタ mamasta 田舎暮らし
  3. 穴水町 岩車, 石川県 移住, 田舎暮らし, 能登半島
  4. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
能登の田舎にある志賀原発 再稼働するのか?大丈夫なのだろうか?
【メディア掲載】中日新聞「わが道を行く 車中泊の魅力 コロナ禍『新たな生き方』探り 全国から 穴水の滞在施設『バックパッカーハウス』」
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』
day 10.2 石川県舳倉島(へぐらじま)に到着
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。